2012年12月02日

東国三社参り

東国三社と呼ばれる、香取神宮(千葉県香取市)、息栖神社(茨城県神栖市)、鹿島神宮(茨城県鹿島市)をお参りしてきました。
お伊勢参り後の禊ぎの三社参りと江戸時代から言われていることもあるようですね。
ちょうど1年前、私は伊勢神宮を参拝したこともあり、ちょうどいい機会ですのでいってまいりました。

天気予報では晴れといっていたんですが。なんだパラパラと雨が降ったりやんだり、息栖神社を参りした頃には、
雹のようなものが降りだして、真冬並みの寒さに凍えそうでした・・・・(TOT)
でも、鹿島神宮を参拝しているころから雨はやみ、綺麗な夕焼けの空が広がりました。

<香取神宮>
赤い楼門と紅葉が映え、とても綺麗でした。
本殿が改修中で、ほとんど見れなかったのが残念でした。
七五三の家族連れが多く、微笑ましい参拝でした。
IMG_1819.JPG IMG_1822.JPG IMG_1827.JPG

IMG_1838.JPG IMG_1840.JPG IMG_1851.JPG

一番最後の写真が奥社です。ひっそりとしていて、社自体は質素ですが
静かな佇まいで、神社全体を見守っているようにも見えました。
その奥に、要石があります。
要石は、写真を撮ることがはばかられるような気がして・・・
もう二度とあのような地震で人々の命が奪われるようなことがないようお祈りしました。

<息栖神社>
IMG_1858.JPG IMG_1856.JPG IMG_1860.JPG

IMG_1854.JPG IMG_1867.JPG

息栖神社は交通の便としては、鹿島神宮からタクシーしかないです。
タクシーに乗ったら、運転手のおっちゃんがよくしゃべるしゃべる・・・・(笑)
まぁ、楽しい道中でしたが・・・
忍潮井を見ているころから霙か雹が降りだして、寒い上に痛い!!!
運転手のおっちゃんが、参拝している間に温かい飲み物をを自腹で買ってくれた・・・(TOT)
ありがたい・・・・!!

<鹿島神宮>
IMG_1870.JPG IMG_1876.JPG IMG_1877.JPG 

IMG_1880.JPG IMG_1886.JPG

IMG_1881.JPG IMG_1892.JPG

最後は鹿島神宮。
息栖神社からタクシーで戻って、参道前のカフェでランチと雨宿り。
そのうちにだんだん雨もやんだようで一安心。
そのまま鹿島神宮へ参りました。
天候のせいか、あまり参拝客も多くはなかったのですが、ここでも七五三の家族連れが目に付きます。
やっぱり、男の子だったらね、鹿島神宮は、武芸の神様がいらっしゃいますからね。
東日本大震災の時に、大鳥居が倒壊してしまったとのことですが、再建に向けてうごきがあるようです。
IMG_1873.JPG

この立て札を見た時、思わず涙が出そうになりました。
どうか、あんな地震が二度とおきないで欲しい、そう思わずにはいられませんでした。

鳥居から先に進み・・・まさに武芸、戦いの神だけあって、香取神社のような目を引くような美しさとは違い、
質実剛健というか、飾らない威厳のようなものを感じました。特に本殿は意外なくらいです。
私は今日お参りした三社の中で一番鹿島神宮が心に残ったのですが、
本社の奥の奥社までのまっすぐな杉の道。なんともいえない静寂の中の荘厳さ。本当に心が洗われるようでした。
さらに奥の要石のあるところまでくると、鹿島サッカースタジアムからサポーターの声が聞こえてきました。
数キロ先のスタジアムの声が木々の間から聞こえてくるってすごい!!ちょっとした感動でした。
今日は寒かったし、選手もサポーターも大変だったろうなぁ。

降っていた雨もあがり、参拝を終える頃には、青空と綺麗な夕日まで見ました。
夕日に照らされ石碑が本当に美しく、印象的でした。

その後またカフェに戻り、食べたおしるこのおいしさといったらなかったです・・・(笑)
IMG_1894.JPG
VIVA こしあん(笑)老舗和菓子屋さんがやってるカフェだけあるわぁ。また食べたい!!
あぁ、本当に本当に寒かったけど・・・・かなり充実した1日でした。
日帰り圏内だし、ぜひまた行きたい!ですね。
神聖な気持ちになれますよ。
posted by ろんろ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。