2012年08月02日

オリンピック

毎晩日本人を睡眠不足にしてくれるオリンピック。

まぁいろいろありますよね。
事前の報道の過熱ぶりとか。
まぁ日本人は毎回そうですが。

女子柔道の松本選手の金メダルは、まさに柔道が格闘技であることを
改めて私たちに教えてくれたと思います。
闘争心をむき出しにして挑む。
柔道は静の部分もありますから、ともすると格闘技であることを忘れてしまいそうですけどね。

柔道は全試合を見れているわけではありませんが
私は日本人選手がスカッと一本勝ちしている試合をあまり見れていません。
それが残念というか、鮮やかな一本勝ちをする試合をオリンピックで見たいなぁと思ってしまいます。



そして男子体操の内村選手、念願の金メダルおめでとうございます!!
ようやく日本に届いた嬉しいニュース。
団体戦で不調だったのは、体調のせいだったのか精神的なものだったのか・・・。

本当のところはわかりませんが、超人内村選手も普通の人間らしいところもあるんだなって思ってしまいました。
いつの大会でもひょうひょうとしていて、まるでプレッシャーとは無縁のようでしたから。
やっぱりオリンピックはそれだけ凄いのだということを思い知らされますね。
今はブラックサンダー断ちをしているそうですが、早く好きなだけ食べて欲しいですね(笑)

しかし金メダル確実と言われた人が金メダルをとるって本当に大変なことですよね。
勝ってあたりまえみたいに言われるんですから。


サッカーのスペイン代表なんかもまさにそれなのかな。
サッカー日本代表には、予選を素晴らしい形で勝ち上がりましたが、無欲で自分たちらしいサッカーをして欲しいですね。

あぁ、また今夜も睡眠不足かな・・・(笑)
posted by ろんろ at 07:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごぶさたしてます★

私も連日寝不足ですー。

体操の最初の不調は、器具のせいが大きかったらしいですよー(相方の勤め先の同僚=体操部の顧問の先生より)

普段、日本は日本製の器具を使っているんですが、今大会はフランス製の器具だったそうなんです。バウンドとかの感触がぜんぜん違うんですって。(ちなみに、中国は日本製らしいので、北京のときは普段使っているのと同じ器具だった)

事前にわかっていれば、きっとそういう対策もできたと思うんですが、わかってなかったんですかねー? 
で、現地入りしてからの事前練習でもけっこう落ちてたと思うんですが、そこからの調整が個人までに間に合わず、個人での失敗を経て、団体ではなんとか普段の状態に持っていけたんじゃないか、と言っていました。

音楽でもそうですけど、持ち込めないものってつらいですよねー。
Posted by 悠樹 at 2012年08月05日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。