2011年02月28日

料理

最近、ちゃんと料理しなきゃなーと思い始め、
図書館で料理の本を借りたりしてます。
ま、気が向かないとやらないし、全然うまくないんですが・・・。

今日はピーマンの肉詰めを作りました。
残念ながらパン粉がなかった・・・(苦笑)
ま、それでもけっこうイケた!
玉ねぎは、炒めなくても、みじん切りしてレンジで2〜3分加熱するだけでも大丈夫でした☆

もうちょっと味に工夫の予知あるかなー。
とろけるチーズとソースでなんとななったけど・・・
肉そのものの味がちょっと物足りないかな。
私は「塩少々、コショウ少々」の加減がなかなかできない女・・・=料理がうまくないってことか orz


もうちょいトレーニングが必要だなー。
ちなみにおとといは豚キムチ炒め。これもあと一歩。

来週は何にしようかなー。(平日は無理・・・)


きんぴらごぼうとかいいなー。
posted by ろんろ at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

男たちの挽歌

header_cast_songseungheon.jpg

香港映画の金字塔「男たちの挽歌」の韓国リメイク版。
ジョン・ウーが製作総指揮し、ソン・スンホン、チュ・ジンモというスターを揃え、
韓国ドラマ、韓国映画も好き、そして何よりオリジナル版の「男たちの挽歌」が大好きな私としては、期待度も高い。

平日の午後にもかかわらず、満席でしたね。
新宿だったからかもしれませんね。千葉とかで満席ってあまりないから(苦笑)


私の左隣は、オバサマ方4人組。右隣はご夫婦。
中に入ると、鑑賞者全員にトレカが配られる。
ソン・スンホンだったり、チュ・ジンモだったり、いろいろあるみたいですね。
私はあまり要らないな〜と思ったけど、一応あけてみた。誰だったのかよく分かりませんでしたが(苦笑)
隣の左隣のオバサマが「この前と同じ〜」とか話ていて、見ると、何枚もカードを持っているご様子。
私は声をかけて隣のオバサマに「よかったらどうぞ」と差し上げました(笑)


そしていよいよ本編。リメイクということですが、どういう設定になるのか、とても興味深い。

どうやら、チュ・ジンモとキム・ガンウが脱北者の兄弟のようですね。
そして、チュ・ジンモの弟分がソン・スンホンか・・・・


正直な感想を言うと、あまり面白くないですね・・・・。
山谷がないっていうのかな〜盛り上がりに欠ける。
設定に無理があるっていうか・・・納得できないまま話が進んでいっちゃったって感じですね〜

やっぱりどうも頭にオリジナル版のイメージが残って、比べちゃうんだな・・・やっぱり。
香港の「男たちの挽歌」TからVまで見てたので、話が3つ分ごちゃ混ぜになったりしたけど(笑)
やっぱり香港の雰囲気、いわゆる香港ノワールの空気はないね。

香港版と舞台設定を近くするために、韓国版も釜山が舞台だったのかな〜と思ったり。


しかし、ソン・スンホンが弟分っていうのがね〜似合わないな(苦笑)
「やんちゃ」的なイメージがないだけにね〜新鮮といえばそうだけど、
どちらかというと、兄貴的かな、と思うので。

チュ・ジンモがチョ・ハンソンに裏切られ、タイで警察に捕まり、
それを知ったソン・スンホンが復讐に出向いたシーン。
あれは、相当萌えましたね(爆)
唯一萌えたシーン!!!!(力説)
白いスーツで銃をぶっ放しながら突き進み、敵がいる部屋の自動ドアが開いた瞬間の
ソン・スンホンの目!!あれは萌えますでしょ〜〜〜!!(笑)どうも伏し目がちなのに弱いな(笑)
ソン・スンホンも目で殺すタイプですからね〜〜(ウキウキ)

そしてひたすら銃をぶちかます。
あぁ・・・なんてことでしょう〜〜〜(笑)
私はそこまでソン・スンホンが好きというわけではなかったんですが、
あのシーンではマジで惚れました!!o(≧▽≦)o
あのシーンだけもう一度見たい!
ふ〜そこだけ興奮した。

やっぱ、どうしてもチョウ・ユンファみたいなやさぐれ感が足りない。
だって、ソン・スンホンだもん(笑)汚れた役があまり似合わない気が・・・。


チョ・ハンソンの悪役も、正直微妙だったなぁ。
すごみがないっつーか、軽いのがねぇ・・・。
もはや見た目は神田正輝にしか見えない・・・。
「オオカミの誘惑」の頃はあんなにかっこよかったのにな〜〜と思わずにいられませんでした(苦笑)
「オオカミの誘惑」は映画も見たし、DVDも持っているので、
もう一度見たい!と思ったけど、友達に貸したままだった・・・orz


とにかく、山谷のない展開で途中で寝そうになっちゃったしな・・・・
最後の展開も救いようがない終わりでね・・・仕方ないんですけど、
香港映画のほうがよかったなぁ、やっぱり。

キム・ガンウの役も、やっぱレスリー・チャンと比べてしまうと、どうしてもインパクトがね・・・

オリジナル版を見てないほうが楽しめるのかもしれませんね〜〜。
私はオリジナル版が見たくなりました。
posted by ろんろ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ/韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

久々の映画

今から「男たちの挽歌」見てきます。
オリジナルの香港映画が大好きなだけに、今回のリメイクはどうなるのか・・・楽しみ!

いやはや、狭い映画館とはいえ、オバサマ方で満席の模様・・・
posted by ろんろ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

整体

ここ2週間くらい体調がよくない。
右目だけコンタクトが合わないのか、充血がひどいし、救急車を呼ぼうかと思うほどの胃痛が2回、
尋常じゃない右半身の懲り・・・。

眼科は2つ行ってみたけど、どれも問題ない。
2時間半待ってちょっと診察しただけで2000円も取られたのがマジありえない。

原因が特定されずがっかりしてた土曜日の眼科の帰り、
マンションのポストに近所の整体のチラシが。
いつもなら読みもせずに捨てるんだけど、
体調がよくないこともあって、気づいたらチラシを読んでた。
金曜に、いつも行ってるマッサージの予約がとれなくて、
めっちゃ身体もキツかったし、チラシによると初回半額という文句に惹かれ、
徒歩5分だし、女性専用ってことで究極行くことに。

リフレクソロジーと整体のコースをやってもらうことにし、
まずはリフレクソロジーから。

い、い、痛いーっ!(T_T)
もうあちこち痛い!
整体師さんからも「これはひどい!ここまでひどいのはなかなかいない」とまで言われ、
ぐりぐりやられる。
胃腸や腎臓のあたりが特に激痛・・・
あんだけ足がむくんでりゃね・・・。

そして「あなたは感情を抱え込んでるでしょ?」とズバリ言い当てられる。
足でもそれはわかるらしく、親指と人差し指の間がコリゴリ老廃物で硬くなってて、
それは感情を抱えこんでストレスをためている人がそうなるらしい・・・。

ズバリそう。

そして整体では、左右の足の長さの違いと骨盤のズレを指摘される。

そしていよいよ肩・・・。
「これ、ひどいわ〜ありえないくらいひどい!」と連呼される。
右半身の尋常じゃない懲りについて、首のあたりをほぐしながら、整体師の方が
「首の上の方の懲りは、精神的なものからくるので、相当ストレスためてますね。
これだけコブみたいに老廃物がたまって盛り上がってるのは
相当大きな衝撃とか、つらいことがあったんでしょうね」と・・・。
その言葉に思わず泣いた。

今、私は精神的にどん底だったから。
この精神的な苦しさから体調が全てよくない方向に進んでいたと思われ、
それを指摘されて、こらえていたものが溢れ出してしまった・・・

この身体の懲りは、ちょっとやそっとではほぐせないと言われた。
確かに今は自分でも普通じゃないとわかる。
生活の全てを改善しないと、上向かないだろう。

そして「気」のなさをあわせて指摘される。
やる気がない。楽しくない。
「趣味はないの?」と聞かれ、あれだけ数ある趣味が、なんか最近楽しく思えないと話すと、
この首のコブ状の老廃物の固まりも、診療内科行きを薦める一歩手前だと言われる・・・。

オーマイガッ!!
やはりそこまできてたか・・・。
去年の私がまさにそれで、もう毎日が苦しすぎた。
今年に入って気持ちも上向きだと思ってたけど、そうじゃなかったらしい。

思い当たるフシ(相当なストレス)がいくつも・・・。

やはりメンタルは難しい・・・。
私だけは大丈夫と思っていたけど、それは違う。
本当に辛い。
誰もが「お前の努力が足りない」と言ってるように感じられ、自分の存在意義を見失いそうになる。

人と話したり、交流したりすることがウザくて、常にイライラする。

まったく、いかん。
もうちょっと心の底から楽しくテンション上げないと。
前向きな「気」を出さないと、暗くなる。

あの整体にいって、身体は少し楽になり、気持ちも少し楽になった。
何気ない一言に救われた日。

そしていつもなら読まずに捨てるはずのチラシが、今回は目についたり、
いつも行ってるマッサージの予約がとれなかったり、
全てが運命の糸に引き寄せられていたのかと思わずにはいられなかった。

今日もまた整体に行って、今日はゲルマドームという、遠赤外線で身体を温める装置?に入ってきた。
汗かいて全てスッキリ!
高麗人参のお茶まで出していただいて、気持ちもリフレッシュ!


素敵な出会いに感謝。
私はもう少し無関心というか、鈍感でもいいのかなーと思いました。

とりあえず・・・また1週間始まるけど、前向きな気をださなきゃ!
生活改善!!

図書館でお料理の本借りてきたし、いつまで続くかわからないけど(笑)、
ちょっとポジティブでいくべし!!
posted by ろんろ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

偽善はつらい

善人を装うのは楽なことではない。

私は偽善者かもしれない。いや、相当偽善者なのだろう。
心の闇を隠して生きている。

理解あるようなふり。
わかったようなふり。

私はそんなに心が広くない。

ただ、人の前では理解があるふり。
理解のあるようなふりをするのが辛いから、その話題は出さない。
それを引きずっていると、私の心の闇が光のもとにさらされるから。

私はそんな自分が大嫌いだし、でも、その心の闇を否定もできない。
なぜならそれが私の気持ちだから。

でも、それを否定されたからなぁ・・・
だから私は相槌を打つように、偽善者を装って、理解したふりをした。
彼女は悪気はない。きっと彼女の言うことが正しいから。

でも、これは相当しんどいことだ。
自分の本当の気持ちを誰にもさらけだせないから。
相当ストレスたまります。
自分をだましながら、いつかそんな気持ちなんてなかったことにならないかと思っているけど、
そんな簡単じゃない。
さらけ出せないから、昇華もしない。

そしてこんな闇を抱えている自分に対しての嫌悪感。
みんなはそう思うことはないんだろうか・・・つい考える。

私は分析しすぎるらしい。
大学の講義でも言われたことがある。キリスト教の思想の講義だったと思うのですが、


「分析しすぎる者は幸せになれない」

本当にその通りだ。


今、願いが叶うのであれば、今抱えている心の闇をぶちまけたい。
ただ、それを受け止めてくれる人がいないと、ただの極悪人だね(苦笑)


あ〜「王様の耳はロバの耳!!」的に大声で悪口雑言、心の底から闇を吐き出す壷が欲しい(笑)
posted by ろんろ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

2/11 BUG@名古屋アポロシアター

雪が心配された3連休初日でした。
セントレアに着いた時は雪でしたが、その後は曇りでどうにか天気はもってくれた。
アポロシアターに着いた時も雨すら降ってませんでした。

ツアー初日の横浜がよかっただけに期待度も高いけど・・・・
因縁の地だけに、私はテンションそこそこって感じでした(苦笑)
今回はウルトラミラクルがあったしね・・・orz

時間通りにライブスタート。
ASAKIさんは黒のTシャツ。武もノースリーブの黒のシャツ。
TAKASHIさんも黒のジャケット?みたいなの着てまして、これは初めて見たかも。
kyoさんも黒のTシャツになんか巻いてあるようなアウターでした。

曲は横浜と変更なし。

今日は横浜ほど音が気にならなかった。
私は・・・・まぁ、ちょっとありえない諸事情がありまして・・・・
なんか複雑な気持ちのままでしたが・・・もうこうなりゃなるようにしかならないわけで。

今日は基本、武ばっかり見てました。
なんならTAKASHIさんが前に出てくると、武がみえないので、思わず「チッ」と言った瞬間あり(爆)
今日は武に救われたな〜と思いながら見ていました。

全体的にもいいライブだったと思います。
盛り上がったし、私も複雑な気持ちのわりには、なんとか体勢立て直したし。
「自分は自分」ってとこまで持ってった気がする。
それが心底楽しいかといわれたら、そこまでじゃないけど。

今日、一番印象深かったのは、「DIVE」の時の武かな。
あのドラムはすごくよかった!いつも「DIVE」はTAKASHIさんばっかり見てることが多くて、
ピンポイントで武を見ることがあまりなかったけど、
感情こもってるし、あれはいいね!!
これは新たな発見でした。

新曲は、1曲目が「GOTHIC ROMANCE」だったかな〜(これ、GOTHICの部分しか覚えてない)
2曲目は「Do you love me?」3曲目が「甘い飴玉」でした。
(TAKASHIさんの足元のセトリチェックしてきた)
全体的にも雰囲気がいいけど、やっぱ3曲目がベースが非常にかっこいいですね〜
これでもかってくらいに3曲目はステージギリギリまで出てきて弾いてますしね。S全開。
でも、これはドラムもかなりいいので、リズム隊は要チェックです!!

この新曲3曲の盛り上がりがいいから、次の「love sigh」が盛り上がるね〜〜!
久しぶりにTAKASHIさんの反りプレイ出ました!(笑)
かなり後半畳み掛けてくるし、盛り上がりもそれに比例していい感じです。

しかし・・・私は今日の「Flower of Romance」がどうも音がダメだった。
半音下がって聞こえるっていうか・・・絶対いつもの音程じゃないね。あれ。
気持ち悪くて聴いていられなかった〜〜〜orz
絶対ズレてる。そういうのは敏感に感じ取ってしまうので・・・・辛かったな〜〜

ま、気を取り直し、「NEW WORLD」、そして最後の「LOST」は気持ちよかった〜
かなり「LOST」はTAKASHIさんも上がってたと思う。
あのドヤ顔見たらね(笑)相当肩揺れてたしな(爆)
あれはかなり良かったです。

アンコールは「Steal the moon」と「LOVE & PEACE」で終了。
盛り上がりましたね。
横浜と同じくASAKIさんが下手側まで来てましたから、いい盛り上がりだったのでしょう。
いい汗かきました。

ふと時計を見ても、まだ19時になってない・・・(苦笑)
あ〜新幹線の時間までたっぷりあるじゃん(笑)


今日も盛り上がったいいライブだったと思いいますが、
私個人のコンディションでいけば、横浜のほうが楽しめたな〜と思います。
よく見えたのは今日だけど。

でも、いろいろ学んだ日。
見えないほうがいい場合もあるってことです(笑)

ビールを飲み、そそくさと退散。
新幹線の時間にあわせてオーダーしておいたコンパルのエビフライサンドを受け取り、
プレミアムモルツと共に新幹線へ。
こうして私は名古屋を後にしました。

今日はいろいろとあわただしいスケジュールの中充実しておりました。
友に感謝。久々に会えて楽しかったよ!また行きます(笑)
今思えば、コメダコーヒーに行かなかったのは、どうやら神の思し召しだったようです・・・(苦笑)
posted by ろんろ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

名古屋

Image817.jpg

今、アポロシアターに到着。
雨も雪も降ってない。
助かったー☆

味噌煮込みうどんも食べたし、準備万端。

楽しんできます!
posted by ろんろ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

2/5 ギルガメッシュ@市川市文化会館

ギルガメッシュが地元に凱旋です。
とうとうホールでやるようになったのかぁ・・・と感慨深いというか、そんな感じ。
発表された時は、なんだかとてつもないことのように思えたけど
気付けばあっという間にこの日が来ました。

千葉県民としてもとても嬉しいですし、なにより嬉しいのがチーバくんとのコラボグッズ!
タオルとストラップをOPEN前にゲット!
予想外にストラップが微妙といえなくもないけど・・・まぁ記念品ですからね!
さすがにTシャツは買おうと思えなかったけどね(苦笑)

久々のホールかも、と思ったけど、8月のB-T以来なんだな(笑)
市川市文化会館は、綺麗で思ったより小ぢんまりしてましたね。
なんかローカル感があってよかったかも。なんていうのかな、市民生活の一部みたいなね。


そしてホールライブで気になることが・・・
どうしてみんなホールライブだとなかなか会場に入らないんですかね?(笑)
私は座って語りたい派だけど、ギリギリまで入らない人結構多いですよね。
タバコとかいろいろあるのかもだけど・・・どの会場でもけっこうそういうのを見かけるので
気になってました(笑)

さてさてライブの方はといいますと、17時から10分ほど押してからスタートだったと思います。
暗転して、「volcano」のイントロと共にステージの巨大スクリーンが上がった時、大歓声でした。

そしてそして!!!!メンバー全員が黒いスーツと分かった暁には、もう熱狂ですよ!
私もめっちゃ興奮した〜〜〜〜o(≧▽≦)o
「volcano」と黒スーツって、もうね、最強の組み合わせすぎる!!
ホント、「volcano」っていつ以来だろう??マジで興奮。


「お前に捧げる醜い声(市川に捧げる醜い声)」「Deceived mad pain」と立て続け。
っつーか、しょっぱなこの3曲ってアリなのか!?と思わずにいられなかったよ(笑)
よく考えたら、私はライブで「Deceived mad pain」聴いたことあったっけな・・・・?
そういや、前の方では、一部モッシュやってのが見えた(笑)
あれ、いいな〜とか思いながら見てましたけど(笑)

MC挟んで「ALIVE」。しかし、なんでこうも「ALIVE」がチョイスされるんだろうか〜?
次の「BORDER」もけっこう選曲されるイメージだなぁ。
まぁ、音源で聴くよりライブで聴くと好きにはなるかな。

「CRAZY-FLAG」と「Dance Rock Night」が立て続けできたときは、
ホールライブでよかった・・・・と思わずにいられなかった(笑)
このあたりで、ようやく、前半に昔の曲を集めてるんだと気付く。
「凱旋公演」にはなっているけど、アルバムの発売もかねてるわけで、
どうやって新旧の曲を織り交ぜてくるのかと思っていたら、
どうやらはっきりと分けてくる構成らしい。なるほどね・・・・。

どのあたりだったか忘れましたけど、左迅くんは上着脱いでましたね。
昔はどんなに暑くても脱がなかったのにな〜と思ったりね(笑)
でも、確かに暖房が入ってたから前半かなり暑かったと思います。
私も久々に七分袖とか着てたら、暑くて汗だくだった・・・ホールをなめてはいけない(笑)

今日思ったのは、左迅くんの声の調子がいい感じ?
いつも気になる彼の歌も、今日はかなりいい感じに思えましたね。
ボイトレ頑張ったな!(笑)←勝手に判断

そして「零-ゼロ-」は私は本当にライブでは初めて聴いた。
音源も持ってないですしね。曲名は知っていても。
「終わりと未来」を聴いて私は夏の徳島のライブを思い浮かべてました。
これも最近はあまり聴かないな。

ここでMC。
市川市文化会館は、愁さんと左迅くんが成人式を迎えたところということで思い出深い場所のようです。
ここでサプライズだったのですが、愁さん、左迅くん、弐くんが同い年なんですけど、
弐くんは、愁さん、左迅くんのせいで?成人式に出られなかったのだとか。
というのも2人が前日まで「面倒くせーから成人式いかねー」と言っていたのに、
結局当日に「やっぱ行くか」と2人は成人式に出たのに、前日までの行かない発言で
弐くんは行かなかったようなのです。
そこで、みんなからサプライズでここで弐くんの1人成人式をやることに。
ちゃんと証書が作られてて。でもなぜか賞状になってた(爆)
読み上げる左迅くんもかわいかったけど、弐くんの動きがまたウケる。
ちゃんと卒業式みたいな証書の受け取り方で、受け取ったら上手の袖に消えてったのがね(笑)
さすが弐くんは芸が細かい(笑)

そんなサプライズの後に曲に戻り、「Jarring fly」
おおおおおおお。ここまで選ぶか!?と思わせてくれました。
私、「Jarring fly」もあまりライブで聴いた記憶がない。
そして「遮断」「smash!!」っつーか、もう死にそうです(笑)
テンションあがりまくって、気付いたらヘドバンしまくってた(爆)
まさかのここまでのハイテンションってくらいに血圧上がってました!!
あぁ・・・これ、ハコのライブで聴きたかったよ・・・と思わずにいられない。
しかし、ハコのライブでやってたら、体力もたない・・・(苦笑)

そして「開戦宣言」。これ、本当に感激でした。
これも聴いた記憶がほとんどないもん。
かなりファンにとっては垂涎モノの前半のセトリだったのではないでしょうか。
鬼のようなセトリとも言う・・・(笑)
ホントに、紅白歌合戦のようなセトリでした。
もうね、会場が興奮のるつぼでカオス!!

ここでメンバーがはけ、ステージには巨大なスクリーンが降りてきて、歴史映像が映し出される。
かなり凝った演出ですね!
今からはまったく想像できないメイクの頃の写真とか、バンド結成のストーリーとか。
このバンド結成ストーリーのドラマがマジ面白すぎ(笑)

そして、ギルガメッシュが現在の事務所に所属することとなった決定的経緯が。
本八幡route14でのギルガメッシュ VS ムックという、超プレミアライブにて
楽屋でモニターを見ていたムックのミヤくんとたぶん社長かな?その会話のシーンが
映し出され・・・・これは相当貴重ですよね。
「おおおおおおお」とどよめきのような声が上がってました。


第2部。SEから始まり、スクリーンが上がると、ステージのセットも変わってる!
衣装をチェンジしたメンバーが次々とステージへ登場。
そして、左迅くんは、ジャニーズばりにせり上がりで登場!!これは大歓声でした!
「destiny」はかなりいい感じでしたね。オープニングにふさわしい。

ここからはニューアルバムを中心の現在のギルガメッシュ。
今回のアルバムは、私の聴き所ポイントは、Яyoくんのドラム。
かなりメタルちっくなドラムラインが多くて、今までのイメージとは違うし、存在感が大きい。

今まであまりドラマーとしてあまり目立たなかったというか、音の部分でね。
だから今回はどうなるのか、そこはけっこう気になって見てたんですけど、
今回はかなりインパクトあったと思います。

もちろんフロント3人はインパクトあるけど、私はドラムが今回のアルバムの影の主役と思ってます。

音源を聴いたときは、イマイチしっくりこないな〜と感じていた爽やかぶりも
ライブで聴くと気にならないというか、前半にあれだけ昔の曲で会場が沸いてたことを考えると
「どうなんだろ〜?」と心配したことも杞憂に終わった。
なんなら、ライブを聴いてむしろ音源のポイントが高まったかもしれない。

やっぱりこういう対比があるからだと思うけど、やっぱり大人になったな〜と思った。
ベースラインなんかも聴いてて思う。今のほうが大人なフレーズ多いもんね。
これで色気が出てきたら、愁さんサイコーのベーシストになりまっせ(笑)
いつか反りプレイ希望(爆)

そういえば、後半になって愁さんが髪を切ったことに気付く(笑)
そして、なんか・・・・ちょっとやせすぎじゃない??
激ヤセしてるようにみえて、ちょっと心配してしまいました。
でも「Calling」はベースがかなり素敵でしたね〜〜!
愁さんが本当にかっこいい〜! ベースソロ?のとこ、マジでテンション上がったo(≧▽≦)o
盛り上がるし、この曲はいいですね〜〜!!


今日は左迅くんの歌もかなりよかったな〜〜
私が行ったここ何年かのライブで1番いいと言っても過言ではないような。

「見えない距離」もよかったなぁ〜〜こういう曲ってデスボの曲とは違った意味で
ギルガメッシュらしい曲の1つだと思うんですよね。
メロディラインも綺麗だし。私は好きです。

この曲も静かな始まり、そして終わりで、「次の曲はなんだ!?」と期待させる。
ステージには、DJブースもあったし、「puzzle」やるのかも?と思ったんですが
始まったのは「I think I can fly」でした・・・・・
う〜〜〜ん・・・この曲を持ってくるのはちょっと強引過ぎたんじゃないかな〜と思いましたね。
かなり静まった会場だったし、このイントロがちょっと浮いて聞こえたというか。
流れの中ではあってもおかしくないけど、静けさの中から始まるのはちょっとイマイチ。
ここだけが唯一気になったとこでしたね。


そして静まった会場に、愁さんの「いえーーーーい!」とMCが。
あぁ・・・静まったとこに「いえーい!かよ!」とちょっと思った私です(笑)

またね、リーダー愁さんが感動のMCをするわけですよ。毎回だけど、本当に愁さんって素晴らしい。
「イノチノキ」をリリースしたあたりに、「ギルガメッシュらしくない」とかいろいろいわれ、
正直凄く悩んだそうです。
4人でやってるバンドだけど、大きくなっていってギルガメッシュはいい意味でも4人のものではなくなって
だからいろいろ言われたことも含めていろいろ悩んでみたいですね。
自分たちだけのものではなくなったという言葉はすごくよく分かります。
バンドを始めた頃のように4人だけで運営しているわけじゃないし、
現在、取り巻く環境は確かに恵まれているだろうけど、その分多くの人が関わって、動くようになるしね。

そして私もどちらかと言うと、昔のほうがいいなという思いが強かった人間なので
すごく愁さんの発言が胸に突き刺さった。
でも、彼らは彼らの道を見つけたわけですよ。進んでいく道を。
やっぱりいつまでも同じような曲ばかりをやってていいわけじゃないし、進化しないといけない。
それは、自分たちのスタイルとしてもそうだし、それが成長だから。
自分たちが成長するからこそ、次のスタイルが生まれてくるわけで。
そこを私たちは否定してはいけないし、そこから生まれてくる音楽を受け止めて、
それが私たちにとっても新しい音楽なわけで、それを楽しまないと、
私たちの音楽感性も鈍くなってしまうと思うし。
私たちファンも耳を肥やさないとダメなんですよね。
もちろん「ギルガメッシュに求めるもの」がファンの一人一人が違うのでしょうけれども、
やっぱり私はあの空間を共有できることを大切にしたいと思います。

そんな感動的なMCでウルっと来たあとは、ラストスパート!!
メンバーも花道までところ狭しと動き回ってました。
最後は「BREAK DOWN」「MISSION CODE」「evolution」「Never ending story」で怒涛の締め。
いやはや、最後、これでもか!ってくらいの攻めのセトリですな。
クタクタになりながらも相当な充実感ですよ〜
ホント、何度も言いますが、ハコライブじゃなくてよかったのか、残念だったのか・・・(笑)
「MISSION CODE」はいい!これもЯyoくんのドラムが◎。
もっと近くで手元みたいなぁ〜と思いましたね。

あぁ・・・終わった・・・。放心状態にも近い。
また下りてきたスクリーンでは、今後の告知が。
ワールドツアーに続き、JAPANツアーが!
6月か・・・・長いな・・・と思いつつも今回は本数少なめでした。
広島・大阪・名古屋・福岡・仙台・東京だっけ。

そしてGRAND FINALの東京が・・・・・Zepp Tokyo。会場からどよめきが・・・。
とうとうここまで来たか・・・・。っつーか売り切れないぞ(苦笑)
毎年順調にハコのサイズを大きくしていってますね。
嬉しいような寂しいような、ちょっと複雑な気持ちですね(^^;)

最後に、再びスクリーンが上がって「再会」
この曲は胸に染みたなぁ・・・。
左迅くんの歌が素晴らしかったです。本当に。最後のアカペラのようになる瞬間。
ホントにじ〜んときた。

ギルガメッシュというバンドの成長もそうですけど、左迅くんの成長を見たライブでしたね。
やっぱりボーカルの存在は大きいと改めて思いました。

今日はライブでもあり、ギルガメッシュファン大感謝祭のような感じで
メンバーがらプレゼントをもらったような気がします。
感謝・感謝です。

今後もバンドとして成長していく姿を見せてくれること、
そしてその一瞬一瞬をファンとして共に歩めることを心から願います。

千葉の誇りです。ありがとう!
posted by ろんろ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

1/30 BUG@横浜ドラゴンクラブ

なんだかバタバタで決まった今回のツアー。
9日に新年恒例のライブをやったばかりだし・・・
ちょっとどうなるんだかと思っていました。

今日の横浜、マジで寒いっ!(>_<)
外でOPENを待っている間、本当につらかった・・・。

中に入り、ロッカーの位置が変わっていることに気付く。
ん〜ちょっとドアの近くは通行の妨げかも・・・。

久々にちょっと後ろめでしたが、視界は良好。
どちらかというと、kyoさんよりの下手側って感じかな。
なので、そのあたりだと武はけっこう見えづらい。
まぁ、そうじゃなくてもドラゴンクラブはドラムが見えづらいハコですね。


予定よりちょっと押してたかな。
気になるのは・・・ASAKIさんの衣装です(爆)
妹が体調が優れず参加できなかったので、妹に報告するためにもしっかり見ておかなくては!

TAKASHIさんは、9日も着てた黒のジャケット。
これ、あまりTAKASHIさん似合わないと思うんだけどなぁ・・・(苦笑)

そして、気になるASAKIさんは!!
ふわふわのフードが付いたジャケットです!
これはかなりいいです!どうしたんでしょうか?(笑)
いつものがっかり衣装とは大違いです(笑)

武は黒のノースリーブシャツだったと思います。
kyoさんは・・・・また忘れた(爆)

メンバーが出てきても、私のテンションは正直あまり上がらなかった。
そして気になる1曲目は、意外にも「JESUS CHRIST I LOVE YOU」でした。
いきなりこの曲でくるとは、ひねってますね〜。

2曲目は「Brilliant Metamorphose」
2曲目にこれをもってくるということは、ショートバージョンなんだ・・・と瞬時に思ってしまった自分・・・
聞けた喜びもあるんだけど、ショートバージョンだってことのがっかり感が大きい(苦笑)
案の定ショートバージョンでした・・・。

出だしは音がこもって聞こえて、私は特にベースの音のこもり具合が気になってて、
全体的にも響かないというか、kyoさんの歌もあまり聞こえない瞬間があった。
ギターについては、不明・・・(爆)
ちょっと違和感というか、居心地が悪い感じでしたね〜あの音は。

3曲目が終わったところで、Mr.横浜のMCが。楽しもう的なね。(どこまで省略するんだよ・笑)
曲紹介がまたね〜若干微妙な感じが横浜らしいとも言う(笑)

「Liberty & Dirty」
この曲は最近ずっとチョイスされてる気がする。
このあたりから私のテンションも徐々に上がってきた感じでした。

そしてイントロを聴いて、かなりテンションが上がった「変種」
これは!!これはマジで久しぶりじゃないかな???
これだよこれ!こんな感じで、久々な曲とか聴きたかったんだよ〜〜〜!o(≧▽≦)o
相当これでテンションが急上昇でした!
あ〜楽しいかも!!
気になってたベースの音のこもり具合は解消されつつあるのかも・・・?

立て続けに「DIVE」
おおおおおお〜〜〜〜!!来るね〜今日は!やってくれるね!(笑)
これはもう頭を空っぽにして楽しめる日!!
というか、この2曲のおかげでもう満足してた(爆)
これ以外の曲がさらにサプライズなら言うことないけど、そうじゃなかったとしても
満足するだろうと思いましたね(笑)

新曲も3曲ほど聴けました。
これまた新しい感じですね。雰囲気は、「LOST」系列だけど、また新鮮で。
私も姉も相当ノリノリでしたし、何よりkyoさんの唄がよかったな〜〜
なんだろう、このkyoさんの新鮮さは。
かなり攻撃的だったし、私も久々にkyoさん寄りにいたから、kyoさんの表情もよく見えたし、
ニューアルバムへの期待度も高まりますね!

TAKASHIさんもかなり前にでずっぱりで弾いてましたしね〜
最初はkyoさんも見てたけど、そこからはTAKASHIさんロックオン!!(笑)
かなりかっこよかったな〜あれはもうちょい近くで手元が見たいな。

ふと、上手側を見ると、ASAKIさんが・・・
ジャケットが右側にズレてきてて、鎖骨が〜〜〜(≧▽≦)
汗で光る鎖骨がか〜な〜り〜セクスィーでしたね〜〜
妹に見せたかった・・・・。
これはかなりポイント高い!!みんなが釘付けだったことでしょうね(笑)
AoPの時もそんな感じの時ありますけど、トータルの雰囲気は圧倒的に今日でしょうね。
というわけで、今日のNo.1はASAKIさんです!


新年1発目もやられたので、今回のツアーでも「踊ろうぜ!」と言われやしないかヒヤヒヤしてんのですが、
今回は言われなかった・・・(笑)

「Merry-Go-Round」はかわいいもんですね(笑)

しかし、今日は本当に楽しい!!
何も考えなくて楽しい。これがライブだな〜と改めて思った。
なんか・・・去年の悪夢が嘘のようというかね。(個人的に)

全体的にもいい盛り上がりで、いい雰囲気でライブが進んでたように思います。
メンバーも楽しそうでしたね。
kyoさんからもお褒めの言葉がありましたしね。

今回のセトリを見ても、まぁ、大きくいつもと違うな、って曲は
「変種」と「DIVE」くらいかな、と思いますが、
恒例化してた「Bugnoid」もなかったし、「NO NAME」もなかったし、私的は満足なセトリですね。
あの2曲だけであんだけテンションあげてもらえたし(笑)
懐かしすぎて「変種」はちょっと思い出すのに時間かかったもんね(苦笑)

「Love Sigh」もやったな、そういえば。
これも久々かな〜??
今日は反りプレイなかったな。一時期反ってた時期もあったけど、最近は反りがないので残念です(笑)
このセトリたちが、ツアーをまわってどう変わるか、楽しみですね。
なにより今日は会場の盛り上がりがすごくよかった。

私も全体を楽しめたので、すごく気分がいい。
いつもはかなり下手側TAKASHIさん中心になっちゃうけど、
こうやって全体を楽しむのもいいものですね!
ドラゴンクラブは横幅が狭いから、そういう意味では全体が見やすかったんだろうな。

アンコールでは予想通り「LOVE & PEACE」がラスト。
ま、新年1発目でやらなかったからやるだろうと思ってましたので、これはビンゴでした!
ASAKIさんが下手側まで来てくれたのは、盛り上がった証拠ですね☆

LOFTではS全開だったTAKASHIさんも、今日は普通だったと思います(笑)

とにかくいい汗かいたし、いいライブでしたね。
ツアー初日にふさわしい盛り上がりでした。
いつもは短いなーとか思うんだけど、今日は時間が気にならなかった。
すごく充実してましたね。


うぅ、外に出ると寒さが身に染みる・・・(>_<)
いい汗かかせてもらいました!

次の札幌がギルガメッシュとかぶってしまい、行けないことが残念です・・・・

次は名古屋!
セトリ替えてくるかな?
ちょっと期待。
posted by ろんろ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

凱旋!

ギルガメッシュ.jpg

ギルガメッシュ凱旋公演 市川市文化会館終了!!

楽しすぎたo(≧∇≦)o
posted by ろんろ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。