2010年02月23日

筋肉痛

昨日のライブの筋肉痛が夕方くらいからきました・・・。
完全に歳のせいでしょう(笑)

首と両腕がじわじわ痛いので両腕に湿布貼ったら寒い・・・(笑)
まったく困ったもんだ(苦笑)
posted by ろんろ at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

2/21 ギルガメッシュ@HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3

= 更新予定 =
posted by ろんろ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツアー初日

ギルガメッシュ@さいたま終わりました。
半端ねー汗!
着替えても寒い{{(>_<;)}}

冬のライブはつらい(笑)
とりあえずストレス発散できました!!
愁さんかっこよすぎ!!o(≧∇≦)o
posted by ろんろ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

おめでとう!!

高橋選手銅メダル獲得おめでとうございます!!

4回転ジャンプは転倒してしまったけど、ステップの素晴らしさ、表情の豊かさに胸打たれました〜
本当に銅メダルが取れてよかった!!
高橋選手の笑顔が見れて本当によかった。
トリノからの4年間、山あり谷ありで、決して楽な道のりではなかったでしょうが、
それが報われた瞬間だったでしょう。
もちろん、4回転も決めて、もっともっと上の演技がしたいという意味で、
満足ではないでしょうけれど、
4年前のトリノの自分との決別、そして怪我を乗り越えた高橋選手の、
賞賛の意味もあるでしょう。
長光コーチとの絆にも胸打たれました。
本当におめでとうございました。



リアルタイムで見れたのは、ちょうど昼休みの時にやってた小塚くんの演技でした。
小塚くんって、母性本能くすぐりますね〜本当に応援したくなっちゃう(笑)
今シーズンは、あまり納得のいく演技ができていないように見えてましたが、
オリンピックという舞台で4回転を決めあの姿が本当にたくましく見えました。
オリンピックで、納得の演技ができたことは、今後の宝となるでしょうね。


織田選手は・・・本当に残念でしたね。
オリンピックの舞台で、なぜ・・・と思わずにいられません。
神様は残酷ですね・・・。
でも、これを糧にして、次につなげていってほしいです。
彼のジャンプのランディングの流れは本当に美しいですから。


しかし、4回転論が物議をかもしていますね。
プルシェンコが、あれこれ言いたくなるのも分かる。
ただ、あの態度はいかがなものかと・・・・。

4回転を成功させたプルシェンコが銀メダル。
4回転以外の部分が、なんだか雑に見えてしまったのは私だけでしょうか。
4回転を入れずに完璧な演技をしたライサチェック。
この大舞台で、完璧に演技をするのは大変なことですよね。

今回の演技の出来だけでいうなら、妥当な結果なんじゃないですかね。

4回転を決めて、演技も完璧だったら、有無を言わさずプルシェンコが金メダルで、
こんなことにはならなかったのに・・・・と思ってしまいますが。

あれこれ4回転を入れたとか入れないとか言うのであれば、完璧な演技であってほしかった、と
私は思います。

いずれにしても、完璧に演技をして金メダルを獲得したライサチェックを祝福しましょう。
素晴らしかったですから。

ただ、上を目指そうと演技する選手を認めるというか、
大技にチャレンジする選手に対し、評価する点があったらいいのに、と思います。
そうしなければ、プルシェンコの言うように、男子フィギュアの未来は見えないかもしれませんね。

今後もこの論争は続いていくことでしょう。


さて、女子フィギュアも楽しみだ!

その前にスキー・ジャンプ!!
葛西選手を応援しまっせー!!
posted by ろんろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/14 Valentine D.C.@新宿Marble

2/14は、特別な日。
Valentine D.C.のファンにとっては。

私が前回に行ったライブから半年以上が過ぎた。
ライブに行って楽しみたいという気持ちがもてそうになかったから、ライブがあっても行かなかった。

またあの日と同じ気持ちになるのでは?という恐怖にも似た気持ちと、
今度こそは大丈夫かもしれない、という気持ちのせめぎあい。

私は、2/14という特別な日であることと、期待する気持ちを選んだ。

1年ぶりに、友人を誘って行きました。

そんなに早く行ったわけではないのですが、自分的によく見える位置を確保できました。

それほど時間は押さずにスタート。

1曲めは・・・なんだっけ・・?あ、「ペンキ爆弾」!
1曲目にこれって、現役時代だってなかったのにな。1曲目からこの曲でもいまいち盛り上がりに欠けた。
序盤は、珍しい曲のオンパレードだった気が。
「BRAIN GAME」とか「空想世界」とか・・・
正直イントロを聴いても、「この曲なんだっけ??」とポカンとしてしまった感じです。(苦笑)
だって、「BRAIN GAME」って私、ライブで1回も聴いたことないかも。
「扉」「DIGEST」も、あまりにご無沙汰でした・・・・

馴れ合いじゃない選曲という意味では、そういうところを狙ったのかな、とも思えますが・・・
ちょっと聴き馴染みがなさすぎた感じですかね・・・・(苦笑)


難しいですね、選曲って。
ん〜全体的な流れを考えると、ちょっと曲順がイマイチというか、
なんか、盛り上がりきれないもどかしさを感じました。
聴きたい曲なんだろう?って改めて考えたけど、
私の気持ちが冷めているからか、そこまで聴きたい曲がなかったんですよね。正直。
だから、何を聴いてもあまりピンとこなかった。

ただ、やっぱりどこか期待しているから、最初の方は私の気持ちも張ってたし、
「楽しみたい!」っていう気持ちがあったから、気持ちは前向きでした。
だから、最初の方は、けっこう熱かったです、自分自身。

でも・・・やっぱり途中で私の気持ちが切れた。
MCが長すぎる。
しかも、つまらない・・・というか、ライブの中にあるMCじゃないと思った。
ダラダラダラダラいつまで経っても終わらないMC。
最初は普通に聞いてたけど・・・MCがあることによって、音楽に対する気持ちが切れるんです。
じゃ、ついでに音楽やるか、みたいに思えてしまって。

近況を話したり、音楽と関係ないことを話すことが悪いんじゃないんですよ。
全然他のライブでもあることだし。

でも・・・音楽が二の次になるというか、音楽を前提としたライブの流れ、一体感が感じられない
空間に耐えられない。だんだんテンションが下がっていくのが分かる。
期待しているものはそこにはないんだと改めて知らされる。

メンバーが違えど、Valentine D.C.として活動しているのなら、
やっぱり昔のように熱いライブを求めるわけです。
なんか・・・同好会みたいな空気が私にはどうしても受け入れられない。
メンバーが本気じゃないとは思ってません。
ただ・・・プロ意識がないっていうか、一言でいえばそんな感じ。
MCが長くなっても、「みんな、これ期待してるでしょ?そうじゃない人は来てないよ」っていう
Ken-ichiさんの発言。本当にがっかりさせられた。
会場に来てる人は本当にそうなのかな??
私みたいに感じてる人はいないのかな?
私は音楽が聴きたくて来てる。

MCが長いだけで、大げさだと思われるかもしれないけど・・・
MCが長いだけじゃないんです。
音楽的にも、満足できないんですよ。
正直、今のValentine D.C.の良いところを見つけられない。苦しい。

「STARS」と曲紹介された時、すごくうれしかった。好きな曲だから。
全体しては、悪くないけど・・・なんだかKen-ichiさんの声が聞こえづらい。
バラードは、Ken-ichiさんの真骨頂なんだから、もっと圧倒的な強さが欲しかった。


TSUKIくんのドラム、だんだん良くなってきてるとは思うんですよ。
でも、やっぱり受け入れられない自分がいるんです。
特に「追い風」は。何度聴いても違和感が沸いてくる。
やっぱり技術的にはどうしてもまだまだですよね。あの走りっぷりとか、
Junさんのとコンビネーションとか。


そしてサポートギターの榮冶くん。
あのメガネはなぁ・・・Valentine D.C.のようなタイプのライブには合わない。
サポートだからクールに弾いてるのか。
彼のスタイルが分からないからなんとも言えないんですけど、
彼から「熱さ」が感じられない。バンドをやってる一体感が見えない。
フロントにいながらにして、ただのバックバンドに見えてしまう。
サポートだから求めてはいけないのかな?
私は普段、ほぼベース中心にしか聴いてないし、ライブでも見ているのもベースとドラムなんですが、
彼を見てると、逆にギターの重要性を感じてしまいます・・・


最もがっかりした瞬間は、MCでグダグダ喋り続けて、
JunさんがKen-ichiさんに「そんなに喋って、次の曲大丈夫なん?」って言った時、
Ken-ichiさんは「大丈夫!」って答えたんですよね。
そして始まったのが「ダストシュート」
途中で歌詞を飛ばしてました。
これで、私の気持ちは完全にシャッター下りました。
あぁ、終わったな・・・って感じた瞬間。

私の原点であるKen-ichiさんの唄。
そこにもう見切りがついてしまった瞬間だった。
あんなに心がヒリヒリさせられて、熱くさせられて、
永遠に私の中で輝き続けると思ったものが、そうじゃなかったと悟った瞬間。


厳しい見方だと言われたら、それまでだけど・・・
私はタダで見に行ってるわけじゃない。

私は今でも他のバンドのライブを見に行っているので、
熱くなるライブもたくさんある。これこそプロだなって思える演奏も聴けてる。
だから、比較しちゃうんですよ。
上手下手で言ってるんじゃないんです。
「空間」「世界観」を求めてるんです。

そこがなんら日常と変わらないなら、求めない。


たぶんこれからも、こういうライブを展開していくんだろうと思います。
それが楽しいと思えるファンが集まるから、ずっとライブはそこそこ続けられるでしょう。
私はあの空間に行く楽しみが見つけられないし、ゆるい空気に対しての違和感が消えないので
もうValentine D.C.のライブには行かないだろうと思います。

葛藤でした。ずっと。
「好きでいたい」という気持ちと「こんなはずじゃない」と思う気持ち。
次こそは、と思っても、違う。
大切だと思うからこその、葛藤がつらかった。


今後Valentine D.C.がどこに進むのか見えないんです。
どういう風にうやっていきたいのか。
確かに今後、劇的に売れたりすることがあるとは思えない。
でも、過去の栄光だけでやっていくには厳しすぎる。
だって、過去とは違うんだもん。
じゃぁ、進化してるのか?と思うと、そういう様子は感じない。
新曲も聴けて、悪くない印象は持ってます。
ただ・・・その新曲たちが活きる雰囲気がバンド全体から感じられないのが残念でなりません。
あの新曲の世界観をもっとバンドそのものからかもし出せたらいいのに。


やっぱりねじれた糸はほどけない。
もうあの一体感を味わうことができないと思うと、寂しさもあります。

今後も頑張って欲しいと思っています。
いつか、また見に行く機会があればいいと思う。対バンとかで。

もう、全然いいことが書けそうにないです。
悪いのは彼らだけじゃない。
私も変わったんでしょう。あの頃の私ではないから。
そしてライブに対する準備が私自身足りなかったのかもしれません。


葛藤と慟哭。
そんなバレンタインデーの夜。
posted by ろんろ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

笑顔で

いよいよフィギュア男子フリーですね。

SPで素晴らしい演技だった高橋選手。
どうかフリーも、自分のために、自分が納得できる演技をして欲しいです。

自分のために滑ってください。
笑顔で終われるように!

もちろん小塚選手も織田選手も!

さて、会社行くか!
posted by ろんろ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

グリーン車

2日間の本社研修が終わりました。
正直頭の中が疲れ果ててぐったり・・・。

都内に2泊したので荷物も多く、ラッシュアワーにもかぶっていたので
自分にご褒美。グリーン車に乗りました。

あぁ快適。混んでないって素晴らしい。
しかしグリーン車に乗ると乗車券と合わせて、普通の運賃の2倍くらいするから、
本当にご褒美の時以外は無理だな(苦笑)

いやはや疲れた〜。明日からまた普通の生活。
しかし都会のラッシュは大変だ(´〜`;)
いつもラッシュと逆方向出勤で、ラッシュにまみれたことがないから、余計にそう思うわ〜。

とりあえず帰宅したら洗濯。
そして今夜雪が積もらないことを祈ります。
posted by ろんろ at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

暗黒のバレンタイン

今日、半年以上ぶりに、Valentine D.C.のライブに行ってきた。

今日は一人じゃないし、もしかしたら前よりいいライブをしてくれるかも、という期待を込めて。


しかし・・・期待は裏切られるものです。

今回は大丈夫かも、という淡い期待とは裏腹に、同じことの繰り返し。

せっかくの思い出までが塗り潰されてしまう。


彼らはどの方向に進みたいのか分からない。

音楽で、私たちを圧倒してほしい。

ただそれだけ。


「ダストシュート」でken-ichiさんが歌詞を飛ばした瞬間、何かが私の中で切れた。

歌えないなら、その前にクダグダなMCするなよ!!
自分で大丈夫って言ったんだよね?


自分が最も影響を受けたボーカリストの一人だし、こんな風に思いたくないけど・・・正直ガッカリ。

私自身どうしていいか分かりません。
もう、「次」はないのかも・・・。
そう思って、でも次こそはと思っての繰り返し。

今日も最初はよかったんですが・・・長いMCに疲れ、歌詞が出てこないことテンションが下がり・・・

でも隣の人に迷惑かな、と思って、なるべく普通を心掛けようと思いましたが・・・。

昔の思い出が甦ってきて泣きそうになりました。
やっぱ「追い風」はいつまで経っても武のドラムのイメージが消えないな。


詳しく書く気になるか分かりませんが、今日はここまで。

明日からの本社研修のために、都内に泊まっています。
明日の研修も、もとからテンション上がらない内容なのに、さらに憂鬱です・・・
posted by ろんろ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来日だ!!と思ったら・・・

私・・・・今知りました。

BACKYARD BABIESが来日することを!!
1月末に発表されてたらしいんですけど・・・
チェック漏れてたわ・・・・なんてこったい!!

プレイガイドチェックしたら、チケットあるやん!!
これは行かないと!と思ったら・・・・

無期限活動停止って・・・・ショックすぎ!!!!
(しかも、去年発表されてたのに気付かなかった・・・さらにショック)

そして東京公演はなぜ、なぜ平日・・・・orz
くぅ・・・半休とって行くべきか!?
しかし、1人で行くのもつまらんな〜。
でも、これが最後になったら・・・と思うと切ない。

あぁ・・・なんだかな〜〜


posted by ろんろ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

いよいよオリンピック

いよいよバンクーバーオリンピックが開幕しますね!!
時差を考えると、ちょうどいい時間にリアルタイムで見られないのが
ちょっと残念ですが・・・。


やっぱり私はなんと言っても、スキー・ジャンプの葛西紀明選手を応援しています!
って、同じことをトリノオリンピックの時も言ってましたが(笑)
私は葛西選手が高校生の頃から応援してますので、かれこれ20年・・・(笑)
その頃、初めてジャンプという競技に興味を持ったのですが、
それは東選手や、葛西選手という、高校生選手が活躍していたからでした。
子供ながらに「かっこいい!!」と、憧れたものです。
いやはや、それから6回目のオリンピックですか〜。
時が経つのは早いですね。
ここまでも山あり谷ありの競技生活だったと思いますが、
悔いのないジャンプをして欲しいです。
頑張れ!神風・葛西!


もうひとつ・・・今、話題になっているのは、スノボの國母選手の服装。
ちょっと騒ぎすぎじゃないですかね??
私個人としては、かっこいいとは思いませんけど、
後から注意するなら、だったら最初から注意すればいい。
子供じゃないんだから選手村への入村式参加を自粛させるほど!?
こんなやり方は、選手の精神的なコンディションに影響しないか心配です。

国母選手は、ぜひとも成績を残して、こういう批判を黙らせて欲しいですね。
結局は、実力が全てですから。
成績を残せば、マスコミも手のひらを返したようになるんだろうな。
まぁ、確かにきちんとしてる方がスマートに見えますけどね・・・。

なんだか朝青龍の横綱としての品格問題から、
こういうスタイルの部分に対して、過剰なほどの反応のような気がしますね。
ま、朝青龍の品格は、大いに問題だったと思いますけど。

いずれににしても、選手のみなさんには、4年間の集大成として、
力を出し切ってほしいですね。

さ、これから楽しく睡眠不足な日々になりそうです!!
posted by ろんろ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

月曜から・・・

月曜から12時間労働は、身体はきつくないけど、精神的に参る・・・
希望より1時間半も遅い。明日は・・・21時には会社出たいな・・・。
でも今週は祝日あるし、来週のうち2日間は本社研修だから、仕事がまるっきりできない。
そのぶんいつかやらなきゃいけない。
明日も午後に4時間も研修・・・。
その分残業して仕事するんだから、意味あるの?!
posted by ろんろ at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見終わった〜!!

夏に撮りためていた韓国ドラマ「憎くても可愛くても」全86話をようやく全部見終わった・・・。
長かった・・・ホントに。
同じことを繰り返してるように見えなくもなかったけど(笑)、
続きが気になって仕方ないホームドラマでした。

数々の事件が起きたけど、万事うまく収まって、めでたしめでたしなんですが、
その後どうなるんだろうと思って、86話もあったのに、さらに続きがあればいいのにと思ってしまった(笑)
いやはや86話はマジで長かったけど・・・。
最初のうちは、なかなか見るペースがあがらないから、
HDDがいっぱいになって他のドラマを録画するのも一苦労だったけど、
ハマってくると案外早かったな。
これでようやく落ち着くわ〜。
「見なきゃ」っていう強迫観念から抜けだせる(笑)
しかし次々と新しいドラマも始まりますし。

気付いたら「カインとアベル」が始まってて、最初の3話見逃した・・・orz

今、ドラマで面白いのは「エデンの東」と「善徳女王」くらいかな。

かなりネタ的に尽きてきた感はありますが・・・
今後も韓国ドラマ熱は続く・・・でしょう(笑)
posted by ろんろ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

1/31 ギルガメッシュ@新木場COAST

アルバム発売を記念して、ギルガメッシュがCOASTです。
いやはや・・・どんどんキャパが大きくなっていきますね〜
まさかCOASTとは。

今日はそれほど寒くなかったので、オープンまで半袖でもつらくなかった。
心配なのは、むしろツアー初日のさいたまの方だね(苦笑)

7月のKenライブ以来のCOASTです。
やっぱり横に広い分、そんなに番号がよくなくてもいい位置までいけますね。
もちろん下手側前方の端の方。
愁さんもЯyoくんもよく見える。弐さんも大丈夫そう。

オープンからスタートまで1時間なんですが、
なぜBUG@LIQUIDの時とこうも時間の流れる速さが違うんだろう・・・(笑)
BUGの時は、時計を見ても3分しか進んでなかったことが何度あったことか・・・(笑)

時間的には少しおしてから始まりました。5分くらいだったかな。
スタート時間前にも、中央付近では、ずずっと押しがあったんですよね。
暗転して、第2の波。


「bit crash」「NO MUSIC NO REASON」「BEAST」と新しいアルバムから立て続けに3曲。
幕開けにふさわしい並びだな〜と思いました。
でも・・・私は全然ライブに集中できなかった。
なぜなら・・・私の近くにいた集団がね・・・ライブ前から自分たちしか見えてない的な集団で。
ライブが始まったら、身内だけで楽しんでる感じで、まったく周りを見てないんですよ。
ま、ステージも見てない感じだったけど。
その集団のせいで、集中できなくて、楽しめなかったことが悔やまれる。
アルバムが発売されてからは、私は初めてのライブだったこともあるのかな、と思いつつ。
「BEAST」は好きな曲だから、集中して楽しまなきゃ!と思ったんだけどね・・・・。

「NITORO'09」かなりいい感じだったので、テンションは徐々に上がってきた感じかも。

でも・・・次の「ALIVE」が正直あまり好きじゃないので、うう〜って感じで
テンションの上下に四苦八苦・・・。
なんか・・・自分の気持ちのせいなのか、会場の大きさのせいなのか
会場の一体感はまだ感じられない。
やっぱいわゆる新しいアルバムの曲のノリどころを探してる感じとでもいいうのかなぁ。

メンバーはよく動いてましたね。
下手側の端の方まで弐くんも来てくれてましたしね。
よく考えたら、今まであまり弐くんを近くで見たこと無かったな〜改めて思った(笑)


ライブ定番とも言える「CRAZY-FLAG」「Dance Rock Night」の2曲が始まって、
ようやく会場の一体感が出てきた感じでしたね。
「BORDER」も好きだし、よかったな〜この流れ。
このあたりでモッシュがよくやく広がってきた感じだったかな〜あまり記憶にないんだけど。
前半全然集中できなくて、気持ちがあがってなかったけど、このゾーンで一気に気持ちが上がりました。
いやぁ〜熱い熱い。
下手側の端にいたはずが、モッシュで流れて、けっこう中央に寄っていた気がする。
かといって、愁さん正面にまではいたりませんが。
あの身内だけで楽しんでいる集団からは自然と離れたので、その後は気分を害することはなかったです。


熱いと思っていると、ここからは聴かせゾーン。曲順忘れたけど・・・
「nobody」「I think I can fly」「睡蓮」
きたね!!きたね!!聴かせゾーン大好き。
聴かせゾーンなんだけど、ここはやっぱり愁さんに大注目でした。
もちろん左迅くんの唄もいいんだけど、やっぱね、愁さんのリズムの取り方、
弾き方は要チェックですからね〜!!
「睡蓮」のベースは私のツボなので、目が離せない!!
しかし、「睡蓮」は、アルバムバージョンじゃなかったのかな?
もっとシンバルの音聴こえるかな〜と思って、Яyoくんにも注目してたんですが、
耳にはっきりつくような感じじゃなかったから、シングルバージョンかと推測。
どうなんだろう、実際のところ。
この曲は愁さんのコーラスも見所ですからね!!素敵だな〜♪
しかし、ステージの後方のスクリーンに睡蓮の画像が映るのは
イマイチな気がした・・・(苦笑)


恒例の愁さんのMCはどのあたりに入ってたっけなぁ〜。
またもや胸を熱くさせてくれるMCでした。
俺たちはみんなを引っ張っていくっていう言葉。
毎回毎回じーんとさせてくれる。
愁さんだから直に心に響くんだろうな。

他にもいろいろ言ってたんだけど、すっかり記憶がありません・・・orz
「男ー!!!」「女ー!!」と煽ったかと思えば「80歳ー!!!」って(笑)
爆笑しちゃったよ〜〜!!
愁さんって本当に素敵です。

聴かせるゾーンから「DIRTY STORY」
ここね〜テンションがググッと一気に上がるべきところなんだろうけど、
上がりきれなかった〜もったいない!!
イントロから考えても、盛り上がる流れの中で行った方がもっと盛り上がる気がするな〜。

気持ちの盛り上げの背中を押したのが「smash!!」でしたね。
モッシュ!!モッシュ!!で、自分のテンションも会場のテンションも加速した感じですね。
1月は仕事がMAX忙しくて、ストレスがたまりにたまってたから、それが爆発した感があります(笑)

「BREAK DOWN」は、私の予想ではやらないと思ってたので、予想外だったな〜。
次の「driving time」は、聴きたくて聴きたくてたまらなかった曲だったから、テンション上がりましたね。
これ、愁さんのスラップが聴き所ですから!!
イントロ聴いただけで、テンション急上昇だったもん(≧▽≦)
この曲はデカイです、私の中で。
でもね〜やっぱり正面じゃないだけに、手元まではっきり見えなかったのが残念〜
これ、じっくり弾いてる手元が見たい!!
そんで、もうちょっと小さいハコで聴くとどうなるのか気になるところ。
もっともっとスラップがダイレクトに聴こえてくれば、
テンションが激上がりになるだろうな〜(笑)
妄想だけでもテンション上がりそう(笑)

そして本編ラストは「arrow」
これが・・・私の中では、イマイチだった・・・。
アルバムの中でも、すっきり消化できない曲なんですよね。
HPでアルバムの曲を試聴してた時には、すごい期待大というか、かなり印象のいい曲だったんですけど、
改めてアルバムを手にして聴いてみて、すっと耳に入ってこない。
多分、私が引っかかっているのはドラムなんだろうな。

初めてライブで聴いてみて、音源とも違う印象を持って、またそれがいい印象だったらよかったんですが
なんか、キレがないというか、なんかこう、もったりした印象になってしまったのでそれが残念だな〜。
この違和感は、ツアーが進んでいくうちに解消されるのかな・・・
といっても、私がツアーで行くのは、初日のさいたまだからな・・・(苦笑)
本編ラストとしては、ちょっとスッキリしない終わりでした。


アンコールでも、相変わらずジャケット着たままでした。
いやはや見上げた根性ですよ、これ。相当暑いだろうな〜〜。
サウナスーツ着てリハをやり続けただけありますね(笑)
「GOKU」「お前に捧げる醜い声」
この選曲いいですね〜〜。
「お前に捧げる醜い声」でも、モッシュの嵐!!モッシュ万歳!!
ギルガメッシュのライブで、ここまでモッシュに積極的に参加するのって久々だな。
やっぱりストレス溜まってたんだな(笑)
もっとキレられた気もするけど、それはさいたまへお預けで・・・(笑)


ダブルアンコールありまして
「evolution」の時だったかな〜紙テープの特効あったの。忘れました(笑)
ここまでくると、かなり体力的にへばってたもんで・・・(苦笑)
私はアンコール1回目で燃え尽きてたのかもしれません・・・・。

そしてお馴染み「shining」
これを聴くと、ああ、ライブが終わるんだなって気になりますね・・・。
そして、ギルガメッシュとしての「意思」のようなものを感じるんですよね。
これからも歩む道がはっきり見えているというような・・・

そして本当に最後が「crying rain」
聴かせるゾーンでやらなかったので、きっとラストだろうと思ってました。
残念なのが・・・左迅くんは声出てなかったこと。
声が出ていようが出ていなかろうが、伝わるものは伝わるんですけど・・・。
もったいなかった気がして。
正直な気持ちとして、もっと聴かせて欲しかった。
このメロと歌詞の切なさが胸に響く曲だから。

これだけの曲を歌ったラストだからね、声が出なくなるのも仕方ないんだけど。
だったら、なりふりかまわず歌う、その気迫が欲しかったかもしれません。
左迅くんはどちらかというと、クールなボーカリストだもんな。
敢えて感情を抑えて歌う場合もあるし、一概に言えないけど・・・
この日の私には、少し物足りなかったかもしれない。
でも、この曲はやっぱりいい曲だと改めて思いました。
愁さんのベースの音、めっちゃ響いてました。腹の底まで響いたもんな(笑)

この曲ですべて終了。
またアンコールの声がかかってましたけど、私は「crying rain」をやったなら
次はないと思います。
あの世界観を壊してしまうから。
アンコールを求めたい気持ちもよく分かるけど・・・
私は全体の余韻を大事にしたいと思う方なので。
まぁ暴れ足りないって思う人はいるかもしれませんね。その気持ちも理解できるし。
でも、この終わりでよかったんでしょう。


アルバム発売を記念してのこのライブ。
ツアーに向けての1ステップになったこととに間違いない。
このツアーで、アルバムの1曲1曲が揉まれて、成長するでしょう。
初日しかいけないのが本当に残念だ〜〜〜〜!!
どこか昔の曲に頼ってる感が否めないんですけどね・・・
そういう中で消化して、いい曲になっていくんだろうな。

久しぶりにいい汗かかせてもらいました。
ライブで聴いてみて、また音源の捉え方が少し変わりそうかも。
さいたままで、また聴き込み開始!!
posted by ろんろ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

残業グセ?

最高潮に忙しかった1月を乗り切ったはずなのに、
なかなか残業モードから抜けられない・・・。

1日24時間では足りないコースになってしまう(´〜`;)
こんな調子だから、ギルガメッシュのライブについてもアップできない・・・。
早く週末来い!

早く引っ越し準備したい・・・。

そういや2/14のVDCのライブどうしようかな〜。まだ決めきれないわ〜(苦笑)
posted by ろんろ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。