2012年11月09日

11/03 BUG@渋谷CHELSEA HOTEL

まず最初に・・・今日のライブはよかった!!!!!
声を大にして言いたい!!
なぜならセトリに文句のつけようがないし、ライブ自体よかったと思う。
いやはや・・・久々に完全に堕ちました、TAKASHI殿に・・・(≧∇≦)

まずは位置からして奇跡が起きました。ハイ。
まさか・・・・あの位置が空いているなんて、私のためでしょう(いえ、違います)
今日は「red rip xtc」メインの日です。
そうです、私が最も聞きたくて聞きたくてたまらない、
TAKASHIさんに「弾いてるとき、ドヤ顔しすぎです」と思わず言ってしまった
「LOST」が聞けるであろう日です。
もうね、始まる前からちょっと変態ちっくになりそうでした(笑)
しかし、空調直撃。
まだライブ始まってないのに、冷房がガンガン効いてて、ライブ前から寒くて寒くて仕方なかった・・・
周囲はみんな凍えてました。

今日は2〜3分押して始まった。
ASAKIさんは、白のTシャツで、マリリン・モンローの顔のデザインのやつ。
武は・・・・あぁ、記憶シャットダウン (爆)
kyoさんは、白のシャツにジーンズに中にレギンスだったかな。
TAKASHIさんは、前回と同じ黒地に白の水玉シャツにジレ。ジーンズにブーツでした。

「Are you ready?」→「Dead Flower」の流れは当時のツアーを思い起こさせる。
そして3曲目は「So CRAZY」でした。
やっぱり、「So CRAZY」は3曲目が定番ですね!
MCをはさんで4曲目が「from darkness」!!
思わず、o(≧∇≦)oって顔しちゃってたに違いない。
これは予想外だった!!嬉しいな〜〜このベース大好きだから!
もうね、ベースのネックに何度拳が当たりそうになったことか(笑)
相当TAKASHIさんも前に出てきて弾いてたイメージ。
続く「DIVE」も予想外だったな〜
なんか、ベースラインが好きな曲ばかりが続いて、テンションも上がる。
そして前半の山場?とも言うべき曲のイントロが聞こえてきた瞬間に
さらにテンション上がって、キャー!って言っちゃった(笑)
久々の「Everybody Listen!」でっせ〜〜〜!!
これ聞けただけでもうね、神様ありがとうございます的なほどでしたw

「Shadow of the Light」では、ASAKIさんはギターチェンジ。
TAKASHIさんもピック弾き。今ごろ気づいたf^_^;

「CROCODILE DISCO」では、TAKASHIさん、史上最強くらいの反りプレイの瞬間がー!!
ありゃ、かなり凄かったっす(笑)
キャーo(≧∇≦)oと大興奮でしたが、思いきり写真を撮るスタッフさんとかぶりまくるの巻。
あぁ、Deseoの悲劇再びか・・・。
ここが唯一悔やまれるところ。
私としては久々に聞いた「Romantic Teardrops」がね、意外とよかったかな。

MCでは、kyoさんが「ちゃちゃとやって帰ろうぜ」的なことを言うと、ファンは「えぇ〜?!」と応酬。
毎回これやってる気もしなくもないないんだよね(笑)
kyoさんも「毎回言うけど、ちゃちゃとやって帰ったことねーだろ!(笑)」っていう(笑)
微笑ましい時間もあり。


「騒ぎ足りたないだろ!!」とkyoさんの言葉。
確かに!
「LOVE & PEACE」と「NEW WORLD」はね、確かに全力ではしゃいだって感じだった。
そういや「NEW WORLD」のイントロで、アンプの上に置いてあったTAKASHIさんのペットボトルの水が落下して、
kyoさんが拾ってあげるというシーンもあった。
kyoさんのTAKASHIさんへのちょっかいは相変わらずでした(笑)


そして本編ラスト2曲の「I Miss You」と「LOST」がね、
もう私にとっては全てでした。
何がどうとか、関係なく、ただTAKASHIさんがベースを弾く姿に見惚れてました。

なんだろう、こんなに幸せでいいのかな〜って思いながら聴いてたし、見てたし、
今日は、こんなにいい眺めで見られるって思ってなかったから、
余計に嬉しさと共に、ここはちゃんと見ておきたかった。
なにしろ私がもっともっといいアングルで見たいと思ってた「LOST」だったからね。
完全にアホ面だっただろうな、私(笑)

ホントにTAKASHIさんが私にとってNo.1ベーシストであることを改めて認識した瞬間でした。
本当に幸せでした。ありがとう。
このラストで私は本当に満足してたから、正直アンコールさえ要らないくらいでした。
本当に。

アンコールは、「Rosy days」と「Debauched Night」
今回ならアンコール曲はすぐ想像できる曲だろうに、私ってば、
たぶん本編ラストの2曲に完全に持っていかれてたな(笑)
すっかり「Rosy days」のことを忘れてました(笑)

ラストの「Debauched Night」は、かなりよかった。
明日に続く感じと、今までに感じなかったような、なんて言っていいのか・・・
広がりというか、強さみたいなものを感じて・・・明日がかなり楽しみになりました。

久々にテンション上がったライブでした。
posted by ろんろ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

9/15 BUG@渋谷CHELSEA HOTEL

9月のBUG・・・。
1ヶ月ぶりで、なんだか正直落ち着かないというか、あまり実感なかった。
8月の3daysで燃え尽きたからかな?(笑)

Deseoシリーズを終え、残るはまたチェルホシリーズ・・・。
ハコ選びがまったくもってファンに優しくないわ(笑)

8月に神番連発しちゃったので、あとは気長に無欲でね(笑)

なんだかんだ言いながらTAKASHIさんの手元がモーゼの十戒のごとく見える位置。
ありがたいですo(^-^)o

今日は「Angel's trumpet」フィーチャーの日。
私の最大の関心事は「Brilliant Metamorphose」がロングバージョンで聴けるかどうかだけです(笑)
やっぱこれはロングバージョンで聞けないと意味がない(笑)

今日のメンバーの衣装で私の目を釘付けにしたのは、
言うまでもなく金内様でした(笑)
色ははっきりわからないけど、恐らく黒地に大きな水玉(ドットというには大きい)のシャツに、ジレ。
しかも!!!
ここ数年で最大の胸元の開き具合ったらない!(≧∇≦)
ったく、なんで8月にこれ来てこなかったんだよ、と小さく呟いた私(笑)
いやはや、外さないね、この人は。
その他の方々のは、正直まったく記憶にない(苦笑)

あ、妹のためにASAKIさんのはチェックしたんだった!
白地のTシャツ。柄は不明(爆)
kyoさんははっきり見えなかったけど、黒いTシャツだったかな。
武は、最後に見たときは白タンクだったな。


さて・・・妙にぎこちない雰囲気でライブスタート。(私だけ?)
「Flower of Romance」「Liberty & Dirty」「Judas」が最初のゾーン。
まぁ、徐々にテンション上げていった感じかな。
やはりスロースターターのBUG MANIA。
私の見える範囲では、センターから上手側前方はおとなしめだったなーと思う。
正直あまりライブに対して自分の中の盛り上がりが低めだった私は、
メインのアルバムに加えてどんな曲をやるのかまったく意識してなかったんですが(笑)、
次のゾーンでは「SEX ON THE BEACH」「JESUS CHRIST I LOVE YOU」「Groov ebabe」
という、TAKASHIさんドヤ顔全開曲が並び、ニヤニヤとほくそえんでしまったわー(笑)
今日はかなりベースフィーチャーでっせo(≧∇≦)o
で、今宵私が最も印象に残ったのが「Rock'nRoll Suicde」ですわ。
リミックスの方なんですけどね。

TAKASHIさんがやたら一生懸命にコーラスしてるのが可愛くて(笑)
ありゃ、ちょっとツボって吹いてしまいました(笑)
愛がゆえにです(笑)

ここまでに「Brilliant〜」がないということは、本編ラストでロングバージョンだな、と密かにほくそえむ私。

しかし、やっぱり8月と比べると全体的な盛り上がりに欠けるように思えてならない。
kyoさんもそんなこと言ってたし。
女子供に優しい17時半からのライブ。
ライブの後は盛り場で盛り上がれ、その前にライブで盛り上がれ、と言ってたような。

しばらく昔のアルバムのライブが続いたらから、
私自身、油断してたね、完全に(笑)
疑うことを忘れていたけど、踊れと言われて、ようやく気づく。
あぁ・・・これからは踊る恐怖との闘いだと(笑)←おおげさ
久々に「Parade with the midnightsun」を聞いた・・・

うん、まぁ久々だと悪くないかな(笑)

そして聞こえてくる「NEW WORLD」のイントロに弱冠のウンザリ感(笑)
だって8月に散々聞いたもん(笑)
とは言え、盛り上がる曲なんだけどね・・・(笑)

予想外の「Let's Go」。
これを弾いてる時のTAKASHIさんは本当に楽しそうだから
見てる方も楽しくなる☆

そして本編ラストは予想通り「Brilliant Metamorphose」o(≧∇≦)o

正直申しまして、ワガママかもしれませんが
ちょっと何かが足りない感じだったかなー。
それは私の気持ちだったのかもしれません。
Let's Goの後っていう流れの問題なのか・・・。
う〜ん、よかったんだけど、なんだか物足りなかった気がしてならない。
まぁ、待望のロングバージョンだったんだけどね(苦笑)


本編が終り、アンコールも気になるところですが
私もあまり最近アルバム聞いてないから忘れてた(笑)

「Steal the Moon」
あ、そうだった、この曲忘れてた(笑)
やっぱりいい曲だね。
この曲は、武のドラミングを見たい曲なのですが、
チェルホだと厳しいね〜

そして次回ライブ1曲目となる「Are You Ready?」で終了。
なんかね・・・ライブが終わるのに、Readyもない気がしてならないが・・・(笑)
やっぱりアブノーマルなTAKASHIさん(笑)
ここはお約束で。

楽しかったけど、あっという間に終わった。
8月が良すぎたんだな、きっと。
気持ちがちょっと追い付いてなかった気もするけど・・・
11月にリベンジ・・・かな。

今日は久々に姉と一緒にライブを見れたのが本当に嬉しかった!
posted by ろんろ at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

8/9 BUG@FC限定

3日連続ライブも今日が最終日。
なんか・・・毎日通う風景に違和感なくなってきてる自分が怖い(笑)

今日は8/9ですので、バグの日です。
とはいえ、10周年記念の10回のライブにカウントされてるってことは、
あまりスペシャルな感じじゃないのかなってあまり期待はしてない。
ってか、ここ数年バグの日に、期待通りになんてなったことないからな(爆)
みんなそう思ってることでしょう(笑)


で、今日も良番だったのは奇跡的だなぁ、毎年バグの日は番号よくないし。
そして毎年この日だけはSOLD OUTなんだよね〜(一部例外もあったでしょうが)
この日に対する皆さんの思い入れがそれだけあるってことなんですかねぇ・・・・

中に入りましてですね、いい位置が微妙な空きだったんですけど、
隣の方が「空いてますよ〜」入れて下さり、奇跡的な位置で見ることができました!!
感謝、感謝です!(-人-)ありえない奇跡です!!!(≧∇≦)


さてさて・・・今日のメニューはといいますと・・・

時間通り照明が落ちて、スタートするなり、いつもと違うSE。
おや?って思うけど、まぁ、バグの日だからかな〜くらいの感覚で。
でもどこかで聞き覚えがあるぞ、みたいな。

すると、メンバーが仮面みたいなアイマスク?で登場。
何??何するんだ〜〜!?と期待が高まる。

そして聞こえてきた曲が「God Only Knows」のイントロじゃ〜〜〜ん!!!o(≧∇≦)o
ってかここでテンションがグググググイッとあげられた〜〜〜〜!!
まさかの展開、予想外でした!!!
リリースしてからBUGのライブで今まで聴けたことなかったし、やるとは思わなかった。
AoPのライブで1回聴いたことがあって、そのときもテンション上がった記憶がある。

あぁ、今日は特別なことやってくれるんだなって思った(笑)
SEは思い返せば「deathnoid」だったんだと気付く。

BUGであってBUGではないってことだから、アイマスクなんですね。
しかし、まぁ4人中アイマスクが似合わない人が2名・・・・
やっぱりT2はあまり似合わない(笑)

だけど、このアルバムの曲を聞かせてくれたのはかなりよかった。
武が一番この曲に馴染んで見えたんですよね。違和感なかった。
TAKASHIさんもいつもと違う感じの雰囲気の曲だったから、けっこう新鮮だったかも。
アイマスクしてるから表情が見えなかったのがちょっと残念だったな〜
いつもと違う曲だからこそ全部見たかったっていう、贅沢な願いですね(笑)
でもね、もっと見たかったな〜〜〜ってか1回じゃ全部見切れない!!


kyoさんはもちろんアンプのところにカンペあり。
1曲ずつBooさんが貼り替えるって算段です。ハイ。
いやはや、これはテンションあげられましたねぇ〜
嬉しい誤算というか、予想を裏切る展開に大コーフンでした!
この4曲だけで相当汗かいた(笑)

そして仮面のメンバーはいったんはけていき・・・
ステージ中央にはスクリーンが下ろされ、去年の「JACK IN THE BOX」の映像が・・・・
スクリーンのどまん前の人は見えなかっただろうし、居心地悪かっただろうな(苦笑)
@NEW WORLD AGothic Romance Bbugnoid CPROMISE
という王道4曲。
私はてっきり3曲だと思ってたから4曲目に突入したときは正直、ちょっとうんざり(笑)
まず、選曲がねぇ。
どうして毎回JACKに出ると、こういう選曲なんだろね・・・(^^;)
昔は3曲でも投資して行ったけど、今、こんな選曲されたんじゃたまんないわ。無理。
ま、つなぎのためだから仕方ないけど、もうちょっとバグの日っぽい
スペシャルな映像はなかったもんかね、と相当贅沢な忌憚のない意見を述べる私。


ホントに長く感じられたJACKの映像が終わり、スクリーンが上がって、ライブ再開(?)。
Black Urge Glamorousの曲をやってくれたのはバグの日だからで、
これからはいつもどおりのライブなのかな〜って思ってたので、
「Angel's Trampet」の曲やるんだろうと思ってた。
実際昨日のラストの曲も「Flower of Romance」だったしね。

しか〜〜〜〜しっ!!!まんまとしてやられました。
始まった曲は「FIGHT YOUR SONG」!!
ってことは、今日は本当にFCライブっぽい感じなんですね?(笑)

自分でもこんなにテンション高くなるとは思ってなかったけど、
相当テンション高かったと思う。
もうね、楽しくて仕方なかった!
この1stアルバムって、TAKASHIさんのベースが若いんですよね。
音とかってよりはやっぱりベースラインが若い。
だから、今のTAKASHIさんが弾いてるのが見たくて。
こんなに近くで見れる機会だってそうはないんだけど、
どうもテンションが上がりすぎて、TAKASHIさんのベースを見てたはずなのに、
記憶がもうライブが楽しいってとこで振り切れてて、記憶が飛んでる(笑)

2曲目は「Groovy Grove」
これ、久々だ〜〜〜!!数年前のツアーでセトリに組み込まれてた印象が強い。
ってか、今日は1stアルバム dayってこと!?
ワッショーイ!!!o(≧∇≦)o

3曲目は「いつの日にか」
やっぱりこの曲は欠かせないよね。
FC旅行で、TAKASHIさんにTAKASHIさん自身がベースイチオシの曲ってどれですか?って聞いたとき、
この曲って言ったんですよね。
確かにこの曲って、曲の持つ優しい強さも好きだし、
派手さとかで言ったら他の曲のほうがあるんだけど、そういう視点じゃないところで
すごく好きな曲。
この曲は、ドラムもすごく好き。
ドラムがっていうか、この曲を叩いてる武の姿が好きです。
なぜかこの曲を叩いてる武の姿を見てると、昔の武の姿が浮かぶんですよね。
15年前に出会った頃の姿が。
なんか・・・母親のような気持ちなのだろう・・・(笑)


ここでMCがあり、今年はFC旅行で勝浦にいって、その時にやったアコースティックで味をしめたのか。
披露することに。
あぁ・・・あの旅行のちょっぴりハラハラさせられたアコースティックが甦るのか・・(笑)
今日はまともなライブの日だから大丈夫だろう(^^;)

@CAN YOU FEEL ME?  AAre you Ready? BWONRDERLAND CSAMURAI

この4曲。
ちゃんとリハやった場合は安心して聞けるな(笑)
武もちゃんと叩けるものがある(爆)

このアコースティックを聞いてて思ったのが、kyoさんのボーカリストらしい面を見たってことかな。
まぁ・・・当たり前っちゃ当たり前なんですけどね(笑)
私、基本的にkyoさんに厳しくボーカリストとしてのものを求めないんです。
だって歌詞間違えるしね、
私の中の3大ボーカリストには到底かなわないから。
でも、このアコースティックで自由に歌うkyoさんの姿はインパクト大きかったし、
声が伸びやかで、すごくよかったんですよね、kyoさんが。
やっぱりアコースティックになれば、ボーカリストの実力が試される部分も大きいと思うし、
そういう意味で、私はkyoさんを見直しました!(笑)←kyoさんファンの方ごめんなさい(笑)
やっぱりkyoさんさすがです!ライブ中はほとんど見ませんが(笑)、すごいボーカリストです!

「WONDERLAND」の時だったか「SAMURAI」だったか。
曲の終わりに近いほうで、TAKASHIさんがドラムセットのとこで弾いてたんですけど、
一瞬弾いてない瞬間があったんですよね。
私はそのとき「あれ?kyoさんの歌を際立たせるためなのかな?」って思ったんです。
kyoさんも歌いながら、右手をクィっとさせて「来い!」みたいな動きをしたんですよ。
「遠慮すんな」みたいな意味かな、くらいに思ってたんですが、
その後のMCにて、「ベースのせいで台無しにされたから(笑)」って言ってたんですよね(笑)
TAKASHIさんも苦笑いで「スコーンって抜けちゃって・・・」と。
あ・・・あれはTAKASHIさん、完全に抜けてたってこか(笑)
私の大いなる勘違い(笑)
確かに武も笑ってた気がするわ(笑)

まぁ、そんな失笑事件もありましたが、大人な感じで非常にいいコーナーでしたね〜〜
けっこう満足度高いです。

アコースティックの合間だったか。順番覚えてないんですけど
メンバー全員にMCをしてもらおうとkyoさんが振り・・・
武は「もう無理」と苦笑いで短いMCで終わらせようとするものの、
kyoさんが「延ばせ延ばせ」の指令。
なんとか頑張ろうとしたけど、ほとんど延ばせず武撃沈(笑)
そしてASAKIさんへバトンタッチ。
ASAKIさん・・・何話したっけ・・・・・?
覚えてない(爆)

TAKASHIさんは夏の思い出作った?って聞いてましたね。
下手側のファンのみなさんと会話しながら。
そしてkyoさんに促され、中央のマイクで話すことに。
「すごいね、この光景、こんな感じなんだね!」とうまくつなごうとする姿勢が見えました(笑)
そしてそういえば、「最初に演奏してた友人のバンドのボーカルの人が、
ず〜っと武に【Do you love me?】って言いまくってたんだよね(笑)」と爆笑を誘う。
あ〜kyoさんならやりそうですね(笑)


アコースティックコーナーも終わり、ライブももう後半。
「So CRAZY」「Stand Up!Monkey!!」と続いたと思うんですが、
「Stand Up! MONKEY!!」で、kyoさんがサビ前にとこだったか終わりだったかに、
たぶん、サルを意識したんでしょうね、両手で胸をドンドンって叩く仕草をしたんですよね。
そのときはあまり何も思わなかったんですけど、よく考えたら、サルじゃなくてゴリラでは・・・?って
思ったんだけど・・・(笑)サルもやりますかね?やるかも?(笑)
しかし、「Stand Up!MONKEY!!」はテンションマックスですね〜〜〜!!
会場全体もそんな感じで相当熱かったと思います。
私も相当振り切れてた。
kyoさんもそうだったと思います。
「めっちゃ気持ちいい!!みんなにチューしたいくらい!(笑)
金ちゃん家の前に並んでたら順番にするから(笑)」って・・・(笑)
そしてTAKASHIさんは困惑したような苦笑いな表情だったのがちょっとウケた(笑)
「家すっごい遠いけどね。飛行機で24時間くらいかかるしってブラジルかよ!(笑)」って・・・(笑)
こんなにテンション高いkyoさんは久々ではないでしょうか(笑)

こんな風に会場もメンバーもテンションがMAX状態で聞こえてきたのは・・・・・
「NEW WORLD」・・・・・・orz


思わず「今日やるんだったらなんで前の2日間ともやったんだよ!」と小さい声でつぶやいた私は
ファン失格でしょうか・・・
このアルバムの曲やるなら、この曲入れないわけにいかないし。

だったらなぜ3日間・・・・orz   と思ってしまう私は贅沢なんだろうな。
まぁ、嫌いじゃないんですよ、好きなんですけどね。

でもラストに「あいのうた」で、わかってるんだけど、この曲がくるとすべてが許せてしまうというか、
やっぱりこの曲は私にとっては特別で。
あぁ、本当に私は幸せで、いつかは記憶から消えてしまうかもしれないけど、
今、この幸せな空間にいられることを感謝しなくちゃっていう気持ちになった瞬間でした。

幸せだったなぁ〜〜〜
やっぱり盛り上がると違うね。テンションが違う。
今日のライブは本当に盛り上がったと思う、こんなの久々じゃないかな。
やっぱりバグの日だからかな。

本編が終わり、メンバーがはけていった、その瞬間に「PROMISE」のイントロの部分が聞こえてくるハプニング。
なるほどね・・・アンコールは「PROMISE」か・・・と、
本編が終わると同時にわかってしまう奇跡的な落胆の瞬間(笑)
仕方ないんだけさ〜〜〜あれはちょっと痛いよね〜〜〜(苦笑)

そしてアンコールでメンバー登場。
もちろんアンコールは何事もなかったかのように「PROMISE」でした(笑)
なんだろうね、このキラキラ感。
やりきった感があるからこそ、この曲が光ってた気がする。
あまり盛り上がらないライブだと、この曲のよさが出ないから。
みんなが笑顔で楽しそうだったのがホントによかった。私たちもメンバーも。
本当に充実したFCライブだったと思います。

この数年、あまり意味の見出せなかったFC限定ライブでしたが、
今年みたいなライブを毎年やって欲しいです!(笑)

3日連続で、やる曲も違うし、メンバーにとっては本当に大変な3日間だったと思いますが、
スケジュール組んだのそちちらですからね!!(笑)

あぁ、幸せな日でした。ありがとう!!
これからもついていきます!!

3日間ありがとうございました。
posted by ろんろ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

8/8 BUG@渋谷DeSeO

BUG 3days 2日目。
今日は「FORBIDDEN COLOURS」フィーチャーデーです。ハイ。

前作の「Seele Blume」からの勢いそのままに上昇気流に乗ってたアルバムだけに楽しみです。
今日は前に背の高い方がいたものの、隙間からTAKASHIさん一直線で
ストーカー気質の私にはたまらないロケーションでした(爆)

今日のTAKASHIさんは、昨日に引き続きジャケットにボーダーのインナーで夏らしさをアピール(笑)

昨日はベースの音ばっかり聞いてたけど、今日は全体のバランスよく聞ける位置なので
音を楽しみたい日ですね。
1曲目の「fragile」から静かめにスタート。
この曲はなんといってもコーラスがいいんですよね〜〜!!
泣きのコーラスでどストライク。
絶対音源よりライブで聴くほうがいい。

2曲目の「KISS ME KILL ME KISS ME」は曲のタイトルが全然思い出せなくて、
焦りながら聞いてた(笑)
この曲を初めて聞いた日の衝撃といったらなかった・・・あのイントロのギター・・・(笑)
インパクトありすぎるよな、あれ。
あまり最初は好きじゃなかったこの曲も、ベースラインがけっこうツボだな、って気付いてから
意外と好きな曲ですね。
そしてギターも意外と好きかもと思い始めるようになってきた・・・これはASAKIマジックか?(笑)
しかし、曲のタイトルを思い出すことに夢中で、肝心なベースラインを確認するのを怠るところだった(爆)


3曲目の「Swim Like a Butterfly」
これはまたご無沙汰な1曲ですね!!
これもね、キラキラしてて、夏っぽいというか、そんな感じで
「There is Heaven」とか、それに近いイメージ。
ようやくこのあたりから、ツンデレTAKASHIのツン解除(爆)

「Romantic Teardrops」は一時期飽きるほど聞いた記憶からか、トラウマというと大げさですが、
最近は聞いていないのに、今だにお腹一杯状態な気がしてしまう(笑)
ちなみに今日はオリジナルバージョンでした。

「Woo La La」から「甘い飴玉」はいい流れだったな〜と思うんですけど、
またもや「甘い飴玉」のタイトルが思い出せないのと、この曲なんだっけ?と一瞬思ってしまった(笑)

そしてこれもまた一時期聞き飽きた曲に仕分けされていた「CAN YOU FEEL ME?」
最近はそんなイメージも払拭された曲ですね。
あぁ、この曲、近くでTAKASHIさんの手元見たかったなぁ〜〜〜
ラストのサビ部分でベースの音階が上がってくところが気持ちいいから!
と言いつつ、そのところはドラムを思わず聴いてしまう私ですが・・・(笑)
そういえば、AメロのとこのkyoさんとASAKIさんのハモりのとこ、kyoさん歌ってなかった気がしたのは
気のせい???(^^;)ASAKIさんが困惑した表情だったのはこの曲じゃなかったかしら・・・
時々しか見ないから覚えててもいいんだが、忘れてしまいました(爆)

「WONDERLAND」と「I WANT YOU」をはさんで
「Black Urge Glamour」。
Bメロのとこかな。kyoさんが高ぶってる感じが凄く好きですね〜
予想外だったからこの曲よかったです。
サビの、一瞬で世界が広がる感じがよかったな〜〜

そして今日は私はやるだろうと勝手に予想していた「(You are)MY PLEASURE」
今日も赤い照明だったし、やっぱりこの曲は赤い照明に限るわぁ〜と一人でご満悦。
もうちょっとカオス感があってもいいかなって思うけど。
ベースソロっていうか、あのところはTAKASHIさんにだけ照明を当てて欲しいのよね〜
毎回思います(笑)やってくれてるとこもあります!(笑)
最後のkyoさんとASAKIさんのハモりであがるかと思ったけど、そうでもなかった。
もうちょっと高ぶりがってもよかったかな。
なんだろ、曲順のせいか、周りのせいか・・・・
でも、この後「FEVERNOVA」に続き、この2曲の流れは私には非常に気持ちいい流れでしたね。
なぜなら「FEVERONOVA」もベースラインがかっこいいからです!(またかい!)
サビの部分、kyoさんの歌よりベースラインでしょ!?(笑)
あの部分を弾いてるTAKASHIさんの肩がマジでヤバいっすo(≧∇≦)o
今回も前にグイグイ出てきながらドヤ顔で弾いてましたね(爆)
この2曲だけはもっと近くでみたかったと、欲望がわいてしまいました(笑)

kyoさんはMCで「半ばヤケクソですが(笑)明日来てくれるお客さんが一番大事なお客さんだからね(笑)
Rockってさ、ちゃんとしてなくていいんだよ(笑)」と・・・(笑)
マジで都合のいい言い訳ですな(笑)
歌詞を間違えてもいいってことか・・・・まぁ、3日間でほぼ被り曲なしでやらなきゃだから
大変なのはわかりますけどね・・・もうちょっと要点押さえてやって欲しいよ。
ちゃんとしてなくてもいいなら、もっと要領よくやりましょうって言いたくなったわ(爆)
まぁ、歌詞の間違いは今に始まったことじゃないからね、言及終了します。

また暑いって話になったのか、ちょっと覚えてないんですけど、
「武がいつの間にか脱いでタンクトップになってるし」とkyoさんが言ってて、
そのとき初めて私は今日武がタンクトップの上に何か着てたんだと知った(爆)
あぁ、ごめんなさい・・・・orz (笑)

「脱ぐと3倍早いんだよ(笑)」とまで言われていた武。
今日だけ早かったんじゃなくて、昨日も時々走ってたけどね(笑)

そして始まったのがメタルシリーズの「ワルイユメ」と「JELLYFISH」
「JELLYFISH」が相当早くて笑った〜〜〜!!
でも、この方がかこっこいいのでは?って思ったりね(笑)
TAKASHIさん、苦笑いしながら弾いてたな〜〜(爆)弾くのが大変そうだったもん(苦笑)
武の表情が見えなかったのが残念(笑)
相当疾走してましたが、いいもの聞かせてもらいました!

「美獣」と「証」にて本編終了。

いやはや、予想よりも楽しめたな〜〜〜。本編。
やっぱり「なんで?」って曲が入ってないからだよ(爆)←オイ

そしてアンコール。
そりゃ、いろいろ期待しますよね。
今日、無欲だった私が期待しましたよ、ハイ。

kyoさんいわく、「BUGの中でも一番やってる曲です!」
一番やってる???すぐにピンと来ないあたりに私のダメさが表れてますね(苦笑)
そして聴こえて来たイントロは・・・・・

「NEW WORLD」・・・・orz・・・orz

じゃあなんで昨日やったんだよ!!っていう突っ込みを心の中でしたのは言うまでもない・・・
この曲の持つ、特別感って私もわかってるし、好きな曲です。
でもねぇ・・・・ここまで便利な曲にしちゃうともったいない気がしちゃうんですよね。
まぁ、最終的には楽しかったですけどね・・・まぁ、不納得感はぬぐえず。

そして、アンコールラストは、次のアルバムの最初の曲なので、
予想通り「Flower of Romance」
この曲って、ライブのはじめよりも終わりがすごく似合う曲だなって改めて思う。

この曲では久々にTAKASHIさんとASAKIさんが上手側下手側入れ替わっての演奏シーンがありました!!
ASAKIさん、TAKASHIさんがそれぞれお宅訪問して一緒に演奏ってことはあるんですが、
まるっきり入れ替わりって久々かなって思う。
なんかね、ASAKIさんが下手側で、借りてきた猫的な感じなのがまたかわいかったですね(笑)
妙なアウェイ感があるとこで弾いてるって感じが非常によかったです(^^)
そろそろサビだから、おうちに帰らなくていいんか?と思ってたら、
ASAKIさん帰る気配なし。
TAKASHIさんは一瞬戻ろうかとした様子がありましたけどね・・・(苦笑)

そしてまたASAKIさんという人の華麗なる演出なのでしょうが、
コーラスを下手側のTAKASHIさんのマイクでやろうとするのですが、
背の高さが違うので、マイクスタンドの高さも違い、ちょっと高いんですよね。
笑顔で「ちょっと高いなぁ〜困るなぁ〜(笑)」という表情をしてみる憎い奴(笑)
そしてちょっとちっちゃくジャンプする風でマイクに近づきながらコーラスする憎い奴(笑)
私はあまりなんとも思いませんが(むしろいつ帰るんですか?と思ってしまうTAKASHIストーカー・笑)、
下手側で見ていた妹は、完全ノックアウトでした(爆)
でしょうね、ですよね(笑)あれはASAKIファンにはたまらない瞬間だったことでしょう!(笑)

最終的にはこんなサプライズで終了。
昨日のコンセプチュアルな感じとは違って、等身大のバンドが感じられるいいライブだったと思います。
私も全体的な音が聞けてよかったと思います。ハイ。
近くなくても、モーゼの十戒ばりにTAKASHIさんの位置まで視界が開けていることは、ありがたかったです。

2日間午前中必死こいて仕事して夜はライブ、そして帰りにちょっと飲む。
まったくハードだった・・・
明日は休みとったから、少し休める・・・。休まないと無理・・・(笑)
posted by ろんろ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

8/7 BUG@渋谷DeSeO

BUG兄さん、平日3daysって、一般人をなめてますよね(笑)
絶対行きますけども(笑)

初日は「Seele Blume」をフィーチャーする日。
このアルバムは、私にとって、かなり思い出深いし、大切なアルバム。
私がBUGを好きになってから、このアルバムのインパクトが一番大きかったし、
あのツアーでの思い出が大きい。
この日に良番のチケットをゲットできたのは本当に嬉しかった!!!


この日何より嬉しかったのが、TAKASHIさんの衣装が私の好きなジャケット3点セットだったこと!!o(≧∇≦)o
首に巻物してたから、多少暑苦しく見えなくもなかったけど、TAKASHIさんジャケット似合いますからね。
私のテンション上がりながらも、5月以来のライブというもあり、妙な照れがあったんだよね・・・・(苦笑)
そういう照れと、たぶん良番でフワッフワッ浮ついてたんでしょうね、あまり記憶がなくて(笑)
1曲目の「Arrythymia's Night & Monster's Tears」はなんとなく覚えてるんですけど、
正直2曲目の「from darkness」をやった記憶が全然ない(汗)
結局友達との意見総合と、いつもレポ拝見させていただいている方々のブログを見て、
やっぱりやってたんだ(苦笑)ということで、なんかダメダメな私。

記憶が甦ったには、「MODERN Blackhole」ですね。
あまりに久々に聴けて、もうテンション激上がりで、TAKASHIさんのストーカー状態だったもん(笑)
あの頃はライブに行くことが楽しかったし、TAKASHIさんのベースを中心に聞き始めて
まだ間もなかったのもあって、今みたいに、熱烈な中にも冷静さをもってみるってことがなかったから、
逆に今はすごく新鮮にTAKASHIさんの手元だったり、弾き方を見れて、
こんなに幸せでいいんだろうかと思った瞬間。
このベースはマジでかっこええなぁ〜〜〜と惚れ惚れo(≧∇≦)o

ここでMCだったかな。暑いね、って話がkyoさんからありまして、確かに暑かった気がします。
もちろん外も内も。
TAKASHIさんに暑いよね、と予想外に振られ、私は「う、うん、暑い」と返すのが精一杯でした(^^;)
いきなり振ってくるなんて、心臓に悪いんだよ!って言いそうになる私でした。

そしてやはり久々なkyoさんは、歌詞がモヤモヤしていらっしゃるのでしょう。
カンペありでした(笑)ま、この点は仕方なかろうと思うしかない。
しかし、kyoさんとTAKASHIさんの会話の声が聞こえてしまうあたりが良番の特権か〜
(内容ははっきりとは聞こえないけど)

「DIVE」が久々感がないのは、このアルバムの中でも、多少今でも演奏される機会があるからかな。
去年のバグの日もやったしね。
これはコーラスが聴き所でもあるし、やはりなんといってもTAKASHIさんのベースですよねぇ(笑)
ってか、私にとってはすべてベースが聴き所ですがね(笑)

その後は「Heartache」「ReBORN」「Shadow of the light」と、重い曲というか、聴かせ曲が続く。
正直に言うと、ボーカリストkyoさんにあまり興味のない私ですが、
「Heartache」と「ReBORN」を唄うkyoさんには、グッときます。
それだけの「意味」がある曲だということもあるでしょうし。
「Heartache」の武のツーバスは聴き所なので、これもこの曲を形作る重要なポイントだと思います。
武の淡々としてそうな中に、こういう聴かせ曲で武のドラムはいいなぁって改めて思った。
なんかね、武を見ながらじ〜んとしちゃって・・・・。
15年ファンとして見続けて・・・本当によかったなぁって改めて思って・・・まるで母親状態でした(笑)

今日はかなりTAKASHIさんがアンプ横のとこまで出てきてくれたから、近くて見てられなかった(笑)
かなりウフウフだったんですけどね・・・・
その柵とステージの狭い間に、スタッフさんが入ってきて、写真撮ってたんですよ。
いつまで経っても来ない会報のためか、思い出作りのためか知りませんけども(爆)
まぁ、それもそれだなって思うんですが、
その隙間から結構身を乗り出して写真を撮ってて、しかもそれが長い。(結局本編最後までいました)
ず〜〜〜〜〜〜〜っと写真撮ってて、あれは相当私もテンション下げられたし、
何よりTAKASHIさんがめっちゃテンション下がってて。
前に出たくてもそこにいるから出られないんですよ。
最初のうちはよかったんだけど、あ、これは思うように動けてないんだなってわかる感じで、
あれは相当ダメだったなって思う。
あれはファンにとってもよくなかったと思いますね。


そんなテンション下がる状況だったけど、そんな顔もできないし、
自分なりに楽しんだつもりですけどね・・・

まぁ全体的には「CROCODILE DISCO」でけっこう盛り上がったなぁって感じでした。
あまり曲覚えてないんですけど「Love Sigh」「花鳥風月」もやりましたね。
ちょっと「花鳥風月」は意外だった気もしたけど。
なんか最近kyoさんの歌詞が信用できない私は、いつも疑いの目で見てしまう(笑)

まあ、全体的にいえば、「Seele〜」はコンセプトアルバムというか、そんな感じで、
全体の雰囲気が統一されてる感がある。
どちらかというと、BUGを知らしめるっていうのかなぁ・・・。
その世界観ひ浸るアルバムだから、この曲だけだときっと物足りないと感じる人もいると思ったのだろうか。

「bugnoid」「LOVE & PEACE」「NEW WORLD」とこの3曲が立て続いたときには、少々落胆した・・・orz
この王道3曲並べられると、正直前半の世界はなんだったわけ!?と思わずにいられなくて。
せめて1曲だったら・・・・と思わずにいられない。
まぁ、他の曲じゃしっくりこなかったってこともあるけどさ・・・・。


そして締めの2曲は「There is Heaven」と「Good-bye」
この2曲、マジで久々だぁ〜〜〜〜〜!o(≧∇≦)o
あのツアー以来聞いてないんじゃない???
これは2曲とも思い出が・・・・。あの日の横浜が甦りましたよ!
私もTAKASHIさんも若かったな(爆)

「There is Heaven」のキラキラ輝いている感じがすごく前向きで私はこの曲好きです(^^)

「Good-bye」はね、美しさの中にもはかなさ、せつなさがあって、名曲だと思う、
これを歌うkyoさんが好きなんです。いつもはそんなに見ないkyoさんだけど(笑)、
この曲を歌うときはkyoさんの表情を見てしまいます。
もちろんTAKASHIさんも見逃さないけどね(笑)

やっぱりこのポジションだと武もよく見えるからね、リズム隊好きにはたまらないね。
本当に幸せなんだなぁ〜と改めて思いました。

MCでもなんやかんや言ってたけど、なんかもう覚えてない(笑)
3daysだから、屍を見に来いとkyoさんが言ったのは覚えてるけど(爆)

とにかくカンペ見すぎなkyoさん。3日間どうやって乗り切るのだろうか・・・。

アンコール1曲目は予想外に「Set me fee」で。エェッΣ(・ω・ノ)ノ!って思ったわけですよ。
だって、これアンコール1曲目ってどうやんの?みたいな・・・(笑)
心配しても始まらない、とにかく2人の世界でどっぷり浸らせていただきました(笑)
ホントにね、ありがたや(-人-)って拝みまくった(笑)
あ、アンコールは視界良好でしたからね(苦笑)

曲に没頭しすぎて、最初の心配がどっか行ってた(笑)→どうするのかってとこ。

結局は、まさに「Set me free」としては、まさにここからってとこで、
強引に次の曲へ続かせるという荒業で、まさにハシゴをはずされた感じですよ(笑)
あぁ、しまった、もっと冷静にだったらハシゴはずされてなかったかもと思ったら自己反省(笑)
盛り上がってただけに、あの強引な流れじゃない方法はなかったのかと思わずにいられない・・・・
しかもその強引に持って行った曲が次のアルバムの1曲目である「fragile」・・・
あの曲も好きなんだけどさ・・・・ちょっと「set me free」からだと気持ちのやり場がありませんよ・・・orz

なんかちょっと最後妙に動揺してしまった私でした・・・。
まぁ、わがまま言っちゃいかんのです。十分に私は幸せだったのですから!!
今日は昔の思い出が走馬灯のように甦って楽しいライブでした。
とにかく明日も楽しみ。
posted by ろんろ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

7/17 ギルガメッシュ@京都MUSE

京都でのライブはもしかして私は初体験??
京都MUSE・・・今はリニューアルされたみたいですけど、
15年くらい前のValentine D.C.の解散ラストライブがここだったなぁ〜
行きたかったけどチケット取れなかったな〜とライブ前に感慨深い思いに浸る。

しかし、関東のライブとはファンの雰囲気が違うなぁ〜と待ってる間に思ったり。
まぁ、関東は数が多いからね、だからまぎれてわからないのかもしれないけど、
なんかね・・・ギルガメッシュのファンのコって、みんな初々しいっていうかね。
妙にV系ファンです、的なこなれた感じのコがいないなっていうのが私の印象で。

でもね、やっぱいたわ(笑)
ちょっと微妙な人がね(笑)実害はないんだけど、ちょっと微妙。
スタッフの指示に従わないとかね。そういう小さいことだけどね。
規模が小さいから余計目に付いたかも。

初めて京都MUSEに行きましたが、まさに何のためにあるのかわからないロッカー。
ってか、10個もある??意味わかんない(笑)
大多数の人が入れられない、一応形式的にありますよ、みたいなね(笑)

そして外国の方が多かったですね、ってか、キャパからすると目立つんですよね。やっぱり。


左迅くんが毎回ライブの後にセトリをブログにアップしてくれるので、
今回のフィーチャリングは、「MUSIC」だなってのが読めてたので、
(意表をついて、またgirugameshとかフィーチャリングするっていう作戦もあるかもしれないけど・笑)
まあ、ちょっと私的に盛り上がり欠けるところもあったり。
メンバー出てきて、やっぱりね的な(笑)

「MUSIC」フィーチャリングだと、1曲目が「BREAK DOWN」だろうなという読みもズバリ当たる。
(というか、この読みは誰でもできるが・笑)

私、MUSICとNOWの曲がごっちゃになる傾向にあり・・・正直あまりピンとこなかったんだけど(爆)
まぁ、今日は私自身誕生日ということもあり、思い切り楽しむべく、ヘドバンしまくりました〜〜!(笑)
でも、みんながヘドバンしてる時にやらないほうが、愁さんの手元がよく見えるので、
時々ヘドバンをやめて愁さんの手元見たりしてたけどね(笑)

新曲を聴くのは2回目で、私も初回よりはイメージできてたと思います。
やっぱりライブ栄えする曲ですね。楽しい。夏らしいし、盛り上がる。

左迅くんの歌が心配で、声がちゃんと出るか心配だったんですが、徐々にOKって感じでしたね。

自分にとっては特別な日なので、曲に対しての期待も高いし、
そんな期待に応えてくれたのが「puzzle」でしたね。
これはやっぱりいい曲です。
「イシュタル」もやってくれたら「MUSIC」フィーチャリング最高!って感じだったけど(笑)
まぁ、でもpuzzle聴けただけでもありがたいです。
今回あまり聞かせ系の曲ないなって思ってたので。
この曲は左迅くんの声次第なところがありますが、入りはイマイチかな?って一瞬思ったけど
徐々に上がっていった感じでよかったです。
消耗してない曲だからレア感もあるしね。

比較的おとなしいなぁって思った感じの会場でしたが、「お前に捧げる醜い声」で私もモッシュやるもんだと思ったら、
意外にもあまりモッシュも起きずって感じだったので、私の近辺でで仕掛け始めたら多少始まりました。
やっぱこの曲には欲しいよね。今回のセトリにはあまりモッシュ曲ないし。


そして盛り上がり「MISSION CODE」
どの会場でもやってると思うんですが、曲の間にメンバー全員に、MCを回すのがあるんですよ。
今回のお題は、京都にちなんで「修学旅行の思い出」
Яyoくんは、とんがってた頃、修学旅行の京都で地元のヤンキー?に絡まれた話。
愁さんは、みんなが楽しんでくれたらそれでいいという、旅行とまったく関係ない話(笑)
弐さんは覚えてないので、メンバーと行った旅行が一番楽しい。
今回もツアーが終わったら、沖縄行きたいね。って話が出てるというお話をしてくれました。

しかしね・・・このコーナー要らなくね?(笑)
せっかく盛り上がる曲なんだけど、流れがブチって切られるように思えてしまうので、
やっぱりこれは勢いで1曲やって欲しいってのが正直なところ。


しかし今日は外も暑いし会場も暑かったね・・・途中からビールのことしか考えられなくなってた(爆)
早くビール飲みてぇ〜〜〜〜!!と思って(笑)
愁さんがビールに見える・・・わけはないけど(笑)、本当に汗が凄かった。
終盤で前の女のコがスタッフにフロア横の椅子のところに連れ出されてたしね。
あのコは大丈夫だったのだろうか・・・。


ラストはどこの会場も一緒で「絶頂BANG!!」
だんだんあのPVの振り付けが目立ってきたね・・・
あぁ、恐れていたことが会場を席巻しそうな勢いです。

本編ラストを終えて、愁さんはポイっとベースを客に向って投げてました。
意外と勢いあったからね、ちょっとびっくり。
これまた15年近く前の事件を思い出すのでね・・・(笑)
某ベーシストがベース投げてファンが怪我する事件。ってかこれ覚えてる人いるのかね・・・(爆)
後で姉妹全員に聞いてみるべ(笑)

さて、お待ちかね?アンコールはファンのリクエストに抽選でお答えする形式。
今回こそは、私の聞きたい曲が聞きたい!!と思っておりますが・・・
ってか、投票するの忘れてた(爆)ってか、どこで受け付けてたんだ???
見かけなかった気がするんですが・・・。(でも投票されてたんだからやってわけですよね・笑)
ああ、今日は特別な日だから投票すりゃよかった・・・。

さて、千葉LOOKの際に私がブログにて苦言を呈した1曲ずつの抽選はさすがにぶつ切りになると気付いたのか、
今回は2曲ずつの抽選になってました。EASTから変わったのかしら〜???

投票してない他力本願のくせに、聴きたい曲をやってくれないかな〜と期待してしまった(爆)
えーと、アンコールの1〜2曲目は「CRAZY FLAG」「終わりと未来」

・・・・意外と普通ですね(笑)「終わりと未来」と言った瞬間はキャーッ!って声が聞こえてきたけど(笑)
左迅くんも「ツアーでやってる曲なんで、俺たちは大丈夫そうだね(笑)」とのMC。
確かにあの千葉LOOKでの、混乱ぶりを考えれば、セーフティーゾーンな2曲だし、
曲と曲のつなぎもあまり大きな問題はなさそう(笑)

しかし、抽選曲を紹介する時、左迅くん、痰が絡んで気持ち悪くなったとかいって、咳払いがおっさんみたいだったな(笑)

やっぱり抽選で曲を選ぶってことは、照明さんへの負担が大きいわけで、
左迅くんが照明さんにむかって「盛り上がる曲です」とか「歌モノです」とか一応伝えるんですよ。
そのとき、「青っぽいイメージ」とか左迅くんのイメージが私のもってるイメージと違いすぎてちょっと
これ、毎回面白くて気になってます(笑)


そしてアンコール3〜4曲目の抽選をしたとき・・・左迅くんが笑いながらいった。
「だんだん俺たちの曲じゃない曲が増えてきた」と。
ファンのみんなが「え???なに?なに?」というと「MUCCの【大嫌い】【蘭鋳】【咆哮】」と3曲が読み上げられました。

会場のファンは喜んでたけど・・・
私としては盛り上がる気持ちも理解しなくはないけど、ちょっと微妙だな〜って思った。
確かに聞けたら面白いと思ったけどね・・・・
悪ノリ?でメンバーも「大嫌い」と「蘭鋳」はちょろっとイントロとかやってくれたけどね。
なんか・・・この抽選っていうことも、ファンに対しての最大限のサービスだと思うんですよね。
特にギルガメッシュはここ数年は、昔のほうがよかった的なことを言われてるのが目に付くし、
私自身も昔との違いに戸惑ってるところは大いにあるし。
そういう声がある中で、この企画をしてくれたことはありがたいことだし
それをやると決断してくれたんだなって、まぁ勝手な感情移入論をもとに思うわけですよ。
だって、昔の曲をみんなが入れてくるってのは大体読めるしね。
実際、私が2回行ったライブで最近の曲は抽選では選ばれてない。投票した人はいるかもですが。

今回のことには他意はないし、目立ちたいとかそういった程度のものだと思うんですけどね・・・
なんか・・・ちょっとね、あれこれ考えちゃいましたね。
そこに自分たちの曲が入ってこないってさ。深いものじゃないとして、ちょっとメンバーの気持ちは微妙かなって思っちゃう。
さすが深読みの達人!!(笑)こんな日にもそこまで読むか!しかもあたってるとは限らないけどね(爆)

イントロあたりまでやってくれたあたりは、メンバーのサービス精神でしょうが、
なんとなく愁さんの表情がちょっと気になりました。(あくまで深読みの達人の目線)


そして改めて3〜4曲目が抽選で選ばれ「shining」と「溺愛」でした。
「溺愛」のイメージを照明さんに伝える時、左迅くんが「アゲアゲな曲です!」と言ったのがちょっとツボった(笑)

個人的には「volcano」と「GAMBLE」が聴きたい・・・
EASTで「GAMBLE」やったんだよなぁ・・・と思うと行かなかった後悔が押し寄せます・・・。
札幌行くか迷ってるけど、リベンジしたい気持ちもありつつ、まだ迷ってます。


そして大ラスは、いつもの大ラス「BREAK DOWN」が1曲目だから、どうなるんだ!?と思ってたら・・・
あ、忘れてました、「evolution」でした!!
あ、なるほどね、確かにそうだよね、「MUSIC」だもんね(笑)
深読みのくせに、こういう肝心なところは抜けている私・・・・(笑)

最後も大いに盛り上がって終了となりました。

最後に愁さんがピックを投げまくってたんですが、こっち方面に投げてくれた瞬間、
反射的に手を伸ばしたら、ピックが手のひらど真ん中に!!!
ダイレクトキャッチ成功!!o(≧∇≦)o

やったー!!!誕生日ライブでピックゲット2回目です!
しかも、弾いてたやつだから余計嬉しい。
前回は、飛んできて落ちたものをゲットしたんですが、
何しろ今回はダイレクトキャッチなだけに嬉しさは格別(笑)
なぜかピックが飛んできた瞬間に「取れる!」と思ったんですよね。
誕生日に京都まで来た甲斐がありました。


そしてライブ後も気の抜けないメンバーは、サイン会。
私もLOOKでしてもらわずに誕生日である今日を選択。
ライブ終わって速攻でビール飲んだんですが、かなり脱水気味なところにビール一気飲みしたら
かなり酔っ払いました・・・(笑)
こんなんでサイン会って大丈夫か、自分!?と一瞬不安になったもんね(爆)
でも、おかげで全然緊張しないんだよね、というか、もう緊張する年でもないのですがね(笑)
逆に変なこと言わないようにしなきゃ、と自制しました(爆)

誕生日なので千葉から来たということを左迅くんに伝えましたら
サインのとこにHB!って書いてくれてた・・・優しいなぁ・・・・(≧∇≦)
愁さんも「ハッピーバースデー!!」」って言ってくれたし。

Яyoくんには「新曲のドラムかっこいいですね」って言ったら
「でしょ〜〜!!次も期待してて!!」と笑顔で言われた・・・。
完全に私のほうが年上だけどね(笑)
妙にそのタメ語が新鮮だった(笑)
*弐くんとの会話はすっかり記憶にありません(爆)

そんなこんなであっという間のバースデーライブが終了しました。
いやはや・・・思い出深い一夜になりました。
京都に来てよかったです。

まだ札幌は迷ってるけどね(爆)
posted by ろんろ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

07/07 ギルガメッシュ GMFC限定@千葉LOOK

ギルガメッシュ サディスティックイヤー2012 ツアー初日はGMFC限定で
しかも会場は千葉LOOK!
自宅から徒歩15分の会場ですから行かないわけにはいかない!
マジでチケット取れてよかったです・・・・(笑)
しかし、ギルガメッシュのライブって、なんだかいつも雨っぽい気がするのは私だけなのでしょうか。
雨のおかげか、あまり暑くないのが救いでしたね。むしろ肌寒いかもって感じだったけど(苦笑)
LOOKにはロッカーがないので、千葉駅で収納。ここも駅の改装工事で個数が圧倒的に減った気がします。

さて・・・会場に入り、とりあえず下手側へ。
まぁ、見えないことは覚悟だったからよしとするか、多少見えるし。

17時ちょいおしてSEが聞こえ、
新曲の「絶頂BANG!」。
ライブで聴くとこんな感じか〜っていう。かろうじて愁さんの顔は見えたけど、他のメンバーは一切見えなかった・・・・
って後のMCで知ったんですが、この絶頂BANG!は侍バージョンで着物着てたんだそうな(笑)
このステージの低いハコでは、あまり効果がないかもしれない演出かもな・・・。

確かにこの曲やってメンバーが1回引っ込んだから、なんでだろ?って思ったんだけど、このMC聞いて納得。
着替えてたのね(笑)

この曲の途中でなにやらトラブルで演奏中断しなかったっけかな。
中断が全部で2回あって、後半期は覚えてるけど最初が記憶曖昧・・・。

今回のツアーでは、「アルバムdayを全国で」ということで、過去リリースしたアルバムから1枚を取り上げたブロックがあるとのことで、どういう演出になるのかな。って思ってたんです。

最初の4曲が「Jarring fly」「遮断」「亡者ノ行進」「Deceived Mad Pain」だったということは、
この最初のゾーンがそれだだったということで、アルバムdayの千葉LOOKメニューは、「13's reborn」だったってことですね。

さらに新曲が披露されたのですが、この曲ではドラムトラブルが・・・!
大丈夫なん?って言われて、大丈夫じゃないと言いながらも、直る直る!と強気発言のЯyoくん(笑)
MCでつなぐため、かなり無理やりに愁さんに振る左迅くん(笑)
愁さんマジで困ってるのがかわいかったです。
MCでいいことを言おうとした瞬間にドラムトラブルも解消というオチで、再度新曲へ。
系統的には・・・絶頂BANGの系統っていうのかな。以前の系統でもないし、新しい中にもギルガメッシュらしさがあるってういう印象。
私はけっこうライブは盛り上がるし、嫌いじゃない印象だったけど、好き嫌いは分かれるかもしれない。

しかし、LOOKは暑い。汗が滝のように流れた前半でしたよ・・・
あれだけ狭いから、どんだけカオスになるのかと多少心配してたけど下手側は思いのほか平和で、
ちょっと拍子抜け。
曲によってモッシュも普通通りあったけど、あまり激しくなかったのは周囲の環境もあったのかな。
私の周りは比較的おとなしい感じの子だったし。

まぁ、全体的に左迅くんは声は出てたとは思うけど、相変わらず曲によって、音がね・・・。
仕方ないかもだけどね。
全体的に聞いてて思うのは、ベースの音が小さい??
たぶんこれは私だけが感じてることかもしれません(笑)
BUGのとき、もっとベースの音がバンバン聞こえてくるから私の中ではあれが普通で、
あまりにバランスがよすぎるのも物足りない(笑)
これは、音源聞いててもそう。
今回の絶頂BANG!!はかなりベースラインが目立つ曲だし、もっと聞こえてもいいはずなんだけど、。
やっぱギターの音との関係ですかね。
もうちょっと重厚な感じになるとさらに好きですね。いやらしさっていうか・・・・悪い感じがあるといい(笑)
全体的には、夏らしいアッパーな感じの曲が多いセトリでした。
「sunrise」を聴くと、2年前の徳島のライブを思い出す。
夏!って感じの曲だしね。

私の前の子が大人しめな感じで、どんどん下がってきちゃう感じだったんで、
「お前に捧げる醜い声」くらいで前に突っ込んでいっちゃいました。
ステージに近くなればなるほど暑かった。相当ステージの上は暑かったんじゃないでしょうか。
なんかね、アイロンにスイッチ入れたときの蒸し蒸しした暑さとにおいがあった・・・(笑)

途中から隣になった子にぶつかったことをあやまりつつ、それをきっかけにライブ中にお話したり、
ちょっといつもと違う楽しさがあったな。
ギルガメッシュのファンの子っていい子が多いよね。あまりぎょっとするような子って少ない気がする。
下手側のドリンクバー前にいた子たちは、かなり盛り上がってて、
彼女たちに引っ張られてテンションあがったなって気がします。

私個人的には「MISSION CODE]を聴けたのは嬉しかったかな。
久々な癖にヘドバンしまくったから、頭はクラクラするし、首が明日はえらいことになりそう(笑)
本編は再び「絶頂BANG!!」で終了。

今回のツアーでは「アンコールを決めるのはアナタ」企画で、
ファンが聴きたい曲を投票して、それをゴッドハンド左迅が抽選で選ぶ、という形。
まぁ、まさにサディスティックな企画ですよ(笑)

そして1曲目は「GOKU」
昔バージョンで!ってことだったんですが・・・・曲が発表されてから、弐さんが憮然とした表情で(笑)
なんじゃそりゃ!!って表情丸出し・・・とりなす左迅くんも形無し(笑)
この曲は、相当グダグダになりました(笑)
無理やり持ってった感満載というか・・・・かなり無理でした。正直。
しょっぱなからこの企画の問題点が浮き彫りに・・・・

2曲目は「白状の指輪」3曲目は「少女A」4曲目が「不純愛(L)」という、
コアで、左迅くんのゴッドハンドぶりが明らかになった選曲でした。
(というか、みんなが聞きたいのはこういうコアな曲だろうから、コアな曲しか投票されねーんじゃね?と
思った瞬間でもあった)
しかしながら、私の印象では、曲が発表されるたびに歓声はあがるものの、いざ演奏となると
イマイチ盛り上がってるようには見えず・・・・。
しらけてるとはいわないけど、なんだろうね、最近FCに入ったニューなファンしかいなかったのかね、と
思わずにいられませんでした。
大ラスは「BREAK DOWN」。アンコールで5曲ってやりますね(笑)
あ、本編でやった曲が選ばれたのは、抽選しなおしになったので、本編との被りはありません。

しかしなんだろう、アンコールが一番盛り上がらないという結果に終わってしまいました・・・・あぁ、残念。
たぶん、抽選して演奏して、また抽選して演奏してっていうその形式がよくなかったのかもね。
盛り上がりが持続しないから。
今回は投票しなかったけど、京都ではやろうかな〜〜。

最後に愁さんが投げたピックが手にあたったのにゲットできなかったのが残念・・・・。

しかし、FC限定っていうからには多少スペシャルな内容を期待していたのですが、
たぶん参加者をFC入会者に限定しただけで、内容は他のツアーと同じ内容なんだろうな。
特にスペシャル感があったわけでもないので・・・・ちょっと期待しすぎたかもしれない。
まぁ、ツアー初日ってこんなもんかな、と思います。
今後の修正に期待しましょう。アンコールのやり方とかね(苦笑)
まぁ、久々にギルガメッシュのライブだったから私自身は楽しめたと思ってます。
明日は絶対筋肉痛。


そういや最後のサイン会も、なんだかんだと整然とした感じで、あまりライブ後っていうような
感じには見えなかった(笑)
(私は別日に参加するつもりなので、光景を見てるだけだったけど)
AKBかと思うほどのスタッフさんのガードにちょっと笑ってしまった(笑)

しかし、ロッカーもないのに、ブックレットとかCDとかもって行くのって大変だな・・・
会場で買うのが賢明でしょう
(売り切れたらアウトだけど、商魂たくましければ売り切れの状態を作ることはありえないだろう)
あぁ、私もそうすりゃいいのかも・・・と思ったライブでした。(すでに1枚買っていることが大いなるネック
・笑)
posted by ろんろ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

5/5 BUG@新宿LOFT

5/5 子供の日ですが・・・LOFTは完全に大人の日ですね(笑)
比較的整番もよく、見やすい位置にいけたのが嬉しい。


さてさて、今日は順番で行けば「BIORED」の曲が中心と思われる日。
この日が一番期待度高いかも。
やっぱレア感のある曲が多いですしね。
裏を返せば、このアルバムからチョイスされるものが偏ってるとも言えるわけで。
期待しちゃっていいでしょうか??
(あまり期待すると、その分外れたときの落胆の度合いと言ったらないから、期待しすぎないけど)


今日は5分くらい押したかな、スタートまで。
今日の皆様の衣装
TAKASHIさん→珍しくストレートジーンズに、黒いシャツに縦のストライプのジレ。
あぁ・・・久々に黒シャツね・・・しかも胸元開けてます系(*/∇\*)キャ
今日は黒シャツかも・・・という予感的中にテンションも上がる(笑) 
武→黒のノースリーブシャツ
ASAKIさん→黒の比較的細身のパンツに、黒の・・・・なんだっけ?(爆)
kyoさん→マイケルモンローのリメイクTシャツに黒の帽子。ボトムがわからない・・・
というか見てない(爆)
↑言い訳をすると、私の右斜め前に(いわゆるkyoさんが見えるゾーン)男性がいたので、
ほぼkyoさんは視界が遮断されてました(爆)


私はTAKASHIさんと武が非常によく見えたので、それだけで満足です(笑)


さて、1曲目はご承知の通り、「ハルカカナタ」
前回のラストの曲ですね。
期待を裏切らず、1曲目からベースの聴き所満載な曲で嬉しい。
のっけからTAKASHIさんロックオン状態でしたねぇ(ウフウフ)
しかし、今日はやたらベースがデカく聞こえるなぁ〜


そして、気になる2曲目。私はイントロが聞こえた時点で雄叫びを上げました(爆)
あぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜期待して期待して期待して聞きたくて仕方なかった
「CRUSH」です!!o(≧∇≦)o
テンション上がりすぎて大変なことになってた(笑)
相当ここで自分も飛ばしたってのもあるんですが、もう汗だくってくらいにはっちゃけてしまいました。
TAKASHIさんも苦笑するくらい(笑)
いやはや、この時の自分の興奮ぶりったらない!興奮しすぎて、ベース音が吹っ飛んでる(笑)
もう1回聴きたい。もう1回ベースを確認したい!!!(笑)

あぁ、この曲聴いたの何年ぶりなんだろう・・・4〜5年は聴いてないんじゃないかなぁ。
私の予想では、今回は「CRUSH」か「BURrrrN」のどっちかはやるだろうと思ってたので、
ということは、「BURrrrN」はないかな。
本音を言えば、この2曲は本当にずっと聴きたいと思い続けてきた曲だから両方聴きたいんだけどね。

でも、もうCRUSHだけで相当あがりました!!もうね、本当に久々に興奮した(笑)

立て続けに「Rock'Roll Suicide」で畳み掛けるような冒頭3曲。
いやはや、当時が思い出されますなぁ〜(しみじみ)
この頃はかなりヘヴィ感の強い曲が多かった気が改めてしますね。
今と全然違うもんね。
この曲はコーラスも聴き所。
あ、そういやこの曲のギターソロ完全に聞き逃してる・・・(笑)
こんな時くらいしか上手側見ないから、見たはずが・・・・
やはりTAKASHIさんロックオンだったか・・・(笑)
確かにいつもならTAKASHIさんと武と同じ位のパーセンテージのはずが、
圧倒的にTAKASHIさん専用チャンネルと化していたような気が・・・(笑)

ここでkyoさんの本日1回目のMCで
「今日はBIOREDやBUGHAUSの曲を中心に・・・」というお言葉が。
ほ〜BUGHAUSもやるんだね、な〜んて軽く流しつつ、kyoさんがお話されていても、
視界はTAKASHIさん(笑)ま、いつものことか(爆)


今日、何より私が驚いたというか、まったく予想してなかったのが
「idol,delusion,funcy&real」
イントロが聞こえてきた時、Σ(・ω・ノ)ノ!マジ!? ←こんな顔をしていたに違いない。
本当に驚いた。まさかこの曲をやるとは・・・・
久々にいい意味で期待を裏切られ、これまたテンション上がる。
この曲は柏Zaxで聴いた記憶が鮮明に・・・・あのピンクの照明が忘れられない(笑)
いつぞやのTAKASHIセレクションライブで聴いた以来かも。
私の中でこの曲のメインはkyoさんなんですが、視界に一切入らず。
(この曲ばかりは見たのですが、見えなかった・・・残念、無念)
しかし、今日はこの曲のベースがあまりピンと来なかった。
なんでだろ・・・比較的TAKASHIさんも淡白に弾いてるように見えた。

「Love Sigh」や「Nasty」など、比較的現在も演奏されてる曲もありつつ、
やはりこのあたりのアルバムの世界観が楽しめた前半は、非常に神なセトリです。
なにせ前半だけでも相当なTAKASHI反りプレイ連発 ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

「(You are)MY PLEASURE」はね〜〜やっぱり欠かせませんよねぇ〜〜!!
あぁ、マジで神だわ。
しかし、照明が明るすぎるんですよ・・・ピカピカまぶしくて、ちょっと・・・orz
この曲はダークなエロさが欲しいところなんで、やはり照明は赤でないと!(超個人的意見)
それと、ラストのkyoさんとASAKIさんのハモり全開でテンションが最後に突き抜けていくところの
ASAKIさんのコーラスが弱かった気が。ハモりが足りない!!!って感じでちょっと不満足・・・
聞こえてないのは私だけなのかも・・・(何しろベースの音がデカく聞こえたもんで)


「歓喜の詩」は去年のバグの日もやりましたね。
この曲もBIOREDの代表曲なイメージです。
しかしこの曲で、ベース音がデカすぎて、バランス悪く聞こえた気がした瞬間が数回。

ここでMC.
「今日は子供の日ということで、純粋な気持ちを、と思ったんですが、地下のライブハウスだし、
夢とか希望とか歌いません!(笑)そんな曲もないし(笑)」

「と思ったら次の曲、ちょっと希望の歌だ(爆)」←どんな曲や?
「じゃあちょっとムダ話でも」
ということで、今日LOFTに来る前に、今被ってる帽子を買ってきたそうで、
「俺、この人と一緒に行動するんですけど」とTAKASHIさんを見ながらお話。

店でTAKASHIさんが「これ、次の時にいいんじゃない?」とTAKASHIさんが勧めてくれたのと
自分がいいかな、って思ったのが同じだったそうで、運命を感じたので買ったということと、
来るときはターバンをして来てたから、試着でターバン取ると大変なことになるので
試着せずに買ったけど、結構よかったねってな感じの話でした。

「でもね、古川くんっぽいのが否めないね(笑)(ASAKIさんを見て)見慣れた感じでやりやすいって(笑)」
って発言に思わず笑いました(笑)
ASAKIさんも、それに答えてるのがまた面白くて。久々にkyoさんMCで笑った気がします(笑)
あぁ、kyoさんのMCにこんなにスペース割いたの久々だ(笑)


こんなMCの後にkyoさんが紹介したのが「HERO」
あぁ、これも久々だなぁ〜〜〜と感慨にふける(笑)
そしてこの曲では、TAKASHIさんのコーラスに釘付け!!
この曲でコーラスしてたんだね(爆)←オイ
この曲、武がマジでかっこよかったんだよなぁ〜。

そのまま「蝶々」へ。
この曲ね・・・私、イントロはかなり好きなのに、Aメロに入っていくとこから
まったく別の曲になってしまうところがどうもいまだに馴染めない。
あのイントロの雰囲気のままで進んでくれたら、かなり好きな曲なのにな・・・・
しかし、この曲はここ数回よくチョイスされる印象。

そして、これまた意外な選曲だった「I love you, BABY」
これも相当久々なはず。面白かったかも。
やっぱ音源で聴くよりライブのほうが面白い。


その後は「Judas」「Gothic Romance」と聴き馴染みのある曲。
ってか、「Gothic Romance」のイントロ変わったかな?
全然歌が入るまで全然なんの曲かわからなかったんですけど・・・・
耳が今日は相当やられてて、高い音が聞き取りづらくなってます。
kyoさんがシャウトするたびに、耳の奥にキーンと響くくらい・・・(笑)
しかし、この方たちは「Gothic Romance」好きですね・・・
毎回やってやしませんかね?ってくりあ毎回やってるように思えて、
もともとそんなに好きな曲というわけでもないのですが、
相当聞き飽きた感が否めない・・・orz 
一時期の「Romantic Teardrops」くらいね(笑)
なんだか、前半の神セトリから、雲行きが怪しい・・・・

MCで、「次は8月までないからさ」というkyoさんのMCで、会場からはブーイング。
「こんだけ空かないと、歌詞が覚えられないからさ(笑)」

・・・・洒落になっとらんわい!!という突っ込みをしたい衝動を抑えつつ・・・(笑)

だから、もっとはじけようぜ!的な煽りがありつつ、
妹から「恐怖症だよ・・・」という言葉をささやかれ・・・・
あぁ、忘れていた「踊ろうぜ恐怖症」が甦る(笑)
そう、私は弾けようぜ!踊ろうぜ!というkyoさんの言葉による数々の仕打ちが
恐怖症という形になって現れているのです。
この煽り言葉が出たら「Parade〜」か「Merry go Round」という
この2大私のちょっと馴染めない曲が繰り広げられるから・・・(笑)

どうかこの2曲じゃありませんように!と、ステージを見ずに祈っていたら・・・
始まった曲が「PROMISE」でホッとした・・・・(笑)
そしてまたここも定番な流れで次が「NEW WORLD」
予想できるところが前半の神セトリとの落差ね・・・(笑)

そしてギターソロから、ご無沙汰の「Stupid,Stupid」
これも久々ですねぇ〜当時の記憶が甦りつつ。
ギターソロのところでは、ドラムのところにTAKASHIさんとkyoさんが集い、
kyoさんがエアギター、TAKASHIさんもギタリスト風な弾き真似?(笑)
なんか今日は笑顔が絶えない感じでしたねぇ〜〜
本編ラストは、BIOREDに戻って終了でした。

あぁ、前半のセトリが神過ぎた・・・と万感の思いでした(笑)
もうね、前半だけで満足です!!(きっぱり)
どの曲だったか、打ち込みとズレた曲があったけどね。
もう、そんなことも帳消し。ごっつぁんです!!

アンコールでは、ラストが次回の1曲目だから「Arrhythmia's 〜」。
1曲目は・・・・・と思っていましたが、
これは私は予想してなかった。

「SORA」でした。

今日は予想外な選曲がかなりのサプライズで、満足なライブでしたよ。
TAKASHIさん、かなり反りプレイ連発してたもんなぁ〜〜〜。o(≧∇≦)o
最近はあまり反りプレイな曲少ないかも・・・と改めて思った。
かなり興奮が甦りましたね!!

ラストは「Arrhythmia's Night & Monster's tears」
この曲はベース大好きだから〜!と思って、相当TAKASHIビジョンで見てました!!
しかし、この曲はドラムも凄くかっこよくて、姉もよく言ってたっけ。
だからドラムも!と一瞬思ったけど、すっかりTAKASHIさん専用チャンネルと化して
武のドラム見逃した・・・・orz

今日は前半後半で相当カラーが別れたようにも思えた。
前半が神過ぎるんだもん!!(笑)
後半のね、組み込んでる曲がちょっと定番化してるようにも思えなくもないのが
ちょっと気にかかるかな・・・。
まぁ、全部同じカラーにはできないから仕方ないんだけど・・・

何はともあれ、「CRUSH」を聴けたことがすべてです!!(笑)
今日は今までの3回の中でレア感が一番あったように思います。
今回の10周年ライブで掘り起こされた曲たちは、ぜひ今後もやり続けて欲しいですね。

いやあ〜信じられないくらいいい汗かきました。
近くの方がけっこうノリノリで、いい感じだったから私もそれにつられたかな、って気がします。
いやはや、楽しかった!

次回は8月・・・・遠いな・・・(苦笑)
posted by ろんろ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

4/1 BUG@渋谷CHELSEA HOTEL

10周年記念のライブ2回目。
今日はいったいどんなライブになるのでしょうか。
期待しすぎないでスタートを待つ。これ大事(笑)
そうそう、期待してると「踊れ〜」とか言われるからね(笑)
番号はそんなにいいわけじゃなかったんですが、非常に視界良好。
TAKASHIさんがよく見えるv

しかし今日は始まる前から暑い・・・。
かなり人が入ってるからかな。

さて、今日、メンバーの特筆すべきことといえば、
kyoさんが帽子に黒縁メガネ。
そして髪を後ろでちょこんと結んでいたこと!!
そして何よりもあの衣装!!あの白地に大きな花柄のシャツ!!
あらあら、ご無沙汰〜〜〜!って思ったもんね(笑)
もう2度と見ることはないと思ってたけどな(爆)
思わず笑ってしまう。

そしてTAKASHIさん、今回も巻物ですか。かなり最近のお気に入りのようですね。
気付いたら今日は私の大好きなジャケットを着ていた模様。
手元を折り返して着ているのがたまらなく萌えポイントです(笑)

さて気になる1曲目は「Under The Sun」
これは相当予想外だったけど、かなり新鮮だったかも。
う〜ん視界良好で、テンションも上がる!
期待しないで心静かに待っていただけにね。

そして曲の終わりにTAKASHIさんがピックを持ったので、
「ま、まさかの2曲目でBugnoid?!」
そう、そのまさかですよ。こんな早い段階でのBugnoidって今まであった?
いやはや、テンションをあげるにはいいですけど・・・汗が大量に噴きだすし、暑い!!
やはりそして疲れる・・・(笑)
この3月末の仕事のハードスケジュールをこなした身体にはこたえるな・・・(苦笑)
まぁ、この曲のおかげで全体的にもかなり温まったというか、ボルテージが上がった気がします。

3曲目は「Sex On The Beach」かな。
この曲はあまり久々感がないけど、聞きたいなと思ってた曲の1つなので、ちょっと気分がいい。

次が「CAN YOU FEEL ME?」だったかな。
一時期聞きすぎて、相当聞き飽きたこの曲も、久々に聴くといいもんですね(笑)
特にkyoさんとASAKIさんのハモりのとこね。この曲のポイントですし。
kyoさんのマイクで2人がハモってるのをちらりと見て、この日初めてASAKIさんを見た(笑)
今日の衣装・・・今までで一番いい!!(爆)
こんな格好ができるなら毎回やればいいのにな・・・(笑)

この時点まででなかなか古めな選曲で何よりだ・・・と思っていたら
不意打ち攻撃の「Chu.Lu.Ru」
この曲の見所は私にとっては武なのですが・・・やはり何しろステージが低いので
武もチラッとしか見えないのが残念。

「WONDERLAND」は完全に予想外だったのと、意外に久々だったせいか、
一瞬イントロ聞いても曲が判別できないという失態(笑)

そんな新しめゾーンかと思わせておいて、これこそ相当ご無沙汰な「BECAUSE ALIVE」
これ、何年ぶりですか!?みたいな。
私も記憶にございませんという、悪徳政治家みたいな発言をしてしまいそうなほどに久々すぎて
本当に新鮮でしたね〜〜〜!これ、ちょっと感動だったかも。懐かしくて。
やっぱり音源よりライブで聴いたほうが風景が見える曲です。

MCでも、kyoさんが「今日は武が入った頃の曲を中心に・・・」的な発言をしていて、
ここまで無欲でやってきた私が、思わず欲がヒョコヒョコと顔を覗かせる。
だって、ここまでやってきた曲の中心って「IMPOSSIBLE IS NOTHING」ですよね・・・

・・・・・・・ってことは!?ってことは!?と思わず心臓が高鳴る中、
紹介された曲名は....「I'm so hungry」

なにぃ〜〜〜!?Σ(・ω・ノ)ノ
完全にやられました!!
こ、これは・・・・!!本当に久々、というか・・・ライブで聴いたことあったっけ?
私が初めて行ったライブがこのIMPOSSIBLEが出たときのツアーファイナルのLOFTだったから、
この時に聴いてなければ、私はライブでは聴いてないと思う。
イントロが始まるや否や、英字新聞を持ち、さも演出のように新聞を片手に歌うkyoさん。
あ〜、カンペ代わりね、とファンならばあっさりと見破るでしょうよ、これ(笑)
演出に見せかけても・・・・ねぇ・・・・(苦笑)
まぁ、相当久々だったし、英語の部分もあるしね。
この曲をやろうと決めた心意気をかいたいと思います(笑)

アルバムの中でもなかなか地味な印象しかない曲だったけど、
やっぱりアレンジが変わると曲のイメージも変わりますね。
雰囲気があって、今のBUGっぽさが加わって、大人な曲になってました。
アウトロのとこだったか、前回に続き、TAKASHIさんのサブベースを弾いてる風(笑)
TAKASHIさんと向かいあって弾く姿が微笑ましかった(笑)

そして「花鳥風月」
どうしても、kyoさんが歌う歌詞を信用できない私。
なんかね〜あやふやに歌うイメージがいつの間にやら植えつけられてしまい、
正しく歌っていても、思わず「そうだっけ??」と疑いの目で見て、聴いてしまう私です(笑)
でも、やっぱりこの曲は当時から名曲といわれるだけの曲ですね。
kyoさんの迫真の姿にグッとくる。

その余韻さめやらぬ中、聴こえてきたイントロのギターに
「キャーーーーーーーッ!!」と叫んでしまった。
そう、聴きたいと期待し続けてきた「Russian Roulette」!!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
もうね、あのイントロやばすぎます!!
感動ってかね、興奮しすぎて手が震えてました(笑)
ベースしか聴いていないこの私が、ギターがかっこいいと思える数少ない曲ですから!(笑)
もうね〜興奮しすぎて、細かいとこまで見れなかった(苦笑)
メタル武をもっと近くで見たかった・・・(笑)
この曲聴いただけで、もうね完全に満足しちゃった自分がいます(笑)

その余韻を引きずっていたため、「Brilliant Metamorphose」が判別できずに
一瞬「??」となった私。
あぁ、好きな曲なんだけど、なかなか「Russian Roulette」の余韻から抜け出せない・・・(笑)
徐々にペースを取り戻し、TAKASHIさんのブイブイ言わせるベースに酔いしれました♪
残る問題は、ショートバージョンか、ロングバージョンかってことだけ。
このゾーンに入って4曲目だから、ロングだろうな、とは思ったんですけど
(MC前ならロングだろうという判断)
まぁね、期待しすぎてはいけませんから、アウトロしっかり確認。
ロングとわかったときにはねぇ、もう嬉しさ倍増。
あぁ、このゾーンの選曲が神すぎるよ。ありがとう!!
大満足です。ハイ。

最近やっていない曲たちが多いということもあり、
MCでも、メンバーも「新曲をやってるみたいだ」というような話になったとか。
そうだろうよ、そうだとも。
だったら、時々やってくれよと思うんですけどね(笑)
ここまでを終わって、kyoさんの本日の衣装の意味が理解できた。
なるほどね。当時の衣装だもんね。納得。

今日はですね、私の心が本当に平和そのものでした。
始まる前まではちょっと心配してたんですけど、そんなことはなく。
なんかね、もうTAKASHIさんが楽しそうに弾いてくれてたらそれでいいと思えたこの境地。
私も悟り開きましたかね(笑)
この悟りの境地を今後も続けていけたらさぞかし楽しい10周年YEAR となる予感(笑)

kyoさんの「素敵なバラードを」といった瞬間、
「LOVE & PEACE」は前回やったしな・・・と考えをめぐらせる。
そう、前もこんな風なMCで「LOVE & PEACE」だったから。
すると始まった曲が一瞬わからない、
kyoさんが歌いだして「It's EASY」とようやく気付く。
あぁ〜〜〜出た〜〜〜〜!!(笑)
この「It's EASY」=妹という思い出の構図があり・・・
思わずアイコンタクトで笑ってしまいました。
まさか今日聴けるとは・・・(笑)
この曲のベースもいいですよね〜〜〜TAKASHIさんの弾き方がツボです。

「Flower of Romance」「LET'S GO」の流れもよかったですね。
ほんと「LET'S GO」にちょっと感動しちゃった。
なんかね〜、ホントに平和な気持ちになれたから。
穏やかに見れている自分を象徴しているような曲だったと思う。

これでラストかな、って思ったら、本編ラストは「SAMURAI」
今日は全部上手を行ってたなって思うライブだった。
「予想通り」ってところがほとんどなかった気がする。
これでこそライブって気がしましたね〜〜。この新鮮さ、本当に久しぶりです。
あぁ、もう大満足。本当に。
なんといっても「Russian Roulette」の存在が大きすぎます。
なんならアンコールはなくてもいいくらいの気持ちでした。それだけ本編に満足だった。

そんでアンコール。
ASAKIさんとkyoさんだけTシャツに着替えて登場。

こんだけ本編でやったら、アンコールは何やるんだ!?と考えをめぐらせていて
始まった曲は「NEW WORLD」
あぁ・・・ここで、ここでベタなのいっちゃうんですね(苦笑)
一瞬「あいのうた」と「Promise」とごっちゃになった(笑)

そして大ラスは・・・・・・・・
これはまた狙いをはずしてきたであろう「ハルカカナタ」
思わずざわつく会場、みたいな。そりゃそうだよね、ラストでこの曲は驚くさ。
なるほどね・・・これ、次回へ続く、的次回予告ですよね???
じゃぁ、次の5/5は「BIORED」期待しちゃっていいんですか!?と思ってしまいました。
あんな曲やらこんな曲・・・とイントロ中に妄想を広げてしまいました(笑)
その妄想から現実にカムバックし、ベースラインが大好きなこの曲でTAKASHIさんをガン見して終了。


あぁ・・・今日は完全にBUGMANたちにしてやられた気分です。
もうね、あの最強な神ゾーンの曲だけで満足してしまいました。
まぁ、裏を返せば毎回定番曲多すぎってことでもあるんだけどね(笑)
何はともあれ、本当にここ数週間のストレスが吹っ飛ぶいいライブでした!!
久々に当時のことを思い出したりね。
新鮮な気持ちが甦ったライブでした。
posted by ろんろ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

3/11 BUG@渋谷CHELSEA HOTEL

BUG 10周年記念YEAR ライブの第一弾。
場所がCHELSEA HOTELとはね・・・。BUGでのイメージがまったくないハコ。
何度か行ってるハコだけど、1階が変わってたり、外が昔と違います。
他のライブとバッティングしてたせいか、外に人があふれかえってカオスな空間でした・笑

CHELSEA HOTELは、スピーカーの位置のせいで、下手側、上手側の端は、それぞれ側のステージが見づらいので、気をつけないといけないハコ。
なので、どちらかというと、kyoさん寄りに行かないといけないんですね。
結構混んでいましたが、私の位置からTAKASHIさんが正面によく見えました。
首もとの巻物は最近のブームなのかしら(笑)
残念ながら私の位置からは武はほとんど見えない・・・

1曲目は「怪物」
ありえるなとは思う選曲ですが、この曲が1曲目にきたときのライブの引き締まり具合は非常にいいと思うので、1曲目にはいいですね。

2曲目の「LOVE & PEACE」は正直展開が読めたので、微妙かな、とも思ったんですが、やっぱりみんなのテンションがグイッとあがるにはいい曲なんですよね。
なんだかんだといいながら私も楽しみましたしね(笑)

3曲目は「FEVERNOVA」だったかな。
今日はなんだか古めの曲で来る感じかな??
4曲目も「JESUS CHRIST I LOVE YOU」でしたしね。
やっぱりこの曲はいいですね〜
ほぼ古めの曲で固められた前半、相当神な感じで、聞いていてもウハウハでした♪
最も印象深いのは「Everybody Listen」ですかね。
この曲もあまり聞く機会の多くない曲ですし、なんといっても最後の楽器隊のアウトロがね、しびれます!!
この曲聴いただけで、もうお腹いっぱい満足しちゃいそうな感じ(笑)

「心をこめて歌います」といってはじまった「いつの日にか」
「NO NAME」も、やっぱりこの日だからこそじーんとくるものがあった。
まぁ、確かに読めるといえば読める選曲だけど、それがいい場合もある。
まさにこの2曲はそうだった気がします。
「NO NAME」だけはどうしても武のドラムが見たくて、ちょっと背伸びしたら
激しく叩く武が見えた!かなり嬉しいです!


この2曲の余韻に浸りながら、今日はほぼ古めのセトリで行くんだろうな〜と思った瞬間に始まった「Gothic Romance」で、私は愕然というか・・・
今!?今のタイミングでこの曲!?と突っ込みを入れたくて仕方なかった・・・・
(こんな風に思ったのは私だけなのだろうか)
隣にいた友達も、私のあまりの落胆振りが気になった模様(笑)
それほどに下降したテンションでした(笑)
次は「甘い飴玉」で、選曲基準がまったく見えてこないんだけど、まぁベースが好きだからいっか、みたいな(笑)

そんな感じでちょっと気を許していた瞬間に聞こえてきたイントロが!!!
「LOST」だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜o(≧▽≦)o
TAKASHIさんのドヤ顔プレイに完全に持っていかれる曲ですからね・・・(笑)
テンション急上昇〜〜〜〜〜!!!
あぁ、もうこの曲にハンマープライス!!ワッショーイ!!(笑)
今日はもうね、自分自身がフワッフワッしてて、ニヤニヤしっぱなし状態でした。

ここでkyoさんのMCが入って「X.T.C.」に突入。
あ〜この曲に入る前はMCしないでくれ!って超個人的に思うんですが(笑)
だって、MCの現実から、XTCの曲の世界に入るのが時間かかるだもん。
好きな曲だけにね・・・・
「XTC」と「(You’re my)Pleasure」は、曲とつなげて入るか、MCせずに突入して欲しいと思っちゃうんですよね・・・・・。
結局完全には入りきれなかった気が・・・・

そして不意に始まったのが「Parade with the midnightsun」
・・・・・やはりこの曲はやるのね・・・踊ろうぜ恐怖症の私たちを見透かしたかのようなしれーっと作戦。
とはいえ、今日一番思い出深い曲となったんですけどね・・・・(苦笑)

「2人にしか分からないことがある」・・・・・名言だ(笑)

「NEW WORLD」「Set me free」にて本編終了。
「Set me free」で本編が終わるのはちょっと予想してなかったな〜〜〜
これ、本編ラストでやっちゃったら、アンコールあるの!?みたいな。
それだけやる側も見てる側もエネルギー使う曲ですしね。

いやはや・・・神な選曲で満足です。いい汗かきましたしね。
CHELSEA HOTELという時点で、視界不良を覚悟してたんですが、
それほど前だったわけではありませんが、モーゼの十戒的なほどにTAKASHIさんがよく見えました。手元もそこそこ見えたほうかな。ありがたいことですね。

さてさて、アンコール。
「Are you ready?」で、一旦落ち着いた雰囲気を再び上げ、
ラストは意外な「UNDER THE SUN」で終了。
いやはや、久々な神セトリで気持ちよかったです。

10周年記念ですから、あんな曲やこんな曲も聞けるのかな?!なんていう
期待を抱くシリーズ初回のライブでした!
posted by ろんろ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

3/2 ギルガメッシュ@渋谷www

去年6月ぶりのギルガメッシュのライブ。久しぶりすぎて、感覚が鈍ってるだろうなー。
渋谷に来るのも実に久しぶり。
渋谷WWWはお初のハコ。
あの界隈だと、サイクロンに行ったことがあるくらい。
キャパ500くらいだと思うんだけど、どんなふうなのか想像もできない。
あのあたりは開場前に並ぶスペースもなく、時間の前に行ったら散らされた(苦笑)
まぁ、スペースないのはわかってたけど…かなり客の入るライブの場合は不便ですね。
特に今日は雨だったから余計に。
中にはロッカーはありますが、1つが小さいから、コートがある冬は、1コに1人分だけしか入らない。
ロッカーに荷物入れるだけで一苦労でした(苦笑)

ようやくホールへ。中は、劇場のような感じで、大きく4段くらいに分けられてました。
敢えて言うなら、高田馬場エリアみたいな感じ。
1番下のステージ前のエリアは既に激混み。
私たちは、3段めエリアの愁さん正面あたりに。見下ろす感じですね。
段差がかなりあるからステージ自体は見やすいかも。

結局スタートは15分くらい押したかな。

さて、今日はgirugameshデー。
アルバム「girugamesh」の日。
私がギルガメッシュを好きになったきっかけのアルバムだけに思い入れも強い。
INTROが聞こえてくるだけでテンション上がります!
メンバーも黒スーツです。
やっぱ黒スーツがいいよなーと改めて思う(笑)
セトリは、基本アルバムの曲順。
実は久々に聞くから、一部忘れてる曲とかあった(爆)
私が初めて行ったのが、stupidツアーだったと思うんだけど、あれ以降、曲風が変わったのもあり、
このアルバムから今はほとんどやらない曲も多いからね。

しかし、1曲目から暑い・・・本当に蒸し風呂状態だった。
あのキャパで、天井高いハコだけど、ここまで暑いのは・・・会場全体が熱いからでしょうね。
いやはや、ここまで汗だくになれるのって、もはやギルガメッシュしかないからなぁ。

私が今日1番インパクトあったなーと思う曲は、「patchwork」だった。
いやはや…こんなゴリ押しな曲だったかと、鳥肌たちました。
左迅くんのシャウトも最高だし、何より楽器隊がヤバいっす。
リズム隊いいねー。このゴリ押し加減(笑)
ライブ終わってから、patchworkのヘビロテが止まらない(笑)
左迅くんはMCで「若い頃のエネルギーが詰まったアルバム」と言ってましたが、
確かにこのアルバムから感じるエネルギーは半端ない。
上昇気流に乗ったバンドのアルバムですね。
改めてこのアルバムのクオリティを感じました。
やっぱり私にとっては1番のアルバムですね。

ああ、ライブの話からそれました(笑)
今日は愁さんMC一切なし。
基本左迅くんが話して、弐さんにふるパターンだったかな。左迅くんは、あの頃のカラコンしながら、
面白MCするから、ちょっと笑っちゃった(笑)
あの頃は、どんなに暑くても脱がなかったジャケットを左迅くんは、あっさり脱いでました(笑)
当時は「絶対脱ぐな」と言われていたそうです。
そういや、スーツと言えば、左迅くんとЯyoくんは、ネクタイがしめられないので、
毎回弐さんにしてもらってると言ってました(笑)
その光景を見てみたい…(笑)


私の視界からは、ほぼ愁さんしか見えなかったかな。時々動くと左迅くんや弐さんが見えたりしたけど。
愁さんがクールにベースを弾いてる姿にちょっと萌えましたね(笑)

今日のメイクは猫みたいで、ちょっとかわいかった(笑)
でもね〜そんなメイクでクールに弾いて、反りプレイ気味な瞬間があって、
思わず、o(≧∇≦)oってなりました(笑)
あぁ、そろそろ愁さんも色気のあるベースに近づいてきたな、と思って、感慨深かった(笑)
まぁ、まだまだやんちゃな感じですけどね。
今日は久々に素敵でした。Sな感じの愁さんも♪


MCを挟んで、左迅くんが「弐さん、センターで弾いたら?」との振りから始まった
「ROCKER'S」
これね、めちゃめちゃテンション上がりましたね〜〜〜〜〜

弐さんのギターがマジでかっこよすぎる!!
私が好きなザ・ギタリストって感じのギターです。
普段はベースしか聞いてない女ですが・・・・(笑)
あの弐のギターはマジで惚れましたね〜〜弾き方もかっこいいし。
ここでかなり自分のテンションがグイッとまた一段上がりました!
会場もかなりの盛り上がりでした。
やっぱ最高すぎます。
続く「Jarring fly」もよかったですねぇ〜
これはやると思ってなかったので、嬉しかったです。


「ドミノ」に続いて「壊れていく世界」。

初めて行ったライブでも、照明も消えた真っ暗なステージで始まったこの曲のインパクトといったらなかった。
まさにそれと同じ光景で。

もちろん左迅くんの歌もかなり世界に入っててよかったし、愁さんのベースの激しさ。
静かで壮大な曲とは相容れないような激しい弾き方。
あれ、相当グッときたね。ベーシストとしての進化を見た気がする。

あの圧倒的な世界を見せられたら、もうアンコールなんてあるわけない。
結局「壊れていく世界」で終了でした。

あぁ〜〜〜〜満足度高し。
お客さんも本当に満足そうだったもんねぇ〜


私はこのアルバムで出会った頃のインパクトが強くて、いまだにその影を求めてしまう。
正直なところ、girugameshとか13's rebornの頃のギルガメッシュを追い求めるお客さんも多い。
やっぱり、盛り上がりが違うんだよね、今の曲と昔の曲では。
今の曲も悪いとは思わないけど、昔の曲のインパクトが強かった。


そしてそれについてギルガメッシュのメンバーは「若い頃のエネルギーの結集」というふうに捉えているみたいですね。
やっぱり進化してるってことです。
彼らにはひとつの過程にしか過ぎないわけですが、ファンがそれについていけてないところもあるのは事実。
私自身もその一人かもしれない。

今のギルガメッシュも好きだけど、昔の姿を追い求めてしまうのは、ファンのさがなのですよね・・・

とにかく今は満足。それだけです!!
posted by ろんろ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

1/22 BUG@新宿LOFT

2012年最初のライブ。
毎年わりかしもっと年明けすぐやってたHAPPY NEW YEAHHHH!!!!も、
今年はTAKASHIさんの誕生日の前日に行うという、なんともいやらしい年明け一発目(笑)

今年の一発目はLOFTです。
LOFTは正直立ち位置に迷うハコの一つ。
今年も後ろにするか迷ったけれど、とりあえず下手の前のほうへ。
前のほうは中途半端に段差があったりするのが危険だったり、邪魔だったりするんですが・・・
すぐ近くに背の高い人がいたので、正直見づらいのも覚悟しつつ、あまり欲のない新年。
いい傾向です。今年こそ「無欲」が達成できそう(笑)

時間もピッタリスタートだったかな。
TAKASHIさんは・・・ジャケットに・・・ヒョウ柄の巻物を首に・・・・
そ、そのスタイルは・・・・まるで林さんだな・・・と、
見ていた私たち3人全員がモヤモヤとしたものを感じていたことは間違いなく・・・・。
それもLOFTでね(苦笑)


1曲目は「FLOWER OF ROMANCE」
意外といえば、そうだし、私は「最近聞いてないからやるかな」と思っていた曲だったけど、
まさか1曲目だとは思わなかったですね。
2曲目にこれは意外な「JELLY FISH」
すごく久々に聞いたけど・・・・ちょっと2曲目だとまだテンションが追いつかないかも。
全体的に聞き取りづらい感じかな〜。全体的にものれてない感じ。
「SO CRAZY」・・・最近毎回やってるように思えちゃうのは私だけでしょうかね・・・
この曲は、武のドラムが私の中ではポイントなんだけど、ちょうど右前の人が大きくて
武が見えなかった・・・orz

ここでのMCだったか、今日はTAKASHIセレクションであるとのことが発表され、
「どんな曲でもこい!ってことで、今日は5弦ベーシストの選曲で」というような感じで
kyoさんが言ってたかな。
やっぱり今日はTAKASHIセレクションですね!これは期待が高いぞ。

次のゾーンが「Judas」「Liberty & Dirty」が続いて、やっぱTAKASHIセレクションだな、と思う。
位置的に見づらい位置ではあったけど、隙間からちゃんとTAKASHIさんの手元が見えてました。
やっぱLiberty & Dirtyはいいね〜〜

このあたりで「LOVE & PEACE」だったと思うのですが、曲順的に珍しいな、って感じでしたね。
「甘い飴玉」「Groovy Groove」あたりもTAKASHIセレクションらしい。

「Gothic Romance」は最近おなじみのアレンジバージョンでしたね。
私もこのアレンジのほうがメリハリあって好きかも。
「Romantic Teardrops」「CROCODILE DISCO」あたりも、
TAKASHIさんらしい選曲かな、と思いました。
そして、これもまた最近おなじみの「Are you Ready?」

「HARLEM」での締めもなるほど、的な。
しかし、やっぱりライブで聴くと、荘厳さが足りない気がしてしまう(苦笑)

今回kyoさん、ほとんど歌詞の間違いはなかった気がする。
(私の耳はkyoさんの歌に対する比重が低いので(笑)、実際は間違ってたのかもしれないけど)

今回の位置的にTAKASHIさんは見づらかったんだけど、ちょいちょいおいしいとこは見えたと思います。
やっぱりこの人のベースは色気があっていいですね〜改めて認識。
この人のプレイスタイルにどっぷり漬かっているせいか、
他のベーシストでは物足りないと思ってしまう・・・これも洗脳か(笑)

今回は武がほとんど見えなかったのが唯一残念でした。

アンコールは「PROMISE」と「set me free」
「set me free」の一番おいしいとこでTAKASHIさんが見えなかったのが悔やまれますが・・・

全体的なセトリとしては、なるほどな、というか・・・
まぁ、予想外!っていうものがなかったですね。
TAKASHIセレクションなので、ちょっと期待してたけど・・・
あまり私のツボにはまる曲はなかった(笑)確かにベースフィーチャーな曲が多いんですけどね。
新しめのセレクトだったってのも大きいかな。
もっとコアな曲をやってほしかったのが正直なところですね。

でも、無欲を勝ち取った私としては、2012年、さわやかにいいスタートだったんだろうな。
まぁ、お隣の方が、ちょっとどころではない感じで変わっていた方だったので・・・・
正直ぎょっとしましたが・・・(ザリガニスタイル・笑)

ここ最近ライブが少なめな感じなので、2012年はライブをたくさんやってほしいですね。
10周年ってことで企画もありますし。コアな曲やってほしいな〜笑

posted by ろんろ at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

12/13 BUG@代官山UNIT

2011年の最後のライブです。

今年はあまりライブがなかったから、全然年内最後って気もしなかったりします。

今年のラストはUNIT。
今回はこの1年間では最も番号がよかったので、ベスポジで見れました。

珍しく5分ちょっと押してのスタートでした。

今日の主役は誕生日のASAKIさんですが・・・・
やはり衣装がね・・・・残念です(笑)

TAKASHIさんは、名古屋のときがあまり好きじゃなかったので、
ちょっと心配してたんですが、今回は黒のジップアップタイプの・・・なんていったらいいのか羽織系?
あぁ、語彙が貧弱・・・orz
意外と胸元開いてるのがセクシー(笑)とりあえずはよかった・・・(笑)

今日は音もとてもよかった、特にベースね!(笑)
ポジションがよかったからというのが一番大きいと思うんですけどね。


基本的に名古屋とセトリはほぼ同じ
違うのは「the world in the Chinaman's hat」がなかったことかな。
「にゃー」を聴いた記憶がありません(笑)
代わりの曲がわからない・・・・もしや「Love sigh」かも。

「Land of Decadence」のアルバムの曲をようやくじっくりライブで聴けましたね。
もちろん7月、8月のライブでもやりましたけど・・・
単発ライブでツアーじゃなかったですしね。

アルバム発売とあわせたツアーがなかったので、正直消化不良感の否めないアルバムなのですが、
今回のライブでは「蝶々」が意外とよかったと思いました。
これは、絶対音源よりライブのほうがいい。
リズム隊は特に。


そして「Chu.ru.ru」もよかったかな。
今日は武がとてもよく見える位置だったので、「Chu.ru.ru」は武をガン見してました。
この曲ばかりはTAKASHIさんをほとんど見てないくらいです(笑)
この曲の途中でスティックが折れるハプニングがありました・・・
しかし、この曲紹介でkyoさんが早口でタイトルを言うもんだから、一瞬何と言っているのか把握できず、
思わずキョトンとしてしまう・・・・(笑)

しかし今日は武がマジでかっこよかった〜〜〜。
ドラムをたたいてる姿を見ながら、あぁ、もう少しで武のドラムを聞き始めて15年か・・・と
感慨にふけったりした(笑)
時々歌いながらだったり、TAKASHIさんとふざけあいながら楽しそうにドラムを叩いてる姿が
頼もしかったです。
相当楽しそうにやってたね、このリズム隊は(笑)

それとこのツアーの見慣れた光景としては、kyoさんがやたら鏡を見て髪を直すことでしょうか(笑)
Booさんはステージ脇で鏡をもって立たされているという・・・(笑)


あまりASAKIさんは見てないからよくわかりませんが、シャツを第一ボタンまで締めて、ネクタイをして
登場したASAKIさんですが、ちょっと首が短いため、あまり似合わないんですよね・・・(苦笑)
そして数曲で、ネクタイを緩めた模様。
私は最後の最後で、あ、ネクタイしてない・・・と気づきました(爆)
妹はしっかりネクタイを緩めるシーンを見ていたそうです。
本来だったら、かなり女子的に萌えるシーンだと思うんですが、妹いわく、「似合わない・・・(笑)」と(爆)
どんだけ似合ってないのか見たかった・・・(笑)
絶対kyoさんならセクシーすぎるぐらい似合うだろうな〜〜(≧∇≦) ←ただの想像


TAKASHIさんはこれといってなかった気がする(爆)
まぁ、今回もツンデレベーシストとしてご活躍されてました(笑)
ドヤ顔も炸裂してましたしねぇ〜

「NEW WORLD」のイントロ部分で、帽子の位置を直すのが妙にかっこつけてるようみえて笑っちゃったのは私だけ?(笑)

なんといってもインパクトあったのは「LOST」ですね
ベスポジで見てるだけに、もうどんだけDVD化されたって、これ以上はないし、
ASAKIさんの編集で私好みにはならないことはわかってるしね・・・(笑)
もうね、指を見て、音を身体で感じて・・・最高でした。
音も弾き方もすべてが揃ってる。こんなに幸せでいいんだろうかと思います。
弦を弾いた時に、弦が揺れるのを見てると気持ちいい(笑)

今回もkyoさんにちょっかい出されっぱなしでしたね。
1曲目なんて、ビジュアル系じゃないかという2人の絡みがあり、クールを装ってるのが、
ちょっと笑いのツボにハマりそうでしたが、そんなとこも好きなんですよねぇ(笑)
アンコール2曲目の「Bugnoid」では、股の間からkyoさんがマイクを通して持ち上げる?という、
まさに恥辱プレイ(笑)
これ系の恥辱プレイは久々な気が・・・(笑)
いつぞやの名古屋を思い出します。


今回は「踊ろうぜ系」の曲がないので、心穏やかに楽しめました。
そしてkyoさんがやたらテンションが高いライブでした。
私が好きな曲はそれほど組み込まれていないセトリなんですが、予想以上に楽しめたのは
私が吹っ切れたからなのかもしれませんね。
なんせ「娯楽」ですから!!!楽しんだもん勝ちです!!


特に今日はASAKIさんのお誕生日でもありますので絶対に何かをやるはずだと思ってたんですが、
案の定、アンコール1曲目の「花鳥風月」の後の、TAKASHIさんのベース前奏からの「Happy Birthday」
ケーキ等のサプライズは、さすがに今年はなくて、シンプルなkyoさんの渋い歌声でのお祝い。
数年前の「音高けぇよ!!(笑)」をまた思いだした(笑)

この「Happy Birthday」の演奏があったので、ピックを手にする間もなく「Bugnoid」がスタートしたので、
一瞬「Bugnoid」じゃないのかと思ったり(苦笑)
珍しくTAKASHIさんが上手側まで出張していってましたね。
正直kyoさんが邪魔でASAKIさんとTAKASHIさんの絡みがほとんど見えなかったんですけども(笑)
珍しく、kyoさんもTAKASHIさんとの絡みなしで下手側に来てくれました〜!

しかし、アンコールでBugnoidってけっこう疲れます(笑)
最後にピックを投げたので、後ろのほうまで飛ぶかな〜と思ってたら、
まったくの予想外で私の顔に当たるというサプライズが・・・・(笑)頂いて帰りましたさ(笑)

ラストは「HAREM」で終了。


今年最後のライブでしたが、邪念なく心から楽しめました。
なんだろうね、今までとは少し違った気持ちかもしれません。
今年1年、ライブが少なかったのがよかったのか悪かったのか、正直わからないけど・・・
結果としてはよかったんだろうな。
所詮結果論に過ぎませんが、思い切り楽しめたし、文句はないです。


今回のツアーは、前にも書きましたが、やたらkyoさんがハイテンションだったように見えたツアーでした。
「花鳥風月」とか、歌詞がおぼつかなさそうな瞬間は何度かありましたが、
久々にライブを見てて、違和感のないkyoさんだったと思います。

「2012年は何か面白いことやりたい」とMCでkyoさんが言ってたことを楽しみにしてますよ!
2012年最初はTAKASHIさんの誕生日の前日という、相当いやらしい設定ですね。
今までTAKASHIさんの誕生日に絡めたライブってなかったと思うので、楽しみです!!
来年も闘いは続く・・・。(笑)
S野郎には負けてられませんから!!!(笑)
posted by ろんろ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

8/9 バグの日@FC限定

今年もやってきましたバグの日。
今年の会場は自身5年ぶりのハコです。
当時の思い出が甦りますねぇ〜(笑)
しかしステージが低いので見づらいだろうな。
昔、このハコに行ってた頃は、そんなパンパンになるほどのライブじゃなかったし(笑)

ま、最初の位置取りが微妙でしたが、運よくいい位置にいけて、幸運にもTAKASHIさんがよく見えました☆

昨日はキラキラBUGだったので、今日こそはマニアックなドロドロ濃厚BUGを期待してました。

ASAKIさん 白と黒のTシャツ
武 ノースリーブのシャツ
TAKASHIさん パーカータイプのノースリーブの羽織り
kyoさん 黒の服(爆)←どう表現したらいいかわからん

気になる1曲目 「Shake Head」
おおー!!きたね!きたよ!o(≧∇≦)o
私が求めてた世界が!!掴みはOK。今日はイケると確信した。
2曲目の「from darkness」がかっこよすぎなんだよね、ベースっつーかかっこつけてる?(笑)
第一次ドヤ顔警報発令(笑)
3曲目の「FEVANOVA」 が久々過ぎてテンション振り切れましたーo(≧∇≦)o
一時期はやりまくってて、聞き飽きた感もありましたが、今やご無沙汰曲。
kyoさんのシャウトにテンションがグングン上昇。
昨日とは違って私も集中できてるらしい(笑)
いつもならここでMCに入るはずが、次の曲「CAN YOU FEEL ME?」へ突入。
この曲も、一時期聞くのもウンザリなくらい聞いてたけど、
今日はかなり新鮮に聞けて、かなり盛り上がりましたね。

ここでのMCだったか忘れましたが、kyoさんが今日のセトリの構成について説明。
「今までリクエスト受けたりって結局その通りやってないけど(笑)、いろいろやってきて、
今回は本編を四等分して、それぞれメンバー全員が受け持つようにしたんだよ。
まあ、誰がどこのゾーンだかみんなはわからないだろうけど(笑)
最初のゾーンで一気に4曲なんてイベントぐらいしかないな。だって体力もたないから(笑)」と
TAKASHIさんを指差す(笑)この内訳を教えてもらうまで、4曲!?って確かに疑問に思ってたからスッキリ!

しかし誰がどの選曲なのかわからないだろうと言われると当てたくなるのが人間心理。
ここからが心理戦の始まりですよ(笑)

次が「Liberty & Dirty」だったかな。
やっぱこの曲かっこいいんだな〜。あのアルバム(Angel's trampet)はかなりテンションあがる曲多いんですが、
この曲は聞き飽きないですね。
そんで、ドラムから入って、ベースが入るまでの間のTAKASHIさんの格好つけようと言ったらない(笑)
そこは見所のひとつでもある(笑)
そのとき、ベースに右手をベースにかけてるとこが萌えポイント(苦笑)

あとは曲順をはっきり覚えていないので、順不同でお願いします。
「(You are)My Pleasure」はもうね、イントロ聴いた瞬間からニヤニヤしっぱなし(笑)
7月にも聴いたけど、何度聴いても飽きないね〜この曲は。
この曲の世界観がたまらないっすね〜。赤い照明が似合う。そして熱い中で汗もぬぐわずに聴いていたい。
そんな曲。
しかし、肝心のベースソロのとこのちょっと手前から武の方を見ながら弾いてるTAKASHIさん・・・・
ベースソロもその体勢のため、手元一切見えず・・・orz
お前はどこまでSなんだ!!と叫びそうになるのを抑える(笑)

このゾーンだったかなぁ。ご無沙汰の「Black Urge Glamour」
この曲もまたグッときますねぇ、世界観が。
アルバムで聴くのとライブで聴くのと、ちょっとイメージが違うかも。
でもベースがかっこいいのは同じ(笑)
ここのゾーン、相当私の萌えポイントついた曲が多かったような・・・
おかげでこのあたりで、私のTAKASHI度MAXになってました(笑)
久々にこの感情を味わいました!!もう、相当大好きすぎるわ〜ベース!!!ともだえたゾーン。
第二次ドヤ顔警報発令(笑)

「変種」もやりましたね。最近なんだかお馴染みとは言わないけど、
少ないライブのわりにはチョイスされてるイメージかも。

このゾーンが終わったあたりかな。
kyoさんがMCで、このDeSeOについて触れる。
「10年前に、BUGという名前を出さずにやったハコで、そう考えるとBUGも10周年なんだけど、
ってもその当時のメンバーは俺だけだけどね(笑)
まぁ、タケのことは置いといて(笑)、まぁ、2002年にフロントの2人が入って、まぁ9周年なんだよね。
タケのことは置いといて(笑)後でタケは楽屋で慰めておくから(笑)」
って、まぁ相当kyoさん、饒舌でしたよ、今日のライブは。
今日、武が全然見えなかったんですよ、久々に。いつもならTAKASHIさんとセットで絶対見えるんだけど。
だから、その置いとかれた時、きっとあの笑顔炸裂させてたんだろうな〜と想像します(笑)
しかし、いつも以上に饒舌だなあ、kyoさん・・・(笑)

その後のゾーンは「NO NAME」
あ、この曲の入りの部分のベースのドゥーン見逃した・・・と今気づくorz
この曲って本当にいい曲だな〜と久々にkyoさんの歌をじっくり聞きながら思った。
去年は特に胸にグッときた瞬間が何度もあったし。
勇気付けられるなぁ。私の中で、BUGの曲でもメッセージ性の強い曲の上位に入ります。
音源で聴くとkyoさんの声が若いけど、今のkyoさんの声もすごくあってますね。

そしてそして今日の目玉と言っていいでしょう。
イントロが聴こえてきた瞬間にどよめきがおこった「歓喜の歌」
うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!何年ぶりだよ!!まさにサプライズな1曲ですよ!!
たぶん5年ぶりくらいに聴いたんじゃないでしょうか。
「BIORED]のツアー以来聴いた記憶ないもん(^^;)
今聴くとイメージが全然違う!!すごい新鮮!o(≧∇≦)o
相当テンション上がっちゃって、勝手に「CRUSH」やら「BURrrrN」までやっちゃうんじゃないかと
妄想は広がるばかりでした(笑)いやはや、満足度高いです。

次は「花鳥風月」
これは7月もやりましたね。あの時も残念ながら歌詞間違い症候群のkyoさんでしたので
今日こそは!!と期待をしたのですが・・・大変な事態に!!
kyoさん、全然音がとれてませんよ!!・・・orz
直るかな〜って思ったんだけど、直る気配なし。
サビの部分でASAKIさんがコーラスでアピールするも、kyoさんには届かず・・・・
ずっと音が合わないままだから、私もどうしていいかわからないし、どんな顔してていいのか分からないし
会場もなんだか凍りついた空気。そしてチラッと見たTAKASHIさんの表情も硬いような・・・。
長い長いこの曲も終わり、歌詞云々とかいう次元じゃなく、ハラハラしっぱなしでした。
kyoさん、次の曲もやっちゃったらヤバくね!?みたいな。

次の「DIVE」はkyoさん的には問題なく普通だったので一安心。
落ち着いてTAKASHIさんのベースに集中。この曲はベースかっこいいですからね〜〜♪
第三次ドヤ顔警報発令(笑)そのドヤ顔にこの曲ではやられてしまった・・・・!!(笑)
そして萌えポイントとして忘れちゃいけないのが「DIVE!」っていうTAKASHIさんのコーラス。
地味だけど、ちょっとかわいいんですよ・・・(笑)
やっぱりこの曲もいいな。
このゾーンも好きな曲多いかも。


そしてラストゾーンはいきなり「HARLEM」
おおっΣ(・ω・ノ)ノ
ここでもってくるとは・・・。ラストっぽい曲だし、これはまた意外かも・・・
そして誰が選んだのだろうか・・・kyoさん??
TAKASHIさん、第四次ドヤ顔警報発令(笑)相当すごかった気がするんですけど。ドヤ顔。
昨日より各楽器の音のバランスがよかったので、昨日より全然よかった。
私が主張している荘厳さ?は、まぁそこそこありましたしね(笑)
今日の雰囲気のほうがあってると思う。
ちょっとTAKASHIさんとkyoさんの絡みあり(*/∇\*) 
TAKASHIさんが表情を変えずに真剣なのがまた萌えた・・・・(笑)

「NEW WORLD」は昨日もありましたが今日もチョイスされたんですね。
TAKASHIさんの右手に久々に爆笑いたしました(笑)←言葉で表現できないのが非常に残念です(苦笑)
ちょっとご無沙汰な「ROSY DAYS」と「flower of romance」で本編終了。

やっぱラストはkyoさんかな〜。
なんだろ、それまでの濃厚BUGから、ちょっとスッキリめに終わった感じですね。
まぁ、ラスト3曲で現実に戻された感もありますが・・・(苦笑)

あぁ〜〜〜もう大満足!!久々に満たされた感ありますね〜〜お腹一杯。
もちろんもっと聴きたい曲はあったけど、それでも今日は大満足です。汗だくになったし。
きっと私は笑顔炸裂でしたでしょうね。
後から妹と話したところ、TAKASHIさんのドヤ顔を目の当たりにし、ドン引きしたようです(笑)
私にしてみればいつものことなんですが、私がそれをライブ後に言うので、今日初めてじっくり見て、
ドヤ顔の凄さに驚きを隠せなかったことでしょう・・・(笑)


さて、アンコールは武 → TAKASHIさん → ASAKIさん → kyoさんの順で登場しつつ、
音を重ねていきながら曲に突入。
ドラムの音だけで「Merry-Go−Round」と分かるので、私のテンション急降下(苦笑)
さっきまでが相当テンション高かったからね・・・落差でかすぎ。
ま、仕方ねーか、と思って自分を奮い立たせるも、あまりの落差になかなか元に戻れない(苦笑)
そして次の曲が「Gothic Romane」で・・・・
さらにテンションが下がる。これ以上ないくらいに。

っつーか、これアンコールでやるか!?まぁ、100歩譲って「Merry-Go-Round」は分かるけど、
「Gothic Romance」!?
前のツアーでやってたときは、好きだったんだけど、最近はけっこうお決まりになってるから
聞き飽きた感が・・・。
あぁ、私のテンションは戻れない。次にどんな曲がきても、もう本編のようにはならない・・・と思ってたら
あれ!?ラスト!?「Gothic Romance」が!?・・・といサプライズにてアンコール終了。

ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!

しばらく言葉を失う私でした・・・。
ダブルアンコを求める声もあがり、さんざん引っ張っておきながら
Seが流れ始め、客電もつき、ダブルアンコなしで終了・・・・。
相当拍子抜けのラストでした。本編がよかっただけに、奈落の底に突き落とされた感あり。

ま、全部が好きな曲で構成されるわけがないのは分かってるけど、ちょっとあの終わりが残念すぎる・・・
せめてアンコールの2曲が本編に入ってたらよかったのかも・・・どうしても無欲ではいられないのでしょうかね。
予想外によく見える位置で見えたんだし、贅沢は言ってはいけませんね(苦笑)

今年もバグの日終了しました。
来年はいったい何をやってくれるのか、今から楽しみです。

結局今日の選曲については、正解発表があるわけではないので詳細不明です(笑)
発表して欲しいなー!
posted by ろんろ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

8/8 BUG@HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3

4月の振替公演が4ヵ月後の今日です。
4ヶ月後ってのはいいんですけど、平日かいな・・・そんでもって、7月に引き続き2Days・・・
悪いとは言わないけど、スケジュールが偏りすぎじゃね・・・・??と思わずにはいられませんね。

しかし、今日は暑かった・・・・会場に着くまでに汗だくでした・・・・。


さて今日はポジション的に微妙で、始まる前から妹に気を遣わせてしまいました・・・orz
妹のおかげで心安らかに見れたよ、ありがとう。

本日も時間通りにスタート。
ASAKIさんは白のTシャツ、黒のパンツに白のブーツ(魚河岸ルック)
武・・・・思い出せない・・・なぜなんだ!!黒のタンクかな・・・
(アンコールは白タンクで、そのインパクトが強すぎた)
TAKASHIさん、7/24にも着てた、黒の長い羽織。がっかり・・・・
kyoさsん、ターバンに黒のリメイクTシャツ。

1曲目・・・「Debauched Night」だったはず・・・・(記憶イマイチ)
しかし、全体的な音が綺麗に聞こえない・・・。
ベースが浮いて聞こえる。しかも、いつものTAKASHIさんっぽくない音だな〜
妙な違和感。ギターがあまり聞こえないからだろうか・・・・?自分の位置の問題もあるだろうけど・・・。
TAKASHIさんは、会場をなめるように見渡してました。

そんでまた暑い!!暑くて暑くて汗がとまらね〜〜〜!!
1曲目から?しかも激しくねーし!この状況、いつまで続くんだ???

と思った2曲目、まったく聴き覚えのないイントロでいったいなんの曲だ!?と思ったら、
永遠の3曲目のはずな「Jesus Christ I love you」でした(^^:)
ん???イントロのギター聞こえた?私には全然聞こえなくて、なんの曲だかわからなかった。
あ、ギターも重要な役割だな、と改めて気づく(失礼)
この曲のTAKASHIさんはやっぱり激しいのが似合う。たまにこの曲であっさり淡白な日があって、
そんなだと私のテンションも上がらないし、盛り上がれない。
でも今日はなかなかよかったね!!反りもかなりきてたし(笑)

3曲目は「So CRAZY」

全体的にもバンドとしてのまとまりとか、ガツンとくる良さはあったと思います。
特にkyoさんね。
ただ、歌詞を間違えすぎるいつもの病気発症してました・・・・
仕方ないとは言えども、それを肯定されるのはあまりいい気分はしないけど(苦笑)

今日は振替公演だし、7/23と同じ感じで、新しいアルバム中心でやるのかなって思ってたら
この出だし3曲ではそんな印象でもないような・・・。
まぁ、結局新しいアルバム中心ではあるけれど、7/23のように全曲はやってない。
やってない曲は明日やるんかな・・・・。

ふと冷静に振り返れば、あ、アルバムの曲意外にやったんだって思うけど、
「Missing Piece」を聴きたかっただけになんだか物足りないのかもしれない。

全体を振り返ると、比較的最近のアルバムからチョイスされてましたね。

古いのは「いつの日にか」くらい。
この曲の武がマジでエモーショナルな感じでかなりよかったですね〜!けっこうポイント高かった。


しかし、「CROCODILE DISCO」のTAKASHIさんのドヤ顔っていったらないですね(笑)
ここまでオレオレ光線出されると、若干引くんですけど・・・(苦笑)ってくらい。
スピーカーに寄りかかりながら弾くのは反則だよ!!(笑)
あれはけっこうポイント高いから(笑)

しかし、また最近の流行どおりですね、しれ〜〜っと「Merry-Go-Round」に突入ですよ。
まったく、私達の拒否反応を見透かしたようなこの作戦。まったくやられた。

そして油断してた・・・・・「いけますか!」とやたら煽りまくるkyoさん。そこでいつもなら気づくはずなんですが、
完全に油断ですね。「Parade with the midnightsun!」とkyoさんがタイトルを言った瞬間、
なんとも言えない苦々しさが広がる、みたいな・・・・(笑)
私と妹はここで久々にアイコンタクトで苦笑い・・・。

「Gothic Romance」と「甘い飴玉」のアルバムの代名詞曲は、なんだかイマイチ入り込めず。
ライブ中違うこと考えたり、なんだか私は今日、集中できてなかったかもしれません。

でも、ふと武を見ると、TAKASHIさんのほうをじ〜〜っと見ながらドラムを叩いてて、
そんな瞬間を見て、「私と武、どっちがTAKASHIさんをよく見てるだろうか・・・」とか考えちゃった(笑)
今日は4人でコンタクトとってる瞬間が何回かあって、なんか微笑ましかったな。
ただ、曲が比較的あっさりしてて、なんか・・・毒々しさがないというか。
ドロっとしてない、キラキラBUGだったな〜と思いました。
マニアックさがないというかね・・・・
私はもっとマイナー感が欲しかったかもしれませんん。


本編ラストは、「あいのうた」
最近安売りされてる気がしてならない・・・・だって、昔はあまりやらんかったのにな。
聴けるのは嬉しい反面、なんかレア感薄れてますわ(笑)

TAKASHIさんは全体的に自分の前が盛り上がってるから楽しそうでしたね(笑)
それ見ててうれしくなりました。私も成長したもんだ(笑)


アンコール1曲目は「気持ちをこめて歌います」とかkyoさんが言ってたと思いますが「Promise」

私はどうしても「HARLEM」が聴きたかったので、ラストかな〜とは思ってたんですが、
kyoさんが「クサい終わりでもいいかなって思ったんだけど、最後に暴れまくって帰ってください」とか言うんで、
一瞬「ん??」と思ったのですが案の定「HARLEM」でした。
しかしね〜〜最初に感じた違和感。いわゆる全体が馴染んで聞こえてこない。
ベースだけが浮いて聞こえたせいか、前回の7/23に聴いたような感動がなかったんだよなぁ〜
テンポも速かったし、なんか荘厳さがないというか(ってか、あの歌詞で荘厳さはないだろうけど・爆)
なんだかな〜〜〜。もっといやらしさを出して欲しい曲なんだけど、色気が感じられなかったのが心残り。
この曲こそ、TAKASHIさんにドヤ顔で弾いて欲しいんです!!
まぁ、かなり弾き方は激しくて好きだったけど、全体的なバランスがね・・・・
だから、この曲を聴けたはいいけど、こんなんじゃイけませんから!!っていいたいです・・・・。

だから今日心に残った曲はと?問われたら、正直あまりない。
「Jesus~」かなぁ。これではもったいないと思わずにはいられない。

まぁ、2daysで明日もあるし、明日こそバグの日だから、マニアックにいくのかな〜?と期待しときます。
(それ以外考えられないでしょう)
明日はDeSeOだけど、ステージ低いし、番号もよくないので、あまりTAKASHIさんの手元はよく見えないでしょうが・・・・。

明日が終わると4ヶ月も間が空くんですよねぇ・・・・・。
明日こそは満足で終わりたい。「Russian Roulette」をかすかに期待(爆)←往生際悪し
posted by ろんろ at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

7/24 BUG@渋谷BOXX

BUG 2daysライブの2日目。
本日kyoさんいわく「BUGヒットパレードの日」ということですので、
おなじみの曲たちの中でどの曲がチョイスされるのか非常に気になるところです。

中に入ると、正直、あまりに前の人々が余裕を持った位置取りでびっくりしました。
知り合い同士が空間空けてくっちゃべってる。
その空間をつめれば、後ろの人がもっと前で見れるのに。
なんかただあいてるだけなら中に入ればいいけど、空間をあけて輪になってしゃべってるから性質が悪い。
ロッカーも外にあるのに荷物も持ち込んで足元に置く。神経がわからないです、私には。
数百円を惜しんでるってことですね・・・。
チケット代はいとわず払うけど、ロッカー代はケチる。わからないな〜私には。


私はどちらかというと後ろ気味でしたが、まぁまぁTAKASHIさんは見えたほうかもしれません。

今日も定刻にスタート。
武は黒のタンク。
TAKASHIさんは黒のTシャツになんていったらいいんだろう・・・黒の袖のない、膝丈くらいの羽織。
私は後から見てこの衣装に気づいたんですが・・・・これはナシだろ・・・(苦笑)
ASAKIさんは黒のTシャツ。
kyoさんは、ハノイTシャツのリメイクかなぁ??それっぽいリメイクTシャツに赤い帽子。
昨日のターバン姿とはまた違った感じでしたね。

さて、気になる1曲目。期待が高まり、皆が固唾を呑んで見守る瞬間。
1曲目はおそらく予想した人はいなかったんじゃないでしょうか
「fragile」(なんなら私はタイトルがライブが終わっても思い出せなかったです・苦笑)
これは予想外だったな〜まさかのって感じでしたね、一本とられました。
この曲はASAKIさんとTAKASHIさんのコーラスが好きなんですよね。
私の中では、kyoさん食われてますよ!的なくらいです(笑)

2曲目は「LOVE & PEACE」
なるほどねぇ〜そうきますか。ちょっとコーラスがいつもと違うように聞こえたのは私だけ?(汗)
まぁ、1曲目との対比で、グッとテンションをあげるにはいい曲でしょうね。

3曲目は永遠の3曲目「JESUS CHRIST I LOVE YOU」
一時期より私の中のこの曲の好き度は落ち着いてますね。
TAKASHIさん、最近そうでもないんですよねこの曲。
淡白だな〜って思うことも多いのですが、今日はわりと激しめの方だったかも。


序盤の3曲を終了して、会場の雰囲気もいいですね。
このタイミングのMCだったか覚えてないですが、kyoさんから「昨日よりいいね」とのお言葉をいただく。
「俺たちも今日のほうが楽なんだよね(笑)」と・・・・(笑)
kyoさんからの曲紹介で「Rock'n Roll Suicide」
今回はDIGITAL MURDER MIXの方でした。
ツアーではオリジナルバージョンだったりすることもあり、イントロが始まって初めてどちらかと気づく感じですね。
この曲はどっちも盛り上がりますけど、私はこっちのバージョンのほうが少し好きかな。

しかし、節電の影響なのか、前半は空調効いてないんじゃない!?ってくらい暑かった・・・もう序盤で汗だく・・・

ここからは曲順も覚えてませんので、記憶に残った曲を。
久しぶりに聞けた「(You are)MY PLEASURE」
これです!!聴けるだろうと勝手に予想してました!
そして、前にも書いてるんですけど、この曲をやるときは空調が効いてないくらいのほうがいいんですよ(笑)
暑くて汗が流れるときにこの曲を聴いてるほうが世界観に浸れるんです。
赤の照明がピッタリで。なんか・・・頭の中がボーっとしちゃうくらいが気持ちよくて。
ちゃんとベースソロのとこでTAKASHIさんに照明あたってたんで、ホッとしました(笑)
その後の「タメ」のとこ、何回聴いても気持ちいい!!

「Woo LaLa」や「Romantic Teardrops」もやりましたね。
「FORBIDDEN COLOURS」からは久々じゃないですかね?
あ、「Romantic Teardrops」は違うバージョンでやってたか。
この曲については、オリジナルのほうが好きかな。
「Woo La La」は久々ですね。このときのツアーのことが頭をよぎりました。

今日は視界の関係で、TAKASHIさんを見るのがやっとだったんですが、
今日と昨日の違いは、楽しそうな雰囲気かな。
昨日ももちろん楽しそうですけど、ニューアルバムがメインってことで、
コンセプチュアルなところもあったと思うんです。
なので、「楽しい」ってよりは「聞かせる」って感じだったかもしれませんね。
今日はTAKASHIさんが本当に楽しそうで、見ている側もすごく楽しく感じました。
また、ヒットパレードってこともあり、私たち自身もなじみがありますよね。

なんでしょうね、昨日は前のほうにいましたが、今日はけっこう後ろの方にいて、
最近は後ろのほうが盛り上がる感じがあるんですが、
やっぱり私の周り(下手側)が盛り上がっていて、それに私も乗せられたかもしれません。
かなりテンション高くて、すごく純粋にライブを楽しめたな〜って感じがするんですよね。
こんな気持ちは何年ぶりだろう。
昨日も楽しかったけど、どこか冷静な自分がいたので、それと比較しても相当入り込んでたような気がします。

「Love Sigh」「WONDERLAND」もやりました。
「WONDERLAND」はベースラインがすごく耳に残りますよね、好きな曲です。
当時のツアーがよみがえってきました。

今回衝撃的だったのは、何の前触れもなく「Merry-Go-Round」が始まったことですね。
これは意表をつかれましたね〜(苦笑)
いつもの「回れ」だの「踊れ」だのさんざんあおられてこの曲、みたいな流れがお決まりで
私たちの「踊ろうぜ恐怖症」を引き起こすこの曲(笑)
散々言ってたのがバレたか!?」(笑) ←ないけどね(笑)
私の中では昨日選択されるであろうジャンルに分けていたので、油断してました・・・・orz
まぁ、意外と楽しみましたけどね!(笑)


MC明けだったか、一瞬しずまって、お!なんだ!?と期待した瞬間に聞こえてきたのが
「Bugnoid」で若干肩透かしでしたが、久々に聴くと楽しめますね!
TAKASHIさんがピックで指で弾いてたかは見てない・・・orz
でも、この曲で私のテンションがあがったって思います!!ウフフ。


そうそう、スタート前にみんなと話してた「It is EASY」もテンションあがりましたね〜〜。
この曲って楽しい。でもkyoさんはまた歌詞吹っ飛ぶ病で歌ってなかった疑惑(笑)
「NEW WORLD」もその疑惑あり?(笑)


今日私が一番テンションMAXになった曲は「Stand Up!Monkey!」ですね。
久々に聴いた〜〜〜!!と思ったら、もうね一緒に大声で叫んじゃってました(笑)
この曲の挑戦的な空気が最高でした!


「Let's Go」は本当にTAKASHIさんが楽しそうだった〜〜この笑顔に癒された〜〜o(≧∇≦)o
本当に私も心から楽しかった!

あ〜どの曲だったか忘れちゃった、ASAKIさんが下手側にきた曲があったんですが・・・
記憶力がない・・・orz

今日は、メンバー自身がリラックスしてるように見えたし、
なんか昨日はコンセプトの元に纏められたライブだとすると、今日は「素」のライブに近い感じがしました、

「Let's Go」で終わりかな〜?と思ったら、まだあったようです(笑)
一瞬曲名が思い出せなかった。この曲が最後ってまず今までになかった。
「So CRAZY」これは予想外すぎるだろ!(笑)
こういう、いい意味での予想を裏切るセトリは非常にいいですね!(笑)

ここまで書いてきて、自分でも思うんですが、「楽しむ」ことに夢中になれたというか、
純粋に楽しんでいたので、TAKASHIさんのプレイが云々ってことも超えちゃってましたね。
こんな気持ちは久々でした。

あぁもう、本編だけで大満足って感じでしたね。
セトリでいったら、そこまで大満足というわけでもないはずですけど、そこは来月の2daysに期待するとして、
素直な気持ちで楽しめたのが本当によかった!!

アンコール1曲目は「花鳥風月」。
イントロが聞こえてきた時点で、「おお!」と会場からどよめきが!
やっぱりこの曲は人気ありますよね。
しかし、kyoさんの歌詞が相当とびまくってましたね・・・orz
フニャフニャ言っちゃって、なんなら客にマイク向ける、みたいな。
これが残念でなりませんでしたね。大事な曲だけに、ちゃんと歌ってほしかったな〜というのが本音。
本編の満足度が高かっただけに・・・余計気になったかも。

そしてラストはまぁ、こちらは予想通り?「あいのうた」
最近この曲安売りしてませんかね?(笑)
昔はあんまり頻繁にやってなかったのにな〜と思うと、ちょっと出し惜しみしてほしい(笑)
それだけ思い入れがある曲だから(ってわがまますぎ・笑)
みんなでジャンプして、ひとつになれる強さのある曲だな、と改めて思いました。

今日は楽しんだなあ〜マジで、汗だくだったもん!
心を無にして楽しめたのが大きかった。ライブの楽しみ方ってこうじゃないとね!

昨日はダブルアンコがあったので、みんなも帰らずに待ってたのですが、アナウンスも入ってたので
私たちはさっさと引き上げました。

まぁ、もっとマニアックな聴きたい曲はたくさんあるのですが、それがなくても私は満足でした。
マニアック曲は8月に残しておこう(笑)
こんな気持ちにしてくれたメンバーに感謝。
あの頃は本当に楽しかった(笑)

そして今日は周りに助けられて、本当にテンションあげてもらえたと思います。
感謝します。ありがとうございました。
posted by ろんろ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

7/23 BUG@渋谷BOXX

4月以来のBUG。BOXXも2年ぶりです。どんなハコだったかもあまり記憶にないんだけど(苦笑)
2Daysで両日共に被り曲なしということで、いったいどんなセトリになるのか
否が応でも期待も高まる。
自分的にロケーションはバッチリで、TAKASHIさんもよく見える☆
今日は久々に始まる前に緊張した(笑)

今日も定刻どおりにライブスタート。
武は・・・服が思い出せないんだけど、黒のタンクだったかな。
TAKASHIさんは、黒のTシャツに袖のないパーカーの重ね着。もちろん帽子も。
ASAKIさんはあまりよく見えなかったけど、あれは黒だったのかな?
どう表現していいのかわからないけど、いい感じの服でしたね。髪型も素敵でした。
kyoさんは、たぶんリメイクしたTシャツ生地の袖のないタイプの上に下はハーフパンツっぽい感じ。ターバン付。

期待の1曲目は「Debauched Night」
やっぱりな〜と思うし、なんだろう、静かな幕開けでよかったです。雰囲気があって。
2曲目なんだっけな〜?「甘い飴玉」だったかな。
3曲目は「Judas」

もうね、最初の3曲くらいは、TAKASHIさんの手元しか見てなかった(笑)
手元ストーカー(笑)

今日はなかなか新しめのセトリのようですね。
確かにアルバム発売して、そのためのライブって1回もやってないから、
今日、明日はアルバムの曲を聞けるんだろうと思ってました。
このタイミングではなかったろうと思うんですが、kyoさんもMCで
「アルバムの曲をやっとみんなに聞かせられる」と言ってましたね。
そして、案の定、初日の今日は新しめの曲で、明日は「BUGヒットパレード」な構成だとkyoさんが言ってました。
ヒットパレードね(笑)
新しいアルバムの曲が聴けるのはうれしいんだけど、そのくくりかよ・・・・と
ちょっと残念だと思ったのは私だけ??(苦笑)
もちろん2daysどっちも行くんだけど、なんかそうじゃない曲も聴きたかったんだよね、今日(笑)
まぁ、はっきり言ってもらえてよかったんだろうね。そうじゃないと最後まで期待もってストレスだったろうし
(まぁ、流れで気づいたろうが)

全体として思ったのが、今日は大人なセトリだな〜ってことです。
確かに新しめの曲だから、青臭い曲が1曲もないんです(笑)

だからTAKASHIさんはS気味のドヤ顔連発(爆)
まったくどこまでSなんだよ、この人は・・・と思わずにはいられなかったです(笑)

そうそう、ライブの方はというと、新しいアルバムが出てツアーもなかったし
正直音源にあまり馴染みがなかったのが事実で・・・
聞いててもイメージがわかなかった。
でも、ライブで聴いて、いまいちつかみきれてなくて、あまり好印象じゃなかった曲がすごくカッコよくて
なんだかうれしくなった。
特に「Missing Piece」のベースがすごくかっこよかったです。そこにかなりグッときたし、
全体的にも音源より迫力があって、立体感があった気がする。(音源だとあまりピンとこない)
これはいい意味で裏切られて、テンションあがりましたね。
この曲だったかなぁ・・・尋常じゃないほどの肩の揺れに萌えた・・・(笑)

ツアーじゃないので、次の曲が読めないからライブの進行時間軸がわからないのがいいかも。


「Liberty & Dirty」もベースかっこいいもんな〜。いい選曲。
でも、今日はあまり武が目立ってなかった気もしなくもないけど・・・

前半はほぼ新しいアルバムから。後半は「Red rip〜」からの曲も織り交ぜての進行で
kyoさんが「まだいけるか!」「盛り上がっていくぜ!」というたびに、あの曲たちが頭をよぎり、
少々びくびくしたりもしました(笑)でもその曲たちはやらなかった!ありがたい!(笑)

そしておそらく後半の怒涛の部分は「Are you ready?」から始まり、
久々にBUGのライブで血圧がどわぁ〜〜〜!ってあがるのが感じられました。
最近のBUGにはない感覚。ギルガメッシュとかだと感じるんですけどね・・・(苦笑)

今日はTAKASHIさんを久々に見たせいか、マジでカッコよくてですね、惚れ直しました(笑)
久々にロックオン状態でしたので。
新しいアルバムの曲でも私が好きな弾き方をするシーンが何度もあり、そりゃぁウヒャウヒャでした(笑)
今日の最重要曲は「The world in the Chinaman's hat」ですね、なんと言っても。
だって、あの猫の鳴き声の「ニャー」ってとこ、TAKASHIさんがマイクでやってましたから(爆)
目が釘付けになりました(笑)ってか、相当笑えた・・・(笑)
曲は進むんだけど、もう面白くてニヤニヤしちゃった!!だって、それ反則だろ!!(笑)
ニャーって・・・・なんか見てる側が妙な恥ずかしさがあるのですが・・・(苦笑)
TAKASHIさんもちょっと恥ずかしそうにニヤニヤしてた(笑)
これは誰も予想しえなかった展開でしょう。誰が考えたのかわかりませんが、してやってりだろうね(笑)

ウヒャウヒャといえば、「LOST」も捨てがたい。
この曲のTAKASHIさんの弾き方、セクシーすぎるからね!!ニヤニヤしながら見てましたよ(笑)

今日はほとんどTAKASHIデーだったな。
ずっとTAKASHIさんのベースを聴いても、弾き方を見ても、テンションのあがらないライブが続いてたから、
今日の自分の気持ちがうれしかった。

とはいえ、今日はkyoさんの力も大きいと思う。
なんだろう・・・今日は調子よさそうでした。歌詞もそこまでとんでない(笑)
何より声の伸びがいいなぁって思ったんですよね。聞こえてくる歌声が心地よかった。
注)左迅くんとは比較していません(笑)

さらにやられた!!!と思ったのが、まさかの本編ラストの「Brilliant Metamorphose」!!
(始まった時点ではラストとは思ってなかったけど)
この曲はどちらかというと、前半曲だもんね。
前半に来ると確実にショートバージョンとわかってしまうからいやなんだけど、
今日はね、どっちだ!?って期待したけど、それも見事ロングバージョン!!
「キャー!!」って思わず言っちゃったよ(笑)
そりゃ、ラストだったらロングバージョンだろうよ、と終わってから思ったけど(苦笑)
しかしTAKASHIさんの弾き方がマジで素敵すぎて、大興奮でした〜。
ロングバージョンに突入する楽器隊の音のぶつかり合いはいいですね。
(この時点でkyoさんがはけてたので、あ、ラストなんだと気づいた人間)
この曲のよさはやっぱりロングバージョンですわ!間違いない!!
最後ギターのソロじゃないけど、ASAKIさんが弾きたおしてるのが長かったらしく
TAKASHIさんがASAKIさんのほうを見ながら「長げーよ!!(笑)」と言って弾いてるのが最高でした(笑)
確かに相当ASAKIさんのギターすごかったな・・・(笑)
いくら本編ラストとはいえ、まだアンコールあるし、大変なんでは?と思うくらい(笑)
そのTAKASHIさんの声にASAKIさんが気づいたのかどうかは不明・・・(笑)

いやはや、大満足でした・・・・ロングバージョン☆


そしてアンコール1曲目は「Steal the moon」
2曲目は・・・・きっとラストであろうと思ってました。
私がアルバムを聴いたその時から、「生で聴きたい!!」と願い続けてきた「HARLEM」
やっと聴ける!!と思うと泣きそうなくらい
入りの部分の武のドラムもマジでかっこよすぎ!!
今日はおとなしいなぁと感じていた武のドラムでしたが、この1曲で完全にきたね!
武は、こういう曲のほうが断然かっこいい気がする。

しかしながら、それを上回ったのがTAKASHIさんのベース!!ベース!!ベース!!(笑)
音源で聴いて、ベースのかっこよさから、お気に入りの曲ではあったけど、
ここまでカッコいいとは!!o(≧∇≦)o

音もかっこいい。弾き方がたまらない。非の打ち所がない!!(笑)
今すぐもう1回見たいもん(笑)
これは、相当ですわ。
ASAKIさんのコーラスも注目してたんですが、いい感じでしたね〜さすが。
kyoさんとの相性もバッチリでした!!

あぁ〜〜〜腰砕けの大満足〜〜〜o(≧∇≦)o
幸せでした。

HARLEMにて終了。
この曲がラストで満たされた〜〜☆
さて、終わりかな、と思ったけど、なぜかその場を去れなくて。余韻に浸ってた。
みんな帰り支度をしてたけど、なんとなくその場にいた。
まだモニターのスイッチも切られてないな、って思ってたら、メンバーが再登場。
っつーか、みんな驚くに決まってる(笑)
ダブルアンコールなんてほとんど最近やってないしね。
なんとなくアンコールを求める手拍子はパラパラあったけど、あれでまさか出てくるとは・・・(苦笑)
最初から決めてたんだろうな〜なんて思ったり。(あまのじゃく)

ま、まさか、この雰囲気は・・・!!
ギャース!!o(≧∇≦)o
「Set me free」だ〜〜〜〜っ!!
一気にテンションがMAXで、会場もそんな感じだだった。
たぶんギルガメッシュで「volcano」をサプライズ的に聴けた気分に近いだろう。
(ギルガメッシュファンの方ならわかってくれるでしょう・笑)
サプライズ的なだけに会場のテンションも高いから、かなり盛り上がったように感じましたね。
自分自身がそうだったし。
これはマジで嬉しいサプライズだった。
最後のとこ、楽器隊の掛け合いが長いから、ファンのみんなも拳あげてるから疲れるんだよね。
それを見てたTAKASHIさんが弾きながら「がんばれ!」ってみんなを励ましてた(笑)
最後はTAKASHIさんは、手の感覚がなくなりそうなほどだったでしょう。
しびれをとる時みたいに、両手をパタパタやってました。
私も相当腕が疲れました(笑)

でも、この盛り上がりが明日につながるんだろうなって思って、本当に気持ちがよかった!
なんで「Set me free」なんだろうって考えた。
今日は新しい曲しかやらないはずなのにって思ったけど、これは2daysだからなんですね。
明日につなげるためのダブルアンコールの1曲だったんだ。やりますなぁ〜〜細かい演出!(笑)


初日が終了。満たされました。
新しめの曲だけなんだって思ったら、複雑に思った瞬間もあったけど、
最終的には満足した私がいました。
久々なだけに、気持ちも不安定な部分もあったけど、問題ない範囲で。
やっぱ、ロケーションかな〜〜って思います(笑)
あぁ、心地よい疲れ。
ライブが終了したのは19:15。早い・・・帰宅しても21時だわ。
みんな明日に備えないとね!って今ブログを書いてる深夜3時半過ぎ・・・(笑)
posted by ろんろ at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

6/10 ギルガメッシュ@福岡DRUM Be-1

2月の市川公演以来のギルガメッシュ。
なんだかもっと見てるような気がするんだけど。
アルバム「GO」をうけてのツアーは本数が少ない。
有休をとって、福岡まで行ってきました。

あいにくどろこではない天気でしたね・・・(苦笑)
福岡にライブで行くのは2年ぶり2回目。
Be-1は初。
まぁあそこはすべてがあのエリアにあるので、分かりやすくていいですね(笑)


さて、またもやオープンからスタートまで1時間という、辛い時間設定。
このキャパなら30分で入るよ、絶対・・・。
会場は、LOGSと同じ構造なんですね。LOGOSのミニチュア版。
中は、前方、中央、後方と段差がつけられているのですが、全部に柵があるわけではないので
ちょっと危険といえば危険かもな・・・と思ってみてました。
私は下手側の中段あたりで視界は良好。愁さんのベースが良く見えそう。

そして私と妹が気になっていたこと。
SEがやたらにメタルだということ(笑)

この選曲は誰だろう???私と妹の推測では、弐さんだろうと思うのですが・・・・
あのメタルのおかげでテンション上がりましたね〜


さて、待ちに待ったライブスタート。
愁さん、髪型変わった!?ドレッドっぽい感じで高い位置で結んでる感じ。
左迅くんはジャケット着て登場。

最初、ちょっと自分の位置取りが前の人とあわなくて、視界もよくなかったし、
ちょっと集中できなかった・・・・

1曲目は「destiny」だったかな。
正直、久々に左迅くんの歌がヤバいと思いましたね・・・声が全然出てない・・・orz
途中からヤバくなることはあるけど、しょっぱなからってのはあまりなかった気が。
あ〜あ、ボイトレの効果なし!?と思ってしまったのですが、
だんだん喉が暖まったのか、だんだん声も出てきてたので、気にならなくなりました。

けっこう前半の段階で「sunrise」をやったんですよね。
この曲はすごく好きなんですけど、タオルを振り回すの、やめてくれないかなぁ・・・
なぜならタオルのホコリが舞って、コンタクトの目に入ると相当辛いんです・・・orz
永ちゃんのライブとかどうなんだろう?って気になるのは私だけでしょうか?(笑)

まぁ、そんなこんなライブの前半でしたが、相当暑い!!汗が止まらない!
空調が効いてる気がしないくらい(笑)

でもね、全体的にいうと、やっぱり大人しめだったんじゃないでしょうかね。
私は関東近辺メインに行ってますが、やっぱりそれと比較するとおとなしいかな。

まぁ、自分もあまり集中できてなかったっていうのと、
仕事の疲れがたまってて、体力的にも低下してたっていうのがあって、
なかなか気持ちが100パーセントに近づかなかったかも。
でも、自分の位置が決まってからはけっこうペースつかめたかな。

今日のライブで思ったのは、ギルガメッシュが変わったな〜ってこと。
なんだろう、成長してたと思う。確実に。

いつもどこかに感じてた「もどかしさ」とか「頼りなさ」みたいなものがなくて、
安心して楽しめたって気がしたんですよね。
この気持ちは一体どこから来たんだろう?
久しぶりだったからなのか?
妹も同じようなことを言ってたので、あながち間違いじゃないのかもって思う。

「GO」からの曲がメインで、あとは「NITORO'09」もやったし、「dirty story」もあったな。
意外と早い段階で「evolution」やったような・・・

ちょっと気になったのが、「COLOR」への入り方。
前の曲が終わって、ЯyoくんがPC操作して音が聞こえてきた。
たまにやるんだよね、こういうイントロ的導入。
「COLOR」の入りに向けてチャラチャラ〜みたいな導入のメロがつけられてるというか。。
その音がどうもチャラいっていうか、テンポも「COLOR」につなげるには無理がある速さだし、
ん〜私自身、あまりCOLORはあまり好きな曲じゃないっていうのもあるんだけど、
さらに軽く聞こえちゃったんだよね〜。あれは完全に曲のよさを消してると思う。
あれならないほうが良かったね。
もうちょっとゆっくりなテンポの方がいい。

それと「13days」で、左迅くんがイントロで跳んで、
それにあわせて会場もジャンプになって・・・それも正直私はイマイチだったな〜(苦笑)
だってあのイントロのベースとギター聴いてたたら、ジャンプじゃないだろーー!!的な・・・orz
まぁ、結局ファンのコたちも合わないと気付いたのか、だんだんジャンプしてる人は減ってました(笑)
この曲の愁さんのベースはムードがあって好きです。


そんなライブの中で一番インパクトあったのは弐さんのMCでした。
今日はかなり煽りまくってましたね〜〜。
まさにあいにくの雨の中でのライブになりましたが、
「この雲の中から満月引きずり出すぞ!!!」と煽る弐。

この言葉・・・・しびれた・・・・o(≧▽≦)o
満月引きずり出すって・・・かっけ〜〜〜〜〜〜〜〜!!
お弐に惚れた瞬間でしたね。
その瞬間、鳥肌ぶわぁ〜〜〜!ってなって、テンションがギューン!!って上がるのが自分でも分かった。
ヒャーーーーッ!!!って言ったもん、私(笑)
今まで愁さん一筋だったけど、あの瞬間、お弐に惚れました。
シャツにネクタイという姿も凛々しく・・・神々しいお姿でした!!

いやはや・・・今日はお弐が全て持って行ったね(笑)


しかし、また本編の最後が「BREAK DOWN」っていうのは読めたな・・・完全に。
こればっかりは仕方ないんだよね。

そしてアンコールも読めてしまうのが悲しいけどね〜
「play」と「Never ending story」は読めるね(苦笑)
しかし、ある意味意外だったのは「shining」
この曲本当に好きだね・・・彼らは。
「みんなに感謝表した曲です!」と左迅くんは言ってました。
アンコールは、もうちょっと意外性があるほうがいいなぁ・・・うむ。
(BUGだって読めるんだから、仕方ないな・爆)

そしてダブルアンコールで「再会」
まぁ、これも完全に読めますよね(笑)ま、そういう曲なんだから仕方ないよね、位置づけ的に(苦笑)
この曲は、左迅くんの歌唱力、喉の力が試されるのですが、
よかったんじゃないでしょうか。私はホッとしました(笑)
伝わったと思います。もっともっと成長してもらいたいと思いますよ、そりゃ。
こんなに繊細じゃぁ、ボーカリストは務まらんよ、と毎回思いますし。
今回は1曲目のガッカリのスタートから、常に上向きだったと思ってます。

愁さんのベースは相変わらず素敵でしたわ〜(^^)
あまりに手が綺麗なので、やたら見つめてしまった・・・(笑)
中段で一段高くなってるから目線的に手元がよく見えてウハウハだった☆
もうちょっと大人の色気が出てきたら、完全にヤバいベーシストだな〜なんて思いながら見てた(笑)
愁さんと大人の色気・・・想像できないけど(爆)

ま、何よりMCで全て持っていったお弐。最高でした!
Яyoくん・・・あまり見えなかった(爆)

今日は相当いい汗かいた。老廃物を全て出し切った!ってほどに汗かいた。
タオルがグチャグチャだったもん・・・(笑)
あぁ、爽快!!
大人しめだと思ってた会場も盛り上がってたと思います。
「狂ったような盛り上がり」ではないけど・・・なんか、心に残るライブでした。


「みんなの気持ちを仙台に持って行きます!」とMCで左迅くんも愁さんも言ってましたが、
残すは仙台とファイナルのZeppのみ。
ツアーが短いなぁ〜〜〜もっともっと見たい。

仙台は特別な意味を持つライブになるでしょうね。
きっといいライブをしてくれるだろうし、集まった人たちと一体となって熱いライブになることでしょう!!

私は残すはZeppのみです。
すでに成長した姿を見せてくれましたが、Zeppという会場で彼らを見たとき、どう思うだろう。
そして、どんな目に映る光景はどんな光景なのだろう。
楽しみです。
3月の地震以来、音楽を聴くことの位置づけが自分の中で変わってしまった気がしてる。
あまりじっくりアルバムを聴くという機会がめっきり減った。

せっかくのアルバムを受けてのツアーなので、26日まで、もっとギルガメッシュ漬けにならないと。
K-POP漬けではいけない・・・(笑)

さ、いい汗の後はおいしいビールともつ鍋だ!(笑)
posted by ろんろ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

5/7 SIDEWALK ARTIST ROOM 10th ANNIVERSARY@新宿LOFT

BUGでイベントなんて久しぶり。
今回はdefspiralが対バンなんて、相当楽しみにしてました。

順番は果たしてどうなんだろうと思ってたんです。
フツーに考えたら、defspiral → nil → BUGだよね???

妹たちより先に入り、私は前の方でスタンバっていたのですが、
始まってみると、nilが最初でした。
あ〜どうしようと思いながらも、もう後ろにも下がれないのでとりあえず見る(苦笑)

nil・・・・何年ぶりに見たか・・・(笑)
数年前の手刀で見た記憶がかすかに甦る・・・・

まぁやっぱりキャリアがあるだけに安心してみていられました。
何よりベースの音が好みでした・・・(笑)

次がdefspiral。
MASAKIさんが見える位置キープ!!(笑)
まったくドラマーのファンは大変ですな。姉の気持ちがよく分かりました(笑)

しかし、TAKAの歌は上手いですね〜〜声の伸びがあるんですよねぇ〜。
そして気になるのが、フロント3人のメイクが濃い・・・(笑)
それはキャリアと比例しているのだろうか・・・(笑)

妹が言った一言が忘れられない。
LOFTのビルのところに掲げてあるホストクラブの看板を思い出すと・・・(笑)
確かに・・・・あのメイクであの髪型じゃね(笑)


MASAKIさんはちょっと痩せたかなって思ったんですが、相変わらずパワフルなドラミングでした!
曲もほぼ知ってる曲だったので、楽しめました!
あのMASAKIさんのドラムが好きな曲はなんだろ・・・
音源持ってないので、いつも曲名と曲が一致しないんです(苦笑)
でも、かなり前回のワンマンに行ったおかげで、今回はかなり楽しめた。
何も考えなくても楽しめるっていいですよね(笑)

しかし、ベースのRYO氏が前に出てくる度に、MASAKIさんが見えないという事態。
これこそドラムファンの宿命なんでしょうね。
姉の気持ちが痛いほど分かった日でした。
そんな時に限って、いや、いつもそうだと思うんですけど、MASATOさんもよく下手側に来てくれるんだな〜これが(笑)

「顔小さっ!」って思うと同時に、MASAKIさんが見えないんだ!と思ってしまう私(笑)

最近kyoさんは下手側にきても、私の視界を遮ることもなく、BUGでは平和なライブが多いので、
久々の感情でした(爆)

そして今日、最も強烈な印象だった曲。defspiralがhideの楽曲をフィーチャーした
ミュージカルに出ていて、defspiralが全曲生演奏をしていたようなんですが、
その中から「Dout」が演奏されまして、それが本当にかっこよかったんですよね。
hideの曲とはアレンジが違いますけど、彼ららしい「Dout」で、私自身もすごく久しぶりに
この曲を聴いて、いろんなことが甦り、そしてまたこの曲を2011年に聞けることを
うれしく思いました。
会場もかなり盛り上がってたんじゃないでしょうか。

defspiral結成から約1年。私もそのうちなんどかライブを見ましたが、
だんだん形が作り上げられてきてるなぁと感じました。
確立されてきてる気がしますね。
今後のライブも楽しみです!!

さて私はdefspiralで相当満足したので、まぁ、ある意味気楽にBUGを見れる感じでした。
気負いないというか・・・・私は悟ったのかもしれませんね(笑)
確かにいつもより若干見づらい位置でしたけど、問題は私自身の気持ちなので。

今日はTAKASHIさんの衣装がマジでよかった!
なぜなら私の好きな3点セット衣装だから(笑)
ベストとジャケットで、ジャケットの袖を捲くっているのがポイント高し!!!(笑)
そこの時点で相当満足してたし・(笑)

武は白いタンクだったかなぁ・・・(曖昧)
kyoさんはリメイクTシャツに帽子。
そして最も気になるASAKIさんの衣装は黒いTシャツで、妹の表情も満足そう(爆)

1曲目は「Are you ready?」なるほどね、それできましたか。

前回の4月のライブは、アルバム発売記念ライブということでしたが、
実際アルバムの配送が震災の影響で遅れていたために、アルバム発売記念にはならなかったんですよね。
私自身は当日に届いたのでライブ前に聞けましたけど・・・。
なので、アルバムが発売されてからのライブって、実は今日が初日って感じですよね。
ただし、イベントなので、アルバムの曲をどこまでぶち込むのか、そしてそれ以外の曲は
何をやるのかが相当気になるところです。
(って、もうやった曲とか忘れかけてるけど・・・笑)

「踊ろうぜ恐怖症」の私たちは、「Parade with the midnightsun」や「merry-go-round」が
セトリに入るかどうか、MCの度にドキドキしましたけど、今回は大丈夫でした(爆)
この2曲が入らないライブって久々かも・・・。ホッ(笑)

前半が新しめの曲、後半はまぁ、お馴染みの曲って感じですかね。
「Chu.Lu.Ru」は、前回UNITで聞いたときより好きな感じだったかも。
kyoさんの歌が良く聞こえるっていうかね。
「甘い飴玉」もTAKASHIさんのベースが好きな曲だし、今後が凄く楽しみな曲。
しかし、いつになったら「HARLEM」聴けるんだか・・・(笑)

「lovesigh」「bugnoid」は久々だったなぁ。まぁ、イベント用セトリには必要ですね。

「crocodile disco」の時のTAKASHIさんのドヤ顔・・・よくもまぁ、あそこまでやれますね(爆)
それくらいのドヤ顔ですよ(爆)ドS炸裂っていうかね(爆)
最近はそれに屈しない術を得たので、私も対抗してます(笑)

今日は武よりもTAKASHIさんを見てたので・・・これ、久々です(笑)
最近はずっと武ばっかり見てたから、今日みたいなTAKASHIさんロックオン!は久々〜。

今日は比較的大人しめだったような気もするTAKASHIさんです。
まぁ、選曲もあるかもしれませんけど。

kyoさんの「とびきりのバラードを送ります!」と「LOVE & PEACE」や「NEW WORLD」は
盛り上がりますね。

ラストに「あいのうた」で、私も振り切れるほどにはっちゃけてしまいました(笑)
やっぱこの曲のイントロ聴くと、反射的にテンション上がるんだよ(笑)
しかし、UNITでも感じたんですけど・・・なんか弱い?弱いっていうのはなんだろ・・・
インパクト薄く感じちゃうのは私だけなのかなぁ〜〜?
何かが違う気がするんだよね・・・・
でも、この「あいのうた」を聴きながらあの日の仙台でのライブが頭をよぎりました。
あの時は本当に楽しかったし、だからこそこの曲が思い出なんですよね。
思わず笑顔になれた。そんな曲でした。

そしてアンコールは「SAMURAI」
しかし、kyoさんの滑舌のせいか、「SAMURAI」が「サマリー」って聞こえて、
一瞬、新曲なのか誰かのカバーなのか、キョトンとした表情をしてしまいました(笑)
で、イントロ聴いて「あ、SAMURAIだったんか・・・」と気付くという(苦笑)
最後の締めに、とてもいい曲でした。
満足度高い。

BUGのイベントでのライブって、久々だけど、自分が期待しすぎてないせいか、
なんか心穏やかに見ていられるし、一時期より純粋に楽しめてる気がする。
心配事もあるけど・・・結局は自分だからね。自分本位で楽しめるようになってきてます。

やはり「無」の心ですな。
私も乗り越えつつあるようです。

早くアルバムの曲をゆっくりライブで聴きたいな。


今日はdefspiralのおかげで心おきなく楽しめました(笑)
次は7月か・・・・長いなぁ・・・(笑)

posted by ろんろ at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

2/25 BUG@新宿LOFT

短いツアーのファイナルなので、ファイナルという気がしない。
LOFTは1月ぶりです。
ん〜始まる前からテンションが↓な出来事か・・・・。
まぁ、こんなことをいちいち気にするのもどうかとは思うけれど、
あまりに悪質?な行為はどうかと思いました。

さてライブの方は、珍しく10分くらい押してスタート。

TAKASHIさんの衣装がね・・・私は好きじゃないあのジャケットタイプだったので、
う〜む・・・と思ってしまったけど。
武は黒のタンクだったかな〜〜?もう記憶が曖昧な状態です(苦笑)

なかなかライブ前のテンションのおかげで、なかなか気持ちが上がらなくて正直困りました・・・。
「ツアーファイナルって気がしない」というのは、kyoさんも何度もおっしゃっていました。

今日、私はくじけなかたのは、友達が一緒だったからです!
やっぱりみんなと見るライブは楽しい。
そして余計なものを見なくてすんだからだろうな・・・(苦笑)

今日は自由に楽しめたしね、やっぱり。

印象に残ってるのは、やっぱり「DIVE」の武だなぁ〜。
あの曲は、私にとっては、TAKASHIさんの印象が強い曲だけど、今回は武のエモーショナルな
ドラミングがかなり印象的ですね〜やっぱり。

そしてやっぱり新曲たちはテンションが上がりますね〜〜
しかし、どうしても3曲ある新曲の1曲目「GOTHIC ROMANCE」が
爆風スランプの「Runner」に聞こえてしまうのは私だけだろうか・・・(爆)

でもこの曲が3曲の中で一番聞きやすいというか、耳なじみがいいですね。リズムとか。

TAKASHIさんはかなり前まで出て弾いてたり、気合十分でしたね。
時々「武が見えない!」と思う瞬間がありましたけど・・・・(苦笑)

低かった私のテンションも、徐々に回復し、隣の姉もジャンプしたり、はっちゃけていたので
そういうのも私のテンション好転のきっかけになったと思います。
やっぱり一人より大勢がいいですね。

しかし、今日も「Flower of romance」の音が気になって気になって仕方なかった・・・・。
絶対音が変なんですよ。気になってたのが私だけでなく、姉もそんなことを言ってましたしね。
最後の盛り上がりのとこだけに、ここだけが残念です・・・なんでなんだろうなぁ・・・


アンコールの「LOVE & PEACE」は、アレンジ違って聞こえたのは私だけなんでしょうか・・・
友達も、「そうだった??」って言うくらいだったので、違うかもしれません。


今日は仲間のおかげで楽しいライブでした。その後の飲みも本当に楽しかったなぁ〜
ストレス発散した!って実感があります!
いろいろと気持ちがふさぎがちでしたが、仲間たちのおかげで復活できそうです。

この気持ちを維持したまま4月のライブにいけたらいいなぁ。
posted by ろんろ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。