2009年09月27日

9/26 acalli@渋谷La.mama

本日2本目のライブ。
GUILTYからラママは近くていいですな。
しかし、またこうやってラママとご縁ができるとは・・・不思議なものです(笑)

なんか・・・ライブが始まる前の空気が、なんとなくacalliのライブらしくない感じ。
やっぱ・・・アウェーだからかな・・・?
最近acalliは7thで見ることが多かったからかな?

さ、今日の1曲目は「naive」
この曲は、静かに熱い感じがある曲で好きなのですが・・
今日は、ぎこちない空気を和らげるにはちょっとキツイかも。
イベントだと特にそんな気がしてしまう。悪いとかじゃないんです。
1曲目か・・・・これが7thだったら違ったのかな。
どちらかというと、聴きこんじゃうからね・・・・。


2曲目は「watch me」
何かを振り払うような感じで、章人さんの煽りについていく。
やっぱりこの曲は、テンションが上がるな。戦闘体勢にはいる、みたいな。
ベースがね、いいんですよね。私はあのベースに気持ちが煽られる。
しかし、ラママは上手側から下手側が非常に遠く感じるので、
グッチーさんのお姿確認できません(笑)
ふと視界にロバ矢崎が入った。
あの髪型どうなんだ・・・・と思ったのは私だけ?
この前本八幡で見かけた時とは別人にみえました(笑)

3曲目「fake Pill」
私は、この曲がリメイクされてから、どこか違和感が消えなくて・・・・
今日のグッチーさんのイントロの音、好きじゃないな・・・(苦笑)
気持ちがイマイチついていかない。「watch me」の気持ちが続かない。
それと、なんかいつもと違うように感じちゃうんだよね。ファンが。
これは、私のいた位置のせいなのかな〜と思ったりもする。
どこかイキきれないもどかしさを感じてしまった。

いや、acalliファンはアウェーになると燃える人ばっかりだから、ここから火がつくか!?

私は次の「ハモン」で、何かが弾けました。
やってやろーじゃないのよ、的な。
モヤモヤした現状打破!!みたいな。
自分のいた位置からは、なんとなくステージが遠くて、
メンバー1人1人の動きはあまり見えなかったけど、それが問題じゃない。
自分自身だな、って思って。
さっきGUILTYで感情移入して泣いて疲れて、どこか放心状態だったのが、ここでスイッチ入った。
この曲が終わったら、相当息切れたもん(笑)
雄二さんのギターにテンション上がりまくった!!

次は「たまゆら」
この曲は、前回の7thで披露されて、2回目かな?
曲は爽やかな疾走感のある曲で、好きなんだけど、
私も含め、ファンはまだ消化しきれてない感があって、それが出てたような気がする。
曲自体が「ハモン」とか、「Watch me」みたいに、跳んだり跳ねたりする曲じゃないから、
それだけは推し量れないんだけど・・・・
なんか、記憶を甦らせてる間に曲が終わってしまうような感じだったかも。

でも、次の「リアリティ」は、みんながひとつになってたように見えた。
私自身もいつも以上にこの曲の存在感を感じました。
この曲に引っ張られたな。

しかし、ここまでの印象として、どこかアウェーに力を出し切れないファンを
いつものように、自分たちらしく盛り上がろうと導いてくれている
章人さん、という印象だったかも。

気付けば「ラスト!」と言われ、「え!?もう終わり?!」と思うのは、
ワンマンに慣れてしまってるからか・・・・それとも、今日のもどかしさのせいか・・・。
ラストは「can't you hurt me?」
来たよ!来たよ!はっちゃけきるしかない!
私、いつも以上に叫んでました。スコーン!って突き抜けた(笑)
グツグツ気持ち沸騰寸前です。
なんか・・・・どこか探りあいながらみんな、一応回ってたよね(笑)
下手側の方はそんなことなかったのかな??

私は体力使い果たした・・・・GUILTYで吸い取られた気持ちをなんとか甦らせたから、
ワンマンに比べて曲数少ないのに、体力消耗度は高かった・・・。

あぁ・・・終わってしまった。
体力の消耗度に比べて、気持ちが満足してない。
「まだまだ!」っていう気持ちがフツフツとわいてくる。
アンコールがかかる。やっぱり期待してる。

出てきた章人さんが言った言葉
「俺たちらしくいこう」

そして始まった曲は「Universe」
なんか、ふと肩に入っていた力が抜けた気がする。
やっぱりこの曲の優しい強さが好きだ。
揺るがない芯の強さ。私たちは、その揺るがないものの周りを囲んでる。
みんながその揺るぎないものから放たれる光に包まれてる。
そんな気持ちになる曲です。
やっぱりこの曲っていいなぁ・・・。
この曲の好きなベースフレーズのところは、いつもグッチーさんを見るのですが、
今日は章人さんとモロ被りで見えませんでした(笑)

そうそう、今日のグッチーさんと言えば、
何の曲だったか・・・・弾く体勢おかしくねーか?と思ってみてたら、
ローディーがベースに何かやってるんですよ。
音は出てるから、シールドが抜けたわけじゃなさそう。
ま、まさかストラップはずれたか、切れたか、ピンが抜けたか?(笑)

笑い事じゃないんですが、
私はラママで下手側の人のストラップ関連トラブルを目撃したのが3回目です(笑)
他のハコでストラップ関連のトラブルは、見たこと無い。
ラママはいつも下手側限定。どうしてでしょうね〜(苦笑)
姉と一緒に「また!?」と言ってしまった(笑)
前回は、何を隠そう、昨年末のロバ矢崎のトラブルでした(爆)

ま、それはさておいて、ラストは
「無いものねだりの捨て身のロックンロール」という章人さんの言葉で、「パズル」
捨て身ですよ、私(笑)
渾身の力を振り絞り、全力出し切りました。
最初のアウェーな気持ちが、昇華した。
今さらなのかもしれないけど、私は、もっと聴きたかった。
だから今こそ「SPIN」聴きたかった・・・・。

私も姉もアンコールかけてみたけど、みんなはそうでもなかったのか・・・・・。
静かに終わった。

なんだろう・・・・この気持ち。
身体は座りこむほどに疲れ果ててたんだけど、気持ちは終わってなかった。
だから・・・なんかちょっと消化不良気味・・・。
もっといけた気がして・・・。
しかし、体力的には、汗だくのグダグダ。明日絶対両足筋肉痛・・・(笑)

今日は気持ちが忙しかったから、疲れた・・・。
3日間でライブ4本・・・頑張ったな、私(笑)

acalliの次回のライブは、11月。
それまで英気を養おう。
posted by ろんろ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/25 BUG@渋谷BOXX THE CHAOS 06-09

boxx.jpg

BUG 2daysの2日目。
なんか妙に今日安心感があるというか、期待度が昨日より高くなったのは、
昨日のライブのせいだな(笑)

私を含め、多くの人が初日の方を期待していたはず。
それがいつもやってる曲が多くてけっこう肩透かしだったから、逆に定番曲がない分、
今日はどうなるんだ?みたいな妙な期待があった。

今日も10分弱おしてスタートでした。

今日はTAKASHIさん正面あたり。
それほど前ではないけど、そこそこ手元まで見える感じ。

さて、今日のTAKASHIさんの衣装は、
帽子と黒のTシャツ(昨日とは違う)に、kenツアーで着ていた、半袖のジャケット。
武はいつもと違う!!(笑)
白のノースリーブのシャツ?にネクタイをシャツの衿を通さずにしてました。
あれ・・・若干微妙?(笑)
ASAKIさんは・・・黒のTシャツに帽子とサングラス。
kyoさんは、胸元が大きく開いた、長袖のカットソー??に巻物。
初っ端から、えらい胸元開きすぎてて、ありゃーkyoさんファンは興奮でしょうね(笑)

期待の1曲目は『Judas』。
この曲はライブの空気が締まる感じがするし、高揚感があって好きです。
1曲目からTAKASHIさんが激しくて、ウハウハでした(笑)

2曲目は『KISS ME KILL ME KISS ME』。
この曲は、初めて聴いた当初より、だんだん好きになった曲。
珍しく(笑)、ギターフレーズが好きな部分があって、
その時ばかりはTAKASHIさんよりASAKIさんを見ますが、
その部分は実はベースフレーズも好きで、どこ見たらええねん!という状況(笑)
このフレーズ弾いてる時のTAKASHIさんの肩の動きが萌えポイントです(笑)

そして3曲目、期待していた『Brilliant Metamorphose』だー!!o(≧▽≦)o
今日はこの流れなら、私が熱望、切望してやまない、フルバージョンが聴けるか?!と
テンション右肩上がり(笑)胸が高鳴ります。
もうね、この曲はTAKASHIさんのベースが・・・かっこ良すぎますでしょ(笑)
気付いたら、TAKASHIさん見ながらにやけてたもん(笑)
弾き方も、フレーズも大人の色気全開だわ〜o(≧∇≦)o
そして、気になる曲のバージョンはといいますと・・・
ショートバージョンかと思いきや、フルバージョンだ〜〜〜!!ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
曲の途中でありながら、『ひゃあ〜!!』って言ったもんね(笑)
祝砲を上げたいくらいに満たされた・・・私は(笑)
もう、これを聴けただけで、今日来た価値があったと思いました。
抑圧されていた欲望が満たされるから、喜びもひとしおです(笑)
他の曲がどうであれ、これが聴けたなら、全てよし、的な(笑)
あぁ〜毎回ずっとこのバージョンでやってください(*・人・*)
これが今日の第一の山場でした!!

今日は「THE CHAOS 06-09」ってことですが、
『BIORED』は、どうやら今日のくくりのようです。(って、kyoさん昨日のMCで言ってたんですよね・笑)
ってことは、アレやアレも、期待してもいいのかしら〜??なんて、妄想は膨らむばかり(笑)

ここ最近は、『Seele Blume』からの曲をあまり聴けてない感じだったので、
今日はそれも期待してました。
その中から久しぶりに聴けたのが『DIVE』と『MODERN Blackhole』!
あ〜〜〜『DIVE』久しぶり過ぎる!!!これは相当ご無沙汰でしたね。
これを聴くと、当時のツアーの風景が甦るなぁ〜。
そして『MODERN Blackhole』のTAKASHIさんヤバ過ぎるんですけど!!
リリース当時のツアーでは、もっとクールに弾いてたと思うんですが、
今回は、大人の色気全開に攻める、攻める(笑)こちらとしては極楽です(笑)
途中の音色も違ってたな。
右手をはっきり見れなかったので、断言できませんが、弾き方も違うんじゃないのかなぁ?
あ〜今日こそ全体が見れる位置だったら・・・と思ってしまうわ〜(苦笑)
これは相当、ポイント高い曲でした。

今日はね・・・前半だけでも相当印象度が高い。
それくらいTAKASHIさんってば、今日は激しく弾いてたな〜。大人の色気にノックアウトでした!
かなり興奮しちゃいましたから〜o(≧∇≦)o
あれだけ激しいプレイを見せつけられたら、クールなウォーキングプレイのあのお方も敵いません(爆)

kyoさんもMCで、『昨日は昔の曲をやったけど、けっこういつもやってる曲が多くて、
なんなら今日の方が、いつもの曲もないし、妙な緊張感がある』みたいなことを言ってました。
だよな〜(笑)
本当に今日の方が貴重でしょうね(苦笑)

そして、これこそが本当の久々!
『HERO』
これは感動だったな〜〜。一時期はけっこう聴いてたと思うけど、ここ1〜2年はやってない気がする。
この曲を歌うkyoさんは素敵ですね。本当に。

予想外の『I WANT YOU』は、TAKASHIさんベースを思い切り1フレーズ間違えてましたね(笑)
本人も「あちゃー(笑)」って顔してた(笑)

そして、私が熱望していた『(You are)MY PLEASURE』きた〜〜〜〜〜〜!!!o(≧▽≦)o
これ、聴きたくて聴きたくてたまらなかったんですよね。
この曲はそこまでご無沙汰ではありませんが、この曲の高揚感がたまらないんです。
私の中のBUGのテンションが高まる曲ランキング1、2位を争います。
底辺からうねるような感じで、ジワジワと気持ちが昂っていって、
ベースにスポットが当たる瞬間に第一の頂点がきて、
その後も最後のkyoさんとASAKIさんのハモリのフレーズに向けて、
ラストスパートのように、すべてが高まっていく。
あ〜もうね、思い出すだけで興奮てゾクゾクしちゃうわ〜この曲(笑)

次はちょっと予想していた『Reborn』
この曲を歌う時のkyoさんの表情が好きです。
そして、やっぱり重みのある曲だし、他の曲とは違う雰囲気がありますよね。

今日はもう言うことないかも。
私の今日の三種の神器?
『Brilliant Metamorphose』『MODERN Blackhole』『(You are)MY PLEASURE』だけで、
相当満足度高し。満たされたゆえのにやけが止まらない(笑)

そこに投下されたのが『Woo La La−言葉無き詩−』。
あ〜さらに私を絶頂へと導いてしまうのね〜(*/∇\*)(笑)
この曲はもともと弾き方が好きでたまらない曲ですから。
あ〜激しい。ホントに激しい!!大好きだ〜!!(笑)
激しさに幸あれ!(笑)←某教祖風に

さらにDVDのおかげで、私たち姉妹の間では、TAKASHIさん絶賛注目曲の『Love Sigh』
この曲だったと思いますが、kyoさん久々にTAKASHIさんにちょっかい出してましたね(笑)
軽いちょっかいはよくあるんですけど(苦笑)
今日はね、TAKASHIさんに近づいていって、TAKASHIさんの左頬にチュ−してました。
それも舐めるように(*/∇\*)
TAKASHIさんも、いつもこういう時、うれしそうな照れた顔なんですよね〜(笑)
ホントに仲良しだな〜(笑)あ・・・曲が違ったらすみません。記憶曖昧です。


ここでMCをはさみ・・・・
kyoさんの煽りが始まった。
「いけますか!!いくぜ!一緒に踊ろうぜ!!」
・・・・この流れは・・・・危険流れ!?(笑)
めっちゃ煽った後に一言
「一ついいこと教えます!TAKASHIはしょっぱかった!(笑)」

キャー!!o(・∇・o)(o・∇・)o 当たり前!(笑)
あんだけ汗かいてるんだもん(笑)

そして・・・紹介された曲が『Parade with the Midnightsun 』・・・orz
いや、この曲が嫌いなわけじゃないんです。
ただ・・・・めっちゃ煽った後にやる曲なのか・・・?と、いつも思ってしまうんですよね(苦笑)
曲的には楽しくて好きなんです。だから普通にやってくれたらいいのに・・・・(笑)

ラストスパートで『美獣』、
そして一時期は飽きるほどやっていたのに、最近はとんとご無沙汰な『Goodbye』が本編ラスト。
例のASAKIさんの「Say Goodbye〜♪」のところは久々に要注目。
その瞬間が訪れ、ふとASAKIさんを見ると、いつの間にか帽子取ってる!!
思わず『あ!サラ髪だ!Σ(・ω・ノ)ノ!』と叫んでしまいました(笑)
今日、ASAKIさんは、サラサラの髪に帽子かぶってたんですね〜。
妹が満足そうだったのが本当にうれしかった(笑)
毎回、ASAKIさんの衣装やメイクがどんななのか、妹は心配が絶えませんからね(爆)
あぁ、普通って素晴らしいね(笑)

アンコールでは、今回の2days用に作られたTシャツを、初日同様、メンバーが着用して登場。
今日は全員が黒でした。
あぁ・・・よかった。TAKASHIさんは黒が一番似合うよ・・・(笑)
武は髪を高い位置で結んでましたね。ポニーテール風。
あれはよかったな〜〜。毎回あれでもいいよね!ってくらい。侍っぽくていいかも。

アンコールは『JELLYFISH』と『証』。
この2曲は、まぁ、大体予想通りでしたね。
『証』の終わり方が音源と違うんですが、この終わり方、大好きです。
この曲は武が見所なんですが、私の位置から今日はあまり見えなくて残念・・・・(>_<)

全体として、昨日よりkyoさんの歌がよかった。
テンションが今日の方が高い感じがしましたし。
歌詞は・・・相変わらず、ところどころ飛んでましたけど、これもまたkyoさんですね(笑)
やっぱりkyoさんがビシッとしてると、ライブが締まるし、テンションが上がるね。
なんか・・・いつも以上に饒舌な感じがしましたし。
ライブで1時間以上喋られた時には、テンションがた落ちですけど、kyoさんのMCは、適度で安心(笑)
途中でまたお決まりのごとく、噛んでましたけどね(笑)


2日間通して、かぶり曲なしでライブやるってすごいことですね。考えたら。
ツアーは、ほぼ同じ曲でまわることを考えると、こういったかぶり曲がないのも新鮮でした。
メンバーさんはご苦労されたかと思いますが(苦笑)

私は2日目の方が断然よかったと思います。
やっぱり、大人な色気のある曲が好きだからでしょうね。
初日は爽やかに弾ける曲が多いし、そういう意味では、はっきりとカラーが出た2日間だったでしょう。
弾ける曲が好きな方には2日目は少し物足りないかもしれません。
そう考えたら、新旧織り交ぜてやってるいつものライブも悪いわけじゃないんでしょうね。
ただ・・・・それも定番曲の扱い方次第かもしれません。

ファンはやっぱり「もっと」求めますしね。

この大人の色気の2日目も、聴きたいけれど、選ばれてない曲とか全然あります。
「CRUSH」とか「BURrrrN」聴きたかったな〜。
バグの日に「Russian Roulette」が聴けただけでもありがたいと思わなきゃいけませんかね〜(笑)
ま、100パーセント満足な選曲なんてありえないわけですからね。
無欲、無欲(笑)

私は三種の神器で大満足です。
満足度が高かった今年のバグの日と比較しても、個人的に好きな曲が今日はチョイスされているので、
負けず劣らず満足度高いです。

2日間を「02-05」「06-09」と分けて行い、
正確には「BIORED」は初日に入るものの、2日目に振り分けた意味が分かった感じですね。
このアルバムが境界だな、っていうのが改めて分かった気がします。
「BIORED」は特殊なアルバムだというのが私の認識で。
どっちにも入るようで入らない。入らないようで入る。そんなアルバムではないでしょうか。

あ〜夢の2日間が終わってしまった・・・・。
楽しかった分、終わると寂しいですね。
初日が終わった時点では、「こんなもんなのか!?」という気持ちが大きかったんですが、
2日間を終えて、満足度が高い分、次のライブまで間があくことが辛い・・・
次のライブまで2ヶ月・・・・長いな〜・゚・(ノД`;)・゚・
お茶の間BUGして待つしかないか・・・。

この2日間で7年間のBUGの軌跡をたどることができ、楽しい2日間となりました。
次のツアーは一体どんなセトリになるのか、今から楽しみです。
あ、期待し過ぎない(笑)
無欲、無欲・・・・(笑)
posted by ろんろ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

9/26 ニジイロペダル@渋谷GUILTY

guilty.jpg

3年半ぶりに聴く智徳さんの歌。

元Bye2 Regretのボーカリスト、私にはどちらかというと、
RONDEのボーカリストっていう方がなじみがあるかもしれない。

岡田智徳さんの新しいバンド・ニジイロペダルのライブです。

RONDE時代は、ライブに行くことができず、バイリグで初めて彼の歌をライブで聴いてから、
もう4年半もの月日が流れました。
その後もライブを1度見る機会はありましたが、それですら3年半前。
それっきりライブに行きそびれ、今に至ります。
その間もブログをチェックしたり、つながりは切らさずにいました。

今日はラママでacalliのライブがあり、
そのすぐ近くのGUILTYでちょうどニジイロペダルがイベントに出ることを知り、
acalliに一緒に行く姉にお願いして、ライブに一緒に行ってもらうことに。
姉とはバイリグの時も一緒に行ったので、心強い。

出順もよくわからないような状態だったけど、出来る限りリサーチして、
時間的にもハシゴしても大丈夫そうだったので、一安心。GUILTYのスタッフさん、いい方でした(^-^)

ニジイロペダルは2番目。ずっと聴きたいと思ってきた智徳さんの歌。
近くで聴けることが本当に嬉しい。
でも、一体どんな曲をやるバンドなんだろうか。
不安もありつつ、最前には若いファンのコ達がズラリと並んでいたので、
なんか安心した(笑)合わせて盛り上がれそうだから(笑)

暗転してライブスタート。
智徳さんが出てきた時、なんか懐かしくて胸がキュンとした(笑)

智徳さん痩せた??
なんか写真で見るより痩せて見えて・・・ちょっと心配になったり。

でも、歌を歌い始めたら、そんな不安も飛んだ。
伸びやかな声。
あぁ、変わってない。智徳さんの歌。

最初の1〜2曲はノリのいい明るい曲。
前のファンのコ達の盛り上がりにも助けられて、たどたどしくも、うまくライブに入っていけた(笑)
でも、やっぱり全体の空気的に、ぎこちないかな?(苦笑)

智徳さんは、会場にいる人、一人一人の顔を確かめるように全体を見渡してました。

3曲目だったか・・・
『R指定』と紹介された曲が始まると、智徳さん、涙目になっているように見えたんですが・・・。
私、そこからもうダメでした。智徳さんの感情が直に伝わって・・・。
そこから続いた『セカイイチ』『いのちづな』(だと思うんですが、順番とかはっきりわからないです・・・)
歌詞と智徳さんの感情と歌声に胸が締め付けられて、涙が止まらなかった。
『言葉』がここまで自然に伝わってくるって、あまりない。
難しい言葉じゃなくて、そこにある身近な言葉。リアルだから胸に届く。

智徳さんも絶対泣いてた。
間奏中に後ろのアンプに置いたミネラルウォーターを飲みながら、涙を拭ってるように見えた。

私、歌を聴いて、こんなに泣いたのは久しぶりです。
気持ちが揺さぶられて、自然と涙が出て止まらなかった。
それは、やっぱり智徳さんの歌だから。曲が、ホントに素敵でした。
私は智徳さんがブログに書く言葉が大好きです。

こんな言い方は失礼かもしれませんが、本当に全てが予想以上に素晴らしいライブでした。
楽しいライブはたくさんあるけれど、こんなに心に響くライブは久しぶりです。

最後は明るくポジティブな、みんなが楽しめる曲で盛り上がりました。
私も姉も手を振ったり、普通に楽しめてました。

智徳さんもステージを動きまわって楽しそうに歌ってましたね。
バラードの感情のままに歌う智徳さんも素敵だけど、
やっぱり楽しそうに歌う智徳さんを見てると、こっちも楽しいし、うれしかった。

ブログでも、等身大の言葉というか、自分の言葉を書いてくれる。
心配になる時もあるけど、それが智徳さんの素敵なところ。

メンバー紹介の時、面白かったなー(笑)

『ギター! 中村・・・』
そんな紹介?!と思ってたら、
『俺は中村っていうメンバーに縁があって、やってきたバンドには
必ず中村がいたから、下の名前がわからなくなる(笑)』

ここ、爆笑でした(笑)

それと、自分を紹介する時に、『岡田です』っていうのが、なんか照れるの私だけ?(笑)

バンド全体もかなり感じがよかったし、好印象で、
またライブ行きたいっていう気持ちが自然と沸き上がってきた。

こんなに感情が揺さぶられたライブは久しぶりで、
イベントだから、それほど長い時間ではなかったけれど、
いろんな表情の曲を聴けて、とても満ち足りた、濃密な時間でした。

また、こうして智徳さんの歌を聴くことができて本当に嬉しい。
素敵なボーカリストに再び巡り逢えたことに感謝します。

ステージ上からも、歌える喜び、感謝の気持ちを伝えてくれる智徳さん、素敵ですね。

某バンドのボーカリストにも見習って欲しいものです・・・。

泣いたから正直疲れた・・・。
感情が揺さぶられるって、すごくエネルギーを消耗するんだと改めて実感しました。

最近は、多くのお客さんがいるライブに行くことが多くて、
言ってしまえば、今日みたいに、お客さんのそんなに多くないライブは久しぶりでした。
(けっこう前の方にいたから後ろの様子はわかりませんが)
でも、そんなことすら感じないほどに充実したライブを見せてくれた、
ニジイロペダルというバンドに感謝です。

今、満ち足りた幸せな気分です。
posted by ろんろ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハシゴ

今日は渋谷でライブをハシゴ。
GUILTYとラママは近くてありがたい(笑)

すごく・・・忘れられない日。
posted by ろんろ at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あんな感じ?

Image266.jpg

ロバの話
posted by ろんろ at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

9/24 BUG@渋谷BOXX THE CHAOS 02-05

BUGが同じハコで2daysって初めてですね。
ライブにタイトルがついていて、今日はTHE CHAOS 02-05ということで、
今日は昔めの頃の曲からチョイスされます。

昔めの曲からやるということで、相当期待大!!
あんな曲やらこんな曲まで聴けてしまうかも?!とテンション高め(笑)

BOXXは初めてのハコだったんですが、ロッカーは外にあるし、ハコ自体綺麗だし、
けっこう好感度高いですね。

今日は思った以上に前にいい位置に行けました。
TAKASHIさん全体が見えるし、武もよく見える。
テンションかなり上がる!!と思っていたんですが・・・始まる前に事件発生。
私は直接の被害者ではないのですが、最前への無謀な割り込み・・・。
ライブハウスだし、中に入っていけないルールはないんですが、
周りの人の気分を害す行為はいかがなものでしょう・・・。
おかげさまでテンションがた落ちでした・・・orz
直接被害にあわれた方の心中を思うと、テンションをキープするのが難しく、
私は『星野さんはかっこいい』と呪文のように唱え、現実逃避してました。←なんじゃそりゃ

ライブの方はといいますと、珍しく5分強おしました。
連休谷間の平日のライブだからでしょうかね。

上手側からメンバー登場。
TAKASHIさんは黒のTシャツにジレかな。いつものように帽子も。
武はいつもと同じ(笑)
ASAKIさんは・・・黒の半袖シャツだったかなー?
kyoさんは黒のタンクに巻物。
しかし黒タンクの脇部分がかなり開いているので、
細さが強調され過ぎでは?って感じでした(苦笑)

私の位置からTAKASHIさんの足元のセトリが見えそうだったんですが、
あえて見ませんでした。
気になる1曲目は『怪物』。
期待通りのスタートで今日のライブの期待もさらに高まる。
2曲目が『FEVERNOVA』。
3曲目は『JESUS CHRIST I LOVE YOU』
このあたりは、まぁ、なるほどなー的な感じでしょうか。
しかし・・・個人的意見として、なんだか今日はライブの雰囲気が違うというか・・・
そんな気がしました。
久しぶりのライブで、久しぶりな曲をやるから??

私としては、『FIGHT YOUR SONG』を聴けたのが久しぶりすぎて、これはかなりよかったなー。
特に武のドラムが。なんかね、いつも聴けない曲だからかな〜。武のドラミングが新鮮で。
実は、今日はTAKASHIさんより、武を見ていた割合の方が高かったんですよね〜。
もちろんよく見えたからっていうのもあるけど、
ん〜初期な感じだから、TAKASHIさんの最近の色気のあるベースとは違うからっていうのもあるかな〜。
好きなんだけど、どこか物足りなくて。私はお色気TAKASHIさんが好きですから(*/∇\*)キャ
そんあこんなで余計に武を見てたんですが、武はかなりよかったなぁ〜(^^)
なんならTAKASHIさんが前に出てくると、武が見えないので『TAKASHIさん、邪魔・・・』と
思う瞬間があり、自分に少しショックでした・・・(苦笑)
TAKASHIさんのベース自体が悪いわけじゃなく、
『いつの日にか』とか、ベースが好きな曲は、聴けてうれしかったんですよー。
もうベースから目が離せないくらいに!っていつも離せないけど(笑)
まぁ、気持ちの問題かもしれないですけどね・・・。

しかし、武を見てるとよく分かる。
相当TAKASHIさんのことを見ながら叩いてる。
あれはね、ちょっとジェラシーなくらいにTAKASHIさんのこと見てますね(笑)
またね、2人が目が合った時の、いたずら少年2人組みたいな笑顔がね〜ほほえましいです(*´∇`*)
あの2人見てるだけで、相当面白い!

その他、私が聴きたいなーと思っていた曲は
『So CRAZY』ですね。これは聴く度にテンションが上がる!
それと、『idol,delusion,fancy & Real』も、去年の新年1発目、TAKASHIセレクションのライブの以来では?
この曲を聴くと、kyoさんファンだった頃が甦るなー(笑)←そんな頃があったなんて奇跡(笑)

しかし・・・全体を通して見ると、目新しいというか、新鮮味のある曲は少なかったなー。
ほとんどかいつもやってるやん!みたいな印象の曲だった・・・。
「CAN YOU FEEL ME?」「NEW WORLD」「Promise」「LOVE & PEACE」「bugnoid」とかは特に・・・・。

私は特に『X.T.C.』を期待してたけど、やらなかったのが残念、無念でした・・・。
今日のはセトリに相当期待していただけに、肩透かし的な印象が残ってしまった。
言い換えたら、それだけ初期の曲をいつものライブで取り入れてるってことですが。

なので、期待していた分、あれ?っていう思いが強くて、
楽しくないわけじゃないけど、イキきれないもどかしさを心のどこかで感じてました。
そして、『まだまだ』って思っている間に『Let's Go』で本編が終わってしまいました。
『Let's Go』終わったら、武はフロアにスティック投げてましたね。
ば〜っとその場に放り投げるのはあるんですけど、フロアに投げるのはけっこう珍しいかな?

しかし、昔の曲は爽やかで、ノリのいい、勢いのある曲が多いから、
そういう意味で確かに盛り上がるんですよね。
私もそういう部分を楽しむように心掛けましたが、やっぱり、どこかひっかかる。
そんな感じで、なんかモヤモヤしたままアンコール。

聴こえてきたのは、『あいのうた』のイントロ。
まったく予想してなかったので
いつもなら『キャー!』って叫んでしまうんですが、予想外で、その声が、かすれてました(苦笑)
「あいのうた」は、最近のライブでけっこうやってるから、やらないって思ってたんですよね。
この曲は、本当に大好きだから、テンション上がる。
この曲のおかげで、本編が帳消しになるほど(笑)
多分今日一番アドレナリンが出て、興奮しました(笑)
いろんな思い出があるから、余計好きなんだよなー。
他の方々にしてみると、これも馴染みの曲なのかもしれませんけどね・・・(苦笑)

私の勝手な予想では、ラストは『SAMURAI』だったんですが、
TAKASHIさんが『あいのうた』が終わっても下がらないので
これは・・・!と、思ったら、案の定『Set me free』でした!
さらにテンション上昇!っつーか、私、キレました(笑)出し切った(笑)
これで、はっちゃけきれなかったら、今日来た意味ない!ってくらいに。
この曲の最後、武がマジかっこいい!ありゃ、自然に目がいくね。
もちろんTAKASHIさんもかっこいい。
下手側からTAKASHIさんと武を両方見れるのがたまんねー!!o(≧▽≦)o
全員出し切ったって感じで、残る音の余韻と、エネルギーの余韻。
ホントにこの曲は、精魂尽き果てる。
私も燃やし尽くした。アンコール2曲でな(笑)
絶対明日、右腕筋肉痛だろうな・・・・(苦笑)

あ〜なんか本編のモヤモヤを、アンコール2曲で帳消しにされた感じで、
若干悔しいんですけど・・・(苦笑)

最後、武はドラムセットを飛び越えて下りたら、バランス悪くて
ドラム台の角の部分に下りちゃって、ステージでよろけて倒れてた。
あれは、TAKASHIさんとの位置関係もあって、タイミングがズレたのかも?
大丈夫かな〜?直接倒れ込んだわけじゃなく、一応着地後によろけてからだったから、
怪我とかはしてないと思いますが。
ASAKIさんも、最後弾きながら倒れこんでました。
いやはや、この「Set me free」での最後は、メンバーも相当精魂尽き果てるでしょうね〜。

メンバーがはけて、再度アンコールがかかったんですが、これ以上ないな〜と思いました。
あんだけ精根尽き果てたら、もう1曲って無理だしね。

物足りないんだか、燃え尽きたんだか複雑な気持ちですが・・・・
逆に明日のほうが、貴重なセトリなんじゃなかろうか、と思わずにはいられない初日でした。
でも、位置的には、しっかりTAKASHIさんが弾いてるところを見れたので、贅沢だったな〜と思ってます。
ん〜期待しすぎはいけない(笑)無欲、無欲と言い聞かせる(笑)

今日は、リズム隊しか見てなかった・・・(笑)
それだけリズム隊がよく見える位置でした。
明日はもっと全体見れたらいいな。そして、どんな曲が選ばれるのか・・・・楽しみです。
あ、さっき無欲って言ったばっかりなのにな(笑)
posted by ろんろ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここ一番の底力

今日は私の携帯の待ち受け画面が変更になるかもしれない一大事だったんですが・・・←それ一大事か?(笑)
やはり奴は強い(笑)
ここぞという時の力の発揮具合は半端ねぇ(笑)

というわけで、しばらくは変更なさそうです(笑)
posted by ろんろ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イケメンの労働

私が渋谷に行って、お茶する時は、ココ!と決めているお店があります。

そこの店員のおにーちゃんはイケメンです。かなり。
おそらくバイトだろうな。

正社員とおぼしき人の接客態度もかなりいい。

さらにイケメンがいるのだから、まったく素晴らしいお店(笑)
イケメンの労働って素敵ー(笑)
イケメンのバイトくんの、少し不器用ながらもスマートな接客がいいっ!(笑)

さすがに昨日も行って今日も行くのは気が引けるから、
今日はその向かいのお店に(笑)

時々イケメンのバイトくんが見える〜☆と、かなりストーカーちっくだな(笑)

しばらく行かないと、バイトが入れ代わってたりするから、次回はいないってこともありえるわー。

また近いうちに渋谷でライブないかな?
あ、明日も渋谷ね(笑)
posted by ろんろ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

9/12 BUCK-TICK@横浜BLITZ

今日はBUCK-TICK初体験の日。
初めて聴いたあの日から、もう15年以上が経過していた・・・(笑)
そんなに長いことライブ行ったことないバンドなんてあるだろうか。
いや、ない!マジで。

今回ライブに参加できたのは、ミラクルな姉のおかげ。
初心者にはありがたい2階席です。
さすがとしか言いようがないよ・・・姉・・・(笑)

今にも雨が降り出しそうな曇り空の横浜。
横浜BLITZもお初で、初モノづくしな1日。
ナマのBUCK-TICKが観れる、聴けるというのも楽しみだし、
あとはお客さんも含めた全体的な雰囲気も気になるところです。

席は下手側で、今井さん正面くらいの位置ですかね。
思った以上にステージ幅が狭いので、上手の星野さんもよく見えそう。
2階から、ベスポジ確保の姉発見。
「ベストテン」的なものを感じました(笑)

定刻少し過ぎくらいに暗転してライブスタート。
久々にドキドキした・・・こんな興奮は久しぶり。
下手側は、暗転する前から押しでうねりまくってました。
あ〜こりゃ、ギルガメッシュ以上な押しだぞ、と冷静に2階からウォッチング。

メンバーが登場してくると、もうそりゃぁ、すごいうねりが前方では繰り広げられてました〜
上手側は比較的落ち着いてたかな。
下手〜真ん中付近がかなりず〜〜〜〜っと押しが続いて、うねりまくってた。
あれは・・・私、無理かも(笑)
覚悟していかないと、なかなかライブそのものを楽しめないだろうな〜。

今日一番気になっていた星野さんのお姿。あ〜〜〜やっぱり素敵だ・・・・(≧▽≦)
しばらく呆然と上手側に放心状態でした(笑)


BUCK-TICKのライブは、ファンとステージが一体となって、独特な雰囲気みたいなものを感じました。
もちろん、どのバンドのライブにも、独特な雰囲気はあるんだけど、
そのオーラの濃さが違う。圧倒的な存在感ですよ〜
自分も音源をけっこう聴きこんでいたので、その世界を強く感じていたせいもあるでしょう。
全然知らないと、その独特な世界観すら味わえないじゃないですか。
だから、聴いていたメロディー、音がナマで聴けて、感じられて、初体験だということを
自分でも忘れるくらいでした。

やっぱり一番最初に目につくのは、正面の今井氏ですね。
ようやくASAKIさんの師匠のお姿をナマで拝見できました。
ライブでの姿はDVDでしか知らないわけですが、あの存在感凄いですよね。
「鬼才」って言葉が似合う。
なんか・・・・イメージというか、今まで音源やDVDや雑誌だけの世界の人が、
その鬼才っていう、とてつもないモンスター的に自分的がカテゴライズしていた人が、
ちゃんと動いているっていうか、ある意味普通にギターを弾いているっていうと、
語弊があるもかもしれないですけど、もちろん、オーラや、存在感はかなり特別なんだけど、
普通のバンドマンのように、ステージに立って、ギターを弾いているっていう、そういう感動があった。
うまく言葉にできないことがもどかしいけど・・・・・。
どこか、非現実的な人、みたいなイメージがあって・・・(笑)
そのイメージがうまく破壊されて、「本物だ〜〜!」みたいな感じで興奮しました。

櫻井さんの唄は、本当にうまいですね。
あ〜「うまい」って言葉がチープに聞こえるけど・・・
なんていったらいいの。分からん!
でもね、届く唄なんですよ、やっぱり。
うまい下手なんて言う時限じゃないのは分かってるんですけど、やっぱその言葉なんですよね。
そしてここもうまくイメージを崩すように、下手側、上手側へ、積極的に動きながら
ライブを、会場のファンを煽動してる存在感がね、圧倒的。
櫻井さんの場合は、「静」のイメージがあったんですが、ナマで見て、その「動」の部分に驚かされますね。

音源とライブが違いすぎるバンドは五万といますが、
やっぱりここまでのベテランだから、そんなオチがあるわけない。
自然と私もライブに入り込めて、楽しんでたし、久しぶりに興奮しました。

初心者的感想として、一番思ったのは、照明とかが全体の雰囲気に合わせてあるのか、
プレイヤー個々に当たるって感じがしなかったですね。
あ、ここベースがかっこいいな、って思っても、案外ユータさんに当たってなかったり。
アニィにもそこまで目立つような照明なかったかな。所々ではありましたけどね。
なので、ふと「ベースラインかっこいいな〜」と思ったら、
ユータさんがアップライトベース持ってて、「い、いつから!?」と思わずにいられなかった(笑)

しかし、本当にユータさんって、いちいち動きがかわいいですね・・・o(≧▽≦)o
あれは、メロメロになる気持ちがよ〜〜〜〜く分かります(笑)
私は、15年以上前に初めてBUCK-TICKを聴いて、今までずっと聴いてたわけじゃないんです。
10年位前に途中で脱落したんです。
なので、私の中で、ユータさんのイメージは10年くらい前までのイメージなので、
ちょっと前に姉から借りたDVDで、ユータさんのお姿を見た時は衝撃でした。
あんなにかわいいなんて・・・(笑)
とにかく、あんな40代は犯罪です!!(笑)
特にライブで見て、実感しました。

私はいつもベースを中心にライブを見るのですが、今回はお初ライブだったこともあり、
見るべきところが多くて、大変でした(笑)

星野さんはいつどこでどうみても素敵過ぎるし!!(笑)
あ〜もう、どうしたらいいんでしょう〜(≧▽≦)
私が特に印象深かったのは、「MOTEL 13」のイントロのギターのかけ合いですね。
あれ・・・・かっこええ〜〜〜〜!と許されるなら叫んでます(笑)
それほどに素敵でした!かなりのインパクトありました。
記憶が確かなら、今井氏が上手側に出張されていたと思うんですが、
その滞在時間がやたら長くねぇか?ってくらいに長かったような・・・(笑)
とにかく、星野さんの神々しいお姿に感動でした。

そして何より私が今日、一番注目していたのは、アニィかもしれません。
ついね、見ちゃうんですよ。
下手側だからっていうのもあるんでしょうが、
私、アニィの叩き方が好きなんですよ。
DVDを見た時から、あの渋いドラミングがね、どうも頭から離れない。
それをナマで見れるんだもん。注目せずにいられない。
あぁ・・・叩いてる時の表情もね、マジでツボなんですよ。←さすがに2階からは表情までは見えないけど(笑)
私が知っているどのドラマーともいますね、雰囲気も叩き方も。
思い出すだけで興奮するんですけど!!(爆)

あ〜もう、見るとこ多すぎ!(笑)
もっとゆっくり見せてくれ!って言いたかった(笑)

ライブそのものもかなり楽しかったからね、思わず見逃してる部分もあると思うし。
あ〜もうこうなりゃ、マルチアングルでDVD出してくれ!
ホントにね、いいライブほどそう思うんですよね。マルチアングル。
マルチアングルでDVDでたら、泣いて喜びます。
だってだって、人によって見たいアングル違うんですよ!?
いつもそれで悔しい思いをさせられてきましたからね(笑)
マルチアングルの重要性を説いて全国行脚してやる!くらいの勢いでっせ。
全部を堪能したいという、ファンの永遠の願望です(って大げさ?・笑)

なんかね、いろいろ見てたら、あっという間でした。
本編終わった時に「え!?もう?」って時計みたら、そこそこ時間が過ぎてて驚いた。
しかし・・・・2階席は暑い。この上なく暑い・・・(;´Д`A ```
1階で温まった空気が上昇してきてるからなんだろうな・・・。
もっと冷房効かせて欲しかったよ・・・息苦しかったし、汗だくでした。
1階で汗かくのとは違う汗なんですよね。
しかし、この汗のかきっぷりは、ギルガメッシュ並みだよ・・・・。

初めてのBUCK-TICKライブは、相当楽しかったです。
バンドとしての幅あるからこその曲のバリエーション。さすがですね。
またライブをみてみたいと心から思いました。
なんかファンの人のBUCK-TICKを愛する気持ちもバンバン伝わってきたし、
そういう意味においても、熱いライブでした。
やっぱり大人って素晴らしいですね。

ライブ後外はバケツをひっくり返したような大雨でしたが、
会場を後にするファンは笑顔でしたね。いいライブでした!
posted by ろんろ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

9/07 橋都章人アコースティック@本八幡Route 14

章人さんのアコースティックライブ。私は初参加です。
平日に行われるライブはほぼ参加不可能なんですが、
会場が一応千葉である本八幡Route 14なので
そそくさと仕事を切り上げて行きました!

Routeは去年のギルガメッシュ以来だ〜。
壁に貼ってあったサイン入りポスターを眺めて、あの日は信じられないほど人がいたなぁ〜と感慨にふける(笑)
そこで、すーさんとすれ違ったけど、気がつかなかった私(笑)
そういえば、ライブ前にご飯を食べようと街中を歩いていたら、見たことのある人とすれ違った。
誰だ・・・この知ってる人は。
しかも本八幡で会うなんて誰?!とすれ違ってからしばらく考えてようやく気付いた。

あ、ザック矢崎だ(爆)

私と姉は同じ思考回路だったらしく、
『あっ』と言ったのがすれ違ってからしばらく経った同じタイミングで、爆笑しました(笑)

さてさて、会場はアコースティックライブらしく、テーブルやら椅子が並べてあって。
アコースティックな雰囲気を作り出してました。
どこに座ろうかと悩みましたが、下手側へ着席。
どんなふうになるのか想像できない。
章人さんとアコースティックがどうもイメージ一致しなくて。

暗転してライブスタート。
予想通り章人さんはサングラス。
acalliの時はサングラスとかしないけど、絶対アコースティックはサングラスだと思った。
雄二さんは・・・どんなだっけ?(苦笑)
そしてチェロの斎藤さんは、どんな音を聞かせてくれるのか楽しみ。

1曲目は、Universeだったかな?チェロの音が素敵!!
曲の色を深めてくれる感じで、かなりよかった!!
アコースティックにチェロっていい組み合わせですね。
なんか、秋のような色彩が見える感じ。

章人さんは、なんか足の位置が不自然な気がしたんですけど・・・(苦笑)
歌は、なんとなく、最初はペース掴めてないかな?って思いましたが、
徐々に調子上がったような印象でした。
章人さんの歌を初めて聴いてから、もう10年近い月日が経ちましたが、
バンドではない形で、歌を聴くのは初めてだし、
アコギとチェロだけがそこにあるわけで、
なんかより一層章人さんの声がリアルに近く感じられて、
なんか照れてしまうというか、なんか少し恥ずかしい気がしました。
改めて、あぁ、章人さんの声だ・・・って思えて。

MCも普段のacalliのライブとは勝手が違うから、章人さんも照れてるように思えましたが、
なんか、それがまたファンとの距離を近くしてくれてる感じで、とても新鮮でした。

きっと言うに違いないと思ってはいましたが、本八幡が遠いと、章人さんは何度も言っていた・・・(笑)
前にRouteでやったacalliの時も、関東だけど、遠征だって言ってましたし、
千葉LOOKでやった時も遠いって言ってたな〜
本八幡はまだ東京寄りだから、近いんですよ・・・・。
私は同じ千葉県内なのに、本八幡まで1時間近くかかるぜ・・・orz

アコースティック形態のライブとしては、確かにアラも見えたし、まだまだやれる糊代部分も感じました。
違和感といったら大げさだけど、もう一息って感じるところも多かったので。
でも、とても好印象だったし、今後もライブがあったらぜひ行きたいと思った。今後がすごく楽しみですね。

曲としては、acalliの曲中心に、雄二さん作曲のGalaの曲あり、
そして章人さんの日記でも明かされていた。
ALL I NEEDの『Running over me』も演奏されました。

あ〜Running over meは久しぶりだなぁ〜。
実はこの曲が聴きたくて今日行ったようなもので・・・・。
この前に聴いたのは、数年前のBEAUTY MANIACSのライブだったかと思います。
章人さんもそれいんついてMCで触れてました。
あの頃はいいイメージがなかったみたいですが・・・。

なぜか私たちまでRunning over meを唄わされた(笑)
ちょっと歌詞が曖昧だったのはご愛嬌で・・・(苦笑)
でも、あの頃の風景が甦って、ギュっと胸が締め付けられるような感覚に襲われた。
時がゆっくりと巻き戻されるような感じで、忘れていた風景が、
モノクロからカラーになって甦って、涙が出てきた。
ああ、こういうのもいいなぁって。
章人さんの声はビシビシと胸にくるね。

こんな感動的なシーンもありつつ、章人さんのMCで大爆笑させられたことが・・・。

今日のアコースティックユニット名は「橋都章人&田中雄二 featuring 斎藤幸太郎」なんですが、
配られたパスには、「橋都章人&田中雄三 featuring 斎藤幸太郎」と書かれていたそうな(笑)
しかも、1枚だけじゃなく、全部に(笑)
章人さんに、格好のネタにされている雄二さん。
「長男なのに、雄三」とか(笑)
雄二さんには悪いと思いながらも、大爆笑(爆)
雄二さんは、何事もないいように装っていましたが、心中穏やかではなかったと思います・・・(苦笑)

「うちのバンドにはグッチもいるから、下手と上手でグッチゆうぞう」とか言うんだもん(笑)
これ、最高に面白すぎました(爆)
次の曲をやってる時も、思い出し笑いをしそうになるほどでした(笑)

そういえば、このアコースティックユニットのユニット名を募集すると章人さんが言っていたんですが、
このグッチ雄三(本当はグッチ裕三)が頭から離れない私は、
そういえば、グッチ裕三とモト冬樹がやってたバンドって何だっけ・・?
という疑問が湧き上がり、頭から離れない事態に(笑)
それを考えているうちに、ライブ終了・・・・・(爆)←オイ

ライブ後、みんなに聞いたけど、誰も思い出せない。
なんとか自力で思い出そうとしてはみたけど無理。
自力で思い出せないのは悔しいけれど、このままではスッキリしないので携帯で調べることに・・・

あ〜〜〜!!!出た〜〜〜〜!!
ビジーフォーだ〜〜〜〜!o(≧▽≦)o
あ〜すっきり!!気持ちのつかえが取れました(笑)携帯って本当に便利ですね〜!!
みんなで「そうそう!!」と大盛り上がりで納得したはずが、
友人の一言が問題に!!

ビージーフォーじゃないの?

(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!?
そう言われたらそんな気もするし、自分もそう思ってた気がするし、
でも、携帯で調べた時にはビジーフォーって書いてあった気がするけど自信がない・・・(笑)
仕方ないので、もう一度調べる。

するとやはりビジーフォーと書いてあって、その下に「ビージーフォーは間違い」、と
よくありがちな間違いを丁寧に指摘してくれていたのでありました(爆)
一同、爆笑と共に、ライブ以上に爽快な気持ちになりました(笑)

アコースティックユニット名は、しかるべきところに応募するようにとの章人さんのお達しがあったので、
私たちはこのビジーフォーから流れ着いたビージーフォーがいいという話でさらに大盛り上がり(笑)
どんだけこのネタで盛り上がんねん!っていうくらい。
きっとこの話の盛り上がりは、楽屋まで聞こえていたに違いない・・・・(笑)

ひとしきり盛り上がった後で、いざ帰ろうと思ったら、
入り口のところに雄三、いや、雄二さんがいるではありませんか(笑)
すると、「ほら、これなんだよ」と例のパスを手渡して見せてくれました。
確かに、まったくの迷いなく「田中雄三」と書かれていました(笑)
あ〜ウケる!!
そしてそのパスをくれました(笑)
route14.jpg

雄二さんありがとうございます。記念にします(笑)

そんなこんなで、アコースティックを超えた空気感で私たちはRoute 14を後にしました。

なんだか、ライブの内容より、グッチ裕三ネタの割合が多くなってしまった気がする・・・(笑)

posted by ろんろ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

実家ライフ終了

連休の最終日を前に、一足先に実家ライフを切り上げ、新幹線車内です。
なんやかんややりたいことがあったのに、体調不良やら、引っ越し準備で
やりたいことがやれなかった・・・。

章人さんアコースティックライブや、B-Tライブの日記をアップしたかったのに・・・。
仕方ないから戻ったらやるか。
BUGの2daysを挟んだから 、確実に仕上げられない・・・。
頑張らなくちゃ〜。
posted by ろんろ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

よみがえる青春

10月に実家は引っ越しを予定しております。
新しい家はほぼ完成したので、帰省して初めて家に入ってみましたが、
新しいだけにマジでテンション上がります。
でも、生まれ育った家は取り壊される予定なので、
それは何とも言えない寂しさがあり、複雑でもあり・・・
デジカメで古い家の写真撮りまくってます。

ま、そんなこんなで引っ越しも間もなくなので、
帰省した今回は引っ越し準備。休むどころか、なかなか働いてます。
自分の部屋の荷物はなかなかすさまじい。
本が多すぎる・・・。でも捨てられないし、持って行きますが。
あぁ、腰痛い・・・。
1ヶ月の間に会社の事務所引っ越しで、荷物整理。そして次は実家。
引っ越しの荷物整理はつらいわ・・( ̄▽ ̄;)

今回の整理でいろんなものを捨ててます。
小〜中学校時代の文集とか、今回思い切って捨てました。
勿体ないかな、と思いつつ、こんな機会でもない限り、本来はもう日の目を見なかったものだから、
もういいかと、思い切って処分。

あ〜しかし氷室京介のFC会報は捨てられない・・・昔観た映画のパンフも捨てられない・・・
ヤバい。捨てられない女だ・・・。

心を鬼に、今度は手紙を処分。
中学時代のが多かったような気がします。読み返したら、手が止まるからなるべく読まずに処分。

そんな手紙グッズの中に、封筒や、ハガキではない類のゾーンが・・・。

見てみると、ルーズリーフやら、ノートの切れ端?に書いてある手紙。

開けて読んでみると、高校時代、友達が授業中に書いてくれた手紙だ(笑)
携帯のない時代だったから、みんなこんな手紙でやりとりしてっけ〜。
懐かしい〜!!

しかし、中身を読むにつけ、かなり精神的拷問が・・・(笑)

高校時代、部活仲間の男女6人がすごく仲良しで。
ま、部活絡みで色恋沙汰の青春ドラマでした(笑)
見つけた手紙は仲間の女の子同士その恋のお悩み相談の手紙。
読む方が恥ずかしかった・・・精神的につらかった・・・(笑)
私の中では記憶から抹消していた風景が甦り、懐かしいというか、気恥ずかしいというか。

っつーか、お前は勉強せずに、そればっかりかい!と、ツッコミ入れたくなるほどの
恋愛オンリーなガールズトーク。いやはや、しばらく忘れてる、この感覚。

友達も私も山あり谷ありですよ、当時(笑)あ〜マジでキツい。

とはいえ、進学校だったので、授業はしっかり、補習もしっかり、部活もあるし、
めちゃくちゃ忙しいやないかーい。

青春真っ只中だから、そんなことも気にしてない。
今みたいに、お一人さまが好き、引きこもりでもなかったし、楽しんでたんだなー(笑)

ガールズトークレターを一通り読み、その中に、'兄'と読んでいた仲間(男)からの説教くさい手紙も発見(爆)
男女の仲を超えた仲であるが故の説教・・・懐かしや〜(笑)今なにしてんのかなー。

とにかく、ガールズトークレターが、青春を甦らせてくれました(笑)
あの頃が一番盛り上がってたなー。
やっぱ部活の存在はデカかった・・・。かわいいなー自分。気持ちが若い。
今は、こんな手紙に書いてあるようなこと、恥ずかし過ぎてできないし、
そんな気持ちになることすら無理〜(笑)ま、今思えば、子供じみたものですが。

しかし、友達の手紙が面白い!恋愛相談部分はさておき、内容が面白くてけっこう熟読しちゃった!
そしてその手紙に出てくる男子の名前。記憶にある人と、まったく1ミリも記憶にない人がいて、
頭の中が???状態。
というわけで、引っ張り出した卒業アルバム(笑)納得できてスッキリ〜。
相談される側の場合、なじみがない男子は、とりたててかっこよくなければ、
記憶からは抹消されてるね、確実に(笑)

さらに、○○先輩〜とか言われて、顔が浮かぶ人と浮かばない人が(笑)
さすがに先輩の資料はない・・・あ、部活の集合写真はある。
しかしそこまでチェックする気力がないため読み流し(笑)
あ〜マジ青春だよ、これ。
さらに何かを整理してたら、学ランのボタンが出てきた(爆)時代が偲ばれますな(笑)
思い出は一気に高校時代から中学時代にまでさかのぼりました(笑)


ま、そんなこんなで、手紙は読み終えました。
しかし、この手紙をシュレッダーなしで処分するなんて恥ずかし過ぎて無理!!
ってなわけで、その手紙をどうすべきか迷ったまま、現在机の中に保管中。
その手紙をやり取りしてた友達と会えるなら、話のネタにもなるけど、
今は全然連絡もとってないからなぁ・・・。会いたいなー。今なら爆笑だよな、あれ。
とりあえず、どうするか早く決めなきゃ。
焼却処分したい・・・焼却炉の魔術師・・・博多大吉最高です(笑)
そんなこんなの後、さらに精神的ダメージを与えるものが発掘。

当時付き合ってた人からもらったプレゼント。
それがオルゴールってのがさらに時代を感じさせる(笑)
その中に手紙を見つけて、読んだらまたテンション下がりました(笑)
他のプレゼントは全部捨てたはずなのに、なんでこれだけ残したんだ?
これを機に捨てるか・・・。
さらにダメージ大きいのが自分の日記。
当時の揺れ動く乙女心が詳しく書かれていて、読んでいて自分が痛かった(笑)
大学時代から、自分を客観視する傾向が強くなったので、
主観でしか書いてない中〜高校時代の自分の日記は許せませんでした(笑)
あぁ、本当にどうすんだ、この日記・・・。

いろんなことがキツい。


腰痛とか、肉体的辛さより、精神的な辛さの方がダメージ大(笑)
青春時代のひとこまだと笑い飛ばす余裕のない大人になっていました・・・。
ああ、あまりに精神的に辛いので、現実逃避します・・・。
毎回こうやって逃げてる気がしますが・・・(笑)
posted by ろんろ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

一気に脱力

実家に戻り・・・翌日から寝込み、嘔吐の体調不良。

発熱はないので、風邪やインフルエンザではないのです。
親いわく、帰省で気持ちが緩んで疲れがどっとでたのでは・・・と。
確かにに9月に入ってから眠れない日々が続いてた・・・。
帰省した日も徹夜してたから、実家に着いて、気がぬけたんだろうなー。
1日寝込み、次の日もイマイチな感じでしたが、
ようやく今日はスッキリと回復しました。
いやはや・・・自分でもびっくりでした。

若くないし、気をつけないと。
疲れはたまっているんです。
やっぱ実家は気が緩むなー。
それだけ安心していられる場所ということですが。
さらに実家は、秋をいっそう強く感じます。
昼は暑いですが、朝晩寒い。
冬仕様のお布団じゃないと寒い・・・
そういう寒暖の差が、体調不良の一因な気もします。
ま、晴れてスッキリ。
今後も忙しいから体調管理はしっかりしなきゃ。
特に10月は気をつけなきゃね。
そのために連休に有給つけて1週間ぶち抜いて休んでますから!
正確にはさらに先週2日休みを付けてるから、11連休ですけどね〜
休んでる間は楽しいけど、来週、仕事のメールをチェックするのが恐ろしい。
受信トレイ 1000件超えてたから・・・月曜日はメールチェックで1日が終わる・・・
と思いきや、ミーティングあり、某社オフィス訪問ありで、メールを捌ききれない予感・・・。
休み明けから残業かよ!的な・・・。
疲れはためないようにしなきゃ・・・(´〜`;)
posted by ろんろ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

夏休み出発

Image261.jpg

ようやく遅い夏休みです。
もう夏も終わるけど・・・。
朝一の新幹線にて出発!
新幹線がポケモンだらけ!(笑)
もう子供達の夏休みは終わっているのになぜ・・・。
あ、JRのシルバーウィーク狙い?
今、土日祝日の高速道路料金が安いから、JRも左団扇ってわけにはいかないみたいですからね。
・・・と、今話題になっている会社の人間が、余所さまのことは言えないな・・・(苦笑)

ま、こういうキャラものペイントの新幹線は珍しいので写真撮ってみたけど、ちょい恥ずかしかった(笑)

朝ごはんも食べたので、マスクして寝ます。徹夜したから眠くて堪えられない〜

と思ったら子供連れが乗ってきた・・・
静かにしてね、子供達よ。
私はうるさい子供は嫌いだよ(笑)
posted by ろんろ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

グッド・バッド・ウィアード

上映されている映画館が限られているので、なかなか観に行く機会がないこの映画。
ちょうど横浜BLITZでB-Tのライブがあり、同じ建物?の2階の映画館で上映していて、
なんなら姉と待ち合わせの時間がちょうどいいのでこの機会に観にいって来ました。

ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソンという3大スターの競演の豪華作品。

のっけからテンポよく、撃ち合い、殺し合いです。
列車での撃ち合いはすさまじかったですね〜
あれでかなり引き込まれたというか、度肝抜いた感じでしょうね。
起承転結の「起」の部分はかなりよかったんじゃないでしょうか。
特にイ・ビョンホンの悪役な感じが強烈で。
さすが目で殺す男です(笑)殺されました(笑)
そしてスーツ!!男の三つ揃えは危険ですから!!(笑)
あ〜もうホントにここまでスーツが似合うって芸術です。

チョン・ウソンは、さらりと善人役。これまたかっこいい。
クールな善人役。無感情なところがハマってる。

そして何よりこの中で一番芸達者ソン・ガンホ。
なんだかんだといっても、私は、ソン・ガンホの作品を一番観てます。
いろんな作品でいろんな役をこなす、この人は圧巻ですよね。
しれ〜〜っとこういう役を演じるところがね。

基本、R-12だけあって、グロいシーン満載。
何度目を背けたか知れませんよ。
そういうのが苦手な方にはまったくオススメできません(笑)
撃ちまくって、殺しあって本当に、おえ〜ってなりそうでした。
イ・ビョンホンが指を切断されるがシーンが回想として出てくるのですが、
日本のビョンホンファンに配慮して、そのシーンはカットされてます。
そうじゃなくても相当グロい。
「甘い人生」と同じ監督ですもんね。あの映画もグロいシーンあったな。

ま、そのグロさをカバーするのがソン・ガンホのコミカルな演技。
あれはけっこう劇場でも笑いが起きてました。
おばあちゃんとの掛け合いとか、へんなかぶり物のシーンは面白かったです(笑)
子供たちとのシーンもね(笑)


しかし、ストーリーが進むにつれ、最初はよかったはずのテンポが悪くなる。
逃げるソン・ガンホを、ビョンホン一味、ウソン、
そして旧日本軍が追いかける砂漠地帯での大捕り物シーン。
激しい爆破シーンありで、迫力はあるんですけど・・・・長すぎ。
あれ、けっこう飽きたポイントでした。

あのシーンはね〜見所はあったんですよ。
ビョンホンとウソンの乗馬シーンはたまらなくかっこいいんですよ〜!o(≧▽≦)o
それは萌えポイント高かったです。
それと、ウソンのライフル?をぶっ放すシーン。銃捌きに萌えた(笑)
馬を走らせながらだから、余計にかっこいい(≧▽≦)
そんなこんなで、見た目的には、ポイント高いシーンでしたけどね・・・

しかし、こうなると、どこにオチをもってくるのかな〜?と思ったんですよね。
話広げすぎっていうか・・・落としどころがないように思えて。

実際、「結」の部分が不納得でした。
思わず「それで終わりかよ!?」と言いそうになりました。
あそこまで引っ張った割りには、あっさりしすぎて、肩透かし。
旧日本軍が探していた地図に書かれていた宝は、石油だったとうオチ。
なるほどね。それは納得したけど・・・・・
3人の最後の決闘シーンはどうなの?
結局全員死んだんじゃないの?不納得だな〜。

オフィシャルHPで公開されている別バージョンのエンディングの方がよかったのでは?って感じでした。
途中までは面白かっただけに・・・ちょい残念っていうか、不納得。

ま、ビョンホンのスーツ姿と目に殺されたい方と、
ウソンの無表情な銃捌きに萌えたい方は観る価値あります(笑)

全体的にはよかったですよ。面白かったし。
爆破シーンやら銃撃戦は迫力あったし。

この手の映画を観るといつも思います。
主役に弾は当たりません。絶対に(笑)
posted by ろんろ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ/韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

横浜B-Tナイト

BLITZ.jpg

初のB-Tライブ行ってきました。

か、か、カッコイイーー!!o(≧∇≦)o
やっぱ大人のライブは素晴らしいです。
2階席から見てましたが、下手〜中央の前方の押しがかなり凄かったですね。
ギルガメッシュ以上に凄いのではないかと・・・(苦笑)

しかし2階席はハンパなく暑い・・・(;´д`)
温かい空気は上昇しますからね。
1階の熱気が、2階を直撃。空調がハンパなので、尋常ない暑さで・・・
私はギルガメッシュより暑かったとすら思いました・・・(´〜`;)

今日は下手側の、今井さん正面くらいの位置だったんですが、視線は星野さんとユータさんにくぎづけ☆
ユータさんのアップライトベースがたまりませんでした。
ホントにユータさんって可愛すぎますね(笑)あれは犯罪だっていうのがよくわかります(笑)
いちいち可愛い・・・☆

星野さんは、3点セットではありませんでしたが、
もはや全てがカッコイイ!
ウォーキングプレイに腰砕けo(≧∇≦)o
歩きながらギターを弾く星野さんがたまらなくいいですねぇ〜〜〜〜〜
あのウォーキングプレイされたら、発狂します(笑)
今日も変態のようにニヤニヤしました(笑)

しかし!!今日、一番目が離せなかったのは、実は、アニィだったのです!!
あの渋いドラミング!!
オーマイガッですよ!!大人・・・(≧▽≦)

あ〜しばらくB-T熱は下がりそうにない。
帰宅してすぐにDVD見たほどですよ(笑)

とても楽しい横浜の夜でした。詳細はまた。
posted by ろんろ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

横浜にて

今日は初めてBUCK-TICKのライブに行きます。
初めて曲を知ってから、もう15年以上・・・(笑)
タイミングやらきっかけを逃してたら今になりました(笑)
博士ありがとう☆

さて、その前に映画『グッド・バッド・ウィアード』見てきまーす。
posted by ろんろ at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

久々のヒット

The USEDの新しいアルバムを入手しました。

最近はALLかUSEDか、くらいの勢いで聴いてます。
その合間にB-T聴いてるんですが。

久々にUSED、いい感じですね。
基本は、もっと激しい感じが好きなんですが、これはこれでいいかと。
幅広い曲が楽しめる感じです。
これにつられて、昔のアルバムも聴きたくなった。

来年頭くらいに来日するって言ってるけど、いつなんだろう・・・?
今回は行きたいなーライブ。
posted by ろんろ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

Bass Booster

昨日の章人さんのアコースティックライブで「Running over me」を聴いてから・・・
妙にALL I NEEDの曲が聴きたくて。

解散後、ALLはあまり聴いてなかった。
聴けなかったというのが正直なところで・・・なんか、聴くと胸が締め付けられて。

他にもいくつも好きなバンドは解散していったけど、
こういう気持ちになるのはALL I NEEDだけだった。
だから、聴くことを封印していたような感じで・・・・。
昔、MP3を買ったときは入れても全然聴かなかったし、iPodを買ったときも入れなかった。

acalliのライブでも「Running over me」は1度だけ聴いたことがあったけど、あの時とは違う感情。
なんか・・・素直に、純粋に「聴きたい」という欲求が沸いてきた。

昨日は帰宅して、録画してた「ブザービート」を見ながらiPodに入れて、出勤時と、帰りに聴いた。

なんか、懐かしさと共に、当時とは違う感情のようなものを感じた。
あの頃は若かったってことか・・・(笑)
なんかね、林さんのベースを改めて聴いて、ドキッとした。

あの頃の私には、林さんのベースの音が神様みたいなものだった。
ベースという楽器のよさを教えてくれたのが林さんだった。
ベースという楽器を好きになるきっかけをくれたのが林さんだった。
1歳しか違わないけど、それだけ私にとってはすごい人っていうか、影響を与えた人だった。
まぁ、狭い世界なんだけど。

今日も改めて久々にALLの曲を聴いて、林さんのベースに惚れ直した(笑)
勢いがね、若い(笑)
ライブで弾く姿が目に浮かぶ〜(笑)
やっぱこのリズム隊ヤバいわ〜〜〜ヽ(´▽`)/

ほら、最近はベテランベーシストの渋いラインやら音に慣れてしまったからこその新鮮さ!?(笑)
林さんも当時は若かったですしね(笑)

私の中で、林さんを起源とするベース愛好の精神と聴く耳を少しですが培ったこの数年。
当時よりは成長しているわけで・・・・。
やっぱり私は林さんのベースがすごく好きです。
何年経っても変わらない。原点がそこにあるから。
ホントに久々に「キレイゴト」のベースを聴いた瞬間に鳥肌が立った。
この感情・・・・久しぶりすぎる!思わず電車でニヤっとしてしまった(笑)

昔とは曲の好みが違ってきた気がする。
好みが違うっていうのは違うな。
聴くポイントが違ってきたってことだな。
やっぱりベースに自然と耳がいっちゃうもんね。
ってか、今更ですが・・・・ベースの音こんなに大きかったっけ?(笑) 
イコライザで、常々重低音万歳な私が、フラット状態を確認すべく、
イコライザをオフにしてもベースの音ばかりが耳につくよ?(笑)

しかし、オフにすると、やっぱり物足りないからBass Boosterで(笑)



ま、「その後」にはいろいろとありましたが、今となっては笑い話。

今こそみんなで酒を酌み交わしながら、昔話をしてみたいもんです。
叶わぬ夢ですが。
久々にきたALL I NEEDブーム。そして林ブーム。
今の視点で、林さんがベースを弾いてるところを見れたらなぁ・・・なんて
思ってしまった思い出に浸りがちな今日。
posted by ろんろ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

次男だけど、雄三

route14.jpg

橋都章人&田中雄三(笑) feat.斎藤孝太郎@本八幡Route14行ってきました。


アコースティックな章人さんは初めてでしたが、なんか・・・よかった!
すごく新鮮でした。


そして、爆笑しました(笑)
写真は帰りに雄三さん雄二さんからもらったパスの証拠品(笑)
マジで迷いがないね、雄三で(笑)

グッチ雄三(笑)←本物はグッチ祐三ビージーフォーじゃなく、ビジーフォー。
ウィキペディア万歳。

ユニット名はビージー for...で(爆)

しかるべきところ・・・とりあえずブログに書いてみました(笑)
posted by ろんろ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。