2006年12月31日

2006年総決算

2006年も残すところ、数時間となりました。
本日は仕事も休みなのですが、カウントダウンライブは欠席で・・・。
だって新年早々、朝6時からお仕事なのでね・・・。
会社で初日の出をみんなで拝む予定。


さて、2006年もいろんなことがありました。
ライブの方は、厳選した2005年と比較して、少しまた数が増えましたね。
全部で57本でした。

一番多かったのは、今年大出世を遂げたBUG。もはや今は神ですけど(笑)
BUGが17本。ツアーをまわったのが大きかったですね。FCにも入会したほどですから〜

次いで多かったのが、BEAUTY MANIACS。
今年最後のライブ12/30はacalliと名前も新たな出発となり、
それもあわせて全部で13本。
acalliも大出世ですね。もう、私の中のメインバンドです。

次いで多かったのがREALLY NUTS。
前半はものすごい勢いで行ってたんですけど、後半、レコ発あたりから全然行けてない(>_<)
前半かなり頑張って12本。SATORUさんのソロを入れたら13本。

来年もしばらく予定が合わなそうなんですけど・・・とりあえずまた行きたいと思ってます。

トラフォは全然予定が合わなくて4回しか行ってません・・・・(TOT)
来年はもっとトラフォに行きたいなぁ。


ハコ的には、8回でラママが一番多かったです。次いで7thとFABがそれぞれ6回。
土地的には、CLUB24も入れると、横浜(関内)が9回でした。
やっぱり愛着あります(^^)
まぁ、BUGはホームのハコがないので、BUGの回数の割りには、
それほどズバ抜けて多く行ったハコはないです。
まぁ、BUGはツアーで東名阪やら、地方も多かったですしね。


今年1番心に残ったライブは、7/17 BEAUTY MANIACS@長野JUNK BOX。
演奏だけなら、これよりいいライブはあったけど、
このライブの一体感。気持ちの一体感はたぶん忘れない。
ホテルでドラム博士と共にライブを振り返って泣いた(笑)
私の誕生日にあわせて遠征したのですが、最高の誕生日となりました。


1番はっちゃけたライブは、10/22 BUG@仙台MACANA
ホントに自分が壊れていく音が聞こえそうなくらいだった(笑)
あんなに近くでTAKASHIさんを見れたのはこれが初。失神寸前(笑)
kyoさんのホントに楽しそうに唄う姿、笑顔を間近で見れて、幸せでした!


ターニングポイントとなったのは5/24 【the genetic code.'06】@新宿LOFT
これも忘れられないです。
初めてBUGのライブを下手側で見ることができて、
この日から、完全に私はTAKASHIさんファンになったと確信しております(笑)


来年はどうなることでしょうか。
BUGの活動がはっきり見えないので、なんとも言えませんけれど、
3月にはツアーが決まってますし、今はそれが楽しみです。
acalliの活動も見逃せません。
acalliが活発ならば、また7thもそれなりに多いでしょうから、
来年も横浜を愛する会は健在でしょう☆



唯一気にかかることは・・・やっぱりD'ERLANGERの復活ですかね。
以前から復活の噂はあちこちで聞いてましたが、こう、現実のものとなると、
正直複雑です。私はD'ERLANGER世代ではないので、名前は知ってますけど
聴いたことはありませんでした。
クリスマスに発表されてから、あえてここでは突っ込んだ話題にしてこなかったのですが、
やはり来年にかかわって来ることなので・・・・。
ちょっと気にかかる今日この頃。
まぁ、いずれにしても、動向を見守るしかありませんね。


今年もいろいろと仕事に疲れ、精神的にも疲れることが多かったですが、
ライブで、そして友人たちと一緒に楽しんで、いろんなしがらみから解放されました。

そしてこのような独り言的ブログではありますが、いろんな方にご覧いただき、
コメントやトラックバックをいただいて、たくさんの方々と交流できて
本当に楽しかったですし、嬉しかったです。

みなさまに感謝です。ありがとうございました。
2006年、大変お世話になりました。
2007年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくだい。
posted by ろんろ at 16:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

12/30 acalli@横浜7th Avenue

2006年締めのライブ。
去年に引き続き、一年の締めが、BEAUTY MANIACSで。
今年はBEATY MANIACS改め、acalli。

新生バンド・acalli初ライブです。
まぁ、サポートメンバーがそのまま正式にメンバーになったので、
見慣れたメンツではありますが、今日の初ライブというのは1回きりですから
しっかり見届けてこようと向かった次第であります。

横浜(正確には関内)も、今年何度目だろう。
やっぱり好きな街です。

7thに入ると、意外なほどにお客さんが少ないんですけど(^^;)
けっこうみんなギリギリに来る人多いのよね。

いつものように15分ほど押してスタート。
YASUくんは髪を切ってましたね。あぁ・・・だからYASUくんは髪が短いと・・・(笑・以下自主規制)
あ、ステージにはいつもの白いベースと、もう1本。青いベースが置いてあります。
今日、「embrace」やるんですね。楽しみです。

1曲目からおなじみの「at first sight,out of sight,out of mind」

ドラムの音デカっ!(笑)でも、今日、健一さんはなかなかいい感じですかね。
そして・・・ん・・・ベースの音が・・・なんか違和感。
YASUくんの音って、こういう音だったっけなぁ・・・・。
なんか音が軽いというか、そんな気がした。
ちょっと微妙なスタート。

最初の数曲が終わって、MC。
序盤で本日の目玉・新曲の「universe」が披露された。
章人さんの日記で発表された歌詞から予想していた曲とはまったく違った。
今までにないタイプの曲で、私も集中して聴いた。
しかし、ギターの音もデカく、章人さんの歌があまり聴き取れなかった・・・orz
まぁ、でも曲の雰囲気はつかめたし、
このツアーで、この曲はどんどん成長して帰ってくるのでしょう!
新たな芽生えに胸が踊った瞬間でもありました。
しかし・・・健一さん、スティック飛ばしたみたい(笑)
私は、なんじゃこりゃ?っていうグニャリと全体的に崩れた瞬間があって(笑)
健一さん、どうしたんだ!?と思ったら、スティック飛ばしたから叩けなかったのね、あの瞬間。
こういう曲の流れってないよな?と思ってみたら、そうなってたから、まぁ、びっくりでした。(^^;)

しかし、この曲のあたりからかな。
YASUくんのベースの音も本来の音に聞こえてきたような気がします。
「ハモン」もなかなかでした。

しかし、今日の章人さんのMCは、ネタが古すぎ!(笑)
若いお嬢さんたちは笑ってませんでした(爆)
だって「杉山清貴&オメガトライブ」とか「MCハマー」とか・・・(笑)
矢崎くんに向かって、「MCハマーみたいにやれ」って言っても、
つい先日24歳になったばかりの彼には「MCハマ−」なんて分からないのでは?(^^;)
後は、健一さんの衣装を「チョッキ」って言ったりね(笑)
健一さんのあまり面白くないMCの後、
「broken」に入った時は、非常にがっかりでしたけど・・・(^^;)


今日は、3列目くらいにいた割りには、YASUくんのベースが思いのほかよく見えました。

「空白」では、100%YASUくんの手元だけ見てましたね。
この曲のベースがすごく好きなのもあるし、ベースが鍵になってる曲だし。
この曲で、今日を占うつもりでずっとYASUくんの手元だけを見てた。
この曲に漂う彼の意気込みも好きだし、緊張感がたまらないのですよ。
その張り詰めた空気が心地よくもあるし。

この曲が終わると、思わず、「ふぅ〜っ」と息を吐いてしまう。
それだけなんか妙に緊張したような感じです。
ライブの最初の方の音よりよくなってたんで、安心しました。


弦楽器隊の3人がそれぞれ楽器を持ち替えて始まった「embrace」。
やっぱりこの曲をライブで聴くたびに思う。
私はYASUくんの白いベースの音よりも、持ち替えた青いベースの音の方が好きだ。
このベースの音の方が、締まった音に聞こえるんですよね。
だから、こっちの方が好き。

しかし私は、なんかやっぱりYASUくんの白いベースの音がつかめないでいるみたい。
なんかライブ見てて、ちょっとじれったくなった。自分に。
前のライブから約1ヶ月半。また音を見失ってしまったか・・・(--;)

そういう意味において、私は今日、あまり集中できてなかったような気がする。
自分の中で、なんというか・・・心にハマる音がなかった。
まぁ、これはYASUくんが悪いわけではないと思うし、自分の反省点なのですけれども・・・・。
ん・・・・・・。

そういう自分を打ち消すために、私は章人さんの歌に耳を澄ませた。
やっぱりこの人の歌はせつなくて、温かくて、心に届くって改めて思った。

章人さんがMCで言ってた「想いがたくさん詰まってるから」っていう言葉にじ〜んときた。
聴く側も、真剣に、真摯に受け止めなきゃいけないんだって思う。
軽く聞き流せるような曲なんてないんだよね。
それだけの覚悟をもって聴かないと、追いつけないんだと思う。
あぁ、そうだなって。
一音一音、簡単に生れ落ちて来るものなんてないんだもん。
私は来年も、しっかりとacalliの音楽と向かい合っていたいと思いました。


アンコール1曲目。
「CARVIN'」
この曲のリズム隊が好きなので、聴けてうれしかった。
まさかアンコールにもってくるとは思ってなかったので、驚き。
YASUくんのベースだけをじ〜っと見てしまった曲。

そして次が「CANDY」
本来ならば、泣いて喜ぶほどにこの曲が好きだし、ベースがたまらなくかっこいいのだけれど、
今日の私にはダメでした・・・(>_<)
なんかなぜだか分からないけれど、違う人のベースが頭をよぎっていって、
離れなかった。
やっぱりYASUくんは、何かが足りないように思えて・・・。
偉そうなことを書ける立場じゃないんですけど、
ファンとして思うことですので、そこをご理解ください。

この1年、彼のベースに対する印象がどんどん上がっていって、
期待するベーシストの1人になってることには間違いない。
あと、彼に求めるとするなら、なんだろう・・・もう一歩踏み込んだ何か・・・かな。
よく分からないことかいてますけど・・・なんとなく、思いました。
YASUくんの音じゃないとダメだって思える強い何かを聴かせて欲しい。
今も、そういう瞬間は確かにあるんだもん。それを確立して欲しいと思ってます。



アンコールラストが「おやすみの唄」
この唄が今年の私を支えていた。
今年のいろんなことが頭をよぎった。
章人さんの唄だけに集中して聞き入っていた。
久しぶりに泣きそうになった。
この曲の持つパワーと、優しさと、思い出と。
すべてが大切で・・・。この唄が聴けたことに感謝。

アンコール2回目。
私は去年同様、「おやすみの唄」で締めてくれていいのに〜と思ってたり(^^;)

2回目のアンコールでは、
新曲の「universe」が再び披露された。
そしてお待ちかねの「can't you hurt me」
私は唯一この曲で、心を解放できた気がします。

ラストは「リアリティ」で締め。これも本編に次いで2回目。
なんか章人さんの伝えたいことが少し分かった気がする。
私はこの曲は、ラストっぽくないので、なくてもいいって思ったけど(笑)、
その世界の中に、いろんな想いがこもってるから、私たちもしっかり受け止めなきゃですね。

とりあえず、疲れた・・・・。放心状態。いろんな意味で。
自分自身のじれったさは最後まで消えなかったけど・・・。
なんかちゃんとYASUくんのベースの音に向き合いたいけど、
それはいつになるのだろう・・・・。
2/23は無理だろうしな〜(爆)無理無理。絶対無理。
ちょっと今、困った状態ですね(^^;)

1年前よりも大きくなったBEAUTY MANIACS改め、acalli。
これからのacalliの道に灯が灯っているいるように感じられたライブでした。
きっと平坦ではない、険しい道もあるでしょうけれど、
メンバーさんと、あそこにいたファンのみんなと、
一緒に歩んでいけたらいいなぁと思いました。
私も気持ちをいろいろと落ち着けなきゃいけないな〜来年は(笑)
posted by ろんろ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解禁

日本酒解禁〜一気飲み〜時間ないから(爆)
やっぱ八海山はうまい♪
posted by ろんろ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年最後の横浜

今日は2006年最後のライブで愛する横浜へ向かってます。

2006年も気付けばあっという間で、いろいろとライブに行きました。

今年も去年同様、締めのライブが7thというのは嬉しいことです(^O^)

去年はBEAUTY MANIACS、今年はBEAUTY MANIACS改めて、acalli初ワンマンライブであり、ツアー初日。

まぁ、サポートがそのままメンバー昇格なので、見慣れた光景ではありますが、
何か違う光景かもしれませんね。
期待が高まります。
新曲も聞けるようですし!!

今年の締めのベーシストのYASUくんには、ぜひぜひいい音を聴かせて欲しいです。
posted by ろんろ at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

残業な年末

一体どうしたというのか・・・・

毎日予想外なことが発生し、残業が続いている。
残業は仕方ないとして、なんでこんな毎日イレギュラーなことが起きるんだろ???


昨日は割りと早くて、午前1時半くらいには帰宅でしてましたが、
今日は帰宅したのが午前4時。眠い・・・・

ふと気づいたら、予約していたはずのドラマ「宮」が撮れてない!!!
ショックで凹みました・・・。疲れ倍増。
やっぱDVD買おうと改めて決意。


あぁ・・・今日こそ年賀状書こうと思ったけど、眠いので却下。
眠いのでお弁当作れません。
明日は仕事納めなので、定刻退社希望ですが・・・・。
明日って、もう今日ですけど(苦笑)

おやすみなさい。
posted by ろんろ at 05:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

天嘉を終えて・・・

昨日のぐったりお疲れ8時間長丁場イベントが終わり、一息。
なんとなく、それなりに(?)全編楽しめたのか、余韻に浸ってます。

昨日は睡魔と闘いながら、BUGとVelvet Spiderの分はアップして、
今日は思い出したこと、気づいたことなど。


印象的だったのが、Creature Creature。
やっぱうまいし、かっこいいですね〜。やっぱり迫力が違う。
しかし、やたら歓声があがってたので、若い娘さんにも人気なのか?と正直疑問に思った(笑)

だって、数回、ラルクのtetsuが参加したからといって、
そこまで若い娘が関心を持つなんて〜と思ったら、
ドラムが真矢だからか、と気付く。
ギターは室姫だもんね。あちこちから「MINORU〜!」と歓声が上がったが、
私付近の大人チームは「室姫〜」と呼ぶ声がほとんど(笑)

そして私はもう一人のギターとベースが誰なのかさっぱりわからず・・・
帰宅して、天嘉のサイトを見て、
ギターがラクリマのHIROさん、そしてベースがHITOKIさんであることを知った・・・・
あちゃ〜(^^;)そりゃぁ、歓声もあがるはずだろうよ(笑)

まぁ、HIROさんは気づかんとしても、HITOKIさんは見て分かるはずだろうに・・・
いやぁ、Creature Creatureのかっこよさに感動していたのと、
室姫にかなり見入っていたので、気づきませんでした・・・・反省。

Creature Creatureは、音源欲しいなぁとけっこう本気で思いました。


そして、印象にすごく残ったのが、sakuraのドラムかな。
なんだかんだと言いながら、私はsakuraのドラムを生で聴いたことがなかったのですよ。
THE TRANSFORMERのメンバーさんとラジオつながりで仲がよかったので
ラジオに出たのを聞いたりしてたことはあったんですけどね。
音源とかも、私はラルクをほとんど聴かないし、ZIGZOも聴かなかったので、
ホントにほぼ、初と言っていいくらい。

生で初めて聴いて、すごいな〜と改めて思った。
魅力的なドラマーですね。
パワードラムではないと思うんですけど、どっしり重い音。
でも、クリアに聴こえてくる。
ものすごい印象に残ります。ちょっとこれは感動でした。

今日は私の中では、ドラム祭りだったんですよね。
いいドラムさんが多かったように思いました。

Rogerさんが叩いているのがあまり見えなかったがの唯一の心残り・・・。


天嘉のサイトに、昨日のセットリストと写真がもうアップされてますね。
TAKASHIさんが2回分写ってるのでうれしい♪
そして武のタンクはカーキだったと分かりました(笑)

セッションのセットリストはアップされないのかな〜?
posted by ろんろ at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

12/25 天嘉伍@日本武道館

久しぶりの武道館。
九段下の駅に着いただけで、人の多さに酔いそう(笑)

客入れが30分近くおしてたんで、スタートも大幅に遅れるかな〜と思ってましたが、
その割には15分押しでスタートでした。

私は何度も武道館には行ってますが、初めてのアリーナ。
アリーナ席一番後ろの、PA席すぐ前のとこでしたけど、
でも、やっぱステージ近いなぁと思った。
なので、この席で十分だな〜と思いましたよ、入り口近いから出入り楽だし。
ただ、寒いのが難点でした。
寒いとは聞いていたので、寒さ対策はばっちりなはずだったんですけどね・・・。

今日の武道館は、正面と左右にサブステージが設置されてます。

1番目はken。
上手側に無理やり作った関係者席にhydeが現れたもんだから、ものすごい歓声でしたよ・・・・
kenと同時くらいに登場したから、私は最初、何がなんだか分かりませんでした(笑)
kenは1曲目はバンドなしで歌って、
1曲目が終わる間際にバンドのメンバーが暗闇の中スタンバイ。

あ、あ、あう〜〜〜〜〜〜っ!!!
TAKASHIさぁ〜〜〜んっ!!(≧∇≦)
私の予想を裏切り、あのお方は、黒のシャツで登場!!しかも!!
30cmのボタン開け攻撃キター−−−−(゜∀゜)−−−−
もう、いきなり興奮のるつぼですよ、私は(笑)
kenそっちのけで私の視線はTAKASHIビジョン!!
モニターに足をかけて弾いている姿に、心奪われました(笑)
今年、何度心を奪われたかしら〜?(≧∇≦)とかおバカな妄想も無限に広がりそう(笑)
1曲弾いただけでこれなら、BUGの時の私はどうなっちゃうの〜?と
期待度数はアップする一方です!


kenが2曲で終わり、転換かな〜と思いきや、今度は左のステージが!!
そう、そうやって転換を待ち時間なく行う方法をとっていたのです。
左のステージがやっている間に、真ん中は撤収。
右のステージがセッティングをして、
左のステージが終わるとともに、今度は右のステージで演奏が始まるという。
効率的ではありますが、しかし・・・明らかに、真ん中のステージが一番大きいわけで・・・・

そして・・・その順で展開していくと、BUGが右、Velvet Spiderは左のステージです。
そう、真ん中で演奏できるのは、まさに、今、旬のバンドと、大御所のみ!(笑)
だから、社長のバンドBRAZEと、Creature Creature(大御所系)と、シド。
tetsu、SOAPといった、ラルク系の方々・・・。そしてムック。
最後のtetsu、SOAP、ムックは、3バンド連続で中央。
待ち時間を作ってでも、セッティングしてました。
さすが・・・・。集客があれば、真ん中になれるのだよ(笑)

デンジャーの中でも、年功序列ではない、別の序列を見た気がしました(^^;)


そこから私の次の楽しみ、BUGまでめちゃめちゃ長かった・・・。
まぁ、生で見たことのない、いろんなバンドも楽しませていただきましたけど、
やっぱりお目当てのバンドがあるわけですからね。
BUGはツアーファイナル後、1ヶ月半ぶりくらいかな。
もうね、前のバンドの時なんて、緊張しすぎて、音が耳に入りませんでしたよ(笑)


そして、いよいよBUGの番。
いつものWe are BUG!!のSEショートバージョンでメンバー登場☆
武はタンク。(色は忘れました)。
ASAKIさんは、黒のタンクに迷彩パンツのソルジャー。
そして、TAKASHIさんは、ジーンズに黒のシャツ。
ボタン30cm分開けた大サービス状態(笑)
kyoさんは、赤い花柄のシャツでした。

何の曲やるのか!?と息を飲んでいた1曲目は「from darkness」
これはちょっと意外!
新しいアルバムからくるだろうなぁとは思ってたけど。
kyoさん、気合入りすぎてるんじゃ?と思うくらい、シャウトしまくってた(笑)
しかも、音ずれてなかった?(笑)
途中、kyoさんの歌の入るとこもずれてる気がしたんだけどな(^^;)

しかし、武道館に想い入れがあるだろう、kyoさんには、右のステージじゃなく、
中央のステージに立って欲しかった。
kyoさんも真ん中の方へと進んで唄ってたし。
なんか、武道館で唄うkyoさんは、いつものkyoさんのようであり、
いつものkyoさんじゃないような気がした。
なんか、よく分からないけど(^^;)、私が今現在知っているkyoさんじゃないような感じ。
ん〜。kyoさんもいろいろとキャリアを積み上げてきてた人だからね・・・。

私は昨夜の段階で、「D'ERLANGER復活」のニュースを知ったのですが、
余計にこう、考えるというか、そんなところがありましたね、正直。


でも、今年最後のBUG。メンバーさんからのお歳暮ですから
(クリスマスプレゼントじゃないのか・笑)
しっかりと楽しませていただきました!
2曲目が「Promise」
この曲は思い出深いんですよ。今年。
TAKASHIさんのベースをここまで好きになると予想もしていなかった私ですが、
この「Promise」を聞くと、そのきっかけとなったLOFTのライブを思い出すので、
私自身、胸にくるものがありました。
いつものkyoさんとASAKIさんの絡みがなかったのが、ちょっと残念(笑)

ラストは「Good-Bye」
ちょっと勘ぐってしまわなくもないこの選曲こそが最も意外な選曲。

今年も最後にまたASAKIさんのスウィートボイスが聴けました(笑)
しかし、今日はASAKIさんファンの妹ではなく、ラルクファンの友達と一緒だったので、
このスウィートボイスについて、語れる人がおらず、まったく残念で(笑)


まぁ、いろいろと見渡してはみましたが、相変わらずなTAKASHIビジョンの私の視線。(笑)
右手でパックマンのような形を作るおなじみのシーンも目撃できました♪
やっぱり肩がゆれているのがたまらなく素敵で、
あぁ、今年一番好きになったなぁ〜と、じわ〜っと一人で2006年を心で振り返った(笑)

演奏そのものってか、音はあまりいいとは思いませんでしたけど、
大きいとこでBUGを見たことなかったので、ホントに新鮮でした。

あっという間の3曲。
これで、チケット代の3000円が終了(爆)

武は今日もドラム越えしてました。きっと予想以上の高さだったはず。
飛び上がって着地するまで、いつも以上に時間があったもん(笑)


間にシドを挟んで、次がVelvet Spider。

ま、まさか、JIMMYさん、今日も豹柄ではないでしょうね!?とものすごく気になった(笑)
でも、今日は違いましたよ〜♪レザーパンツに縦縞のシャツ。
Backyさん、まったく記憶になし!(爆)
Rogerさんは赤いシャツだったと、ステージを降りる時に気づいた(笑)
そして、ken-ichiさんは、黒のニットにレザーパンツでした。

あぁ、この武道館で、ken-ichiさんが歌っている姿を見れるなんて、夢のよう。
ken-ichiさんの声が、武道館中に響き渡って、迫力ありました。

1曲目のstabbing phraseは、ちょっとかみあってないかなっていうか、
そんな部分もかんじられなくはなかった。
ちょっともどかしく思う部分もあったけど、
2曲目のpray-groundで、それも解消したように見えました。

JIMMYさんは、1曲ごとにギターを替えていた気がします。
白いフライングVは ラストのwash&burnだったかな。
真ん中のメインステージまで出てきて、ギター弾かれてました。

まったく、今日のチョイスは、ギター小僧が泣いて喜ぶ見所満載。
私も思わずken-ichiさんそっちのけで
JIMMYさんのギターに見入ってしまうシーンがありました!!
あれは、いつ見ても、ホントにすごいなぁ〜って見とれちゃうよ。

しかし、ken-ichiさんの声は、広い武道館によく合ってましたね。
感激モノでした。
今月頭のワンマンでは、なんともいえない、微妙なライブだっただけに、
ちょっと心配してましたが、杞憂でした。
やっぱけken-ichiさんが私の中では、No1ボーカリストだな、と改めて痛感。

でも、1曲目、Bメロに入るとこ、完全に間違えてましたけどね、ken-ichiさんは(笑)


さぁ、これてにて私のチケット代6000円分終了(笑)
天嘉のイベントじゃなければ、そうそう、ライブは見ないだろうって人たちばかりだったので
一応、ちゃんと見てましたが・・・tetsuの時、猛烈な睡魔に襲われる(笑)
やばいな〜と思ったけど、なんとか乗り切った(^^;)


そして次はSOAPだな〜と思いつつ、ふと、入り口付近の方に目をやると・・・・。

あ、あ、あ、あ・・・・・・
た、た、た、た、TAKASHIさんだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜o(≧∇≦)o
どうやらSOAPを見るつもりらしい。
すると、TAKASHIさんは、私のすぐ後ろのPA席のところに立っているではありませんか!!!


興奮でアドレナリンが一気に吹き出した私は、
友達の肩をバンバン叩きながら、「TAKASHIさんが後ろにいるぅ〜〜〜〜!!と
絶叫かましてしまいました(爆)
だってだって!!(笑)

もう、さっきまでの睡魔はどこへやら。
SOAPの演奏どころじゃないっす!
どっちがステージか分からなくなりそう(爆)
しかし、あまりに真後ろなので、振り返ることがでいない。
まさにギリシア神話のメドゥーサの話の状態ですわ(笑)

前方のステージで演奏しているのはSOAPで、耳に入ってくる音楽もSOAPの音楽なのに、
私の脳内ビジョンは、TAKASHIさん一人の独壇場でした←バカ

あぁ・・・・30cmの開けっぷりのみならず、さらにクリスマスプレゼントをもらいました(笑)
このプレゼントもチケ代に含まれてるなら、お安いもんだわ〜と思ったり(笑)
演奏が終わると、楽屋に?戻っていったようで、その姿を見送りました。

そして本編のトリはムック。
いやはや、まったくすごいもんです。
数年前の音源1つ持ってますけど・・・まったく知らんバンドのようなもんですね(^^;)

大盛り上がりで本編終了。
盛り上がるお客さんを見ているのが楽しかった。


そしてお待ちかねのセッション。
セッティング中に・・・

またもや歩いてくるTAKASHIさんを発見!!
そして今回はドラムの武も一緒やん!!
ってことは、セッションに出ないのね・・・と、喜び半分、残念な気持ち半分。
おや?武の隣には、Velvet SpiderのBackyさんでは?と思いつつも、
Backyさんの隣に誰かいるなぁと思ったら・・・
あ、ken-ichiさんだよ(爆)
メイク落としてるから、最初、全然気づきませんでした(爆)
そう、武の隣にいたのは、ken-ichiさんで、その隣がBackyさんだった(笑)


すると、TAKASHIさんが誰かと談笑している。
よく見ると、KINGのRYOくんだ(笑)
客席にいるRYOくんを見つけてたんだけど、まさかそこに移動しているとは!(笑)
さすがRYOくんめざといな〜(笑)KINGは仲良しですもんね。
しかし、RYOくん少し顔がふっくらしたんじゃないかなぁ?(^^;)
ちょっと気になりました(笑)


セッションの一番最初にkyoさん登場。
ギターはJIMMYさんです。二人が絡んで一つのマイクで唄ったときにやぁ、
その絵ヅラには、ちょっと胸焼けしそうになりましたけど(笑)、
やっぱり絵になる二人ですね。思わず「おおっ!」といいそうになりました。
メインステージの中央で歌うkyoさんはホントに気持ちよさそうだったし、
やっぱり中央が似合う人だって改めて感じましたね。
ステージの端から端へと移動しながら唄うkyoさんを見て、
当時もこんな風にやってたのかなぁ?と思ったり・・・。

とにかく、今日は、武道館で唄う、kyoさん、ken-ichiさんを見れて、本当に幸せでした。

セッションで登場したhydeには、耳をつんざくほどの歓声。
大ラスの大セッションでは、またkyoさんも再び登場。
hydeと少し絡んでいるのを見て、「すげー」と思わずつぶやいてしまいました(笑)


今日は2006年BUG、Velvet Spider総決算。
いつもなら見ないようなバンドも見れて、充実の一日。
しかし、ホントに8時間近い長丁場。マジで疲れました(^^;)

武道館を出て、九段下の駅に向かって歩いていると、またKINGのRYOくんとすれ違う。
すると、前方に、見たことのある人がフライヤーを配っている。
あ、KINGのベーシスト・JUNICHIROくんじゃないですか。
私はLAIDの頃、JUNくんのファンだったので、見間違えるはずがない!
思わず「JUNくん!」と話しかけてしまった(爆)
いや、話しかけるつもりじゃなかったけど、思わず名前を呼んでいたんです(笑)
頑張ってください的な話をして、立ち去り、地下鉄へと続く階段を下りようと思った時、
ハッと思い出した!!

あ・・・今日、JUNくんの誕生日じゃん!!
さっき「おめでとう!」って言ったらよかったのに〜〜〜!!
思い出せなかった自分を反省。

なぜ、今日の天嘉のライブの締めがJUNくんの話なのだろう・・・(笑)
時系列で書いてるから仕方ない(笑)


じゃぁ、やっぱり2006年、私の中で最も輝いていた人の話で締めくくろう(笑)
1ヶ月半ぶりにTAKASHIさんのベースが聴けてうれしかった!!
次は2月。また1ヶ月以上空いちゃうけど、お茶の間BUGして乗り切るぞ!!


参加された皆様、お疲れさまでした。
予想以上に楽しいクリスマスとなりました。

現在、睡魔と格闘しながら書いていたため、箇条書きのようになってます(^^;)
ご容赦ください(笑)
posted by ろんろ at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

女は怖い

天嘉終了し、ただ今武道館からの帰りの電車の中です。
二人の女がぶつかったのが原因で、女同士の口喧嘩が始まりました。

ホントに私のすぐ近く。

女が般若の形相で、周りの目を気にせずに言い合う姿の恐ろしいことといったら!!
男の人同士のいざこざを電車の中で見ることは稀にありますが、
女同士の口喧嘩は初めて見た…
マジで空気が凍った!!
手が出るかと思ったよ。

ホントに怖い…あんなふうにだけはなれない(>_<)

まぁ、どっちもどっちって感じだけど、片方は電車降りました。
もう一方は涼しい顔して本を読んでます。
私にはそれもできません(-.-;)
ってか、冷静を装ってるだけかもだけど。


しかし、なぜ女って、喧嘩の原因になったことを言い争っているうちに、
絶対捨て台詞に『ブス!!』って言うんだろう…(^-^;

それって言い争いの原因に一切関係ないのに…。
(たいてい、相手に『ブス!』と吐き捨てる方も、他人にそう言い切れるほど綺麗じゃないのよね…痛)

ホントに恐かった…。
女は恐ろしいです。
posted by ろんろ at 21:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

天嘉前日

いよいよ明日は天嘉ですね。

武道館自体が久しぶりです。2004年のEXILE以来ですから。

何度も来ている武道館ですが、アリーナは初めて。
しかし、私はアリーナじゃないほうがいいと思うのですけどね・・・。
まぁ、今回のアリーナは例年と違う配置みたいなので、行ってみないと分かりませんが。


1バンドセッティング込みで所要時間20分って・・・。
MCなしでどんどんやってくださいってことよね(笑)

あぁ・・・こんな長時間イベント、私耐えられるかしら・・・(笑)
この手の大きなイベント自体、あんまり行かないから、
いろんなことが微妙そうで怖い・・・(笑)
メジャーな方々がいらっしゃると、それだけファンの幅もひろ〜くなりますから(^^;)
それも楽しんだもん勝ちですけどね(笑)ネタを見つける場だと思って(爆)


そして何よりもBUG、Velvet Spiderには、アウェーですからね〜このイベントは(笑)
なんか、大丈夫なんだろうかと、ちょっと心配だったり・・・(苦笑)
どの曲がセレクトされるのか非常に今から気になるところです。

とりあえず、1ヶ月半ぶりのTAKASHIさんのお姿、
2006年最後にしっかりと目に焼き付けてきたいと思います☆☆
なんてったって、今年のMVPですから!(笑)
いい年越しのためにも、黒いシャツ希望ですが・・・たぶんTシャツでしょうね(笑)
posted by ろんろ at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京タワー

黒木瞳と岡田准一主演のラブストーリー。
おくればせながら、よううやく見れました。
しかし、なぜクリスマスイブの今日に見たんだろう・・・(笑)


黒木瞳と岡田くんの話がメインストーリーで、
寺島しのぶと松本潤の話がサブストーリー。

不倫の恋をしている年上の女と年下の男の話。
二つの話が、対照的な存在で展開していくんです。

圧倒的に現実離れした、セレブ黒木と岡田くんの話・・・共感できないですね(笑)

それとは対照的に、あまりに現実的な寺島しのぶと松潤の話。
あまりに寺島しのぶが現実的でねぇ・・・(笑)
まぁ、共感とは言わないけど、感情移入して見てました。


こういう対照的な二つの話を展開させたのが狙いなんでしょうね。


ただ、結局は黒木&岡田の話がメインなので、最後まで現実離れです。
ありえなーい(笑)まったくセレブ過ぎ。
しかも、黒木&岡田がボソボソと台詞を言うもんだから、はっきりと聞き取れなかった・・・。
あぁ・・・「フルタイムキラー」の時の反町隆史を思い出しました〜(笑)


印象に残ったのは、岡田くんの母親を演じた余貴美子が
黒木瞳にシャンパンをぶっ掛けるシーン。そこは思わず息を呑んでみてしまいました。
すげー迫力!

やっぱ私は寺島しのぶ演じる主婦の方の気持ちに近かったな。
あそこまでぶっ飛んでないけど(笑)
しかし、松潤がかわいい(笑)あれはかわいい!!
年上キラーに間違いないね。
岡田くんもかっこいいけど、やっぱ断然、松潤だなぁ〜(笑)


まぁ、恋したくなる映画だと思うんですけど、私は自己反省する映画でした(爆)
そして、寺島しのぶのフラメンコを踊るシーンを見てたら、
私もフラメンコを習いたい!と思ったりね。(影響されやすいタイプ)


年下かぁ・・・確かにかわいいけど、やっぱ非現実的だな(笑)
posted by ろんろ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

12/21 かぼす@初台DOORS VOW NEN KAI!?

かぼすの年忘れワンマンです。

ちょっとゆっくりしてDOORSへギリギリめに行くと、もう人がぎっしりでした(^^;)
ものすごい人だぁ〜〜。磯やんと山ちゃん見えるかなぁ??

客入れに時間がかかったこともあり、若干時間が押してスタート。

磯やんも山ちゃんもニット帽かぶってました。
かぼす手ぬぐいがグッズで作られてたんですけど、てぬぐいを頭に巻いちゃうと
あまりにガテン系ってことでやめたらしいです(^^;)

磯やんは、メガネ。山ちゃんは最初、サングラスだったんですけど、
途中からメガネに変更(笑)
しかし、汗でメガネが曇ると言って、メガネもはずしてました(笑)
って、レンズなしの仕込んだメガネだったのに(爆)
芸が細かすぎますよ、山ちゃん(笑)


私はかぼすは初めて。
「BUGってバンドの新曲が増えると、なぜか必然的に俺らの曲も増える」

確かにね(笑)

kyoさんの声を聴いて、いろんなこと、いろんな気持ちがよみがえってきた。
BUGツアーが終わって、1ヶ月半。
楽しかったいろんなことが、溶け出して、ちょっとじ〜んとしてみたり。
やっぱりkyoさんはkyoさんで・・・。

アコースティックで聴く曲たちは、どれも新鮮。
イントロのギターを聴いても、分からない曲もあった。
それだけアレンジも予想外でかっこよかった!!
山ちゃんの天才ぶりには、ホントに頭が下がります。
アコギもいいですね。って、今日の山ちゃんが弾いてたアコギは
磯やんのものみたいですけど(笑)

そんでもってやっぱり期待するのが山ちゃんのコーラス。
磯やんとの声の絡みがやっぱり最高で。

私が印象に特に残ったのは「歓喜の歌」「ばいなら」ですね。
特に「歓喜の歌」はね〜。こっちのアコースティックバージョンの方が好きかもってくらい。
すごく二人のハーモニーもよかったしね。
「桃色吐息」の山ちゃんのコーラスには、妹昇天か?!と思わず妹を見てしまいました(笑)

そして、曲半分、トーク半分の構成(笑)
いや、トークの方が長い・・・?(^^;)
ゆる〜いトークですけど、まったく爆笑させられっぱなしでした(笑)
私は、磯やんの「洋服の青山」ネタに心から爆笑しました(笑)

ホントにおもしろいですよ〜時間があっという間。

曲のタイトルもかなり面白かったですね。
「椎名林檎か菊池桃子」は最初分かりませんでした(笑)

そしてところどころで出てくるTAKASHIさんネタの歌詞・・・(笑)
もうね、ニヤニヤですよ、ちょっと変態ですよ(笑)
あぁ〜〜TAKASHIさんのベース聴きたいなぁ〜と、思わず心が何度か飛びました(笑)

いやぁ、音楽に酔い、トークに笑い、ホントに楽しい夜でした。

グッズも飛ぶように売れてました〜〜。
kyoさん30代最後のワンマンお疲れさまでした。
2006年最後のBUGはまもなくブドゥー館で!(笑)
posted by ろんろ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かぼすの酸味♪

かぼす@VOW NEN KAI?!行ってきました。

久々にkyoさんの声を聴いて、ホントに感激しました!!
ツアーファイナルから約1ヶ月半。
音源では聴いているけど、やっぱり生の声を聴いて、唄ってる姿を見て、
ツアーの記憶が甦って、じ〜んとしてました。

あぁ…この気持ちよ!!みたいな(笑)

山ちゃん磯やんのトークも炸裂(笑)
いやぁ、私は磯やんの『洋服の青山』ネタには爆笑でした(笑)

音楽もトークも充分満喫。
所々で出てくるTAKASHIさんネタに、思わずニヤニヤしてしまう私でした(笑)

あぁ…帰宅してなんだかんだして、3時間寝たのでこれから出勤です〜( ̄▽ ̄;)

ね、眠い…

詳細は追ってアップします。
posted by ろんろ at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

王の男

ようやく見に行けました。
私の中では話題作だったのですが、予想外に上映館が少なく、
なかなか予定に合わせて見に行くのが大変でした(^-^;

う〜ん…正直な感想、期待し過ぎてたかなぁと思いました…(^-^;

ストーリーは面白いと思うのですけれど…
なんだか間延びしてるなぁと思う部分あり、
もう少し詳しく描いてほしいと感じるような、物足りなさもあり…。

決して愉快な作品ではないです。終始重苦しい空気です。


イ・ジュンギの美しさは確かに見所ですけれど、
私は彼が演じるコンギルの気持ちを掴むことができませんでした。

彼の気持ちを理解することで、この作品も見えてくるのではないかと思うのですよね…。

彼の涙はとてもよかったけれど、ちょっと物足りないかな。

でも、出演していた役者さんたちは、誰も芸達者で、素晴らしかったと思います。

韓国では爆発的ヒットだったようですが、
日本でイマイチ興行が伸びてない理由がなんとなく分かる気がします。

はっきり白黒つけられる作品じゃないと思うのです。
見ている側が考える(推測する)部分もあると思うので…

まぁ、王宮での、人間同士の腹の探りあいの中に、観客も含まれているとするなら、
とても面白い作品と思うことができると思います。

まぁでも私は、ラブストーリーも好きですけど、こういうジャンルも好きなので、こういう作品に期待してます!

まぁ、1000円の日にどうぞ(笑)
posted by ろんろ at 05:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/19 THE TRANSFORMER@渋谷La.mama

今日は久しぶりのトラフォのライブです!ラママも久々だな〜。

トラフォ、2006年ちゃんとしたライブは年内最後です。
最近なかなか都合が合わなかったので、久しぶりで感覚忘れてないかな?(笑)、
2006年、私のトラフォ締めのライブしっかりと焼き付けたいと思います☆
しかし今日のラママは人が多い…(-.-;)
トラフォは2番目だったのですが、始まる前から暑いのなんのって…( ̄▽ ̄;)
しかし、いやがおうでも期待は高まります!!

予想外のかわいい?SEでメンバーさん登場!
直志さん…またもや暑そうな服着てますね(笑)

久々に直志さんの表情を見ることができて、心拍数上がった(笑)

しかし相変わらずの爆音バンドなのですが、
なんだか…直志さんの声の聞こえ方がいつもと違うような気がしました。
いつもと見てる位置はそれほど変わらないのですけれど…

いつもは一段高くなっているところの一番前にいるのですが、
今日は前に人がいらたからかな?
いや、聞こえ方が違うなぁと思ったのは直志さんの声だけだし…。
みなさんどう感じられたのか気になります。

違うっていうのは、直志さんの声そのものではなく、
マイクを通して聞こえてくる音の重さとでも言ったらいいのか…。
なんかちょっと軽くというか、空洞の筒のように聞こえたのですよね。
(って、表現が分かりづらいな・・・苦笑)


ま、それはさておき、今日は久々に燃えましたねぇ〜〜(^O^)
最近改めて自分がBUGツアー終了後、
抜け殻になっていたことを痛感してたんですよね。
なんか気持ちの高揚感が感じられなくて。
なんかうまく自分の気持ちを開放しきれてない。
もどかしかった。
VelvetSpiderのライブは予想外なこともあったし、
AKUHは、高揚するというよりは、じっくり聞くスタイルだし。
AoPは楽しいけど、まだまだ未知の部分も多いですしね。


そういう意味において、トラフォには全てを託してました。
やっぱり私の心を溶かしたのはトラフォでした。

久々に胸が高鳴った。

直志さんの眼力と歌に魅せられました。

本郷さんの素敵な歌も聞けたし、クリスマスアレンジからのギターから
new freedomに突入した時は最高でした(^O^)

butterflyでは俊くんのベースの音を堪能し、曲の世界観に酔いしれました。

LASTING MESSAGEでは、乙部さんのドラムがやっぱり最高(^O^)
直志さんより注目しちゃう!
フロント3人のコーラスは何度聴いても痺れますね!

ホントに気持ち良かった〜〜!

どの曲の合間だったか、直志さんがピックをくわえて、プッ!と吹き飛ばした瞬間、
思わず私は『あぁ〜』と言ってしまった(笑)しっかり姉に聞かれた(笑)

久々に気持ちを開放できて、幸せでした(^O^)
やっぱり大も聴けてうれしかった!!

しかし、ただ一つ、Julianのファンの方の非常識さにだけは閉口しました・・・。
いや、実際には閉口せずに文句言いましたけど(笑)
たった一人の空気を読めないファンのせいで、
バンド自体が悪く思われてしまう典型ですね〜。
私は以前にJulianをROUTE14で見たことがあって、その時の印象は悪くなかったんですが、
でも、今日のあのファンの行動ですべてが崩れ去った・・・。

ライブ中、いいとこ陣取って、ライブも見ずにベラベラしゃべる。
携帯を出しては、見てる。
ファンの合間を何度も行き来して、見ているファンの邪魔になってる・・・。
あんな人たちがいいとこ陣取ってたなんて、悲しすぎるわ〜。
ライブ見ないなら、さっさと出て行けばいいのに。
悪びれてないからたちが悪いよ。

ホント、胸ぐら掴んで『出ていけ!クソ女!』と言いそうでしたが、
グッとこらえて『うざいんだけど』とだけ言ったのは、私の良心ですよ。
でも、3回言ってやったから、理解できてもいいでしょう。
こういうことがあると、バンドの印象のみならず、
ハコの印象も悪くなるし、困ったもんですね。

他人のふり見て我がふり直せじゃないですけど、
あんなふうにはなりたくないから気をつけなきゃですね。

まぁ、その人のおかげで、カッと頭に血が上って、
テンションあがったからよかったんですかね(笑)
プチっとキレたというかね(苦笑)

年内最後のトラフォのライブ、きっちり締めさせてもらいました。
来年はもっとトラフォのライブ行きたいです(^O^)

それと、対バンがいいイベント、
いや、正確にはファンに常識があるバンドと対バンのイベントに出て欲しいですね(毒)
posted by ろんろ at 05:25| Comment(3) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

負けられないイベント

acalliの章人さんの日記が更新されていて、来年の2/23のイベントについて触れられています。

そうですよねぇ。先輩祭りですよねぇ(笑)
De-LAXとBUGの2バンドいたらね・・・(笑)

奇跡のブッキング(By章人さん)

まったくその通りです!私たちには夢のブッキングです!
着替えが複数必要になりそうなイベントですよ(笑)

もうね・・・楽しみすぎて、どうしよう(笑)
この前買ったチケットを何度も見てはニヤニヤしちゃいますね(^^)

チケットもSOLD必死なイベントです。

負けられないイベントです。
acalliファンとしてもBUGファンとしても。

まぁ、章人さんの日記では、De-LAXについてしか触れられていないのが
ちょっと不満ですけどね(笑)

は〜。今年もあと残すところ約2週間ですね。
今年は去年よりたくさんライブに行って、充実した1年でした。

って、もはや締めくくりになってるな・・・(笑)

とりえあえず、次はトラフォ!かぼすもある!
そして天嘉!
それまでに疲れを取らねば・・・
posted by ろんろ at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

あくなき執念

あなたのあくなき執念には言葉もないです。
ホントにすごいよ。

何がそこまであなたをそうさせるんだろうか・・・?

絶対周りが見えてないだろうなぁ。

人に気を使ってるように見えるけど、実は違うよ。
ってか、自分がどう思われてるのかって考えたことないのかな?
まぁ、たいてい空気読めない人って、このクチだよね。

自分で分かってないから、たぶん直らないだろうね。
堂々としてるっていうか・・・。悪びれないのがまた微妙ですけどね(苦笑)
posted by ろんろ at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

PUNKな夜の翌日は

身体が痛い…。
筋肉痛ではないのです。
慢性疲労です(笑)

ここ4日間でライブ3回。
しかもそのうち早番2日。
長丁場がこたえる…(爆)
何よりPUNKな昨日が一番キツかった(笑)


おとといの休みは、ヨガをキャンセルしてずーっと寝てた。起きれないくらいの疲労感…

昨日は大丈夫かな、と思ってヨガに行ってからエジパンのライブへ。
う〜ん…行きの電車で爆睡するほどの状態…
このままでは年末を乗り切れるか心配ですよ〜(´〜`;)
次の休みはトラフォだし。ライブ前に映画見ようと思うんだけど、微妙かなぁ??

今朝(と言っても昼)も起きれなくて、予定より5分遅く起きたら全てがバタバタでした( ̄▽ ̄;)
こんな時に限って宅急便が届いたりするのよね…。
受け取りもそこそこに家を飛び出す。

仕事の前にミーティング。
まぁすぐに終わると思うけど。
仕事の前にリポD買おう…。


そういや昨日友達と笑った話。
終演後、エジパンの物販で2/23のLOFTのイベントのチケットを買った。
そのチケットをふと見ると…

『BUG/他』

ワハハハ!!確かに間違ってはいないけどね!(笑)
まぁ、De-LAXは、後から出演が決まっただろうから、表示がなくても仕方ないんでしょうけど、
acalliは前から決まっていたのでは…?(笑)

ま、深く突っ込むのはやめよう(笑)
当初、チケットをどうしようかと迷っていたのですよ。
BUGで買うかacalliで予約するか。

恵まれないバンドマンに愛の手をキャンペーンは11月で終了したので、
BUGで買いました(笑)

あぁ…来月が2月だったらいいのに〜。
posted by ろんろ at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

12/13 AGE of PUNK/test-No.@初台DOORS

今日はASAKIさんのお誕生日です。
それを祝うtest-No.とAGE of PUNKとの2マンです(^O^)

中に入る列に並ぼうかとしていたら、章人さんとトオル氏発見…(^-^;
私は最初、章人さんには気付かなかったのですが…それでいいのかと自問自答(苦笑)

それ以外にも…予想外な方もお見掛けしたり…ま、これは置いておきましょう(笑)

さて、今日最初はtest。
魔太朗さんラスト2回です。
私が見れるのは今日が最後。
2〜3年前、よくtestのライブに行ってた時のことを思い出したり…。
感傷的じゃないはずなんだけど…やっぱちょっとは考えますよね。

今日は2マンということもあり、曲も多かったですね。
久々に聴いた『情熱サイレン』にはグッときました。
相変わらずRYOさんが若くて、驚かされますよね〜(笑)
傳さんは髪が短くて香取慎吾みたいで(笑)
魔太朗さんもいつもと変わらず素敵!!
しかし、私は上手側にいたので、RYOさんと魔太朗さんがモロ被りでした…( ̄▽ ̄;)

でもあのドラムソロはよく見えましたよ!!
なんだろう・・・淡々とした中にも、力を感じるドラムだなぁと常々思ってましたが、
やっぱりそうですね。歯を食いしばって、パワフルに叩くっていうスタイルとは違う。
でもやっぱり存在感ある。あのトライアングルの要の部分にピッタリで。
魔太朗さんがtestにいるのが当たり前だったから、
魔太朗さんがいないtestがちょっと想像できません…

でもそれぞれがそれぞれの道を歩くと決めて、
その残りの時間を少しではありますが、共有できたことがとても嬉しいです。

魔太朗さんお疲れさまでした。
新たな活動も期待しています(^O^)


さぁ、いよいよAGE of PUNKです!!
しかしやっぱり米澤さんのマイクスタンド高いですね〜(苦笑)
見てると首が痛くなりそう(笑)

しかし久々にAoPの米澤さんをみましたが、
すっかりPUNKな米澤さんになっていらっしゃいました(笑)
いやぁ新鮮(笑)
それでも『Sweet Cherry』はやっぱり似合っていない感じかなー(爆)
この時、微笑んでギター弾いて欲しかったなぁ(爆)←どうなの

でもASAKIさんに『いい笑顔してるねぇ』と言われて、はにかんでいる米澤さんは素敵でした!

岡崎さんもめっちゃ笑顔でしたねぇ〜!
白目むいてるように見える瞬間があったくらいですから(笑)

今日はよくHIROKIさんが上手側に来てくれてました。
上手に来る度に、『あぁ…super brunchの頃、好きだったわ…』と思ってました(爆)
ってかHIROKIさんがsuper bruchのベーシストだったと気付いたのはつい最近ですけど(^-^;

うぅ〜ん…人に歴史あり(笑)

そして今日、記念すべきお誕生日を迎えたASAKIさんは、アサキング!(笑)
HPがこんなタイミングで昨夜サーバーダウンしてしまい、
各国セレブからのお祝いのカキコができない&見れなかったことを嘆くMCをされてました(笑)

しかし大人の"タメ"を披露し、拍手喝采(笑)
私もだんだんAoPのライブが分かってきて、楽しかったですよ〜!
友人いわく、今日が東名阪の中で一番の盛り上がりだったようです!
そりゃあキングのお誕生日ですものね☆
ASAKIさん、確かにBUGの中では一番若いから、まだまだ若い!って思うけど、
四捨五入したら、もう・・・(以下自主規制)


一つ歳をとっても、これからもPUNKなお姿を見せ続けていただきたいです。

11日のAKUHのライブで高木さんが、
ASAKIさんは、風邪のために参加できないとおっしゃってましが、
やはり今日も鼻声でしたね。体調は大丈夫なんでしょうか??

いろんな人に愛されて、忙しすぎるスケジュールでしょうから(笑)、
今日のイベントが終わったらゆっくり休んで欲しいですね。

疲れましたが、非常に楽しいイベントでした。

妹の幸せそうな顔が見れて、私も幸せでした。
いいな〜私はそんな気持ちは記憶から消えちゃいそうだよ(爆)
1月すっ飛ばして来月2月になってくれ!!(笑)


あ、そうそう、アンコールではtestのRYOさんも登場。
米澤さんとRYOさんの絡みという貴重なものが見れてよかった〜(笑)
RYOさんが唄った愛情溢れるお祝いの唄最高でした(笑)

ASAKIさん、お誕生日おめでとうございます!
これからもかっこいい音楽を聴かせてくださいね☆
posted by ろんろ at 23:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

12/10 Velvet Spider@渋谷club asia

今日はken-ichiさんが加入して、初の音源の発売記念ライブ。
asiaは久しぶり。改装されていて、雰囲気が少し変わってました。

OAに2バンド。
RYOHEIさんがドラムのThe Space Funkoolも出ますので、私は非常に楽しみにしていました。

2番目がスペファン。
あぁ・・・全員メガネをかけて登場!!
うぉ〜〜〜!RYHOHEIさんのメガネ姿に・・・萌え(爆)
相変わらず素敵です。
ドラムの叩き方もまた素敵。私が好きだなぁと思うドラマーさんの中でも
けっこう異色な感じなんですけど、見ていて気持ちがいいです!
今日は知っている曲が多かったので、予想以上に楽しめました。
実は・・・ワンマン行きたいかも(笑)
しかし、なかなかRYOHEIさんが見えなくて、苦労しました〜
ドラム博士の気持ちが分かった日でした(笑)


さて、お待ちかねのVelvet Spiderの番。
待ちかねました〜。今日は下手側。Backyさんの正面あたりにいました。
お客さんもかなり入ってましたね。

しかし、メンバーさん登場して、度肝を抜かれた!
なぜなら!なぜなら!!!

JIMMYさんが・・・・豹柄スーツの上下だからだ!しかも素肌にジャケット!(爆)
あ、あ、あ・・・・・。
言葉を失うというか、あまりの似合いっぷりに頭が下がりました(笑)
この人のこれは、アリなんだ、ということを再認識した次第であります(笑)
まったくすげーよ、JIMMYさん・・・(^^;)

演奏が始まって、最後にken-ichiさん登場!
黒の皮のパンツに黒のニット。髪がパンクな感じ。
Valentine D.C.の「パロディ」の頃のような感じで、それで黒髪。
おぉ〜〜!とこちらも予想外な驚きでした。

1曲目からken-ichiさん気合いが感じられます。

私の位置からは、Backyさんはもちろん、Ken-ichiさんもよく見えるんですが、
それよりも大注目だったのが、やっぱりRogerさんのドラムです。
Rogerさんのドラムはマジでかっこいいんですよ〜〜。
あれはですねぇ、注目せずにはいられないんです!
かっこええ〜〜〜〜!大人の魅力満載のドラム!40歳越えて、さらに大人の魅力全開です!
忘れちゃならないのが「(I'm so)Tired of this world」のコーラス。
あれがもうたまらんです!
1度、叩くのに夢中になってコーラスを忘れそうになるRogerさんを目撃してしまいました(^^;)
ドラムソロなんて、もう口をあけてみてしまうほどにすごい!あれは圧巻でした。
もう一度見たい!!


ステージの横幅が広いこともあって、いつもよりはJIMMYさんのお姿は見えませんでしたけど、
やっぱりこの人は、豹柄のスーツも似合ってますけど、
フライングVのギターが似合いすぎる(笑)
ギターに負けない存在感がありますからね。
今日は白と黒のフライングV2本と、何台か使い分けていらっしゃいました。

そして、そのギターの脇には、あのBOOちゃんさんがしっかりとスタンバイ(笑)
あぁ・・・今年一番多く見たのは、BUGのメンバーでもVelvet Spiderのメンバーでもない、
まぎれもなくBOOちゃんさんです(笑)
BUGのライブにもVelvet Spiderのライブでもステージ脇にスタンバイしてますから(笑)

しかし、JIMMYさんのギターて、不思議な魅力がありますね。
私はベースを中心に聴く癖があり、あまりギターを意識して聴くことが少ないんですが、
JIMMYさんのギターは、思わず耳が音を探してしまう。
私の好きなタイプの音なんですよ。
特に「Make My Day」のイントロ部分はかなりツボですね。

ステージ上では、華麗なる速弾きで、ギター小僧をノックアウト!(笑)
私も思わず「Kenちゃん邪魔だナァ」と思ってしまうほどに、大注目でした。
今回、1度だけ、JIMMYさんが来てくれた時があったんですが、相当感動しました!
思わず「本物だぁ〜〜!!」って言っちゃった(爆)
それくらいすごい。

上手側のお客さんは相当盛り上がってましたね!


しかし、当日の感想をちょっとアップした時にも書きましたが、
とあるお客さんが、あまりに暴走気味というか・・・・
一人で奇声を発し続けていて、っていうか、空気読めよといいそうになった。
みんなお客さんひいてたんだけど、それれでも最後まで、彼女は声を出し続けた。
ken-ichiさんに一人で話しかけ続けていた・・・その精神力はまことにご立派です。
私にはできません。

1曲終わるごとに、私は沈黙が怖くなりました。
また彼女がわけ分からんことを言うのかと、ビクビクした。

最初はお客さん全体も、
「熱い奴がおるなぁ」みたいな、さほど気にしてない空気だったんですけど、
途中からは、さすがに「いい加減にしてくれよ」って感じで・・・。

何よりも私が気になったのが、曲の合間合間に話しかけ続けるので、
曲の空気とか、世界観が構築されたものが一気に崩れるのがいやだったんですよ。
もうね、その声で、曲の世界が台無しになるのがつらかった。

思わずken-ichiさんの表情をうかがってしまった。
何事もないようにされてましたけどね。

しかし、途中で歌詞がすっ飛んでた。
まぁ、昔から歌詞をよくすっ飛ばすことはあったし、いつものことだなって思ったけど、
なんか表情が冴えない。
大丈夫かなって思ってたら、もう1曲頭から全然歌えないのがあって・・・。
私の勝手な想像ですけど、もうあの時は、会場の空気すら凍りついたような気がした。

私は、ken-ichiさんの集中力が切れたんじゃないかなって思った。
なんか、いつものken-ichiさんらしくないなって思ったし、
やり直した後も、何かを振り払うように唄っているように見えて・・・。

ずっと私はハラハラしっぱなしでした。
またken-ichiさんが歌詞すっ飛ばしたらどうしようって思って。
その後は全然大丈夫でしたけど、私の気持ちが切れてしまいそうな感じで・・・
いろいろ考えてることを振り払おうと思ったけど、なんとなく無理だった。

たぶん、ken-ichiさん自身は、歌詞をすっ飛ばした後は、ちゃんと唄ってたし、
ご本人からすれば、私の言い分は勝手な想像かもしれませんけれど・・・。

今まで10年近くken-ichiさんが唄うのを見てきましたけど、
こんなken-ichiさんを見たのは初めてでした。

アンコールは1回。
私はなくてもいいなって思ったのですが・・・。

アンコールが終わって、ステージから降りていく時
Backyさんがken-ichiさんの肩をポンって優しく叩いていたのを見て、
あぁ・・・って思いを強くしました。
この「あぁ」って言葉に私の気持ちのすべてが集約されています。

ん〜不完全燃焼な感じが否めないですね。
せっかくのレコ発記念ライブだったのに・・・。
まぁ、奇声を発し続けた彼女だけのせいだとは思いませんけれど・・・。
なんかやりきれない気持ちです。今は。
こんな風な気持ちなのって、私だけなんかなぁ・・・???

来年1月に、大阪、神戸でライブは決まっていますけれど、
関東ではまただ予定が出ていません。
クリスマスの天嘉は、お祭りですからね・・・。

音源をようやく買えたので、ライブがない間は、
音源を細かいところまで聴いて待ち続けたいと思ってます。
とりあえず、4時間立ちっぱなしで、疲労困憊でした・・・。
posted by ろんろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12/11 AKUH@渋谷GIG-ANTIC

AKUHのワンマンに行ってきました。

インフルエンザの予防接種をしてもらった後だったので、なんだかちょっと体が違う感じ(^^;)

高木さんもYANAさんも話面白すぎ!(笑)
サーフィンで吐いた話が大爆笑でした(爆)←しばらく笑いが止まらなかった(笑)

しかし2時間半は長いっすよ(笑)むしろトークが長いような感じ(苦笑)
お二人とも、ホントにしゃべるのが好きなんですね(爆)
昨日のVelvet Spiderレコ発4時間に続き、2時間半の立ちっぱなしは非常に疲れましたよ(笑)
でも、みんなが楽しくゆったりと見れるように、お客さんに気を遣ってくるお二人で。
飾らない普段の二人の会話のような、まったりとしつつも温かいMCが
本当に面白くて、ほんの一部でしょうけれど、二人の素の部分が垣間見れたような感じで、
本当に楽しかったです。
高木さんも素敵ですけど、YANAさんも最高です!
YANAさんのドラムが、高木さんの位置と、対になるようにセットされていて、
いつもと違った角度でドラムを叩いている姿を見れて、すごく新鮮でした。


私は「戦争の名」という曲の、ずっしりくる重さがすごく好きです。
聴けてよかった。

ずっと高木さんの唄を聴きながら、高木さんの表情を見ていたんですが、
この人は全身で唄っているだなぁ・・・って改めて感じました。
高木さんの唄と出会って、まだ日が浅い私ですが、魅せられました。

明日はずっと寝てよう・・・おやすみなさい。
高木さんの「イノセンス」素敵でした。
posted by ろんろ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。