2005年10月31日

お泊り会

友達と久々にホテルでお泊り会。
やっぱり話の合う友達との会話は尽きないなぁ。

お互いの共通の話題であるバンドや音楽の話を夜な夜なお酒片手に語った。
分かってくれる人がいるってうれしいね。

しかし、4時くらいまで呑んでいたので起きたら顔がむくみまくっていた・・・・(--;)
posted by ろんろ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/29 REALLY NUTS@横浜7th Avenue

またまたやってまいりました。ハマエボ。そんな季節ですか。
ってか2〜3ヶ月に1回くらいありますね、このイベント(^^;)
このイベントの内輪的な雰囲気がどうも苦手な私ですが、
7thでのライブを見逃すわけにはまいりません。
やっぱり今日は残業になってしまいましたが、ガツガツ人様の分まで仕事をこなして、
途中で帰らせていただきました。っつーか今日は大変な1日だった・・・。

ま、それはよしとしまして。
前述の通り、私はハマエボの内輪的空気が苦手です。(プレハの内輪的空気も苦手だが)
しかし!!今日は対バンにJim JAMzが出るというので、期待は膨らみました!
なぜなら!なぜなら!半年くらい前にトラフォの対バンで見たことがあるのですけれども、
ベーシストさんの弾き方が、かつて好きだったベーシストの弾き方と似ているから・・・(爆)
あれは幻ではなかったのか!?ということを確認したかったのです(笑)←言い訳くさいな(^^;)

私が遅れて中に入ると、2番目のJim JAMzが演奏中でした。
私は人ごみを避けて、7thの奥の方に進みましたが、目はベーシストを追い続ける(笑)
出た〜〜〜〜〜!!!あのベーシストさんですよ!やっぱり弾き方似てますね(笑)
そしてついでに、顔もあの系統の顔なので、似てますね(笑)
音も私の好みだし、かなりポイント高いです。釘付けです!
私はあのベーシスト見たさに、ベースの音を聴きたさに、ライブに行きたいと正直思いました(爆)
Jim JAMzも演奏うまいし、ライブ楽しいですしね。
いやぁ、ちょっといいもん見ましたよ(笑)

しかし、今日のライブは17時から始まっているものの、6バンドも出るため、イベントが長い。
お目当てのバンドが少ないと、ホントに待っているのがツライです(^^;)
町田とは正反対・・・昔は7thでこそ、オイシイ対バンイベントが山ほどあったものだが・・・
仕事で脳みそ疲れきっていて、立っているのもつらかった・・・
その間に、ももいろハニー、cubicの演奏が行われました。
3年前のプレハでcubicを初めて見た時からなかなか言いバンドだなぁ〜って思っていて、
今回もちょっと期待していたんですけれども・・・・
あまり印象には残りませんでしたかな(^^;)
私の今日のインパクトキングは、既にJim JAMzのベースさんが持っていきましたからね(笑)

さてさてようやく5番目にREALLY NUTSの登場です。
な、長かった・・・ブーツ履いた足がむくんでしまうほどに長かった・・・(笑)

今日も清水さんのギターはフライングVを使われるようです。

SATORUさんの風邪は治ったんでしょうか??気になります。
そして岡田さんのベースは今日はどうなんだろうか?すごく気になります。

1曲目はプレハと同じ入りの「Looking for another day」。
プレハより全然いい!あの時の違和感はない。「お、今日はいけるかも!」と思った。
断然岡田さんのベースも今日の方がいい。やっぱり7thマジックなのかしら(笑)
7thはベースの音がすごくよく聴こえるハコですから☆
あ〜今日は何も考えずに楽しめる!と一安心するのでした。

ハマエボに皆勤賞ということもあり、リアリーでの会場のみんなのノリもすごくいい。
雰囲気がいいから、やってる方も見てる方もやりやすいんじゃないかな。
SATORUさん、明らかにプレハよりも動きがいいし、アグレッシブなような気がします。
私も何も考えなくてもいい分、頭を真っ白にして楽しめました。

今日印象的だったのは「アイデンティティ」ですかね。
今日はこの曲のベースの聴かせどころもプレハよりは私はよかったと思います。
やっぱり会場が狭い分、ステージもじっくり見れますしね。
メンバーさんのちょっとした動きもはっきり分かりますし。

今日は「砂の城」やってくれました。
あぁ・・・ホントにうれしい。この曲を聴かないと、リアリーのライブに行った気がしないもん(笑)
今日はいつも以上にSATORUさんの唄に耳を傾けた。
それは21gで賢司さんの唄を聴いたから?それもある。
やっぱり賢司さんの次に私がこの人だ!と思ったスペシャルなボーカリストですからね。
なんか・・・ちょっとした違和感を拭い去りたかった。
それと、ちょっとここ最近、私の心に迷いというか・・・いろいろ分からなくなることが多くて、
そういう意味で何かを掴み取りたかったからかもしれない。
何より私は「砂の城」が大好きで、この曲の存在を確認する意味もありました。

やっぱりいい曲です。ホントに。今日は梨生さんのコーラスレスなバージョンでした。
ないほうが私は好きかも(爆)←ごめんなさい(^^;)

やっぱり私はSATORUさんに対してのハードルが高いかもしれない。
なんか、変なこと言ってますけど・・・そうなんですよ。
高いからこそ、クリアした時の満足度は高いですしね。

私の中の3大ボーカルに、プレハで賢司さんの唄を聴いて、
あ〜四天王になるな、こりゃ、って確信して。
最近、四天王の活動が活発なんですよ。
Ken-ichiさん、直志さん、章人さん、そして賢司さん。
そういう四天王の私のハードルを考えても、
私はSATORUさんにも同じくらいのハードルを設けてます。
ちょっとやそっとじゃ納得できないし。だから、心から納得はなかなかできないんです。

そういう意味で、7thは、なかなか私の中でも納得度はそれなりに高かったような気がします。
ただ・・・毎回言ってますが、「砂の城」の最後のギターの音が消えるまで
SATORUさんはギターを持たないでください・・・(>_<)
最も余韻に浸りたいところだから!そこの空気が生む余韻があると思うんです。
まさに文章でいうところの行間です。
そこの空気感をもっと大事にして欲しいなぁ・・・お願いします。

今日はプレハでやった「Glory days」の位置に「Guilty」がきました。
こういう盛り上がるイベントでは映える曲ですね。決してプレハではやらないように(爆)

そして最後は「リアリズム」で終了。
いやぁ、いいライブでした。すごく熱かったし、盛り上がったし。
内輪的雰囲気が好きではないハマエボですけれど、
なんていうんだろう・・・出るバンド全部楽しもう!っていう空気はすごくいいですね。
ここ最近、そういうイベント少ないですからね。
楽しかったです。ホントに。プレハで感じた違和感はなかったです。

メンバーさんも見ていて楽しそうでしたね。
特にSATORUさんの動き見てて、そう思いました。
しかし、ちょっと最近選曲がマンネリ気味かな〜と思うのは私だけでしょうか?
ちょっと先が読めてしまうので・・・・
定番曲を聴きたい!っていうファンの気持ちと、マンネリって紙一重ですからね・・・
私は11/6のラママでマンネリ脱出計画を希望いたします。
私って、冷めてるのかな・・・なんて思ったりもするんですけど・・・。

あ、そういえば気付いたというか、気になったことが・・・。
ベースのマイクスタンドの位置、昔より下手側の端っこの方になったと思うのは私だけ?(笑)
昔はもうちょっと中央寄りだったと思ったんですが・・・(^^;)←7thの下手側好き的発言
いつも林さんがぶつかりそうになりながらベースを弾いていた記憶が残っているので・・・
じゃぁ、ギターのマイクスタンドはどうなんだ?って言われても、
7thで上手側にいたのなんて、Dustの時くらいだから分かんないんですけどね(爆)

やっぱり7thっていいハコですね〜改めて思いました。
ベース好きにはたまらないハコですよ☆

トリのair codeの後、セッションもありましたが、私はリアリー終了で帰らせていただきました。
air codeがどうも苦手・・・初めて見たライブの印象を拭い去れなくて・・・(>_<)
ハマエボは楽しい空気なんですけれど、
それはやっぱり身内的空気から生まれるものなのかなと、ちょっと冷静に思ったりしました。
仲良しバンドのイベントって、盛り上がりは格別なんですけれど・・・難しい。
それはプレハでも7thでも同じです。

ちょっと楽しいイベントの後ですけれど、考えてしまった私でした。
帰ろうと思って、7thの階段を駆け上がると、そこにcubicのボーカルさんが。
思わず勢いで「お疲れさまでした」と言ってしまった私(笑)
向こうも「お疲れさまでした」って返してくれたんだけど、
お互い、「???」みたいな空気だったろうな〜(笑)
posted by ろんろ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ハマエボ。

ハマエボ@7thより帰宅いたしました。
横浜が遠く感じた・・・・仕事が忙しすぎて疲れた後の横浜は遠い(^^;)

でもライブは楽しかった。エネルギーが満ち溢れてましたね〜7thに。
やっぱり7thは音がいいから好きだな。

いやぁ久々に聴いたJim JAMzのベースの音がマジで好みで倒れそうでした!
詳しくは後日アップ予定。
posted by ろんろ at 02:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

10/27 ROCK STYLE REVOLUTION@町田Play House

久しぶりにプレハに行ってまいりました。
なにしろ今日は楽しみな対バンHEARTSvsREALLY NUTSvs21gですからね!!
ありがたや〜〜って感じです(笑)

今日はHEARTSが2番目で4番目がリアリー。そして21gがトリ。
ライブ前にスタッフさん、賢司さん、朝さんと久しぶりに話をさせてもらいました。
なんかものすごく懐かしいような、でも何も変わってないような、そんな不思議な気分。
みなさん覚えていてくれてうれしかった〜。
賢司さんの「今日、見て行ってよ」ってお言葉は非常にうれしかったです。
朝さんなんて「久しぶり!」とかも言ってくれなくて、
以前と変わらない、くだらない話連発で懐かしさ吹っ飛びました(笑)

話に夢中になってると、もうHEARTSが始まってる!(笑)急いで中に入りました。

健次氏の上手側に立つ。
うわぁ〜健次だ〜!って気持ちが正直な気持ち(笑)
だってHEARTSいつ以来だろう?いつかFABで見て以来。
相変わらず健次氏素敵ですね。私の数少ない好きなギタリストの一人です。

聴いていて思いましたが、HEARTSは進化したなぁと驚きました。
音も厚みが増した感じだし、何より空気がすごくよかった。

私はかつて、サポートの日寿さんのベースがあまり好きじゃないなぁって思ってたんですけど、
今日音聴いてびっくりしました。すげーかっこいい音なんですよ!(笑)
音も弾き方もアグレッシブです。音の弾力とか、輪郭とか、あまりにツボで、
あやうく健次氏よりも注目しそうでしたもん(笑)

これはハコの問題かなぁ?
大体プレハで好みの音を出してるベーシストは大体好きだってことが多い。
前回は1年半くらい前のFABだったしな。あそこは日によって違うからね(^^;)
久々にイチオシって感じのベーシスト登場です。

さてさて健次氏はといいますと。
健次氏の声って、聴いている方が照れてしまうほどに甘い声なんですよねf^_^;
コーラスとかにはもってこいなんですけど、
隆史くんのパワフルなドラムとかぶると弱いなぁ・・・って思ってしまう印象だったし、
やっぱりギタリストとしての健次さんの方が私は印象的だったから、
歌を歌う人としてはどうかな、と思っていたんですよね。

でも久々に歌を聴いたら、この期間に歌い手さんの声になってきたなぁ〜と実感しました。
もちろん甘い声は健在ですけど、芯がしっかりしてきたというか、
強さがでてきたような感じで、完全にライブをリードしていたように思います。

隆史くんのドラムは元から私の好きなタイプのドラムなので、安心して聴いていられました(^O^)
なんかすごくかっこよかった。HEARTSは期待以上でしたよ!
しばらくライブの予定がないのがすごく残念(>_<)

さて4番目がREALLY NUTSです。
広い空間をどう使ってくるのか非常に楽しみでした。
清水さんは今日も白いフライングVを使われる模様。
しかし、ステージからセットリストの紙が丸見えだったんですよねぇ・・・始まる前から(爆)
う〜ん・・・興ざめなので、しっかり固定して貼ってください(--;)

1曲目は意表をついて「Looking for another day」。しかもいつもと入りが違うバージョン。
ん〜個人的にはあまり好みではない入り方かな(^^;)
そして非常に気になったのがベースの音。
清水さんのギターから始まって、ジャーン!ってすべての楽器の音が合わさる瞬間、
うにゃ!?って思わず目をむき出しそうになってしまった。
なんか微妙に何かがずれている・・・。ギターのような気もするけど、違う。
やっぱりベースなんだよなぁ・・・。チューニングしている時はけっこういい音出てたし、
今日はイケるかな〜なんて期待してたんだけど・・・何かひっかかるような感じだった。
私はこの1曲目をず〜っと引きずってしまった。

2曲目の「Change my life」〜「アイデンティティ」はすごくいい流れだと思いました。
「アイデンティティ」は広いライブハウスでも映える曲ですね。
しかし、この曲もベースで聴かせどころがもりもりな曲なんですけど、
どうも私の心の中で渦巻いているものが消えなかった。
聴こえ方の問題なのかなぁ・・・とあれこれ考えてみる私でした。

今日は「砂の城」はなかった。
私がREALLY NUTSのライブに行くようになって初めてかもしれない。
「砂の城」がないとなんだか落ち着かないな〜(^^;)

「サヨナラ」の次が「Glory days」。
この曲を聴いて、ピン!と来た。
今日のベースの音はこの曲にだけはピタリと合ったのですよ。
あくまで私の描く曲のイメージに対してなんですけれども。
これなんだよ!これ!!って思うところが大きかった。
この曲は全体的にもすごくよくて、大満足でした。
ご本人曰く、弾き方を変えてるだけなんだけどな〜ってことでしたが。

しかし、この曲からラストの「リアリズム」へのもっていき方があまりに強引で、
ちょっと苦笑というか・・・う〜ん・・・ありゃ、ちょっと無理ですよ!と
心の中で突っ込んでしまった。
たぶんこの展開は初めてだと思うんですが、やっぱりぎこちなさはぬぐえない感じで、
ちょっと「リアリズム」の入り方が弱くなってしまって残念・・・。

プレハは天井も高いし、空間も広いので、
音の聴かせ方って、他のライブハウスと違うと思うんですよ。
なんか今日のREALLY NUTSは、音がバラバラに聴こえちゃって・・・残念でした。
プレハは身内的空気の強いライブハウスなんで、
会場の盛り上がり方もかなりクールだと思うんですよね。
私は以前プレハに通っていた者として、
もうちょっといい状態のREALLY NUTSを聴かせて欲しかったなぁと思ってしまいました。
これが正直な感想かもしれません。


リアリーの余韻も冷めやらないまま、次はトリの21g。
あぁ、賢司さんの唄を聴くのは、Squallの活動停止ライブ以来になります。
HEARTSと同じく1年半ぶりですよ。
まぁ、ライブ前に賢司さんとお話させてもらったこともあって、落ち着いた気持ちで
ライブが始まるのを待っていられた気がします。

いつもならギターは大介さんなんですが、今日に限り、朝さんがギターを弾くってことで
私にとってはうれしいハプニング。朝さん、MCはすべりまくりで、お約束ですね(爆)
裕之さんも下手にいるし、もうまるで・・・・・・・。
あぁ〜裕之さんカッコイイ・・・存在だけで(笑)

初めて聴く21gでしたが、すごく賢司さんらしい曲が多かったですね。
初めて聴いたけど、初めてじゃないような。
Squallの時に感じていたような、すごく広い世界観。やっぱプレハにマッチしてる。
賢司さん、相変わらず唄うまいし、存在感は抜群。

あぁ、やっぱりこの人はすごいなって改めて思ったし、
1年半前までにはいろいろとあったし、Squallは私の心の中の奥にしまわれた思い出だった。
でも、そこの鍵をようやく開けられそうな気分になった。賢司さんの唄を聴いていたら。
全てを洗い流してくれそうな、優しさと強さのある歌声。懐かしくて、嬉しかった。
賢司さんは大人だよ、ホント。カッコイイです。ホントに。
また好きになりそうだったな〜〜(笑)

しかも裕之さんのベース!!クラクラしちゃったわぁ〜(笑)
チューニングの時からもう、私のツボを突きまくってくださいまして(笑)
昔からプレイスタイルはかなりクールだと思うんですけれど、
なんか久々にクールなスタイルが似合うベーシストを見た!とすごく満足でした(笑)
むしろSquallの時よりも輪郭がはっきりするような音になったような気がしましたけど・・・
久々に裕之さんがベースを弾いている姿を見れて夢心地!!
ライブを見に来ている姿は何回かお見かけしたことはありましたが、
ベースを弾いている姿を見たのはSquall脱退ライブ以来ですから、約3年ぶりですよ!
そりゃ〜ときめきも増大しますがな(笑)
あぁ、プレハに来てよかった☆

今日は21gが全てだったような気がします。癒されました。
さすがプレハ慣れしてるバンドは違いますね〜HEARTSしかり。
いやぁ、21gの存在感はすごかった。安心して見ていられたしね。
今日はリアリーが霞んでしまうほどに21gデーでした。CD買ったし☆

いやぁ、久々に好みのバンドが大集合した楽しいイベントでした。
こんなライブがまたあるといいなぁ〜なるべく近いライブハウスで(爆)
posted by ろんろ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大忙し!

仕事を半休であがり、ライブに備える今日。
そう、27日は夢のライブ@プレハですよ!
HEARTSが!REALLY NUTSが!そして21gが!!


最近は「四月の雪」と「私の頭の中の消しゴム」をみて、
「ベルベット・レイン」の2回目を見た。
まさに映画三昧です。
そして「アラハン」も観に行かなくては!と思っている最中。

ま、そんなこんなで映画に夢中になっていることの多い最近の私ですが、
今日はライブに夢中!

久しぶりにHEARTSが見れたし。なにより久々に賢司さんが歌い、裕之さんがベースを弾き、
朝さんがギターを弾くのを聴いた、そして見た。

なんかいろいろ頭をよぎりましたが、やっぱり素敵だなぁと思いました。
心のモヤモヤが晴れた。癒された気分。久しぶりに元気になれました☆

詳しくは後日アップしたいと思いますが、アップすべきことがたまりにたまってますな(^^;)
posted by ろんろ at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

映画デー

今日は会社の同僚と韓国映画を2本立てで観てきました。
「四月の雪」と「私の頭の中の消しゴム」です。

いやぁ〜やっぱり映画っていいですね☆

感想は後日詳しく書きたいと思います。
今日、最も印象的だったのは「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンです!!
素敵でした!!全員絶賛でしたからね!
ありゃ〜いいですよ、ほんとに。見たら分かります!
今日は、1日、ソン・イェジンちゃんデーでした(^^)
posted by ろんろ at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

お弁当

給料日前にもなりますと、どうしても懐具合も寂しくなり。
月の中旬〜下旬はお弁当を持って会社に行くことが多くなります。
しかし、このお弁当っていうのが、料理が得意ではない私にとっては一苦労なんですよ(--;)
自分の母親が作ってくれたようなお弁当なんて絶対作れないんですよね(笑)

私は1人暮らしなんですが、そうすると、どうしても食材が余ってしまい、
なかなか野菜を普通のスーパーで買っても腐らせてしまうことも多いのんです。
そんなのはもったいないので、あまり確実に夕飯を家で食べる早番の時しか
食材を買い揃えないんですけれども、お弁当を作るとなると、
ある程度食材がないと用意ができないですよね。まったく頭が痛い(--;)

私はおかずを作れない(爆)←それってどうなの
だからお弁当も夕飯もどうしても単品料理が多い。チャーハンとか野菜炒めとか(笑)
あ〜まったく何年1人暮らしやってんだかって感じですよ(笑)
まぁ、実家にいた時、あんまり手伝いとかしなかったもんな〜
母のありがたみを知ると共に、自分の情けなさを感じます(反省)
しかし、母は私の手際の悪さにキレてましたからね〜たまに手伝っても(爆)
さすが私の母(笑)手伝われる方も手伝う方もいいことない(笑)
ピリピリムードの台所(爆)

料理はセンスだとよく言うじゃないですか。
まさにその通りなんですよね。私、料理のセンスはまったくないと断言できる(笑)
だって「コショウ少々ってどれくらい?」って悩む人間ですからね(笑)
卵焼きなんてきれいに巻けないから作れない。
そういや私、お味噌汁も作ったことがない(爆)

あまり味付けをしなくて済むような料理しかしてないです(爆)
だからいつまでたっても料理が下手。
唯一母親から認定されている料理がカレーですからね(^^;)←誰もが作れる
一応カレーにはこだわりがあるので、少しはマシみたいです(笑)

まぁ、そんなこんなで、今、最大の私の関心事はお弁当です。
同僚のお弁当をチェック!おかずをチェックしたり、作り方を聞いたり・・・
作り方を聞いても作れないんですけどね(爆)

まぁ、料理が下手なりに、最近は毎日お弁当を作っているわけですが、
やっぱり自分の料理って、味が想像できるから、お弁当を食べる楽しみが全然ないんですよね。
そこがやりがいのないところなんですけど(笑)

早番だと4時に起きなきゃなので、お弁当を朝に作ってたら3時に起きなきゃいけなくなるので
早番の時は、前の日の夜に作ります。
遅番だと午後から仕事なんで、お弁当は夕飯用ということになるのですが
私は典型的夜型人間なので、起きてからお弁当を作るなんて絶対無理。
眠いからお弁当なんてや〜めた!ってことになりかねないから、
遅番も夜の12時くらいに帰ってきてから作っているんですよ。
お昼のお弁当を夕方に作るのは、夕飯ついで、っていう形があるから、
まだ作れるんですけれど、お弁当のためだけに料理するって、ホント気分がのらないと無理。
料理が好きな人だったらいいでしょうけれど、私のような人間にはホントにつらい作業(笑)
金欠じゃなければ、絶対に作りません(爆)
もう同じメニューの繰り返しになるので、
今は主婦の方ように、お弁当のおかずに頭を悩ませる日々です(笑)
レベルの低いチャングムと呼んで下さい(笑)←違いすぎ

とりあえず、いつもの私ができる程度のメニューに自分なりに一工夫して、
飽きないようにするのが目下の目標。(低レベル)
とりあえず、今のところ、苦痛に感じない程度に続けられているので、
頑張ってるな〜と自分を褒めたいくらいだ(爆)

一品料理を脱却して、本格的なお弁当を作れるようになりたいな〜
それって、残り物とかで料理ができるってことだから、それってすごいことですよ。
うちには残り物とか存在しないもん。おかずが少ないし(爆)
だからおかずを作ることから始めなきゃかな。きんぴらごぼうとか。
あ〜きんぴらごぼう・・・ごぼうを買うって行為が私にはありえないんですけど(笑)
だって、ごぼうを使った料理がきんぴら以外にすぐに頭に浮かばないんだもん(爆)
アク抜きも面倒だしな(爆)←料理の禁句「面倒」をとうとう使ってしまった・・・(^^;)

まぁ、会社の同僚も、お弁当なんて冷凍食品とかそんなもんだよ、と言ってくれるし
実際冷凍食品ものを織り交ぜて作っていた時期もあったけど、
それもいつの間にかしなくなってたしなー。たぶん気力の問題だと思います(笑)

ついこの前までは、異動辞令がでて、実際異動して、ストレス爆弾を抱えて
精神的にも肉体的にも参ってる日々が続いていて、
お弁当を作るなんて、冗談じゃねぇ!って日々だったんですよ。
でも、最近は少しストレス度数下がったかな。
マジ切れしてしまう時もあり、いまだに精神的には全然落ち着いてはいないですけど、
少し前よりは余裕があるので、お弁当も作れるんでしょうな。

簡単でおいしいお弁当の作り方をぜひぜひマスターしたいと思う今日この頃です。
その前に味付けマスターせにゃならんだろうな(笑)
posted by ろんろ at 02:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

千年の愛

待ちに待った韓国ドラマ・「千年の愛」のDVDの
Vol.1(1〜2話)、Vol.2(3〜4話)が届きました!
バリ出来でファンになったソ・ジソプの出演作です。
この作品は、ジソプ氏をキャスティングすることを前提に描かれた作品ということもあり、
非常に期待大です!

今、ちょうどVol.1を見終わったところなんですが、非常につらい。見続けるのが(笑)
話が展開していく上での基礎となるちょうど1000年前の百済の時
ジソプ演じるアリ将軍とソン・ユリ演じるプヨ姫が出会って愛し合うけれども
引き裂かれてしまうという話がこの1〜2話なんです。
しかしまぁ、これがけっこうつまらんのですね〜(笑)
韓国ドラマって、だいたいみんなそうなんですよね。1〜2話を乗り越えられるかどうかで
これから先見続けられるかどうかが決まる(笑)
私は見るに耐えないな〜と思う部分がけっこうあったし、眠かった(爆)

「こんなんで最終話まで見続けられるのか?」と不安になってしまった私は
ネットでいろんなサイトの感想を読みまくりました。
やはり案の定、このドラマも1〜2話がキツイらしい(笑)
これを乗り越えて、話が現代になると、テンポもよく面白くなっていくみたいです。
こんな感想を読んで、安心しました(笑)
1〜2話がつまらんと感じているのは私だけではないのね(^^;)
そしてこれからが面白くなると思えば、未来は明るい(笑)

しかしこの1〜2話だけでも相当ツッコミどころが満載すぎてどうしたらいいんでしょう(笑)
ここに書ききれないくらいだ(笑)
まぁ、この2話で百済の時代の話を終わらせようとしたこともあり、
もう1〜2話は、めまぐるしい話の展開で、えぇ!?と何度言ったことか(笑)
そして、敵役のキム・ナムジンが日本人の役なんですよ。
周りの人々も日本人ってことなんですが、相当無理があります(笑)
一生懸命日本語を話しているんだけど、どこから聞いても日本人が話す日本語じゃない(笑)
ホントの日本人は1名くらいですね(笑)
そしてなぜか日本での舞台は秋葉原(爆)
今でこそ脚光を浴びているアキバですけどねぇ・・・(苦笑)

しかしやっぱりジソプ氏はいいですねぇ〜〜演技うまいし!やっぱり目が素敵です。
気になるといえば、やっぱり私は彼はバリ出来のイヌクのイメージが強烈すぎて、
今回の役はなんかちょっとチャラい感じというか・・・
よく喋るし、なんかこう・・・違和感というか、正直驚きます。
やっぱりジソプ=イヌクってイメージが出来上がってるからなぁ(^^;)
これからの展開が気になりますね。これからどう私の持ってるイメージが変わるか楽しみです。

そしてジソプといえば!今、私が最も見たい韓国ドラマが「ごめん、愛してる」です。
あぁ〜〜〜!!これだけはどうしても見たい!!早くDVD化されないかなぁ〜〜。
こんな感じでジソプ熱が再燃してしまった場合、思わず写真集を買ってしまわないか
自分が少し心配です(笑)バリ出来もまた見たくなった・・・(笑)

さて、明日はVol.2の3〜4話を見なくちゃ。
posted by ろんろ at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ/韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

12月が待ちきれない!

Valentine D.C.の1日復活が決定しました。
場所やチケット等の詳細ははきりしていないんですが、12/24に決まりました!
うわ〜〜〜い!!ほんとにほんとにうれしいよぉ〜〜〜(>_<)
クリスマスイブ・・・暇でよかったな、私(爆)
久々に本気モードで挑みまっせ!(笑)
ヘドバンとかみんなやるのかしら?(笑)←え
曲何やるんだろうなぁ〜?もう気になって気になって仕方ない。
あれもこれも聴きたいし!あ〜心躍る日々です☆

そしてもう一つニュース。12/1Velvet Spiderのワンマンも決定!
あぁ、もう私は幸せですわ〜
12月にはKen-ichiさんのライブが2本もあるなんて〜♪
久々にやる気に満ちている私です(笑)
posted by ろんろ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

おめでとう!!

千葉ロッテ優勝おめでとう!!感動して泣いちゃいました!
千葉県民として本当にうれしいです(^0^)
32年ぶりでうすから喜びもひとしおですね。
あぁ〜日本シリーズでも勝たせたいっ!!
阪神vs千葉ロッテ。面白くなりそう〜〜〜!!
posted by ろんろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと期待!?

さっき、Velvet SpiderのHPに久々に行ったんですが、
ウェブマガジンでボーカルのKen-ichiさんとギターのJIMMYさんが
インタビューを受けたということで、早速見に行ってきました。

ken-ichiさんがVelvet Spiderに入るまでの経過などを率直に答えてくれています。
面白かったです。

そこに気になる言葉が!!!!
「今度、遊びでValentineでやるんですけど」

えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?マジっすか!?
ホントにホント!?
それが実現するならホントにうれしいっ!!!

今、ドキドキすることが少なくなったなぁ〜と思う私ですが、
これはホントにうれしい。久々にドキドキした!血圧あがりました(笑)

ライブやってくれるなら何が何でも参加します!!
あ〜なんか希望がわいてきた(笑)

ウェブマガジン・BANG☆BE
posted by ろんろ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

TUBE(韓国映画)

DVDを借りて、韓国映画の「TUBE」を見ました。
本来は映画館に行って観ようと思っていたんですが実現できず、ようやくDVDで見れました。

まず、第一印象から。
う〜ん・・・ちょっと分かりづらいことが多い気がします。
善悪とか、そういう役者の立場は一目瞭然だし、展開も、テロリストと刑事が地下鉄で
ハラハラドキドキの展開を繰り広げるってことで分かりやすいんですけれど、

なんだろう・・・背景が見えない部分が多い。
パク・サンミン演じるギテクがテロリストになる経緯は分かりましたけど、
キム・ソックン演じるチャン刑事があそこまで執拗にギテクを追いかける理由も
イマイチすっきり分からないし、べ・ドゥナの関係も私には最後まで分からなかった(^^;)

しかも、007ばりに「えぇ〜!?そりゃありえんだろうよ!」っていう展開の連続(爆)
チャン刑事は不死身だった・・・トランプのおかげで銃弾が貫通せずに済むなんて!
アンビリーバボーですよ(笑)
しかも、地下鉄駅構内にマウンテンバイクで突っ込んでいくなんて、
いくら刑事でも許されんだろうよ(苦笑)
改札をバイクで飛び越えてましたからね(笑)そこは笑いどころだった(笑)

まぁ、でも全体的には面白かったですよ。やっぱり迫力ある展開でした。
爆破シーンとか、さすが!と思いましたよ〜。
まぁ、こういうありえないアクションシーンとかって、やっぱり邦画じゃないから
すんなり見れる部分は多い気がしますね。
日本でアクション映画っていったら、千葉真一しか思い出せない(爆)←え
あんな爆破シーンとか、ちょっとリアリティーがないですよね、邦画だと。
韓国映画だからリアリティーがあるってわけじゃなく、
なんだろう・・・よその国の話だからこそ、すんなり見れているんだと思うんですよ。

なんだかんだ言って、ラストシーンでは思わず涙を流してしまいました(^^;)
ペ・ドゥナとキム・ソックンのあの2人のつないだ手が・・・・あれは切なかった!!
あの時のペ・ドゥナの演技は素晴らしいなぁと思わずにいられませんでした。
あの役は彼女には適役ですね。

チャン刑事のような、一匹狼のような刑事は韓国映画では頻繁に出てきますよね(笑)
そしてオトボケ上司の存在はもはやお約束(笑)
そうそう、今回はオトボケ上司を始め、ドラマでお馴染の俳優さんが多かったですね。

キム・ソックンは、非常に雰囲気のある俳優さんです。
見ていて、松田優作と重なる時が何度もありましたよ。目が素晴らしい。
なかなかあそこまで世界観を出せる俳優さんってあまりいないような気がします。
しかし、一瞬、チョウ・ユンファに見えた・・(爆)似てるよ!あれは(笑)
顔の輪郭とか、髪型とか。一瞬「男たちの挽歌」を見てるのかと錯覚してしまった(爆)

全体的には満足度は高いですけれど、なんだかスッキリしません(^^;)
やっぱりラストがあのような終わりだからでしょうか・・・
いや、あの終わりだったからこそ、私には非常に印象に残りました。
正反対の終わりだったら、もっとケチョンケチョンに感想書いてただろうな〜(笑)
しかし、もっと違う方法はなかったものだろうか・・・と思う。それほどせつなかった。

パク・サンミン演じるテロリストのギテクは、最後どうなっちゃったんだろう?
あれって生き延びたの?疑問だ〜〜!!(笑)
posted by ろんろ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ/韓国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

最近の私

最近・・・なかなかお疲れモードが抜けません。
季節の変わり目ってことも影響しているんでしょうか??
1週間に2回もマッサージに行ってしまいました。
今日は久々にお休みだったんですけれど、
予約していた化粧品のお取り置き期限が迫っていたので、船橋西武まで出かけました。
私は船橋西武にあるリフレクスソロジーがお気に入りなのです。
今日も軽く30分やってもらおうかな、なんて気持ちで出かけたんですけれど、
平日の昼ということもあって、空いているらしく、
猛烈に60分とか80分のコースを勧められた(笑)
迷った私は結局20000円分の回数券を買って、60分のコースを受けることにしました。
やっぱり長いとその分たっぷりいろいろやってもらえるので気持ちいいですね。

最近は体はもとより、精神的にも疲れていることが多いのです。
ん〜ホントに病んでるな、って思うこともしばしば。
だって、人と会話するのがおっくうというか、面倒だったりする時があるんですよ。
1人が気楽ですごくいい。だから最近休みの日でも1人で出かけたりすることが多いですね。
なんなか相手のペースに合わせるのって難しいのに、精神的に参っている時は
そんなことに気を使うことができなかったりしますからね・・・
人と話したりするのがおっくうって、かなりヤバイ段階のような気がしてなりません。
この私が人と話すがの面倒なんて・・・

会社で無理にテンション上げて電話に出てたりするのが疲れる。
相手は目上の人ってことも多いし、
自分のせいじゃなくてもあれこれお小言を頂戴することもあり、
クソババァと罵ってしまいたい衝動を抑えるだけで精一杯です。

こんな精神状態なので、リラックス効果を求めて、ハーブティーを飲んだりしています。
今は、パッションフルーツとオレンジがブレンドされた紅茶を飲んでいます。
香りに安らぎますね。私は普段、コーヒー派なんですけれど、こういうリラックスな香りは
紅茶独特ですね。紅茶とかお茶もいいなぁと思い始めています。

紅茶がいいなぁと思い始めたのにはもう一つわけがあって、
今、私は2冊の本を同時進行で読んでいます。
一つは映画「セブンソード」の原作の「七剣下天山」と
もう一つは、「お茶と探偵」というシリーズの第1巻。
ティーショップを営む主人公の周りでおきる事件のお話。
いろんなブレンドのお茶が出てきたり、紅茶のレシピがついていたりと、
なかなかおもしろいんですよ。
なので、ちょっと紅茶に興味を惹かれはじめたというわけです(笑)←単純


「七剣下天山」は歴史認識も必要ですが、中国ならではの言葉とかいろいろでてくるし、
(例えばタイムリーなところで'江湖'という言葉とかもそのまま使われたりしてますが、
 解説みたいなのはないですから、語彙が少ないと分からないことがたくさんあります)
やっぱり登場人物の名前が似てたりするので、すごく注意深く読まないと、理解が難しい。
そして、映画の原作と思って読んでも、内容がかなり違うので、
そのままのイメージで読むと混乱するかもしれません。私も最初、そうでした。

「お茶と探偵」の方も舞台がアメリカなんですけれど、なんか紅茶っていうと
イギリスっていうイメージがあるので、なんだか私の頭は混乱してます(笑)
しかも、これは現代の話なんですよ。
私がよく読むのは、アガサクリスティーとか、そういう時代の推理モノが多く、
現代のお話はなかなか読まないので、慣れるのに時間がかかりました(^^;)

なので「七剣下天山」は、寝る前の静かな時間に集中して、
「お茶と探偵」は、電車で移動してる時とか、コーヒーショップでコーヒー飲みながら
気楽に読んでます。

仕事じゃない時くらいリラックスしなきゃもたないですよね。

いいリラックス法がありましたらぜひぜひ教えてください。
posted by ろんろ at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

10/10 REALLY NUTS/RaFF-CuSS@渋谷La.mama

今日は久々のラママです。1ヶ月ぶりのリアリーのライブ。
そして久々のRaFF-CuSSのライブですよ!
やっぱり対バンがいいとうれしいですね〜がぜんやる気出ます(笑)

今日は1番目がリアリー、2番目がRaFF-CuSSということでした。

あ〜リアリー久々だなぁ〜と思うと同時に、やっぱり久々なだけに、どれだけバンドの音とか
曲のアレンジとかが変わったりしてるか気になるし、期待もしてました。

メンバーさんの装いも秋らしくなってきましたね〜
ジャケットみなさん着てました(梨生氏除き)。

1曲目からいきな「Change my life」でちょっと驚き。
何より岡田氏のベースの音が違うのでそれにも驚きました。
毎回違った音なんですけれど・・・今日の音が一番好きかもしれないなぁ。
私は厚みのある音が好きなんで、今日の音が私の好みには一番近いですね。

そしてこれは以前にも書いたかもしれませんが、「アイデンティティ」のイントロ部分、
フロント3人が同じ体勢でそれぞれギターとベースを弾いているんですけれど・・・
どうもそれがビ系くさいんですよねぇ・・・(笑)
いや、それが悪いんじゃないんですよ。むしろ好きなんですけどね(笑)
このバンドは、時々そういったビ系くささが垣間見える時があるのです(笑)

そしてやはりこれは外せない。「砂の城」。
やっぱりこの曲はいい曲です。これ抜きでは、私はリアリーを語れない。
音源のアコースティックな感じも好きなんですけれど
ライブでの「砂の城」が一番好きですね。
やっぱりダイレクトに胸に響く。やっぱり寄せては返す波のようで。
さっきまでの熱い空間とは異次元の空間に囲まれたようです。
最初若干SATORUさん、音が聴きとりづらいような感じでしたけど、
やっぱりSATORUさんの世界観がすごくにじみ出ていて、じ〜んとしました。

新曲「サヨナラ」は私は初めて聴いたんですけれど、やっぱりSATORUさんらしい曲ですね。
根底にある世界観って、揺るがないものだと思うのですよ、やっぱり。
まだ1度しか聴いてないなので、もうちょっと聴きこまないと
分からないことがたくさんあるのですけれど、印象はすごくよかったです。

ラストは「リアリズム」。やっぱりこの曲のもつオーラってパワーがありますね。
すごく聴いていて安心して聴いていられました。

今日はSATORUさんの手やら目の動きがすごくアクティブでした。
今日はSATORUさんビジョンになってました〜私の視線は(笑)

でも、それ以上に気になったのは、清水さんのフライングVかもしれません(爆)
だって今日は最初から最後まであの白いフライングVだったのですから!
そう、「砂の城」さえも(笑)

しかしギター音痴な私は、音の違いがよく分かりません(爆)
ベースの音なら敏感なんですけど・・・(^^;)
いやぁ、まだまだですなぁ、私も(笑)

それだけじゃなく、清水さんもいつも以上にアグレッシブな動きでした〜
ステージ狭しと動き回っている感じでしたものね。

次回私が参戦予定のプレハはステージ広いですからね。
思い切り動き回っていただきたいと思います!

約1ヶ月ぶりのライブでしたが、ライブに行けたことがすごく楽しかった。
細かいこと云々よりも、音が心地よかったし、純粋に楽しめました。
すごく新鮮な気持ちでライブを見ることができました。
アレンジがやっぱり変わってたり、いい意味で変化してるリアリーを見れて嬉しかった。
次回のプレハ、これは相当期待大ですよっ!

続きを読む
posted by ろんろ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

ベルベット・レイン

見て参りました、ベルベットレイン。

相当期待して見に行ったんですが・・・もっと深く掘り下げて欲しかったかなと思います。
1時間半は、ちょっと短い気がして・・・。

やっぱり香港映画なんで、お馴染の顔がズラリなわけですよ。
特に脇役で。インファナル・アフェアか!と言いそうになった(笑)
そこがいろんな意味で香港映画の面白いとこなんですけれどね(笑)

題材は香港映画のお得意分野だし、映像としては新鮮でした。
しかし・・・ちょっと物足りなかった。
インファナル・アフェアみたいな劇的な展開を期待しすぎるとよくないかもしれませんね。

私は期待が大きすぎたのかな(笑)
ただ、話がいろいろ複雑なんで、もう1回は見ないとすっきりしないかも。
もう1度見たら、納得できる部分はあるかもしれないですね。

私はジャッキー・チュンが出た映画を観るのは、なんと実は初めてだったんです。
なので、あのレフティーの演技が、いつものジャッキー・チュンのスタイルなのか
はっきり言って分からないんですが・・・
ちょっと馴染むまで時間がかかりました。
ジャッキーは善人顔だから、なんかこういうヤクザ役に違和感あったんですよ(笑)

その点、アンディ・ラウのボス役は、非常に素敵でした!大人!!
やっぱりショーンもエディソンもまだまだ及ばないな〜なんて思ったし(笑)
惚れ直しました!!特に産まれたばかりの赤ちゃんを抱くシーン・・・
あぁ〜〜!!なんて素敵な優しい笑顔なんでしょうか!赤ちゃんもめっちゃかわいかったし!
あれ、けっこう感動的なシーンでした。
アンディの映画「イエスタデイ ワンスモア」が22日から公開されるので、
それを猛烈に見に行きたくなった!って、レイトショーなのがイケてないけど・・・
yesterday.gifオフィシャルサイトを見れば見るほど見たくなります!


そして何よりショーン!!!
私がこよなく愛してやまないショーン・ユーですが・・・
内なる狂気を秘めた役どころのような感じでしたね。セリフも少なかったですし。
まぁ、それはすごく難しい役どころだと思いますが、すごくいい目をしていたと思いました。
ただ・・・もう少し「色」があってもよかったような気がします。
もう少し色をつけてほしかったかな、と。強烈さは足りなかった。

それと、気になったのはエディソンかなぁ・・・
ちょっとあの役とイメージが合わないというか、ちょっと違和感感じる部分がありました。
彼の役も難しい役だと思うんですけどね・・

でも、一番好きなシーンは、兄が罠にはめられて、それを助けに行こうとするショーンを
エディソンが力ずくで止めるシーン。あれはかなり印象に残るシーンでした。


やっぱりもう1度見ないと、私の中のモヤモヤが解消されそうにありません(^^;)

ショーン演じるイックとエディソン演じるターボのつながりとか、
イックの過去とか、もっと話が膨らむともっと面白かったと思うのですが・・・

今回は・・・香港映画好きの人にはおススメしますが、
香港映画をあまりご覧になったことのない方にはあまりおススメできないかも(^^;)
posted by ろんろ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(7) | 香港映画/中国映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

旅終了

今羽田に着いたところです。
楽しかった旅も終わってしまいました。

昨日は京都のホテルでスイートに泊まってしまった!
夢のような日でした。おばんざい食べたり、散策したり。

今日は最後に平安神宮と南禅寺をまわりました。
すると平安神宮では結婚式を偶然にも見ることができたんですよ!
白無垢で神前式もいいものだなぁと思わず見取れてしまった(^O^)

南禅寺をまわったところで雨が降ったので、ホテルへ戻り、ブランチ。

ホテルのローストビーフが絶品でしたo(^-^o)(o^-^)o
京都って素敵な街ですね〜やっぱり。
歩くことが苦にならない。
久々にストレス発散!命の洗濯ができました(^O^)

今羽田からバスにて帰宅途中ですが、現実に戻ることがかなりツライ(苦笑)

VFSH0054.JPG
平安神宮
posted by ろんろ at 19:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

八坂神社

image/ron-ro717-2005-10-06T20:14:29-1.JPG

夕暮れの八坂神社。
何年ぶりだろう〜。懐かしかった☆
posted by ろんろ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貴船神社

image/ron-ro717-2005-10-06T20:09:56-1.JPG

違う世界のように思えました。
静かな空間でした。
posted by ろんろ at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水寺

image/ron-ro717-2005-10-06T17:51:09-1.JPG
清水寺から見える風景です。気持ちいい秋です。
しかし修学旅行生多すぎ…f^_^;
posted by ろんろ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

ベース祭だ!ワッショイ!

眠れないので音楽を聴いてます。
先日2代目のMP3プレイヤーを購入したのですが、
HDDメモリタイプにしたので容量10倍なのでたっぷり入ります!
しかしそんなに曲入れないし、だいたい聴く曲なんて決まってくるんですけどねf^_^;
今回のはプレイヤーはイコライザ設定ができるので、
低音愛好会の私はバリバリ低音効かせてます!
それで好きなベーシストの曲を続けて聴いている時の幸せといったらないですねぇ〜!
夜中に萌えました(爆)

ここ数日はHUSHとBEAUTY MANIACSを聴いてます。
やっぱ章人さんの声の力はすごい。豪速球でした。
(ベース萌えはしてないけど・爆)
なんか数年前に時間が戻ったかと思うくらい章人さん漬けだ(笑)

さ〜て、もう一回ベース萌えしてから寝るかな
posted by ろんろ at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。