2006年10月02日

出雲旅行記

10/1〜2の2日間、出雲旅行へ行ってきました。
思い立ったが吉日。友達と、何気ない会話から、あっという間に実現したこの旅行。

天気予報はあいにくの雨模様。
しかし、出雲大社の荘厳な雰囲気と、しとしと降る雨が風情を醸し出していて、
雨もいいかも、と思ったのでした。

今回は、銅鳥居からの正式参拝をしてきました。
古からの神様がいらっしゃる神聖な場所なので、身が引き締まる感じ。
おみくじもちゃんとひいて、お守りもバッチリ☆

神楽殿では、結婚式が行われていて、思わず見入ってしまいました(≧∇≦)
去年京都の平安神宮へ行った時も、結婚式が行われていたのを見たのですが、
神前結婚式って素敵ですね。


出雲大社に2時間弱滞在の後、出雲そばを食べ、
一畑電車にて、宍道湖沿いを通り、松江市内へ出て、玉造温泉へ。

また泊まった旅館がかなりよくて、大感激!
まずは温泉で汗を流し、そしてお部屋での会席料理もとってもおいしかった!
まだ本格的なシーズンではないけれど、カニはまるごと一匹。そして鰻のお鍋。
牛タンとなすのグラタンやマツタケの茶碗蒸しなど、至れり尽くせりで
もうこの上ない幸せo(≧∇≦)o
風呂上りのビールが、最高でしたよ(笑)

食事の後には、足湯でまったり。
そして今度は露天風呂へ。
あぁ〜〜極楽極楽。日常から抜け出して、癒されまくった。
お肌ツルツル〜〜〜♪やっぱり温泉っていいですね〜〜〜。

夜は友達と思い出話とバカ話で盛り上がり、はらわたがよじれるほど爆笑しました(笑)

まぁ、枕が変わると眠れない私ですが、疲れがたまっていたこともあり、
眠りに入るのは早かった方かもしれないです。しかし眠りが浅かった・・・

ちゃんと朝起きて、仲居さんに案内されて朝食会場へ。
朝からもう、ご飯がおいしい〜〜♪
宍道湖名物のシジミのお味噌汁がおいしくておかわりしちゃった(笑)
朝からお腹が苦しい・・・(^^;)

旅館を出る頃にはまだ雨は降っていたものの、
松江駅に着く頃には、雨があがっていました。
予報だと、今回の旅行の2日目である今日の方が降水確率が高かったのですが、
奇跡的にも今日、傘の出番はまったくありませんでした!(^^)

今日は神魂神社と八重垣神社へ。
雨が降らないで欲しいと思っていたので、本当に幸運でした。

松江駅からバスにて八重垣神社へ向かう。
歩いていける距離なので、まず先に神魂神社へ。
しかし、ちょっと遠回りをしたようでした(^^;)
かつ、道案内の標識などもあまりなく、奥まったところにあるので、少々迷いましたが、
大社造の神殿としては日本最古ということもあり、
独特の厳粛な空気に圧倒されそうな感じでした。
ひんやりとした空気がここちよい空間。
ここでひいたおみくじ・・・ズバリ当たりすぎてます(^^;)
友達に「神様はお見通しなんだよ(笑)」と言われる・・・(苦笑)

神魂神社は、普通の民家の少し奥にあるという感じなのですが、
地元の方々の普段の生活の中に存在しているんですよね。
お散歩をされていた方が、通りがてら、鳥居の側で手を合わせていらっしゃいました。
普段の生活の中で、ごく自然に神々を敬っている姿を見て、
これが、今、日本が失いつつある光景であり、
大切にしていかなければならないものなんじゃないかな、と思いました。

神魂神社を後にして、八重垣神社へ。
やっぱり若い女性が来てますね(笑)
平日ということもあり、それほど多くはなく、参拝しやすかったです。
本殿裏の鏡の池の縁占いもちゃんとやってきましたよ☆
結果はヒミツで(≧∇≦)
とりあえず、ホッとしてます(笑)


あ〜、ホントに、身も心も癒された旅でした。
自分自身を見つめなおすいい機会だったと思います。
1泊だったので、行きたいところ全部を回りきれなかったのが残念ですが、
また機会があったらぜひ行きたいと思う土地でした。
スピリチュアルな場所であることを肌で感じられて大満足です。
次回はしんじ湖温泉もいいなぁ〜と、次回のことまで考えてしまうほどに
魅せられました。

何よりお天気が回復してくれたのがうれしかったです。
ぜひまた訪ねたい場所です。
1人で旅行されている女性も見かけました。
ひとり旅もいいかもしれません。
posted by ろんろ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

出雲そば
Excerpt: 島根県出雲地方では平安時代から 出雲そばが作られていました。 江戸時代末期には松江藩七代目松平不昧公の 蕎麦好きにより、
Weblog: 島根県の観光とガイドで島根を知ろう!
Tracked: 2006-10-07 14:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。