2007年04月24日

ふたつの恋と砂時計

ハ・ジウォン(バリでの出来事)とヨン・ジョンフン(悲しき恋歌)、
ヒョンビン(私の名前はキム・サムスン)、パク・ウネ(宮廷女官チャングムの誓い)
という韓国ドラマファンにお馴染み豪華出演陣の作品。

ハ・ジウォンちゃんとヒョンビン見たさに借りました。

児童文学の名作『あしながおじさん』をモチーフに、
二つの恋が交差して描かれるこの作品。
二つの恋と言っても、メインはハ・ジウォンちゃんとヨン・ジョンフン。
そしてヒョンビンとパク・ウネの恋は、その影のストーリーになっています。
ラスト近くになって、そのからくりがはっきりと分かるんですが・・・

まぁ、韓国ドラマがお好きな方なら、少し予想できる部分もありますね(笑)
私も全部ではありませんが、そうなんじゃないの?と読める部分はありました(苦笑)
う〜〜ん・・・「あしながおじさん」をモチーフにするには
ちょっと無理があるのでは!?と思ったり・・・(^^;)

影のストーリーが、メインの2人の恋のストーリーを複雑にしてしまっているような気がします。
ラスト近くになって逆にちょっと混乱してしまった。
ヒョンビンとパク・ウネは一体何だったんだろう・・・みたいな(^^;)

この恋物語のとっかかりになっているメールの存在も
私には混乱の原因だったような気がしてならないんですよね。
今もちょっと納得できない箇所があります・・・

しかし全体的にみると、私は好きな話でした。
ヨン・ジョンフンの平凡な感じが好印象で。
笑顔がかなりよろしかったです!
しかし、結末は・・・・ホロリときてしまいます。
さわやかなせつなさっていって意味不明なんですけど、そんな感じです。
まぁ、「それはありえないのでは?」っていう部分はもちろんありますけどね(笑)

しかし、ハ・ジウォンちゃんの作品には毎回泣かされてしまいます〜〜!!
「バリでの出来事」「チェオクの剣」も泣きました〜〜。
今回も、病院でジョンフンが寝ているハ・ジウォンの頭をなでながら
自分の気持ちを言うシーン・・・・号泣ですよ〜〜!あれは!!

いやぁ、ハ・ジウォンちゃんははホント、いい作品に出てますね〜〜。
「デュエリスト」と「恋する神父」以外は・・・(苦笑)

あ、今回、バリ出来でも一つ屋根の下でくらす友人・ミヒ役のシニが友達役で出ています。
そういや、「千年の愛」に出ていた、どうしようもないやくざ役の人も
プロデューサー役で出てました(笑)


基本的にヒョンビンはチョイ役なので、ヒョンビンを見たい方には
まったく物足りないと思います・・・あしからず(笑)

いやぁ、ヨン・ジョンフンがよかった・・・予想外に(笑)
朝の花の市場でのシーンは非常によくて、胸キュンでした☆

ふたつの恋と砂時計ふたつの恋と砂時計
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ふたつの恋と砂時計
[出演] ハ・ジゥオン
[レーベル] ポニーキャニオン
[監督] コン・ジョンシク
[種類] DVD

>>Seesaa ショッピングで買う

posted by ろんろ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国ドラマ/韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

砂時計 ストーリー 結末
Excerpt: ふたつの恋と砂時計しかし、結末は・・・・ホロリときてしまいます。 さわやかなせつなさっていって意味不明なんですけど、そんな感じです。 まぁ、「それはありえないのでは?」っていう部分はもちろんあります..
Weblog: 砂時計
Tracked: 2007-11-11 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。